2013.10.26

バンコク・マリオットホテル・スクンビット

今週は、『バンコク・マリオットホテル・スクンビット』
ご案内。マリオットホテル・スクンビットは、今年2013年3月
にオープン。世界的ホテルブランド、マリオット・インター
ナショナルが手がけるブランドの一つです。

20131026-1010501_478129252268200_1225956614_a.jpg

BTSスカイトレイン・スクンビット線のトンロー駅から
徒歩2~3分という好立地!ソイと呼ばれる小路、ソイ57
角という、これまたとても分かり易いロケーション。

エントランスはマリオットらしい、シック&モダン

20131026-entrance-1.jpg

今回、拝見したお部屋はエグゼクティブ・スイート、
エグゼクティブ、デラックスの3タイプ。

20131026-bkkms_phototour12.jpg

20131026-bkkms_phototour13.jpg

どのカテゴリーも観光からビジネスユースまで、幅広い
世代に好まれる落ち着いた内装。窓が大きく取られて
いるので、とにかく明るい!レポートの中にもありましたが、
マリオットホテル・スクンビットの周辺、トンローエリアは、
スクンビットの中心に比べ、高層ビルも密集していないので、
バンコク都内を広く見渡す事が出来ます。

ベッドルームとバスルームを隔てる部分もスライド式。
天井も高く、ご説明頂いた平米数より広く感じます。

マリオットカラーのシックな赤も要所要所に。

20131026-deluxe-2.jpg

館内そして客室は、言うまでもなくフリーWi-Fi、
ベッドサイドには、iPhoneのドックステーションも。

20131026-iphonedeck.jpg

特筆すべきはバスルーム!清潔感溢れる白い大理石の床、
さらに明るく、開放感も抜群。バスタブからもバンコクの
景色をご覧頂けます。

20131026-exebath-1.jpg

通常、ホテルのバスルームといえば、バスタブの中でシャワーを
浴びる事となりますが、こちらではカテゴリーにより、
バスタブとシャワーブースが別々に設けられているタイプと、
日本のバスルームを思わせる、バスタブ+シャワブース一体型。

20131026-exebath day.jpg

20131026-deluxe-bath1.jpg

アメニティーはこんな感じです。

20131026-amenity.jpg

エグゼクティブルームご宿泊の際には、エグゼクティブラウンジ
でのチェックイン、チェックアウト、午前6時から利用可能な
専用ラウンジもご利用頂けます。

20131026-lounge.jpg

そして「マリオットホテル・スクンビット」では、一般の
客室とは別に、サービスアパートのユニットも。

20131026-apart.jpg

マリオットホテル・スクンビットのサービスアパートは、
月単位・週単位での滞在も可能。キッチンにはオーブン、
食洗機、食器、カトラリー、鍋等の必需品も完備。
室内には洗濯乾燥機も。カバン一つで快適なバンコク
ステイをお過ごし頂けますよ。

番組では、ロングステイ、またロングステイの下見&
テストステイの際に、まずはサービスアパートでのご滞在を
オススメしています。サービスアパートですから、ホテル
滞在と同様の各種サービス(ランドリーやルームメイク等)も
利用可能。セキュリティーも万全ですし、光熱費ももちろん
料金に含まれています。

1週間以上の長期ご旅行などでも、場合によっては費用対
効果が高いのではないでしょうか?

客室以外の館内施設もご紹介しておきましょう。宿泊客の朝食
会場ともなる1階のレストラン「57th STreet」は、インター
ナショナルビュッフェとなります。

20131026-57.jpg

品数も豊富で、特にデザートルームの充実ぶりは、タイの
数あるホテルの中でもピカイチ!

20131026-desert-1.jpg

20131026-desert-2.jpg

クッキー等の焼き菓子に至っては、正にFresh from the oven!

20131026-desert-3.jpg

そして「Chocolate Cake Company」というカフェに...

20131026-bkkms_phototour15.jpg

ステーキハウスの「The District」、先週ご紹介した360度の
夜景が楽しめるオープンエアーのルーフトップバー「Octave」

20131020-425344_375726282527720_1583610702_n (1).jpg

☆Octaveご紹介時のブログはこちら!☆


もちろん!フィットネスセンターにプールも。

20131026-bkkms_phototour17.jpg

20131026-bkkms_phototour16.jpg

プールはインフィニティープール、バンコクの摩天楼を
泳いでいるかの様。ホテル内にはスパ「アンヌ・セモナン」も。
アンヌ・セモナンは、フランスを代表するハイエンドな
オーガニックブランドで、高品質のエッセンシャルオイルと
ミネラル成分配合のプロダクツも人気。セラピストさんの
技術が高い事でも知られるスパです。

『バンコク・マリオットホテル・スクンビット』
場所は、高架鉄道BTSスカイトレイン・スクンビット線
トンロー駅下車、3番出口から出て、右手にスクンビット
通りを見ながら歩く事2分。左側、ソイと呼ばれる小路の57、
ソイ57の角となっています。どこへ行くにもアクセスは抜群!
また先週もお話した通り、ソイ57の隣のソイ55は、小規模
ショッピングモールやレストラン、スーパーやカフェ、
日本食レストランなども充実。さらにBTSの駅構内、
スカイウォークを利用してスクンビット通りの反対側へと
参りますと、ローカルな屋台が並ぶソイ38もあります。

☆ソイ38の屋台街取材の様子☆

タイへのご旅行を予定されている方、日本人スタッフも
常駐の「マリオットホテル・スクンビット」で、タイならでは!
マリオットブランドならでは!のホスピタリティーを感じて
みて下さい。

☆バンコク・マリオットホテル・スクンビット公式日本語サイト☆



ホテル&リゾート