Sabaai Sabaai! Thailand | 82.5 FM NORTH WAVE

Weblog

06月21日 01:27 今週はホアヒンの駅とビーチ

タイの鉄道の中でも、最も美しく
歴史ある駅の一つがホアヒン駅。
STATIONSIGN

STATIONALL

ロイヤルファミリーの避暑地という土地柄、
駅構内には王族専用待合室があります。
現在もラーマ9世、プーミポン国王が鉄道で
お越しになる際には、この専用待合室で
休憩をされるとの事でしたが、ご高齢という事で、
今はお車やヘリコプターでの移動が主だそう。
KINGEKI

先週ご紹介したマルカッタヤワン宮殿と
時同じくして建てられた駅ということで、
木造のこの駅舎は、赤と白を基調に
タイ様式の建築技術とヨーロッパのスタイルが特徴。
駅長さんの勧めで、なんと私達は線路上に降り、
駅の管理棟から駅全景を撮影。
CROSS

日本ではちょっと考えられない許可ですけどね。
駅構内はいたってのどか。ホーム上には売店が
並び、床のタイルにも美しい装飾がなされ、
切符売り場の向い、一般の待合室には汽車を待つ
お坊さんの姿も。
PLAT
COUNTER
BONZ
BACK




Read More!

06月21日 00:04 宮殿!!!

マルカッタヤワン宮殿は女性用、男性用に
棟が分けられていた!というお話は、番組でも
ご紹介しましたね。この宮殿には、側室の方々が
暮らす、日本で言う所の大奥のような場所もありました。
ここに入る事が許されるのは勿論、王様のみ。
この大奥の回廊途中に設けられていたのが
王様の朝と昼用のダイニング!
87
65
前の晩、王様はどの側室とお休みになられても、
翌朝は必ずこのダイニングで、正室とお二人だけの
朝食を召し上がったそうです。とはいえ、男子禁制の
大奥内。お二人の周りをぐるりと取り囲み、給仕を
務めるのは…側室達だったのでございます。(岸田今日子風)

うーっ、凄い世界です!


06月14日 03:01 マルカッタヤワン宮殿

今週は王室リゾート/ホアヒンにあります宮殿の一つ、
1923年にラーマ6世により建てられた夏の離宮
『マルカッタヤワン宮殿』をご紹介します。
sign2
maru

ゴールデン・オーク材で建てられた建造物としては
世界最大のこの離宮、ラーマ6世自らがデザインされ、
イタリア人の建築家によって建てられたということで、
タイと西洋の建築様式が見事に融合した、
きらびやかな宮殿とはまた違った趣の、凛とした
佇まいが本当に美しい建物です。
palace

3棟の建物が回廊で結ばれたこの宮殿、
館内は入口で靴を脱いでから入場しますが、入って
すぐの所には大広間が。ここには現・国王で今年
ご在位60周年を迎えられたプーミポン国王の銅像と
祭壇、そしてご在位60周年を迎えられた国王への
お祝いの記帳台が設けられています。もちろん!
サバーイチームもお祝いのお言葉と共に名前を記入。
HOLE
sign

そしていよいよ階段を昇って、本館へと入って行きます。
78




Read More!

06月10日 23:55 6/11(日) ホアヒンへの鉄路

今週からは珍道中もシーズン6に突入!
王室御用達リゾートの「ホアヒン編」がスタートします。
ここホアヒンを日本のリゾート地に例えるなら、
さしずめ皇室の御用邸がある
「葉山」といった感じでしょうか...。
歴代の王が夏場を過ごされた離宮もあり、
タイ国内でも由緒正しき避暑地として、
プーケットやパタヤとは趣の異なる、
落ち着いた雰囲気が魅力のビーチ・リゾートです。

現在は王室の方々も、空路ホアヒンへといらっしゃいますが、
その昔は御用列車を仕立て、陸路この地を訪れました。
そういった事からホアヒンの駅構内には、
ラーマ6世の時代に建てられた、
色鮮やかなタイ風建築の王族専用待合い室もあり、
タイ国内でも歴史ある美しい駅の一つに数えられています。

KINGEKI

ということで私達は迷わず
「世界の車窓から」体験を選択。



午前7時45分、バンコク中央駅
「フォアランポーン駅」発の列車で、一路ホアヒンへと向いました。
駅は早朝にも関わらず、
ホーム上に所狭しと並んだ屋台から
香ばしい匂いが漂い、天秤棒を担いだ果物売りに、
欧米からのバックパッカー、
もちろん通学・通勤で利用されている方、
お坊さんの姿も多かったでしょうか...
列車がホームに滑り込む度に、
多くの人々がそれぞれの目的地へと、
足早にその歩みを進めておりました。
HOMEYATAI
OJISAN
TUKIN
2TRAIN

私達が今回乗車した列車は
スペシャルエクスプレス(急行)の2等車。
料金はバンコクーホアヒンで302バーツ(日本円で1000円弱)
車内サービス等はないと聞いていたので、
乗車前に駅構内のコンビニで水やスナックを
しこたま買い込んだ私達でしたが、
なんと2等車でもまずは飛行機並みに
飲物とバナナマフィンのサービス(美味!)、
さらには乗車2時間後に「そぼろご飯」の
お弁当がサービスされ、過去何度か鉄道を利用した事のある、
同行のタイ人通訳もビックリ!でした。
KINAISHOKU
SHANAI

但し!列車内のお手洗いは...少々難あり。
用を足すのには少しの勇気と3分以上の息止めが必要。
車内での水分の取り過ぎにはご注意を。

サービスが一段落したところで、
車掌さんや鉄道スタッフとも歓談&記念撮影大会。
STAFF

車窓を流れる景色を眺めつつの約3時間半、
ホアヒン駅へと到着し、駅に降り立った私達へ、
車掌さん達は見えなくなるまで列車から身を乗り出し、
手を振ってくれていました。
AT HOAHIN


「おおっ、今回の取材は幸先いいぞぉ〜」と
喜んだのも束の間...
冷房のきいた車内に長時間いたせいか、
ホアヒン駅に降り立った時には
さほど暑さを感じませんでしたが、
次第にジリジリとタイの最も暑い季節、
「暑季」の日差しを一身に浴び、
徐々に気力と体力を奪われてゆく私達...
一連の取材を終えた午後8時、
ふと街中の電光温度計に目をやると、
42℃という表示。夜の8時でこの気温!
日中は一体何度あったのでしょうか...。

早速この温度を今回は日本でお留守番だった
プロデューサーのA氏にメール。
帰国後、私からのメールを受け取ったA氏が、
ノースウェーブのスタッフルームでとてもとても嬉しそうに、
「タイは今42度だってよ、ハハハハハ」と、
無邪気に話していたと伝え聞き、
帰国後何かしらの報復を心に誓った私...
当分、『美白』とは無縁の様です。

06月04日 18:51 サワッディカー

サバイディールーカー?

6月を迎え、番組スタートから無事1年と、なりました!
皆さん、コップンカー
御存知かもしれませんが、この間、計6回タイに飛び、番組の現地取材を敢行してきました。

やっぱり知らない国に出掛けるなら少しは現地の言葉ができた方が楽しいはず〜と、1回目の取材のちょっと前、去年の5月の途中から通い始めたタイ語のレッスン。。。とはいえ、仕事柄、やれ、ライブ、東京出張、タイ取材旅行、インタビュー等々なかなか毎週コンスタントにレッスンに行けていないあたし。。。
先日、久々に顔を出したら、何人かは(グループレッスンなので)先生の話をメモしてる言葉が全部タイ文字っ!


あたしは、子音の途中と、母音のいくつかでストップしたままなのに…。しかも、読めても意味が解らないからやっぱり文字は後回しにしちゃおう、と思ったツケがまわってきた!と・ほ・ほ。
やっぱり、何事も ”継続は力なり” なんだわー。

何ヶ月も前、この番組のデェレクターJ嬢の番組HPのカキコミに ”タイポップの曲名と、アーティスト名が読めなくて苦労している…早く潮音にタイ語を読めるように頑張って貰わないと…” と、ありましたが、う〜ん、文字はやっぱり難しい!その上、タイ語は 声調のしるしが文字の上についたり これは発音しないとかあるし。。。
でも、おしゃべり同様、文字だって 少しは出来たほうが楽しいよな〜。
と、いう訳で、これから少しずつタイ文字も頑張ってみますね〜。





06月01日 03:34 無事に(?)1周年!

サワディ・カー。番組担当ディレクターのJです。
昨年6月にスタートしたこの番組も、6月4日の放送を
持ちまして無事(?)1周年を迎える事となりました。
これもひとえにリスナーの皆さんの叱咤叱咤激励の賜物!
スタート当初はタイという国について、右も左も上も下も
言葉も分からず、その国をいかにラジオというメディアで
ご紹介すべきか?実際かなり悩みました。テレビの旅番組を
観る度に、「あ〜絵があっていいなぁ...語らずとも伝わるもんな〜。」
と思った事、1度や2度ではありません。こんな事を書いて
しまうと、マスコミという分野でお仕事をされている諸先輩方に、
説教されるかもしれませんが...怒られるの覚悟で書きます。
本音です。

しかしっ!!人々の想像を掻立てる、イマジネーションの
世界を産み出せるのがラジオ。旅先で耳にした音楽を、数日後、
数年後にふと耳にして、その旅先での思い出が走馬灯の様に
蘇る事ってありませんか?その時に漂っていた香りまでもが
思い出される...。

番組へはタイへの渡航経験があるリスナーの方達から、
「滞在中の事を思い出しました。」や、「タイへは行った事が
ないけれど、街や人々の熱気が伝わって来ました。」という、
嬉しいお便りを頂戴する事があります。様々な情報が簡単に
入手出来る今、『なぜにラジオでタイ?』と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、『なぜにラジオで...』で良いんだと
思います。だって...今こうしてこのブログを読んで下さっている
そこのあなたっ、ほんの少しでも興味を持って下さったから、
これを目にして下さってる訳で...(そう信じます。)タイという国への
第1歩に、もうこの時点で、皆さん踏み出してしまったわけですから。

私やDJの潮音が目で肌で感じた事を、どうすれば皆さんに興味を
持って頂けるか?これは番組を作っていく上での永遠のテーマ
でもあります。時に番組へは厳しいご意見が寄せられる事も
ありますが、頂いたメッセージの一つ一つに目を通し、

「だって...女の子だもん」

と、鮎原こずえ状態に陥り、涙する事もありますが、(嘘です。)
タダじゃ転ばない私達!感じたままを、このブログでご紹介して
いきたいと思います。取材を通じて、いろいろな事を考えさせられ
ます。番組でご紹介がはばかられる様な事も、実際多々あります。
でもそれはどの国であっても言える事。だから人との出会いは
面白いし、そこで得られる体験は、かけがえのない物になって
行くのでしょう。そんな思いを番組を通じて、皆さんと共有して
いけたら本望でございます。

番組が続く限り、皆様どうぞご贔屓に。はい、次は塩音ちゃんどうぞ。









08月27日 00:00 寺院・王宮

寺院、王宮の取材は途中で豪雨に見舞われ、
最後まで廻る事が出来ませんでした。残念!
ここは再度取材予定。

null
涅槃仏の全身を唯一写真に収められるスポット。ごった返してます。

null
涅槃仏の足裏。螺鈿細工です。

null
いにしえの歴史を感じます。

null
鉢に浮かべられている蓮の華。

08月20日 00:00 サバーイ舞台裏

今回の写真はスタッフ編です。

テレビもラジオも機材は極力「軽く」最小限に
留めたつもりですが、テレビ班は2、3才の子供1人、
ラジオ班は赤子1人を抱えるような感じで、
この状態で炎天下を歩き廻ると、かなりの体力を奪われます。
しかも!ラジオ班の機材1号が熱さでダウン。
ディレクターは朝方までホテルの自室に隠り、サウンドチェック。
写真1のDが背中に背負ってるのは機材2号。
赤子を前後におぶる重さです。華奢(?)な肩に食い込む食い込む。
結構痛いんですよ、これが。

null
通訳と打合わせ中。この後、物凄い豪雨に見舞われ、Dは濡れネズミ。

null
食事の撮影はかなりの時間を要します。終わるまで食事にはありつけません。

null
水中カメラマンとインストラクターと潮音

null
ラジオの機材は海の中に入れられませんので、
砂浜でしばし字を書いて過ごすD。

08月13日 00:00 映画館のゴールドシート

本日はリスナーの情報をもとに、
EGVという映画館のゴールドシートと、
サヤーム・スクエアーの人気CDショップ
「DJ SIAM」にお邪魔しました。

ゴールドシートは赤の皮製ラブソファーで
足下がグッと前に出てフラットになります。
枕、毛布、靴下付き。やはり外国人観光客が
多く見受けられましたが、映画を観ている方より、
真剣に寝に来ているといった方が多かったかな?
これも日本で導入して欲しいサービスの1つです。

null
バンコクは都会です。

null
CDショップ「DJ SIAM」のオーナー。気さくな方でした。

null
これが噂のEGVゴールドシート。この椅子に座って映画が鑑賞。

null
ゴールドシート専用のウェイティングバーです。

08月06日 00:00 タイの若手アーティストが手掛ける家具の店

ハンドクラフトに触れる旅、
本日はタイの若手アーティスト、デザイナーが手掛ける家具の店、
ディスカバリーセンターの3階にある
「PANTA(パンタ)と「E.G.G.(イ−・ジー・ジー)」をご紹介。

PANTAはオーナー自らもデザインを手掛け、
国内の若手有望デザイナーの作品を取り揃えた
家具のセレクトショップ。オリエンタルなデザインと自然素材を
使ったランプやテーブル、ソファーは欧米からの観光客に人気。
FMノースウェーブを聴いたと言えば、20%OFFで購入可。
船便のサービスもありますので、アジアンテイストのお部屋作りの
際には是非。E.G.G.はとにかく店内のディスプレイが素敵。

null
「PANTA」の店内。ディスプレイしてある商品はホンの一部だそうです。

null
取材をした日はちょうど照明類のセール中でした。

null
「E.G.G.」店内。タイを代表するセラドン焼きにも最近はブルーが登場。

null
どことなく和のテイストも感じられます。シンプルで本当に素敵です。

テーブルコーディネートやちょっとしたフラワーコーディネートは、
買う買わないを別に、一見の価値あり。インテリアの参考にもなります。
日本の同じような店よりコーディネートはお洒落かも…。

Pages Back 1,2, ... ,99,100,101 Next Page 100 of 101
buy microsoft onenote 2010 final cut studio apple microsoft access 2007 price nik software silver efex pro 2 buy adobe photoshop cs5 license buy adobe photoshop cs5 download buy microsoft powerpoint 2010 online buy adobe creative suite 6 design & web premium buy microsoft access 2010 corel wordperfect cheap captivate 5 adobe cs6 master collection retail price adobe photoshop software price photoshop student edition adobe photoshop cs6 license key autocad lt 2012 adobe dreamweaver cs6 student discount buy autocad 2011 cheap indesign cs6 price acrobat xi standard download adobe cs6 production premium download lightroom license second computer cheap publisher buy autocad 2012 student student discount final cut pro x adobe creative suite 5.5 web premium serial buy framemaker adobe lightroom 2 adobe audition 3 buy photoshop cs5 serial solidworks 2013 student edition