2013.07.27

現地日本語フリーペーパーDACOとガイドブック「歩くバンコク」

今週のムーン・タイワニーは、番組とも長~いお付き合い、
2007年には、「タイのウェディング」と題して、番組とも
取材コラボレーション!

20130728-20091105-20070921-224(frontcover).jpg

現地日本語フリーペーパー「DACO」編集部再訪!

バンコクでは、様々な日本語フリーペーパーを手にする事が
出来ます。番組でも以前に、それらフリーペーパーに関しては、
ご紹介いたしましたが・・・

☆現地日本語フリーペーパー取材の様子その1☆

☆現地日本語フリーペーパー取材の様子その2☆


今回、初めて番組をお聞き下さった方、また初めてタイへ
行かれる方に、改めてこの「DACO」と、DACO編集部が
手がけるガイドブック「歩くバンコク2013-2014」をご紹介。

20130728-aruku.jpg

月2回発行されるDACOは、毎号その特集が面白いんです!
私も8年間お取り寄せ、もちろん毎号キープ。現在はTwitter、
Facebookでも情報を発信されていますが、DACO本誌は、現在
Webでも購読可能。

☆DACO公式サイトはこちら!☆

タイ在住日本人はもちろん、旅行者にもタメになる情報が満載。
在住者と旅行者、その両方の目線を持ちつつ、ちょっぴり
ディープなタイを知る事が出来ます。

さらに!毎年発行されるガイドブック「歩くバンコク」は、
在住日本人の皆さんと協力して、老舗から最新スポットを
網羅。公共の交通機関を中心に、ソイと呼ばれる小路に沿って、
話題のお店や目印となる建物までが地図と共に細かく記載され、
街歩きには最適の一冊。しかも毎年、80%を目標に紹介される
お店もアップデート。最新号では、旬なスポットAsiatequeも
もちろん地図付きで紹介されています。

バンコクはぶらっと街歩きが楽しめるところ、どの駅で降りても、
どこか懐かしい・・・それでいて刺激的な街、あなたもこの1冊を
手に、バンコクを歩いてみませんか?

20130728-fuku-1.jpg

日本の書店でもまもなく店頭に並びますが、すでにAmazonでも
購入可能です。Amazonへは番組ブログ右側のバナーをクリック!

来週のムーン・タイワニーは、引き続きDACO編集長のふくさんに
ご登場頂きまして、久々のシリーズ「タイで頑張る日本人」
道産子ふくさんが、タイに魅了され、お仕事をするきっかけと
なった事などを伺います。さらに、ふくさんが運営される人気ブログ
のラジオ版「サイアム系で行こう!」もスタート!タイの音楽・
カルチャーシーンを、毎週届けて頂きます。

まだ見ぬタイ, 観る・知る

2013.07.27

Koh Mr.Saxmanプロデュース!ライブと創作お寿司の「Jazz Sushi」

現地での取材の様子をお届けしているムーン・タイワニー、
今週はムーン・タイワニー2連発!先頃オープンした、
ちょっとユニークなジャズの生演奏が楽しめるお店へと、
ご案内します。

20130728-jazz-1.jpg

タイは、現国王/プミポン国王が大の音楽好き。とりわけ、
ジャズがお好きな王様は、トランペットやサックスを演奏、
また作曲も手がけられ、タイのCDショップでは、王様作曲の
楽曲をおさめたCDも、手にする事ができます。

20130728-one.jpg

20130728-708_SW_book_CD_book.jpg

ジャズ好きの王様のお膝元、タイでは年間を通じて、大小
様々なジャズフェスが開催され、世界でも著名なジャズ・
ミュージシャン達もタイ好きが多く、たまに私もタイの空港や
リゾートで、ミュージシャンの皆さんに遭遇します。

今や、アジアのジャズ・キャピトルともなっているタイ、
そのタイを代表するサックス奏者で、日本のミュージシャンとも、
親交の厚いミュージシャンが、Koh Mr.saxman。

演奏活動のみならず、Kohさんは現在、「サキソサエティー」
というスクールも運営されていまして、後進の育成にも、力を
注いでいらっしゃいます。そのスクール兼ライブハウス兼
サックスショップ兼レストランがあるのは、バンコクの丸の内
とも称されるオフィス街/シーロム。オシャレなショップや、
ブティックホテルなどもある、バーン・シーロムという小規模
ショッピングモール沿い、ソイと呼ばれる小路、ソイの19。
このソイの19は、アーティスティックでなかなかヒップな
ストリートで、ギャラリーなども点在。

ちなみに、Kohさんのお店のお隣には、ここ北海道のアーティストも、
以前に展示会を行った「ポスト・モダン・ギャラリー」があります。

Kohさんのお店、いわゆるタイならではな、奥行きのある
3階建てのタウンハウスで、お世辞にも広いとは言えないお店、
私も最初は「え!ここでライブやっちゃうの?!」と、ビックリ
してしまうほど。

20130728-941609_657172384297125_2115125757_n.jpg

でも!アーティストとの距離感が数十センチ!その親近感と、
全身に音のシャワーを浴びる感じが、不思議と心地よい空間とも
なっていて、隣り合ったタイの方、そして外国人の方とも、
何の違和感なく、会話が弾み、音楽を楽しめる・・・

20130728-1006230_671531702861193_312003230_n.jpg

音楽に国境はなし!FMノースウェーブのコンセプト同様、
One Groove One Nation。店内にはトランペットを演奏される、
プミポン国王の大きなお写真も飾られています。

20130728-jazz-3.jpg

20人も入るといっぱい!

20130728-998695_679189932095370_1558811031_n.jpg

提供されるお料理は、親日家のKohさんだけあって、なんと
日本食。店名の「Jazz Sushi」からも、分かる通り、創作
お寿司を中心としたメニュー展開で、お値段もローカル価格。

20130728-934725_656299844384379_1304227316_n.jpg

月曜定休、営業時間は午前11時から22時までで、毎週末、
金・土・日には、タイのみならず、海外からも有名ジャズマンが
登場し、Kohさんも、海外公演がない場合は、パフォーマンス。

20130728-1005887_663786456969051_1301862170_n.jpg

20130728-1011081_663787833635580_1682207374_n.jpg

その晩のキーボディストが、ブルーノ・マーズに劇似!

20130728-1005696_663760740304956_1676138679_n.jpg

「ブルーノ・マーズに似てるって、よく言われるでしょ?」
「君で100万人目だよ(笑)」

ベテランの著名なジャズマンと、タイの若手アーティス等が
共演できる素敵なお店、ちょうど私がお店にお邪魔した際には、
世界各国のジャズフェスに出演経験がある、ジャズ大国オランダの
サックス奏者/アレキサンダー・ビーツと・・・

20130728-1011809_663765850304445_856488851_n.jpg

Kohさん、さらに!スクールの生徒さんも参加、総勢6名で
奏でられるサックスは、迫力満点!グルービーなライブを
楽しむ事が出来ました。間違いなく、近い将来、世界的に
活躍するタイ人ミュージシャンが、ここから誕生する事でしょう。

皆さんもぜひ、バンコクの夜を素敵なジャズでお楽しみ下さい。
ライブスケジュールに関しては、番組Facebookにもリンクの、
Jazz sushi 公式Facebookページでご確認下さい。

☆Jazz Sushi公式facebookページはこちら☆

出演アーティストによっては、ミュージック・チャージが
掛かる場合もございます。また、席数が多くはありませんので、
お目当てのアーティスト、Kohさん出演の際には、早めに
行かれる事をオススメします。

では!Googleストリートビューで場所を確認してみましょう。
シーロム通りをまっすぐ、左手にBaan Siromという小洒落た
白亜の小規模ショッピングモールの次のソイが、ソイ19




大きな地図で見る

http://goo.gl/maps/Wg8Ur


大きな地図で見る

食べる

2013.07.20

porocoさんとのタイ取材

タイでの取材の模様をお届けしているムーン・タイワニー、
今週は、先頃タイ取材を行った、アクティブにさっぽろ
ライフを楽しむための情報誌「poroco(ポロコ)」より、
紅一点の福崎さんと、ライターの富田さん、そして
カメラマンの棟方さんをスタジオにお迎えして、初めて
訪れたタイのご感想を伺って参ります。

今週のブログでは、カメラマン/棟方さんのオフショットも
お楽しみ下さい。

昨日20日発売のporoco8月号には、「タイ微笑今昔旅」と題して、
見開き4ページに渡り、タイが特集されています。

20130720-1075665_535327766517079_2115269263_n.jpg

まずは、私・城野撮影のporocoさん取材の様子から・・・

バンコク到着早々、ホテルチェックイン前に一仕事。
旬のナイトスポット「アジアティーク」へ。

20130720-poroco-1.jpg

アジアティークでは、ショップ散策やカリプソ・キャバレーでの
ニューハーフショー取材。初日の取材終了後は、明日の取材に備え、
作戦会議。写真では、なかなかその真剣さが伝わりづらいですが、
作戦会議ですっ。(キリッ)

20130720-poroco-2.jpg

ワット・アルンが目の前の絶景ルーフトップバーでも取材を
行いました。夕暮れ&周辺寺院のライトアップ待ち。

20130721-poroco-7.jpg

バーからの夕景撮影後も、まだまだ細かい部分の撮影が続きます。
さすがっ! "撮り下しのporoco" です。

20130721-poroco-6.jpg

タイ料理レストランでの取材は、こんな感じ。

20130721-971188_485454294861204_933361000_n.jpg

アユタヤでは・・・

20130721-poroco-21.jpg

水上市場では・・・

20130721-poroco-20.jpg

まだまだ取材で訪れた所は沢山ございますが、その模様は
poroco8月号でお楽しみ下さいませ。

それでは!カメラマン棟方さんの、タイ取材膨大な
撮影枚数の中から、オフショットどーぞ!

アジアティークの観覧車での私たちも、プロが撮ると・・・

20130721-bangkok eyes.jpg

こーなります。

バンコクの丸の内とも称されるオフィス街シーロムの
OL市場取材では・・・

20130721-ol-1.jpg

20130721-ol-2.jpg

20130721-ol-3.jpg

20130721-ol-4.jpg

20130721-ol-5.jpg

アユタヤでは・・・

20130721-dog-1.jpg

20130721-dog-2.jpg

タイは本当にフォトジェニックな国。今回ご提供頂いたのは、
ごくごく一部。棟方さん、サバーイの取材同行(自腹で)
ご検討下さい。  ・・・と、ブログ上でも改めてお願い。
いつか、poroco読者の皆さんとサバーイリスナーの皆さん合同で
タイツアーやりたいですね~。ついでにporoco×Sabaaiで、
タイのガイドブックなども作れたら楽しいだろうな・・・。

poroco8月号、ぜひお近くの書店で!


その他

2013.07.20

プーケットでのアクティビティー

今週は、タイ取材シーズン28を振り返って・・・
6月のプーケット・マラソン取材の合間、マラソン参加者の
皆さんと共に参加した、カオラックを拠点とするツアー会社
Green Andaman Travelさんのパンガー湾ツアーの様子も。

参加したツアーはこちら!

☆Green Andaman Travel☆

今回の宿泊先、プーケットはラグーナ地区のホテルより、
まずは一路、カオラック方面へ。所要時間は車で1時間ほど。
船着き場より、ロングテールボートに乗船し、マングローブの
林や雄大な景色を眺めつつ、ジェームスボンド島へ向かいます。

20130721-tour-1.jpg

プロデューサー、船着き場売店で購入した傘がシックリ。

20130721-tour-2.jpg

取材時(2013年6月)ジェームス・ボンド島は護岸工事が
行われていました。観光には、全く支障なし!

20130721-tour-3.jpg

続いて、シー・カヤックでパンガー湾へ!
すみません、人様の旦那様とお約束のラブラブショット。

20130721-tour-4.jpg

カヤックの船頭さんが、器用に葉っぱをハート型に切り抜き、
こんなフレームを作ってくれるんです。このラブラブショットは、
昨年2012年の取材、ファイブスター・ツアーさんのパンガー湾
ツアー取材の際にも・・・ウッチーと・・・(笑)

20130721-32_20120303-panga-29.jpg

ファイブスターさんのパンガー湾ツアー取材の様子も
併せてどうぞ。

☆ファイブスターさんのパンガー湾ツアー☆


Green Andamanさんのパンガー湾ツアーに戻りましょう。
潮の満ち引きにより、カヤックで入れる洞窟やラグーンも
制限されますが、洞窟を抜けると・・・

20130721-doukutu-1.jpg

マングローブのラグーン!

20130721-tour-8.jpg

運が良ければ、小さな入り江のラグーンへも上陸!

20130721-tour-9.jpg

この岸壁を、無謀にも登ろうとした私・・・44歳の夏・2013

20130721-tour-10.jpg

昼食は、モスリムの島で。水上レストランの前には、生け簀も
並んでいます。

20130721-tour-6.jpg

再度、ロングテールボートに乗船し、最初の船着き場へ。
そこから車で、今度は洞窟寺院/ワット・スアン・クハへ。

20130721-tour-15.jpg

20130721-tour-14.jpg

20130721-tour-13.jpg

洞窟のさらに奥へ!

20130721-tour-11.jpg

20130721-tour-12.jpg

寺院見学で終了!ホテルへと戻ります。

シー・カヤックを存分に楽しみたい!派は、ファイブスターさんの
ツアー、パンガー湾の見所凝縮派には、Green Andamanさんが
オススメです。

遊ぶ

2013.07.13

チェンマイの市場へ行ってみよう!~ハンドン市場編~

今週は、タイ取材シーズン28最終回!2週に渡ってご紹介して
参りました、チェンマイ郊外ナンプレー村にあります、
HIVに母子感染してしまった子供達の生活施設「バーン・
ロムサイ」併設のゲストハウス、「hoshihana village」での
アクティビティー、「ハンドン市場」散策です。

「バーン・ロムサイ」と「hoshihana village」に関しては、
先週7/7のブログをご覧下さい。ここhoshihana villageでは、
ご滞在者向けの様々なアクティビティーも楽しむ事が出来ます。
hoshihana village公式サイトでも、「hoshihanaの楽しみ方」
というページにご紹介がありますが、市場大好き取材班は、
その中から「ハンドン市場散策」をチョイス。

20130714-hand-1.jpg

☆hoshihana village 公式サイト☆

hoshihana villageから市場までは、前日までのご予約で、
プール号という乗り合いトラック「ソンテウ」での送迎が可能。

20130714-poolgou-1.JPG

20130714-poolgpu-2.JPG

この「プール号」は、ここhoshihana villageで撮影された、
もたいまさこさん、小林聡美さん主演の映画「プール」の
撮影スタッフが使用していたもので、撮影終了後にバーン・
ロムサイに寄贈されたもの。施設の子供達や宿泊者の大事な足
として、大活躍です。

hoshihana villageでは、自転車の貸し出しもありますので、
自転車で周辺の景色を楽しみながら、市場へ向かう事も可能。
自転車利用の場合、hoshihanaから市場までは、およそ30分ほど。
到着後は自由に市場内を散策する事が出来ます。

市場はセミオープンスタイルの巨大体育館といった感じ。
屋根の下には、地元で栽培された新鮮な野菜や果物、
魚介類に肉、調味料にお惣菜に衣料品から日用雑貨、
屋台食堂まで入っています。

20130714-hand-2.jpg

20130714-hand-15.jpg

タケノコに・・・

20130714-hand-10.jpg

これ、なんだと思いますか?

20130714-hand-11.jpg

カイ・モッ・デーンという、赤蟻の卵です。かなり貴重な食材だそうで、
ごくまれにタイの森林などで、写真左上のボール状となった木の葉を
観る事があります。これが赤蟻の卵の印。

20130714-hand-12.jpg

菜の花の周りにはミツバチが。この菜の花を包んであるお米袋も
イカしてます。そしてそのお米の種類も豊富!タイは日本同様
"お米の国" です。

20130714-hand-13.jpg

20130714-hand-14.jpg

イスラム教の方達の為の、ハラルフードの食材専門コーナーも。

20130714-hand-16.jpg

20130714-hand-18.jpg

旬の果物が並びます。パイナップルは、タイ語で "サッパロ"
サッポロの皆さんが、一番覚えやすいタイ語かもしれませんね。

20130714-hand-3.jpg

旬のマンゴーも美味しそう!しかもキロ(5,6個)で60バーツ、
200円しません。取材終了後にこのマンゴーを購入し、ちょびっと
冷やしてから♪ と、冷蔵庫に入れたまでは良いのですが・・・

20130714-hand-8.jpg

タイヤイ族のお料理が本当に美味しすぎて・・・おなか一杯
食べちゃって・・・マンゴーの存在をすっかり忘れ・・・
冷蔵庫に入れたままチェックアウト。今回の取材の心残り(号泣)

バナナの種類も豊富!取材班大好物の赤いバナナを購入。
マイクではなく、バナナ片手に市場取材です。

20130714-hand-26.jpg

魚介も新鮮!

20130714-hnd-4.jpg

20130714-hand-21.jpg

20130714-hand-5.jpg

干物も充実!

20130714-hand-9.jpg

こちらはチェンマイ名物の豚の皮を揚げたもの。ビールに合います。

20130714-hand-6.jpg

広い市場内、一応は野菜セクション、果物セクション・・・と、
分かれてはいますが、これといった間仕切りなどはありません。
ただし!お肉売り場だけは、市場内の一角、仕切られた場所に
ありました。各種お肉、各部位揃ってます。

20130714-hand-24.jpg

20130714-hand-23.jpg

20130714-hand-25.jpg

もちろん、僧侶へのお供えセット専門店も。この黄色いバケツの
中には、僧侶の日常使いの品々(石けんや歯磨き粉、調味料や
インスタント食品、ろうそく、袈裟用の黄色い布、タオル等々)が
入っています。

20130714-hand-27.jpg

市場奥には、屋台食堂も。

20130714-hand-19.jpg

タイに限らず、海外へ行かれた際には、ぜひ地元の市場へ。
市場はその国や地域の「今」が分かる所。食べる事=生きている事、
生きて行く事を私は実感する場所だなと感じます。土がついたまま、
ちょびっと虫食いのある、それが美味しくて新鮮な証拠でもある野菜、
少々形が悪くても、曲がってても良いんです。日本では観た事のない
食材や、郷土色豊かなお惣菜の数々・・・市場は本当に面白い所。

hoshiahana villageの各コテージには、キッチンもありますので、
ご滞在中、市場で食材を調達して、料理の腕を振るってみるのも
楽しいでしょうね~。今回、取材班はスケジュールの都合で
1泊しか出来ませんでしたが、次回、ここを訪れた際には、
この市場で買い物をして、気の置けない友人達と一緒に、お料理を
作ってみたいと思います。

この市場散策の他にも、オプショナルツアーとして別途料金が
必要ですが、元バーン・ロムサイの日本人ボランティアスタッフの
方が案内して下さる、「カレン族の腰織と天然染めを体験できる
ツアー」や、金曜日の朝のみ開かれる朝市ツアー、また自転車で
行く事の出来る素敵なレストランやカフェの数々、そして
チェンマイ市内観光なども楽しむ事が出来ますので、お好みで
チョイスしてみて下さいね。

バーン・ロムサイ、そしてhoshihana village へのアクセスですが、
取材班はチェンマイ国際空港から、タクシーを利用しましたが、
迷う事なく、たどり着く事が出来ました。バーン・ロムサイの
HPには、空港からの地図等も掲載されていますので、コピー持参が
安心かと思います。

ということで、これにてタイ取材シーズン28は終了!来週からは、
いよいよタイ取材シーズン29がスタート。初回は、サッポロの
ライフスタイルマガジン「poroco」スタッフの皆さんをスタジオに
お迎えし、先頃行ったタイ取材の様子、今月20日発売のporoco
タイ特集、そして!9月に札幌で開催の、トークショーについて、
お話頂きます。

どうぞお楽しみに!


買う, 食べる

ページトップへ