2014.02.09

第41回国際雪像コンクール/タイチームの軌跡

今週のムーンタイワニーは、「第65回さっぽろ雪まつり」の

賛行事『第41回 国際雪像コンクール』に出場のタイチームと、
大通り西6丁目会場のタイ国政府観光庁ブースをご紹介します。

20140209-1900509_636922196355738_845462561_o.jpg

世界各地の国・地域・都市によるチームが参加して像制作を競いあうこのコンテスト、
タイチームは過去5度の優勝経験があり、内3回は3年連続という快挙を達成しています。

各国、独創的かつ抽象的な雪像が、ここ数年の流れですが、
タイチームは人や動物をテーマとした、躍動感と暖かみのある作風で、
毎年大人気。今大会、タイチームが題材としたのは、タイの農業を支えてきた「水牛」。

20140209-001.jpg

20140209-suigyu.jpg

「バッファロー・スティル・アライブ/水牛は健在」
れでは!毎年恒例!写真で観るタイチーム4日間の挑戦

雪まつりの開幕より一足早く、2月4日にコンクールは開会。

<2/4 Day 1> 最高気温 -4 / 最低気温 -7  晴れのち吹雪

20140209-day1-1.jpg

昨年の優勝チーム/タイは、優勝旗と共に入場!
優勝旗を返還し、記念の盾を授与されました。

20140209-day1-2.jpg

さらに!ここでもタイチームは勝負運の強さ発揮!
選手宣誓は、くじ引きで決めるそうですが、タイチームのリーダーソル兄貴が選手宣誓!

20140209-day1-3.jpg

開会式終了と同時に、各チーム雪像制作スタートです。
と、その前に...記念の盾と共に、記念撮影。

20140209-day1-4.jpg

雪像制作は、1辺3メートルの立方体の雪に足場を組む事から始まります。

20140209-day1-5.jpg

20140209-day1-6.jpg

私もさりげなーく、参加。

20140209-day1-7.jpg

足場を組んだら、各チームそれぞれの方法で雪像制作。
タイチームは雪像のデッサンと模型を観ながら、まずはスプレーで下絵を描きます。

20140209-day1-8.jpg

20140209-image.jpg

ちなみにタイチームは、タイ本国で模型を作り、さらに本番と同サイズの作品を、
発砲スチロールで作ってから、大会に挑みます。

1日目の作業はここまで!

<2/5 Day 2> 最高気温 -5 / 最低気温 -12  くもり時々吹雪

午後の時点で、ここまで仕上がっていました。

20140209-day2-1.jpg

タイチームの手際の良さと、彫刻技術に来場者も足を止めて作業の様子を見守ります。
この日は本当に寒く、番組ではタイチームに機能性肌着や靴下を差し入れ。

夜の時点で、この仕上がり。水牛の力強さが際立ちます。

20140209-day2-2.jpg
(写真提供/タイ国政府観光庁)


<2/6 Day 3> 最高気温 -5 / 最低気温 -9  晴れ時々吹雪

早くも来場者からは、「タイチーム、もう完成してる!」
なんて声も上がる程。タイチームの手際の良さは、各チームも毎回うなる程。
時折、他チームがタイチームの元を訪れ、アドバイスを求める光景も。

来場者からの質問にも作業の手を止め、にこやかに応じます。
さすが!微笑みの国のチーム!

20140209-day3-1.jpg

20140209-day3-2.jpg


<2/7 Day 4 制作最終日> 最高気温 -5 / 最低気温 -9  晴れ時々吹雪

昨晩の吹雪で雪像にも着氷。注意深く雪を払い、細かな彫刻部分の補修や仕上げを行います。午後4時の段階で、タイチームの雪像は完成!

20140209-day4-1.jpg

20140209-day4-2.jpg


翌日の審査発表を待つばかり...。


<2/8 審査発表・閉会式>

青空に、真っ白な水牛。今にも駆け出しそうな迫力です。

20140209-last-1.jpg

午前11時、マレーシアの大雪像前ステージでいよいよ審査発表!

20140209-last-2.jpg

20140209-last-3.jpg

"第3位...タイチーム!!" のアナウンスに、会場からもひと際大きな完成と拍手。
現在タイ国内でも北海道がブームという事で、タイからも沢山の観光客が、
雪まつり、そしてタイチームの応援に。

表彰式終了後、タイチームファンが雪像前に集合!
まずは、タイチームのメンバーだけで記念撮影。

20140209-lastmember.jpg

そして...マレーシアチームとタイ人観光客の皆さん。
タイの雪像の大ファンと熱く語る欧米人観光客、皆さん一緒に記念撮影。

20140209-lastall.jpg

9つの国と地域からやってきたチームの皆さん、素敵な雪像を
ありがとう!タイチームのクソルさん、クリサナさん、
アムノアイサックさん、ขอบคุณ มาก ค่ะ นอกจากนี้ฉันจะเห็นคุณในปีหน้า

そして!大通り西6丁目会場には、タイ国政府観光庁のブースも。

20140209-1620863_602374443169188_497441497_n.jpg

こちらでは、"タイネス/たいらしさ" を体験出来るんです。

ラリンジンダという、タイを代表するスパのセラピストさんによるタイマッサージに...

20140209-1655837_602374489835850_1846694565_n.jpg

マーライと呼ばれる花輪作り

20140209-1618581_602374469835852_1660560561_n.jpg

どちらも無料で体験できます。

20140209-marai.jpg

ちなみにマーライは、タイの伝統的なフラワーアレンジの一つ。
ホテルやリゾートのウェルカムフラワーとして...また、街の至る所で、
マーライを販売する露店があります。

20140209-20121027-thailand-2.jpeg

実際は生花で作られますが、ブースでは紙や布、プラスティックのお花を使用。
私もマッサージとマーライ作りを体験させて頂きました。

タイ国政府観光庁ブースは、雪まつり期間中の11日まで。
10:00~18:00までオープン。但し、最終日11日は、17:00まで。
サバーイ取材班のバイブル、タイ国内各地のガイドブックも
無料配布。タイ旅行のプランニングにお役立て下さい。

20140209-TATbooth.jpg
(写真提供/タイ国政府観光庁)

その他

2014.02.05

微笑みの国の日本人画家/阿部恭子さん

現地での取材の模様をお届けしているムーン・タイワニー、
今週は、番組2度目のご登場となります。

私・城野もファンの一人!タイを拠点に活動されている画家/阿部恭子さんへの
インタビューの模様をお届けします。

私・城野と恭子さんとの出会いは、番組スタート間もない頃、005年の事。
バンコクのとあるギャラリーで手にした1枚のストカードが、そのご縁の始まり。
色鮮やかに、タイの常風景が生き生きと描かれたその作風に一目惚れ。
以来、イを訪れる度に、1枚、また1枚と、ポストカードを購入し、
恭子さんのポストカードを収めたスクラップブックは、今年で冊目となりました。

20140202-1782042_614417565280850_388850102_n.jpg

念願叶い、2008年には番組でも恭子さんにインタビュー。

☆2008年ご出演時のブログはこちら!☆

その恭子さんが、現在、東日本大震災の被災地で、ある
大きなプロジェクトに携わっていらっしゃいます。

※リアルタイムで番組をお聞き頂けない方は、後ほど本日の
このブログ下部にアップされる、音声アーカイブをお聞き下さい。

被災地と離れた場所に暮らす私達は、時に、その被災地の
現状を忘れつつありますが、まだまだ復興とは程遠い状況。
震災発生直後から、恭子さんはタイで様々な東日本大震災への
支援活動を行いながらも、被災地と被災者に本当に必要な事は?
そして自分に出来る事とは?を問い続ける毎日だったそう。

そんな恭子さんの元に、東日本大震災の被災地・岩手県釜石の
甲子地区で、レストランを営むあるご夫妻と、ボランティアの
方々によって作られた公園「こすもす公園」で持ち上がった、
あるプロジェクトの話が届きます。

公園そばの高さ8メートル、幅43メートルもの工場外壁に、公園で
遊ぶ子どもたちへ夢と希望を!そしてまた、笑顔を取り戻して
もらいたい!という願いを込め、壁画を描こう!というその
プロジェクト、地元の方の思いに賛同した恭子さんは、以後、
タイと釜石を往復し、壁画の作成に取り組む事となりました。

20140202-1074757_10151737307772118_938405804_o.jpg

このプロジェクトは、日本大使館も後援。
写真左から、国連の佐藤摩利子さん、特命全権大使の佐藤重和氏、
バンコク・アコギャラリーオーナーの鈴木敦子さん、そして恭子さん。

☆アコギャラリー取材時のブログもどうぞ☆

20140202-601352_278619092277575_458670540_n.jpg

20140202-994913_10151882712232118_1770311868_n.jpg

20140202-1238818_298392816966869_1949616075_n.jpg

20140202-1380102_298826296923521_1749292508_n.jpg

20140202-564634_327267477412736_1254784713_n.jpg

20140202-994374_327267494079401_1544552480_n.jpg

1年以上もの歳月を掛け、多くの皆さんの思いと願い、そして
希望が込められたこの壁画プロジェクトも、もうまもなく完成。
今年4月27日のお披露目に向け、いよいよ壁画も仕上げの段階へ。

タイで活躍のアーティスト/阿部恭子さんを中心に、同じく
津波や洪水といった自然災害を乗り越えて来た国タイが、
東日本大震災の被災地と強く太い絆で結ばれ、様々な交流が
活発となる事を私も願いつつ...この番組サバーイサバーイ
タイランドでも、可能な限りのお手伝いが出来ればと思って
います。

さらに!恭子さんは壁画の制作と同時進行で、"釜石" の魅力が
沢山盛り込まれた作品も製作中。こちらは「釜石からの手紙」
と題され、今後、釜石から世界に発信されるポストカードと
なる予定。

20140202-1546374_608691049186835_819825144_n.jpg

20140202-1780852_614417621947511_593739030_n.jpg


釜石というキャンバスに、微笑みの国で活躍する日本人画家
阿部恭子さんが沢山の人々の思いを描きます。

壁画に描かれた太陽のごとく、その光が東日本大震災の被災地
にも降り注ぐ日が、一日も早く訪れます様に...。

ピープル

ページトップへ