Sabaai Sabaai! Thailand | 82.5 FM NORTH WAVE » Aloft Bangkok Sukhumvit 11(アロフト・バンコク・スクンビット 11)

Comments

2012年02月26日 09:00 Aloft Bangkok Sukhumvit 11(アロフト・バンコク・スクンビット 11)

今週は昨年の12月1日にソフトオープン、そして今月
2月3日にグランドオープンしたバンコクのヒップな
ホテル、「Aloft Bangkok Sukhumvit 11」
(アロフト・ バンコク・スクンビット 11)を御紹介。

20120225-index.jpg

「Aloft」は、MERIDIENやWESTIN、SheratonやW HOTELS
有する世界最大のホテルチェーン、「スター ウッド・
ホテル&リゾート」が手掛けるブランドの1つ。
東南アジア初の「Aloft」として誕生したのが、今日
ご紹介の「Aloft Bangkok Sukhumvit 11」となります。

20120225-loft-1.jpg

場所はバンコクの中心部スクンビット。最寄りの公共交通
機関は、高架鉄道BTSスカイトレイン・スクンビット線の
ナナ駅。この “ナナ” というエリア名は、タイ語で「様々」
という意味もあるそうで、文字通りこのナナ駅周辺には、
多くのホテルやレストラン、クラブにバーにカフェに、
エスニックな香り漂うアラブ人街などなど、 “様々なもの”
が混在。各国の観光客にも人気のエリアとなっています。

中でも、BTSナナ駅の3番出口を下りて、ソイと呼ばれる
小路、ソイ11は取り分け賑やかなソイとして知られ、
デザイナーズ・ホテルの激戦区でもあるんですが・・・
その激戦区に参戦した「Aloft Bangkok」は、32階建て、
総客室数は297部屋有するホテル。

それでは早速、サバーイ恒例のお部屋チェック!
GMのBrendan Daly 氏が、ホテル内をご案内下さいました。

20120225-Guest Corridor.jpg

エレベーターで客室階に上がる際には、カードキーを
エレベーター内のパネルにかざす事で、行先階を押す事が
出来るシステム。つまり!ホテル滞在客でなければ、
客室階に上がる事は出来ませんので、女性一人での滞在でも、
安心です。

客室階、廊下からしてかなりシック。「Aloft」の客室
タイプは「アーバンルーム」と「シック・ルーム」の
2タイプ。広さは30〜35平米(畳16〜20畳程)
両タイプ共、お部屋の広さ・設えに差はなく、しいていえば、
窓からの景観が「アーバンルーム」の方は若干良い、
そしてフロア階が高いか低いかといったところでしょうか。

今回は、「アーバンルーム」のご紹介を。

20120225-urb-1.jpg

20120225-urb-4.jpg

20120225-urb-2.jpg

「アーバンルーム」は、さらにベッドがキングサイズ、
またはクイーンサイズのツインと2タイプございます。
このベッドにもこだわりが。リネンは全て高級リネンの
代名詞 “300デニール” ポケットスプリングの
プラットフォームマットレスは、ストレスなく快適に眠りに
いざなってくれます。

20120225-double-1.jpg

20120225-double-2.jpg

お部屋自体はコンパクトながら、「Aloft」という名の示す通り、
ロフトをイメージ。でも!天井の高さは3メートル、窓もかなり
大きく取られ、日当りも良好。ホテルにありがちな圧迫感・
閉塞感は感じられません。コーナーに配されたソファー、デスクも
スタイリッシュかつ機能的。

20120225-roomcourner.jpg

「Aloft」のメインターゲットは “ジェネレーション Y”
デジタル機器に囲まれて育ち、インターネットやソーシャル・
メディアを使いこなす世代ということで・・・

20120225-desk-1.jpg

20120225-desk-2.jpg

20120225-desk-3.jpg

i-Podのドッキングステーション、IT機器の接続端子も
設置されています。ここ「Aloft」は、客室・館内全て
Wi-Fi 無料!

ベッドヘッドの裏側が、クロゼット&バスルーム。

20120225-Bathroom-1.jpg

20120225-Bathroom-2.jpg

アメニティーは、アメリカの代表的スパブランド
Bliss Spa(ブリス・スパ)のプロダクトを使用。
バスタブはございませんが、レインシャワー付きの
シャワーブース

20120225-Bathroom-3.jpg

バスローブにスリッパ、そしてクローゼットの中には・・・

20120225-Bathroom-4.jpg

スチームアイロンとアイロン台は、ちょっと洋服の
シワを取りたい時にも嬉しいアイテム。

20120225-bathroom-5.jpg

コーヒーメーカー、そしてセーフティーロッカーには、
英語、日本語、韓国語、イタリア語、ロシア語、中国語と
各国語での説明も。

客室デザインは、世界各地のリゾート・デザインを手掛ける
デヴィッド・ロックウェル氏の手によるもの。スターウッド系列
ニューヨークの「W HOTEL」も、このロックウェル氏の
デザインだそうで、GM曰く、「Aloft」は「W HOTEL」の
いわば “シスターブランド” といった位置づけに。

続いて10階のプール「Splash Pool(スプラッシュ・プール)」
とフィットネス・センターの「Re:Charge(リ・チャージ)」へ。
まずは上の階から10階プールを見下ろすと、その配置が
よく分かりますね。「Splash Pool」

20120225-Splash-1.jpg

バンコクのど真ん中にいる事を忘れてしまうかの様な、
リゾート感溢れる、かなりの大きさの屋外プールです。

20120225-Splash-2.jpg

20120225-Splash-3.jpg

パープルとライムグリーンという配色、ラタンの
ガーデンチェアーも素敵!

20120225-Splash-5.jpg

プールの突端は、アクリルガラスによる仕切り。
さらにキッズプールも設けられています。

20120225-Splash-4.jpg

建物側には、プールサイド・バーも。
プールの利用時間は、午前6時〜午後10時まで。

そしてフィットネス・センター「Re:Charge」は・・・

20120225-jim-1.jpg

こちらは各国から来られるお客様が、自分の国に
いらっしゃる時同様、決まった時間にエクササイズが
出来る様に・・・という配慮から、24時間利用可能。
通常、ホテルのフィットネスセンターは、夜間クローズ
という所がほとんど。旅先であっても毎日決まった時間に
エクササイズをされている方には、嬉しいポイント。
もちろん、マシーンも最新の物が備えられています。
利用はホテルゲストオンリー。

続いては、これまた「Aloft」の特筆すべき場所へ。

20120225-re fuel.jpg

なんとホテル内には、24時間営業のデリ「Re: fuel」が。
これは夜間や早朝のフライト時、ちょっと小腹が空いた時に、
ホテルの外へ出る事なく、手軽に軽食や飲物を頂けます。
テーブルもありますので、カフェ感覚で利用する事も、
お部屋に持ち帰って頂く事も可能。

この「Re:fuel」の奥には、プールバーも備えられた
リラクゼーション・スペース「Re:mix」

20120225-re mix.jpg

さらにその奥が「Crave」というワインセラー&ダイニング

20120225-Crave.jpg

タイは今、ちょっとしたワインブーム。こちらでは常時
250種類ものワインをリーズナブルな価格で味わう事が。
しかも!各テーブルに1台のi-Pad、ワインのレーベルや
特徴、値段などを確認し、オーダーもそのi-Padから。

「Aloft」のあるソイ11周辺には、バンコクでも指折りの
クラブも多々ございますが、ホテル内には、こんなバーも。

20120225-wxyzbar-1.jpg

ホテル内のバー「w xyz」バー、各種カクテルはじめ、
毎晩レギュラーDJによる音楽とお酒を楽しむ事が出来ます。
営業時間は日〜水曜日が 正午〜深夜0時、木〜土曜日が
正午〜深夜2時まで。

20120225-wxyzbar-2.jpg

20120225-wxyzbar-3.jpg

かなり広いお洒落なスペースで、様々なパーティなども
開催可能。「w xwz」バーと同じフロアには、無料で
利用可能なインターネットコーナー、屋外喫煙所も。

20120225-Intouch-2.jpg

20120225-Intouch-1.jpg

また、9階フロアにはファンクションルーム、こちらも
各種催しに利用可能、ミーティングルームもあり、私達の
取材中も、タイの企業がこちらでカンファレンスを開催。

「Aloft Bangkok Sukhumvit 11」かなりヒップでエッジーな
ホテルでした。とっても使い勝手の良い、今の時代を物語る
ホテルと御紹介して良いでしょう。スタッフの皆さんも、
かなり若いんですが、そこは “スターウッド” という、世界的
ホテルチェーンの手掛けるブランドだけあって、ほぼ全スタッフ
英語での対応可能、ゲストとの距離感も心地よいホテルでした。

バンコクを昼も夜も楽しみタイ!という方には、持って来いの
ホテルだと思います。また、ホテル向かいのクラブ「ベッドサパー
クラブ」や「Q-BAR」といったバンコクの人気スポット、そして
ホテルから徒歩5分、以前にこの番組でも御紹介した「コラン・
ブティックスパ」とも提携しているので、割引券や1ドリンク
フリーのチケットなども、チェックインの際に頂けます。

高架鉄道BTSのナナ駅からも、徒歩圏内ではりますが、ホテルには
専用のカートもあり、ソイの入口(パクソイ)やナナ駅、
周辺のショッピングゾーンにも無料の送迎サービスあり。
先週ご紹介したターミナル21へも、この無料カートによる
送迎サービスがあります。

ではこちら「Aloft」、場所を改めて御紹介しておきましょう。
高架鉄道BTSのスクンビット線ナナ駅�番出口下車、スクンビット
通りを右手にみながら、アソーク方面に歩いて左側のソイ11に
入ります。そのソイ11を真っすぐ進むこと、およそ700メートル、
右手の宇宙船の様な白い建物「ベッドサパークラブ」という
クラブの向かいとなります。

★Aloft Bangkok Sukhumvit 11公式サイトはこちら★

★AloftのFacebookページ(英語のみ)はこちら★

【Expedia JapanでAloft Bangkok Sukhumvit 11を予約する】

Share (facebook) mixiチェック

Comments made

No comments yet
buy microsoft onenote 2010 final cut studio apple microsoft access 2007 price nik software silver efex pro 2 buy adobe photoshop cs5 license buy adobe photoshop cs5 download buy microsoft powerpoint 2010 online buy adobe creative suite 6 design & web premium buy microsoft access 2010 corel wordperfect cheap captivate 5 adobe cs6 master collection retail price adobe photoshop software price photoshop student edition adobe photoshop cs6 license key autocad lt 2012 adobe dreamweaver cs6 student discount buy autocad 2011 cheap indesign cs6 price acrobat xi standard download adobe cs6 production premium download lightroom license second computer cheap publisher buy autocad 2012 student student discount final cut pro x adobe creative suite 5.5 web premium serial buy framemaker adobe lightroom 2 adobe audition 3 buy photoshop cs5 serial solidworks 2013 student edition