11月22日 10:00 12月はアユタヤが熱い!

今週のタイニュースでは、来月
世界遺産の街・アユタヤで開催される
イベントをふたつご紹介しました。

まずは、12月3日から6日まで
「タイランド国際バルーン・フェスティバル」。
今年で3回目となるこのフェスティバルは、
60を超える国や地域から参加があり、
東南アジア最大級の熱気球イベント。
乾期の澄み渡った空に浮か熱気球の姿は
圧巻ですが、夕方から夜にかけての時間帯は、
バーナーの灯りが熱気球を照らし出し、  
周囲の情景と共に、幻想的な光景が・・・。
期間中は古典舞踊やコンサート、
物産展なども開催され、12月5日の
プミポン国王お誕生日の祝賀ムードと相まって、
アユタヤの街が、よりいっそう華やぎそうです。
入場料は50バーツ(日本円で150円)、
場所はアユタヤ観光でもお馴染みの
ワット・マハタートとは、アユタヤ駅を挟んで
反対側にあるお寺、ワット・マヘーヨンと
ワット・チャーンで行われますが、
空に浮かぶ熱気球が目印。
詳しくは、こちら
「タイランド国際バルーン・フェスティバル」
ホームページ(タイ語・英語)でご確認下さい。

また、国際バルーンフェスティバルの後は、
12月11日から20日まで、恒例の
「アユタヤ・ワールドへリテージ/アユタヤ世界遺産の祭典」が、
アユタヤ歴史公園内で開催されます。
1991年の世界文化遺産登録を機に、
毎年行われているこのイベントでは、
ライトアップされた遺跡を舞台に、
アユタヤの歴史絵巻がダイナミックな音と光、
そして花火と共に、繰り広げられます。
台詞やナレーションは全てタイ語となりますが、
300人以上もの出演者と象とで再現される
各シーンは迫力満点!
10日間の期間中、およそ1時間のショーが
全15回開催されますが、チケットは
200バーツ(600円)と500バーツ(1500円)の2種類。
ショーのスケジュールは以下のようになっています。

12月11日(金)(開催式) 全1回 【20:00開演】
12月12日(土)、13日(日) 【第1回19:30開演、第2回21:00開演】
12月14日(月)〜17日(木) 【19:30開演】
12月18日(金)〜20日(日) 【第1回19:30開演、第2回21:00開演】

また、アユタヤでは現在
「アユタヤMobile Mini Light and Sound」という、
音声ガイドを聞きながらトラム式の乗り物で
遺跡を観光できるサービスを実施中。
1周およそ45分から1時間。
11:00、14:00、18:00、19:00の1日4回で、
料金は、お菓子、飲み物、おしぼりがついて
1周一人80バーツ(240円)。
アユタヤ歴史研究センターから出発で、
現地でチケットを購入できます。
12月31日まで運行されていますので、
この時期アユタヤ観光される方は、
こういったサービスを利用すると、
より快適に遺跡を巡ることができますので
利用してみてはいかがですか?