2013.10.26

バンコク・マリオットホテル・スクンビット

今週は、『バンコク・マリオットホテル・スクンビット』
ご案内。マリオットホテル・スクンビットは、今年2013年3月
にオープン。世界的ホテルブランド、マリオット・インター
ナショナルが手がけるブランドの一つです。

20131026-1010501_478129252268200_1225956614_a.jpg

BTSスカイトレイン・スクンビット線のトンロー駅から
徒歩2~3分という好立地!ソイと呼ばれる小路、ソイ57
角という、これまたとても分かり易いロケーション。

エントランスはマリオットらしい、シック&モダン

20131026-entrance-1.jpg

今回、拝見したお部屋はエグゼクティブ・スイート、
エグゼクティブ、デラックスの3タイプ。

20131026-bkkms_phototour12.jpg

20131026-bkkms_phototour13.jpg

どのカテゴリーも観光からビジネスユースまで、幅広い
世代に好まれる落ち着いた内装。窓が大きく取られて
いるので、とにかく明るい!レポートの中にもありましたが、
マリオットホテル・スクンビットの周辺、トンローエリアは、
スクンビットの中心に比べ、高層ビルも密集していないので、
バンコク都内を広く見渡す事が出来ます。

ベッドルームとバスルームを隔てる部分もスライド式。
天井も高く、ご説明頂いた平米数より広く感じます。

マリオットカラーのシックな赤も要所要所に。

20131026-deluxe-2.jpg

館内そして客室は、言うまでもなくフリーWi-Fi、
ベッドサイドには、iPhoneのドックステーションも。

20131026-iphonedeck.jpg

特筆すべきはバスルーム!清潔感溢れる白い大理石の床、
さらに明るく、開放感も抜群。バスタブからもバンコクの
景色をご覧頂けます。

20131026-exebath-1.jpg

通常、ホテルのバスルームといえば、バスタブの中でシャワーを
浴びる事となりますが、こちらではカテゴリーにより、
バスタブとシャワーブースが別々に設けられているタイプと、
日本のバスルームを思わせる、バスタブ+シャワブース一体型。

20131026-exebath day.jpg

20131026-deluxe-bath1.jpg

アメニティーはこんな感じです。

20131026-amenity.jpg

エグゼクティブルームご宿泊の際には、エグゼクティブラウンジ
でのチェックイン、チェックアウト、午前6時から利用可能な
専用ラウンジもご利用頂けます。

20131026-lounge.jpg

そして「マリオットホテル・スクンビット」では、一般の
客室とは別に、サービスアパートのユニットも。

20131026-apart.jpg

マリオットホテル・スクンビットのサービスアパートは、
月単位・週単位での滞在も可能。キッチンにはオーブン、
食洗機、食器、カトラリー、鍋等の必需品も完備。
室内には洗濯乾燥機も。カバン一つで快適なバンコク
ステイをお過ごし頂けますよ。

番組では、ロングステイ、またロングステイの下見&
テストステイの際に、まずはサービスアパートでのご滞在を
オススメしています。サービスアパートですから、ホテル
滞在と同様の各種サービス(ランドリーやルームメイク等)も
利用可能。セキュリティーも万全ですし、光熱費ももちろん
料金に含まれています。

1週間以上の長期ご旅行などでも、場合によっては費用対
効果が高いのではないでしょうか?

客室以外の館内施設もご紹介しておきましょう。宿泊客の朝食
会場ともなる1階のレストラン「57th STreet」は、インター
ナショナルビュッフェとなります。

20131026-57.jpg

品数も豊富で、特にデザートルームの充実ぶりは、タイの
数あるホテルの中でもピカイチ!

20131026-desert-1.jpg

20131026-desert-2.jpg

クッキー等の焼き菓子に至っては、正にFresh from the oven!

20131026-desert-3.jpg

そして「Chocolate Cake Company」というカフェに...

20131026-bkkms_phototour15.jpg

ステーキハウスの「The District」、先週ご紹介した360度の
夜景が楽しめるオープンエアーのルーフトップバー「Octave」

20131020-425344_375726282527720_1583610702_n (1).jpg

☆Octaveご紹介時のブログはこちら!☆


もちろん!フィットネスセンターにプールも。

20131026-bkkms_phototour17.jpg

20131026-bkkms_phototour16.jpg

プールはインフィニティープール、バンコクの摩天楼を
泳いでいるかの様。ホテル内にはスパ「アンヌ・セモナン」も。
アンヌ・セモナンは、フランスを代表するハイエンドな
オーガニックブランドで、高品質のエッセンシャルオイルと
ミネラル成分配合のプロダクツも人気。セラピストさんの
技術が高い事でも知られるスパです。

『バンコク・マリオットホテル・スクンビット』
場所は、高架鉄道BTSスカイトレイン・スクンビット線
トンロー駅下車、3番出口から出て、右手にスクンビット
通りを見ながら歩く事2分。左側、ソイと呼ばれる小路の57、
ソイ57の角となっています。どこへ行くにもアクセスは抜群!
また先週もお話した通り、ソイ57の隣のソイ55は、小規模
ショッピングモールやレストラン、スーパーやカフェ、
日本食レストランなども充実。さらにBTSの駅構内、
スカイウォークを利用してスクンビット通りの反対側へと
参りますと、ローカルな屋台が並ぶソイ38もあります。

☆ソイ38の屋台街取材の様子☆

タイへのご旅行を予定されている方、日本人スタッフも
常駐の「マリオットホテル・スクンビット」で、タイならでは!
マリオットブランドならでは!のホスピタリティーを感じて
みて下さい。

☆バンコク・マリオットホテル・スクンビット公式日本語サイト☆



ホテル&リゾート

2013.10.19

バンコクのルーフトップ・レストラン&バー Part 2『Octave Rooftop Lounge & Bar』

現地での取材の模様をお届けしているムーン・タイワニー、
今週は先週に引き続き、バンコクの最新ルーフトップ・
バーのご紹介。

20131020-ocsign.jpg

バンコクはトンロー・エリアに、今年3月オープンのホテル、
マリオット・ホテル・スクンビットの45階から48階に位置する、
『Octave Rooftop Lounge & Bar』へとご案内します。

20131020-1236368_409417965825218_1265254903_n.jpg

番組ではこれまでにも、バンコク都内の絶景ルーフトップ
バーをご紹介して参りましたが、ここ数年でさらにその数
倍増!趣向を凝らした所も増えて来ています。来る乾季の
ベストシーズン、雨の心配をすることなく、バンコクの
摩天楼を眺めながら、素敵な時間を過ごして頂きましょう!

ここオクターブは、観光でタイを訪れた方もアクセスが容易。
バンコクの素晴らしい夜景をお楽しみ頂きながら、美味しい
お食事やカクテルの数々、そして音楽と共に、素敵なひと時を
お過ごし頂けるルーフトップバーです。

「オクターブ」という名の示す通り、特に音楽にはこだわりが。
毎日、日替わりで様々なジャンルのDJプレイも人気。
バンコクでの華やかな夜を、ここオクターブが演出します。

エレベーターを降り、この自動ドアの向こうに広がる景色が...

20131020-entrance.jpg

20131020-425344_375726282527720_1583610702_n (1).jpg

こちら45階のフロアは、人数やシチュエーションごとに
バリエーション豊かなテーブル席。

20131020-day-1.jpg

20131020-day-2.jpg

20131020-day-3.jpg

もちろん、どのお席からも素晴らしい夜景をご堪能頂けます。

20131020-day-4.jpg

20131020-day-5.jpg

20131020-day-6.jpg

夕方5時~8時までが、"Sun Downer" と呼ばれるハッピー・
アワー。夕暮れ時、バンコクの空の色の移り変わりも乙です。

20131020-day-7.jpg

Sun Downerの時間帯には...

20131020-970620_413873478713000_138590567_n.jpg

45階フロアには、バーカウンターも。

20131020-counter.jpg

「Octave」はさらに上の階にも屋内席や、カップルにも
打ってつけのバルコニー席、そして最上階が...

20131020-1274630_420290391404642_1063826932_o.jpg

元はヘリポートだったこちら、ルーフトップとは正にここ!
こちらからは、360度の大パノラマ。

お料理、カクテルも充実!今回は、人気メニューを3品ほど。

20131020-food-1.jpg

20131020-food-2.jpg

20131020-food-3.jpg

20131020-drink-1.jpg

お値段も、例えばビールでしたら1杯190バーツ~(600円)と、
なかなかリーズナブル。

人気のルーフトップレストラン&バーですから、確実にお席を
確保したい場合は、やはり予約が必要。お誕生日や結婚記念日、
プロポーズなどなど、ちょっと特別な夜を演出したい!なんて
場合も、気軽にご相談下さいとの事。様々なオケージョン、
会社単位やグループでの各種イベントにも対応可能ですので、
こちらもお問い合わせ下さい。

『Octave Rooftop Lounge & Bar』場所は、高架鉄道BTS
スカイトレイン・スクンビット線トンロー駅下車。3番出口より、
右手にスクンビット通りを見ながら、エカマイ、オンヌット方向に
歩く事2分左側、ソイと呼ばれる小路の57、ソイ57の角にある
ホテル、マリオット・ホテル・スクンビットの45階です。

営業時間は、夕方5時から深夜1時まで。Sun Downer (ハッピー・
アワー)は、夕方5時~8時まで。女性だけのグループでも、
気軽に楽しむ事が出来る品の良さと、お洒落な雰囲気です。
特にドレスコードはございませんが、スマートカジュアルで!

乾季のタイの醍醐味は、やはりオープンエアー。バンコクの
夜を楽しんで下さいね。

☎ +66 2 797 0140

☆マリオット・バンコク・スクンビット公式サイト☆

来週のムーンタイワニーは、このOctave有するも
「マリオット・ホテル・スクンビット」その客室や施設を
ご紹介します。どうぞお楽しみに!


食べる

2013.10.12

バンコクのルーフトップ・レストラン&バー Part 2『Cloud 47』

現地での取材の模様をお届けしているムーン・タイワニー、
今週は、バンコクのオフィス街/シーロムに、今年の6月末
オープンしたルーフトップバー「CLOUD 47」へとご案内。

20131011-cloudlogo.jpg

番組ではこれまでにも、バンコクの絶景ルーフトップ・
バーをご紹介して参りましたが、ここ数年でさらにその数は
増加!来る11月~2月下旬の「乾季」のベストシーズンには、
雨の心配をすることなく、オープンエアーの絶景バーで、
バンコクの摩天楼を楽しんで頂きましょう!

まずは、場所のご紹介から。

高架鉄道BTSのシーロム線サラデーン駅下車、
シーロム通りを右手に見ながら、歩く事5分ほど、
左手に「United Center」という複合商業ビルが
あります。

20131011-map.jpg

20131011-4466-1297028438o4cx9entk.jpg

シーロム通りに面した商業ビルゾーン正面玄関から
入って、奥へと進み・・・

20131011-builent-2.jpg

一旦この商業ビルゾーンを出ますと、United Centerの
オフィスゾーン車寄せに出ます。

20131011-officezone.jpg

このオフィスゾーンへと入ると、エレベーターの前には
セキュリティースタッフが常駐していますので、
「Cloud47」と告げて下さい。エレベーターホールへと
案内してくれます。

20131011-occicezoneeleva.jpg

エレベーターに乗って、47階へ!

20131011-995499_514080478676082_1284337530_n.jpg

エレベーターの扉が開くと・・・

20131011-cloud47.jpg

Cloud(雲)という名だけあって、雲の上を思わせる
スモークの演出!

20131011-1236879_506513509432779_739804565_n.png

数あるルーフトップバーの中でも、かなりの広さ。

20131012-out-1.jpg

半分ほどが屋根で覆われているので、雨が降っても
大丈夫。天井がかなり高いので、ルーフトップ感を
損なう事もありません。

20131012-out-3.jpg

音楽好きのオーナーだけあって、パフォーマンスを
行うバンドやシンガーも、かなりのレベル。
なんとオーナー、山下達郎さんの大ファンだそうで、
タイの山下達郎ファンクラブ(!)所属、ツアーの
際には日本まで飛び、タブレットの中も全て達郎さんの
曲 ♫

20131012-owner-1.jpg

インタビューの前半は、ほぼ達郎さんの話で盛り上がって
しまいました。Cloud 47では、達郎さんの曲が流れる事も。
今度、達郎さんにお目に掛かる機会があれば、是非、お伝え
せねばっ!

屋外のスペースには、プライベートな東屋スペースも。
取材時は、Cloud 47もソフトオープンという事で、この
東屋はまだ出来ていませんでしたが、今日10/13現在、
東屋スペースもオープン。キューブ上のスペースは、
四方がカーテンで囲う事が出来、1 東屋 6名まで利用可。
こちらの東屋利用は、専属バトラー付きのパッケージ・
プランのみで、2500バーツ(7800円程)これはなかなか
リーズナブル!ちょっとプライベート重視のグループや
カップルでのご利用に是非。

冷房完備の屋内のお席もございます。屋内席は、天井の
高さを利用し、中央に吹き抜け 7m以上のワインセラー。

20131012-out-4.jpg

20131012-cloud-wine1.jpg

この高さのセラーから、どのようにボトルを取り出すかと
言うと・・・

20131012-1262680_509236885827108_1990715544_o.jpg

"ワイン・エンジェル" と呼ばれる女性スタッフが
ワイヤーで吊るされ、空中パフォーマンスを披露しながら
ボトルを取ってくれます。

お料理も、タイ料理に洋食、スイーツも充実!

20131012-cloudfood.jpg

音と空間と美味しい食事にお酒を楽しむ事が出来ます。
通常、ルーフトップバーはドレスコードが設けられている
所も多く、若干お値段も高い所がほとんどですが、Cloud47は
ビール一杯200バーツ(600円ほど)、お食事も150バーツ~
600バーツ(450円~1800円ほど)オフィス街・シーロムという
場所柄、会社帰りに気軽に立ち寄れるレストラン&バーが、
コンセプト。

乾季のベストシーズン、バンコクでの夜をここCloud 47で
満喫して下さいね。

『Cloud 47』
営業時間は、夕方5時から深夜12時まで。
オフィスビルですので、日曜定休です。
プライベート東屋のご予約は、☎ 091-8899-600
(タイ語・英語のみ)


食べる

2013.10.12

札幌のタイマッサージサロン「あゆた屋」さん

海道に居ながらにしてタイを感じるには?
それならやっぱりタイマッサージでサバーイ!

ということで、今週は札幌のタイマッサージサロン
『あゆた屋』さんをご紹介します。

札幌・円山にありますマンションの一室、シンプルな
アジアン・モダンのサロンは、優しいインセンスの
香りが漂う素敵な空間。

20131012-ayu-1.jpg

まずはリビングスペースにて、カウンセリングから
スタート。お客様一人一人の体調に考慮した、オーダー
メイド感覚のマッサージを受ける事が出来ます。

コースが決まったら、備え付けのパジャマにお着替え!
このパジャマは、男女それぞれ準備されています。
そしてフットバス。このフットバスは、全コースの
施術前に必ず含まれるもので、これからの季節、フット
バスからスタートというのは、嬉しいサービス。

あゆた屋さんで使用されるプロダクツは、タイの人気
ホームスパブランド「ターン&ハーン」まずは香りで
癒され・・・マッサージで癒され・・・。

今回、私は1時間の全身コースを体験させて頂きましたが、
メニューはボディーコース、足裏リフレクソロジー、そして
組み合わせ自由なセットコースとありますので、
カウンセリングの際に、ご自身の体調や気分に合わせて、
セラピストさんと相談して下さい。

セラピストさんも、女性・男性といらっしゃいますので、
力加減のお好みでご予約の際に、ご希望をお伝え下さい。

『あゆた屋』

場所は、札幌市中央区大通西23丁目2-20 
サンシャイン円山205号室

地下鉄『円山公園駅』5番出口を出て東、フードセンターを左折、
二本目の交差点、左前方にミニマル市場があり、その交差点を
右に曲がって、右手建物が、サンシャイン円山となります。
オートロックのマンションですので、インターホンで、『205』を
押して、呼び出しボタンを押して下さい。

営業時間は、午前11時から22時まで。
(受付は夜8時まで、完全予約制)
☎ 011-215-6806
定休日は、第1・3木曜日

☆あゆた屋さんの公式サイトはこちら!☆

そして本日は、「あゆた屋」さんからリスナーの皆さんへ、
通常4500円の60分ボディーコースの、50 % OFFチケットを
抽選で2名の方にプレゼントです。

50 % OFFチケットご希望の方は、住所・氏名・年齢・電話番号、
番組のご感想などを明記の上、

fax 011-707-9001
eメール thai@825.fm

またはFMノースウェーブのHP 825.fmより、この番組
サバーイサバーイタイランドのリクエスト&メッセージ
フォームからご応募下さい。ご応募の〆切は、今週の水曜日
16日到着分まで有効。

尚、当選者の発表は、チケットの発送をもって代えさせて
頂きます。タイマッサージでサバーイ気分、ご体感下さい。

ご応募お待ちしています。

その他

2013.10.05

予約必須のタイ料理「Soulfood Mahanakorn/ソウルフード・マハナコン」

現地での取材の模様をお届けするムーン・タイワニー、
今週は、バンコクのトンローというエリアにある人気の
タイ料理レストラン「Soulfood Mahanakorn/ソウルフード
・マハナコーン」をご紹介。

20131005-soul-1.jpg

2008年の9月にオープンした「ソウルフード・マハナコーン」
ここは、私もプライベートでオープン間もない頃から
お邪魔しているレストラン。いつも予約をせず、「そうだ!
ソウルフードに行こう!」と思いつきで行くものですから、
満席で入れない事も。オーナーのジャレットさんにも、
「予約して!って、いつも行ってるでしょ!」と、言われる
始末。

20131005-front-1.jpg

実はここ「ソウルフード・マハナコン」は、アメリカ・
ペンシルベニア出身のアメリカ人/ジャレットさんが、
奥様と共に手がけるタイ料理レストラン。ジャレットさん、
元々は様々な雑誌で、フード&トラベルライターとして
活躍されていた方。しかし、アメリカ国内でも出版業界を
取り巻く環境は激変!次々と雑誌も廃刊となり、ネットへ移行。
そこでジャレットさん一念発起!フード&トラベルライター
として得た経験を生かし、大好きなタイで、大好きなタイ料理の
レストランオープンを決意。

オープン前には、数年に渡って、ご夫妻でタイ各地をまわられ、
郷土料理、おふくろの味を研究。お二人はこの旅を通じて、
レストランのコンセプトを「タイのソウルフード」とする事に。

本場タイで、アメリカ人がプロデュースする「タイ料理」
しかもタイの "ソウルフード" これは大きな挑戦でも
あったそうですが、新鮮で安全な食材を使用した、タイ
各地に伝わる「お袋の味」、さらにそれらを、外国人
観光客にも食べ易く、親しみ易い形で素敵な空間の中、
楽しんでもらいたい!そんなお二人の思いは、現地在住
外国人や各国からの観光客、さらに地元タイでも口コミで
広まり、今では予約必須のお店に・・・。

お店は、スクンビット ソイ55(通称トンローソイ)に面した
路面店で3階建て。1階、2階が客席となります。

まずは1階

20131005-soul-3.jpg

20131005-soul-10.jpg

そして2階

20131005-soul-4.jpg

20131005-soul-2.jpg

20131005-soul-5.jpg

20131005-soul-6.jpg

それでは早速、フードインスペクション!
ソウルフード・マハナコンのシグネチャー・メニューを、
タイ人マネージャーさんに、ご紹介頂きましょう。
(番組レポートでも詳しく説明しています)

20131005-soul-7.jpg

一品目「各種タイ野菜とカニのディップソース」

20131005-553576_10151905810265746_1333574837_n.jpg

2品目「バナナの花のサラダ」

20131005-food-1.jpg

3品目「マッサマンカレー」

20131005-food-2.jpg

4品目「タマリンド風味のポーク」

20131005-food-3.jpg

素材と味にこだわったタイのソウルフードの数々、舌はもちろん、
目でも楽しむ事が。私が訪れた際にも、欧米人・日本人・
地元タイ人と多国籍。取材は平日の開店前に行いましたが、開店と
同時に満席!皆さんも、訪れる際には必ずご予約を。下記公式サイト
のEメール、またはお電話(タイ語・英語)で。

☆Soulfood Mahanakorn公式サイト☆

『Soulfood Mahanakorn/ソウルフード・マハナコン』
アクセスは、高架鉄道BTSのスクンビット線トンロー駅下車、
2番出口より、右手にスクンビット通りを見ながらまっすぐ
進むと、左手に大きな交差点(スクンビット・ソイ55)に
出ます。この横断歩道を渡って、ソイ55に入り、100m弱
進んだ右手、トンローソイ2のサイアム・コマーシャル銀行
(紫色の大きな看板あり)手前、お花屋さんの隣です。
道はさんで向かいにはGRAND TOWER INNというホテル看板。
Soulfood Mahanakornは路面店、店の前には木製の看板も
ぶら下がっていますので、迷わず行けると思います。

来週は、シーロムにオープンした、ルーフトップの
レストラン&バー、「Cloud 47」をご紹介します。
お楽しみに!

買う

ページトップへ