2017.03.19

Let's Relax Onsen & Spa(Grande Center Point Sukhumvit 55内)

今週はブログ2本立て!こちらを最初にご覧頂いた方は、もう1本前の
ブログからどうぞ。


Grande Center Point Sukhumvit 55の5階へ。

onsen1.jpg

5階には、なんと♨️温泉でございます。

タイを代表するスパ・ウェルネスグループ「ラリンジンダ」の
カジュアル・スパブランド「Let's Relax」が手がける、その名も
『Let's Relax Onsen & Spa』

onsen3.jpg

木をふんだんに使用した、日本の温泉旅館の様な設えです。
まずは、レセプションで入浴メニュー(日本語メニューあり)を
選んでお支払い。スパ・マッサージは完全予約制で、入浴前か後の
いずれかを選択。

下部にリンクの公式サイトには、全メニュー(英語)あり。
入浴のみの料金は、650バーツ(日本円でおよそ2,100円)
・取材時のレートで

ロッカーキーを受け取って...

onsen2.jpg

靴を預け、その先のタオルルームで、甚平のサイズを選び、
タオルセットをもらいます。その際に、ロッカーキーを所定の場所に
かざす様、指示されます。

onsen4.jpg

こちらがタオルセットと甚平。バッグに入っています。

onsen7.jpg

白いタオルは持ち帰り自由。このタオルのみ、浴場へ持ち込み可。
ここまでのエリアは男女共有です。

onsen8.jpg

ここから先、携帯やカメラの使用は禁止です。以下、許可を得て
撮影しております。

onsen6.jpg

ロッカールームです。この電子ロッカーの開け方が少々...。
まず、扉表面の左側、黒い突起の下の部分のボタンを押して、
黒い突起部分真ん中にロッカーキーをかざすと、ピッ!という音と
共にオープン。またこのロッカー、扉がすぐに閉まってしまいますので、
ロッカーキーはロッカールームに入ったらすぐ手首に!

17353341_1252022154853718_6710380323523874894_n.jpg

取材時、私も着替え中に閉まってしまい、あられもない格好で
スタッフの方を待つはめに...。

万が一、ロックアウトしてしまった場合も、女性スタッフが常時1名、
このロッカールームもしくはその近くに待機しています。

パウダールームはこちら。パウダールームの清掃も徹底しています。

17361503_1251986844857249_8396183108447060442_n (1).jpg

いざ!浴場へ!入浴マナーは日本の温泉と同じ!。
シャンプー、コンディショナー、シャワージェル完備。

onsen9.jpg

露天ではありませんが、露天風の炭酸泉と着席&直立スタイルで
サバーイなジェット水流のマッサージ風呂に...

17309172_1251986898190577_9060887839131075197_n.jpg

微細な気泡で白濁しているかに見えるシルク風呂、岐阜県の下呂温泉の
成分を用いた下呂の湯に水風呂、スチーム&ドライサウナも。

onsen10.jpg

日本の衛生基準に則り、水質検査も2時間おき、お掃除もよく行き
届いています。

お湯の温度は湯船により異なりますが、38度から40度ほど。
これは、日本健康開発財団・温泉医化学研究所のオフィシャルな
指導温度に基づいたものだそう。

男女共有スペースには、岩盤浴・畳のリラックスルーム、汗もスッと
引くクールルームもあります。岩盤浴が無料というのもナイス!
岩盤浴ご利用の際は、サンダルを脱いで、専用のタオルをご使用
ください。

17264305_1251986848190582_5624067029856468997_n.jpg

17352546_1251986841523916_8660863695839241409_n.jpg

スパスペースはこのような感じです。

17353225_1252037461518854_7971522909406261539_n.jpg

トリートメントルームは15室。

17264887_1251986834857250_9221289870675811441_n (1).jpg

17352453_1251986894857244_4682048014772481117_n (1).jpg

レセプション前のスペースには、Let's Relaxのオリジナル・ホーム
スパプロダクツも販売。また、ホテルG階にもショップがあります。

17342608_1251857254870208_7728478609463480905_n.jpg

Grande Center Pointご宿泊のゲストも、こちらの温泉施設ご利用は
有料となりますが、ドロップインも可能。

例えば、他のホテルご宿泊のバンコク滞在最終日、お昼12時のチェック
アウト後も、観光やお買物を楽しみたい...でも! 空港へ向かう前に
汗を流して着替えをしたい!なんて時にも便利。タイ国際航空
バンコク→新千歳TG670便の様に夜遅い便ご利用の場合は、特に
オススメです。私もここ何度かは温泉→空港が、定番パターンです。

『Let's Relax Onsen & Spa』

場所:スクンビット ソイ55直進、トンローソイ8と10の間、
   Grande Center Point Sukhumvit 55 5階

最寄駅:BTSトンロー

営業時間:10:00〜00:00 年中無休


☆Let's Relax Onsen & Spa公式サイト☆

公式サイトには、お得なプロモーションも。

★3/19の放送を聴く★

スパ&マッサージ

2017.03.19

2017年11月オープン!『Grande Center point Sukhumvit 55』

今週は、バンコク・トンローに誕生したホテル・サービスアパート

 『Grande Center Point Sukhumvit 55』にご案内します。

17308866_1251857251536875_2004744912108455799_n.jpg

2017年11月15日にオープン!30階建・総客室数は442部屋で、
グランデ・センターポイントとしては4軒目となります。

トンローには、同系列の人気サービスアパート「センターポイント・
スクンビット・トンロー」もありますが、そのセンターポイントに
隣接。

重厚感あるエントランスに、ゴージャスなロビーです。

17265286_1251857248203542_1611681135001018468_n.jpg

17362890_1251857244870209_8017038541466304009_n.jpg

ロビーの一角には、ホテルゲストや来訪者とのお待ち合わせの際にも
嬉しい、フリードリンクコーナーもあります。

17353152_1251857318203535_368381269700929003_n.jpg

ちょっとしたミーテイングも可能、無料でご利用頂ける「ビジネス
ラウンジ」に...

17362541_1251857321536868_6331367521119963039_n.jpg

17362584_1251857331536867_1431438779868120011_n.jpg

通常のチェックインタイムより早めにご到着された場合、無料で
こちらの「ソシアルルーム」を利用可能。朝6時〜というのも
嬉しいポイント。

さらに!フィットネス施設も充実!インドアジャグジーやヨガルーム
も完備。インフィニティープールも。

17359016_1251908431531757_66333563163032717_o.jpg
17389187_1251908428198424_4112059696908970078_o.jpg

それでは恒例のお部屋チェック!客室タイプは
「シグネチャー・デラックス」40平米
「レディース・デラックス」40平米
「エグゼクティブ・スイート」70平米
「グランデ・コーナー・スイート」70平米
「2ベッドルーム・ファミリー・スイート」110平米の全部で5タイプ

今回は、「シグネチャー・デラックス」と...

17361903_1251917458197521_2594703352711979315_n.jpg

17353449_1251917488197518_7683576490382055073_n.jpg

白を貴重にロイヤルブルーとシルバーがアクセント。窓に沿った
ソファーも、お部屋が広く見えます。

15590162_1172846762771258_3217200620348269204_n.jpg

昼夜それぞれのシェイドもオートマティック。

15589704_1172846722771262_8847524813795772346_n.jpg

15672988_1172846986104569_1428554797256898743_n.jpg

15622233_1172846709437930_4383902329421824531_n.jpg

15697732_1172846689437932_1874606677776155498_n.jpg

NHKやHNKワールドがご覧頂けるホテルは多いですが、なんとフジや
テレビ朝日、WOWOW3チャンネルも視聴可能!

15697825_1172846789437922_5421836842110921645_n.jpg

そしてバスルーム!全室バスタブ完備、洗い場とバスタブが一体化、
日本のお風呂場スタイルなのはポイント高し!

15622109_1172846949437906_588721309261704098_n.jpg

15697925_1172846909437910_7365112053332831614_n.jpg

17352511_1251943414861592_7488919072509174129_n.jpg

トイレも洗浄機付きです。

15697688_1172846842771250_8705011160609531934_n.jpg

15590242_1172846892771245_3387584669731589985_n.jpg

今シーズンのホテルは、"女性に優しい嬉しい" をキーワードに
ホテル選び。こちらのホテルもその一つで、「レディース・デラックス」
という客室もあります。仕様は「シグネチャー・デラックス」と同じ、
アメニティーやヘアドライヤーがレディース・デラックスには備えれらて
います。

17353375_1251943541528246_6978353611513643409_n.jpg

続いて、「グランデ・コーナースイート」というお部屋へ。

17362751_1251946471527953_3137782320321181950_n.jpg

17353381_1251946628194604_1341827015471077414_n.jpg

キッチン、洗濯乾燥機もありますので、サービスアパートとしての
ご利用も可能。ロングステイにも良いですね。

P1000773.jpg

17361524_1251953421527258_4791788954950182511_n.jpg

この「グランデ・コーナースイート」は、「 シグネチャー・デラックス」
とのコネクティングもOK。コネクティング仕様で4名〜5名
(エクストラベッド込み)での利用も可能です。

その他の客室タイプは、公式サイトをご覧ください。

『Grande Center Point Sukhumvit 55』

場所は、スクンビットソイ55、トンローソイ8と10の間
最寄駅BTSトンロー駅からは1キロほどの距離となりますが、
ホテル→駅までのシャトルサービスがあります。

日本人日本人在住者も多いエリアで、飲食店や小規模モールも充実。
ホテルの並びには、24時間営業のスーパーマーケットもあります。

次回のご滞在にいかがですか?



このホテルのスペシャルはもう一つ!今週のブログは2本立て!

★3/19の放送を聴く★

ホテル&リゾート

2017.03.12

人気レストランでタイ料理を習ってみよう!

今週は、バンコクの人気タイ料理レストラン「OSHA Cafe」でクッキング!


17202924_1327420220670192_7606921472744629655_n.jpg

13585016_1072145396197677_6050626618634109909_o.jpg

場所は、旅行者にも大人気のアミューズメント&ナイトマーケット
チャオプラヤー川・川沿いの『ASIATEQUE THE RIVER FRONT
(アジアティーク・ザ・リバーフロント)』内の...

11986938_989063597810901_6592961140436101828_n.jpg

ゴダン(倉庫)10にあるタイ料理レストラン&カフェ『OSHA Cafe』併設の
クッキングスタジオです。

asi-2.jpg

asi-3.jpg

アジアティークの無料送迎ボートご利用の場合は、アジアティークの
船着場降りて右手となります。可愛らしいトゥクトゥクのテーブル席
を目印に...

asi-4.jpg

この「OSHA Cafe」は、2015年にバンコク・ウィッタユ通り沿いに
オープンした「OSHA」のカジュアルラインで、気軽にOSHAの
タイ料理をお楽しみ頂けます。

☆OSHA取材時のブログはこちら☆

広々とした店内は、インダストリアルデザインの中にもタイらしさが
感じられます。

12967944_1018171078261776_5494533407675737_o.jpg

P1000700.jpg

P1000698.jpg

そして!こちらが併設のクッキングスタジオです。

asi-1.jpg


<クッキングクラス概要>

実施日時:毎日開催(1日2回) 
① 13:00〜16:00   ② 17:00〜20:00

注!アジアティークの営業時間は、一部飲食店舗を除き
17:00〜ですので、BTSサパーンタクシン・サトーン船着場
発着の無料送迎ボート(17:00〜)は、ご利用いただけません。


催行人数:2名〜10名まで。(それ以上の場合は応相談)

料金 :ベーシックタイ料理コース(タイ料理3品)
    お一人様 2,800バーツ(日本円でおよそ9100円ほど)

・メニューはお申し込みの際にご確認ください。
・その他のコースに関しても、お問い合わせください。

ーお申し込み方法ー

希望日時・人数・希望コースを英語で明記の上、
OSHA CafeのFacebookページのメッセージメッセージ・
Eメール・お電話にて、お申し込みください。

☆OSHA CafeのFacebookページ☆

 Tel:02-046-9441  or    02-046-9442

(Eメール) cafe@oshabangkok.com

今回は特別に、タイ版料理の鉄人のお一人で、OSHAの
エグゼクティブシェフ・プーさんに、ガパオライスの作り方を
教えていただきました。

DSC_9637.jpg

材料は全て計量済み

DSC_9643.jpg

まずはシェフのデモンストレーション。クロックヒンというタイの
すり鉢で、ニンニクと唐辛子を潰してペースト状に。

DSC_9646.jpg

DSC_9647.jpg

かなり多めの油を熱し、卵を流し入れます。目玉焼きを油で揚げる
感じです。

DSC_9648.jpg

卵の揚げ具合はお好みで...。油をひき、先ほどのニンニク&唐辛子の
ペーストを炒め...

DSC_9651.jpg

ここで取材班、全員むせまくりw スパイシーかつ良い香りが
スタジオに漂います。

DSC_9660.jpg

ひき肉投入!

DSC_9665.jpg

全体に日が通ったら、フレッシュバジルを入れて...

DSC_9666.jpg

完成!

DSC_9672.jpg

アジアティークでのタイ料理クラスですので、午前中に川沿いや王宮・
ワットポー周辺の散策後、午後は少し遅めのランチ兼ねてタイ料理体験、
夜はゆっくりアジアティーク散策と、移動もミニマムに滞在時間を
有効に使うことができます。

帰国後も、習ったタイ料理でタイを思い出しつつ、お土産話に花を
咲かせてみたり、次回のタイ旅行のご予定を立ててみませんか?

★3/12の放送を聴く★

観る・知る, 食べる

2017.03.05

第3期リスナーレポーターさん in Thailand

今週は、番組リスナーレポーターさんの初タイレポートを。

17103834_1237190713003529_4364545722313433035_n.jpg


HISさん3泊5日のバンコクツアー、新千歳空港⇄バンコク直行便利用で
タイに行って頂きました。

それでは!ここからはレポーターの小林かなさん(写真右)
畠山ゆいさんのお二人から届いたレポートとお写真をどうぞ!

☆は私・城野からのコメントです。

<1日目>

初めてのタイ!バンコク!

楽しみと不安な気持ちでタイ国際航空TG671便で、新千歳空港を定時出発。

タイ国際航空
http://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page


飛行機に乗り込むと、伝統衣装を着たCAさんがお出迎えしてくれ、

カラフルな座席のシートのかわいさに感動しました。


機内食の豪華さに驚き、ごはんも!うどんも!パンも!たくさん出てきて、
お腹いっぱいおいしくいただきました。


16938531_1237190703003530_1875205071773412361_n.jpg



おやつには「たい焼き」が出てきて、タイだけにたい焼きなのかな?と、
笑いました。


17103253_1237190699670197_1267540460333610767_n.jpg


機内では映画も2本鑑賞。あっという間にタイに到着です。

スワンナプーム空港は、とにかく広い!!


空港からホテルまではH.I.S.さんのホテル送迎がありました。

道路の広さと車の多さに驚きつつ、車内からタイ語の看板を見て、
ついにタイに来たんだな!と実感しました。さらに、とても大きく
きれいな夕日も見えました。

17021774_1237190716336862_373429641865551817_n.jpg

16864764_1237190759670191_3093773221863809059_n.jpg


スコソンホテルに到着。


ザ スコソン バンコク(The Sukosol Bangkok)
http://e.his-j.com/trip/ciao/voyage/02B_12/PC-FBT7212/


部屋に入るとベッドの上にぞうさんが!かわいいー♡


☆タイのホテルならではのホスピタリーその①

ホテルにより、このタオルアートの動物も様々。
ほどくのが勿体ないんですよね〜。


16939218_1237190766336857_2026698626048411085_n.jpg


ホテルで城野さんと合流して、BTSとボートの乗り方を教えてもらいながら、
アジアティークへ。

17021769_1237190779670189_4022987353049776217_n.jpg


まずは、OSHA Cafeというタイ料理レストランでごはん。

17039402_1376145795792045_2470505258879420303_o.jpg


サプライズで、タイの有名セレブシェフ・プーさんという方が来てくれていて、
おすすめの料理をたくさん出していただきました!


☆ラッキーなリスナーレポーターさんがいらっしゃるなら!と、わざわざ

アジアティーク店にお越し下さったタイの鉄人シェフのお一人・シェフ Pu

有難うございました。


16864048_1237190826336851_4012328583407384912_n.jpg


17022006_1237190829670184_5512694402653946374_n.jpg


タイの料理は辛いイメージがありましたが、どれも食べやすくおいしかったです。

食後に、アジアティーク内を散策しながら、タイのアイスミルクティーを

いただきました。

17098735_1237190839670183_2140272676303172861_n.jpg


甘いとの噂でしたが、飲みやすく、ハマるおいしさです!


帰りは初めてのトゥクトゥクに乗りました。思いのほかスピードが早く、
アトラクションに乗っている感覚で、とても楽しかったです。


あっという間に1日目が終了。



<2日目>

早朝から、ルムピニー公園へ。


17155651_1237190899670177_7062450643808025166_n.jpg


16939615_1237190916336842_730647137412711185_n.jpg


園内には、すでにたくさんの人がいて、ヨガやランニングなど運動を

楽しんでいました!野生のイグアナ?も見かけました。


☆ルンピニー公園名物?水トカゲですね笑 普通に歩いてます。


私たちの目的だった屋台へ。


17098336_1237190866336847_6545593603132398280_n.jpg


パートンコーという揚げパンを買い、コンデンスミルクをつけて。

16995986_1237190886336845_6851531018776926288_n.jpg


屋台の方がとても気さくで、写真をとっていると、一緒にピース!

急いでザ スコソン バンコク ホテルへ戻って、朝食もいただきました。

17021912_1237190943003506_4677144437325275125_n.jpg

16939518_1237190956336838_2342436861664838564_n.jpg


その後、チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットへ。


17022456_1237190973003503_2203777294086188099_n.jpg


お店が果てしなく続いていて、見るもの全てがほしくなってしまい、
誘惑がたくさんでした。

17022107_1237190996336834_1541667714161678651_n.jpg


ココナッツジュースで一休みをしてから、お昼はブルーエレファントへ。


16939487_1237191023003498_4658610628192574762_n.jpg


17103750_1237191043003496_6602018639634567694_n.jpg


高級な雰囲気なのに店員さんが親切で、メニューを細かく説明してくれました。
グリーンカレー、トムヤムクン、空芯菜の全て美味しかったです。


夕方からは、H.I.S.のオプショナルツアー
カリプソ・ニューハーフショーを観に、再度アジアティークへ。
http://activities.his-j.com/TourLeaf/BKK0065.htm


17022247_1237191086336825_462424618607331128_n.jpg


女性よりも女性らしく、みんなキラキラしていて負けちゃいられないっ!

と、思いました。



<3日目>

エレファントビレッジへ向かい、HISさんのオプショナルに参加。
ぞうさんシャトルバスに乗りました。
http://www.his-j.com/hokkaido/sp/bangkok_campaign/index.html


17103378_1237191136336820_590943290566273195_n.jpg


森の中をお散歩して、池にも入り、想像以上に楽しかったです。

最後に、「ぞうさんありがとうー」と言ったら、パオーン!と返してくれて、

感動しました♡


お昼はフードコートで、プリペイドカードを使ってごはん。
Big Cという大きなスーパーマーケットで買い物も。おみやげもたくさん
買いました。

夜は、ラーンカイトーンプラトゥナームというカオマンガイがとても有名な
お店に行きました。
ピンクの制服が可愛かったです!

17022058_1237191139670153_854295772556942100_n.jpg


16997858_1237191159670151_5816625280677615379_n.jpg


本当に美味しすぎて、食べた直後にテイクアウトまでしてしまいました。


食後にタイ古式マッサージを受け、眠ってしまうほど気持ちが良く癒され、
施術後は身体が軽くなっていました!!

17103747_1237238896332044_4596489647700142057_n.jpg



<4日目・最終日>

朝、ザ スコソン バンコク ホテルで前日テイクアウトした
カオマンガイを温めてもらったら、きれいに盛り付けされ、
お部屋まで運んできてくれて、すごく感動しました。


☆タイのホスピタリティーその②
日本だったら...保健衛生上の問題で、
断られてしまうであろう
ゲストのリクエストにも、快く応えてくださるのが、タイのホテルです。
心遣いが嬉しいですよね〜


17021963_1237239952998605_9130467698705484135_n.jpg


17098341_1237239956331938_7465382794172969421_n.jpg


ホテルのプールで少しはしゃいでから出発!


16938963_1237191223003478_6446099906723026955_n.jpg


観光客が乗りこなすのは難しいとガイドブックに書いてあった路線バスに、

どうしてもチャレンジしてみたかったので、地元の人たちの力を借りながら、

なんとか乗ることが出来ました。


17103800_1237191243003476_1626560244602480548_n.jpg


それに乗って、王宮方面へ。

ワットプラケオやワットポーを満喫しました!


17155699_1237191263003474_5418559872468526491_n.jpg


17098481_1237191249670142_4879114192050804329_n.jpg

16939495_1237191303003470_8983884040959300429_n.jpg

ワット・ポー見学の後は、ブロッコリー・レヴォリューションという
オーガニックカフェへも。

16939150_1237191319670135_5547194696183606415_n.jpg

アサイーボウルとグリーンスムージーがとてもおいしかったです。

17098261_1237191323003468_6065314878747335102_n.jpg

最後にマンゴーやバナナのデザートを食べて、私たちのタイの旅は終了です!

17022448_1237191343003466_5216472484145489601_n.jpg


17022398_1237191383003462_6459275764124912076_n.jpg

17155304_1237191403003460_5710286505363852025_n.jpg


16939344_1237191409670126_2131660134834707174_n.jpg


最後に...


今回、はじめてタイに行き、言葉は通じなくても、みんな笑顔で接してくれ、
人の優しさをとても感じた旅行でした!
タイは、交通の便が良く、ごはんも
おいしくて、買い物する場所もたくさんあり、マッサージで癒され、
すごく魅力的な国だと思いました。


絶対にまた行きたいです!!



☆かなさん、ゆいさん、お疲れさまでした。

短い滞在、初タイながら、公共の交通機関を駆使してバンコクを楽しんで

くださった事、番組も本当に嬉しく思います。また次回、微笑みの国で

お待ちしています!


有難うございました。


新千歳空港からタイ国際航空の直行便で、皆さんもタイへぜひ!
 番組レディースパーティーも年内に開催予定、次のリスナーレポーターは、
「あなた」かも!

★3/5の放送を聴く★

その他, スパ&マッサージ, ピープル, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

2017.02.26

今週は2本立て!癒しの空間2ヶ所をご紹介

今週は、2本立てでお届けするムーンタイワニー。


まず1本目は、バンコク・スクンビットのお屋敷街にある
日本人オーナーのフェイシャル専門サロン
『Healing and Beauty 49』です。

14202621_1055078874587706_7077047384501603301_n.jpg

常夏タイを楽しんだあとは、お肌のケアも念入りにしておきたいもの。
紫外線対策をしていても、うっかり日焼けや大気の汚れによる肌への
ダメージも。

特にトゥクトゥク乗車の場合は、遮るものがありませんので、
毛穴の汚れも気になるところ。またこの時期、湿度の高いタイから
寒い北海道への帰国の際には、寒暖の差や暖房による乾燥等も気に
なります。

スパ先進国のタイには様々なスパがありますが、ボディと異なり
お顔へのトリートメントとなると、肌質や使用するプロダクツに不安を
感じる方もいらっしゃるでしょう。

ここ「Healing and Beauty 49」では、日本の最先端美容マシンと日本人
女性の肌質にこだわったプロダクツでの、トリートメントを受ける事が
出来ます。

15338865_1145686845526908_1935401482395717415_n.jpg

14199642_1055861541176106_616590348737322876_n.jpg

もちろん!しっかりとトレーニングを積んだセラピストさん達による
マシンでの施術ですので、マッサージやスパトリートメントの様に、
セラピストさんの腕によりけり...といった事も心配ご無用。
贅沢な空間で、タイで綺麗に磨きを掛けてください。

日本人スタッフ他、日系航空会社の元CAさんだった日本語堪能な
タイ人スタッフも常駐。お肌の状態に合わせてのコース選びも安心です。

heal-1.jpg
(写真クリックで拡大)


コースは30分のベーシックから120分のプレミアム、エイジングケアや
美白、洗顔や血行促進など、あなたの肌コンディションに合わせて
お選びください。

サロンのお庭には、素敵なカフェも併設です。

☆Healing and Beauty 49 公式サイト☆

heal-2.jpg
(写真クリックで拡大)


続いて2本目!

こちらは取材移動中に飛び込みで取材をさせて頂いたカフェ。

DSC_0014.jpg

場所は、高架鉄道BTSプラカノン駅下車。

ソイと呼ばれる偶数側の出口をおり、スクンビット通りに面した
工事中のフェンスの向こうにある、赤い矢印の建物です。

15621581_1172848399437761_1000140557614541242_n (1).jpg
(BTSプラカノン駅より撮影)

15589538_1172848419437759_2813390209046301581_n.jpg

このフェンスの向こう側、左に入る小路を進むと...

15672956_1172848469437754_5761883953506461513_n.jpg

ちょっと素敵な新しい建物の中にあるカフェです。
こちらはなんでもこーワーキング&アートスタジオとなるそうで、
取材時(2016年11月)の段階では、ご紹介のカフェのみがテナント
として入っていました。こちらもなかなか面白そうなコンプレックス!

☆Naiipa Art Comlex☆

この建物の中、奥へと進むと...

DSC_0018.jpg

DSC_9961.jpg

『Library-Naiipa Art Complex』というカフェです。
平日の午後3時、屋内・外席も満席の人気ぶりです。

このLibraryというカフェは、バンコク都内に数店の支店を構える
カフェですが、お客様のお目当はこのワッフル!

DSC_9986.jpg

タイの方のフェイスブックやインスタグラムにもよく上がっている
ワッフルで、とても気になっていました。私、てっきりタイの抹茶
ブームにちなんだ抹茶ワッフルだと思いきや...

なんとこちらは、パンダンリーフ(バイトゥーイ)というタイの
お菓子やお料理の色・香り付けに使用されるハーブのワッフルだったん
です。レポートで思いっきり「抹茶ワッフル」と連呼しておりますが...。

乾燥させたパンダンリーフを生地に練りこみ焼きあげたこのワッフル、
ほのかに甘くて日本人好みのお味。

DSC_9972.jpg

このワッフル他、クロワッサンも人気だそう。

DSC_0007.jpg

交通量の多いスクンビット通りから、たった1本奥の小路に
入っただけで、林の中にいるかのような錯覚を覚える静かな空間で、
美味しいワッフルとお飲み物を楽しんでください。

DSC_0006.jpg

DSC_9992.jpg

『Library-Naiipa Art Complex』

営業時間:9:00-20:00
定休日 :不定休

★2/26の放送を聴く★

その他, スパ&マッサージ, 食べる

ページトップへ