10月21日 02:54 ホアヒンへGO!

タイ取材シーズン19、その旅先はバンコクと
王様の避暑地ホアヒン。

今回、取材班はロット・トゥーという
乗り合いバスでホアヒンへ。
私は3月の取材終了後、このロット・トゥーで
ホアヒン取材のロケハンを行いましたが、
ウッチーは初ロット・トゥー。

残念ながら、今回は彼の写真はありませんが、
乗り物好きな小学3年生の少年2010夏
といった笑顔を、終始浮かべておりました。

ロット・トゥーは、13人〜15人乗りの
ミニバンで、バンコク市内からタイ国内、
およそ300キロ圏内を走ります。

過去、ホアヒンへはタイ国鉄を利用。
今回は、BTSビクトリー・モニュメント駅、
(アヌンサワリー・チャイ)のセンチュリー
というシネコン前から乗車。

これがなかなか便利!早朝4時〜20時までの間、
約30分間隔で運行。座席が埋まれば出発という
システム。

ホアヒンまでは、1人片道200バーツで
所用時間は3時間弱。

20101021-gohua-1.jpg

ミニバンなので、スーツケースなどの大きな
荷物は積めませんが、バンコクを拠点に地方へ
ショートトリップ!なんて時には、大活躍です。

だけどこのバン、結構なスピードを出しますので、
安全は保障しませんが・・・。

途中、国道4号線沿いのガソリンスタンドで、
トイレ休憩もあり。但し、このトイレ休憩の際には、
同じバンが何台も入って来ますし、バンが給油の為に
移動したりなんて事も。自分の乗っていたバンを
お忘れなく!ドライバーさんの顔や洋服、もしくは
車体に表示されている行き先(タイ語)番号を
覚えるしか、方法はないかな・・・

車によっては、表示がない場合も。

実は、私も一広いガソリンスタンド内で、
自分のバンを見失い、一瞬迷子に。

高速からラマ9世橋を越え、西へ。
国道35号線から今度は国道4号線に入り、
ひたすら南下。

ホアヒン市内に到着!私達が降りた所はここ。

20101021-gohua-7.jpg

ホアヒンのメインロード、角に王室運営の
ドイトンカフェがあるソイ。
20101021-gohua-8.jpg

ちなみにホアヒンのナイトバザールは、この
ドイトン・カフェの向かい側ソイで開かれます。

朝8時にバンコクを出発して、11時に到着。
バンを降りると、いい感じの食堂が。

20101021-gohua-2.jpg
20101021-gohua-3.jpg

この食堂は、店を囲む様に数台のリヤカー屋台があり、
それぞれの屋台料理を店内でオーダーというシステム。
昼と夜とでは、出店している屋台も違うんだそうですが、
地元でも美味しいと評判のお店でした。

土曜日の午前中、ブランチを楽しむ地元の人で
店内は満席!腹が減ってはナンとやら・・・私と
同行スタッフのウッチーは、早速腹ごしらえ。

20101021-gohua-4.jpg

まずは、タイの紅茶(大好き!)とカオマンガイ。

まだ入る。

追加オーダーは、具沢山のパミー・ナム。

20101021-gohua-6.jpg

どちらもアロ〜イ!!お値段はカオマンガイ2皿、
パミー2杯、アイスティー2杯で180バーツ、
600円ちょっと。(2人分ね)

ちなみに翌日、バンコクへの帰路もロット・トゥー。
なぜか料金は180バーツ。業者がちがったんで
しょうか?

注!違ったみたいです。後日調べたところ、
  ロット・トゥーを運行する会社は4社、
  全部同じ白いバンなので、はっきりいって
  会社の違いを見分けるのは、タイ語が
  読めない限り無理。

このロット・トゥーを乗りこなせたら、かなり
タイ国内でのプチトリップが楽しめそうです。
今後の取材テーマにしましょうかね。

プロデューサーA氏も、実はこういった旅好き。
今回のロット・トゥー利用が、彼的にはかなり
羨ましかったらしく、ロット・トゥーでの取材に
同行しようと画策中(?)