2014.04.26

バンコクのラグジュアリーホテル/The Siam

今週のサバーイは、バンコクのラグジュアリーなホテル

『The Siam』ご案内、そのPart1。

Exterior - Main Residence.JPG


Atrium.JPG

The Siamは、バンコクの高架鉄道BTSパヤタイ駅にもほど近い、
ザ・スコーソンホテル(旧サイアムシティーホテル)を手掛ける
スコーソングループのラグジュアリーブランドとして、2012年に
オープン。有名旅行誌「Condé Nast Traveller/コンデナスト・
トラベラー」でも、The Best New Hotel in the world、さらに
Hot list 2013にも選出されています。

ホテルのデザインは、「世界のクリエイティブなデザイナー
TOP100」にも選ばれ、世界各地のリゾートホテルなど、
多数手掛けるBill Bensley氏によるもの。パリのオルセー美術館に
インスパイアされたという吹き抜けのメインビルディングには、
白い建物に緑のコントラストも美しいアトリウム、また
スコーソン一族所有の美術品やアンティークが随所に配され、
古き良き時代のタイやアジアと "今" を、違和感なくミックス。

Atrium zone - horizon shot.jpg

art-1.jpg


art-3.jpg

art-2.jpg


全てのフロアの廊下や階段の踊り場には、貴重な写真の数々も。

Interior - Main Residence.JPG


The Siam Lobby (dusk).jpg


さらに!メインビルディングにはシアターや書斎、ゲームルームも。

Screening room_2.jpg


Recreation zone.jpg


English Garden - Living area.jpg


THE SIAMの客室は全てがスイートルーム仕様。メインビルディングの

サイアムスイート(80㎡)

siamsuite1_34.jpg

メナムスイート(90㎡)

MaenamSuite1_39.jpg

リバービュースイート(100㎡)

riverviewsuite2_43.jpg

の3タイプ。

プールヴィラ コートヤードとプールヴィラ リバービュー(130㎡)
タイ国内のリゾートで、プライベートプール有するヴィラは沢山
ありますが、バンコク都内のホテルでプライベートプール付き
ヴィラがあるのは、ここThe Siamだけなんです。

Pool_Courtyard1_45.jpg

Pool_Courtyard2_46.jpg

Poolvillariverview2_51.jpg

さらに、アユタヤからボートで移築されたという築100年以上のタイ
伝統様式コテージ、コニーズ・コテージ(160㎡)の全6カテゴリー。

このコニーズ・コテージという名の由来も大変興味深いもので、
タイシルク王/ジム・トンプソンと共に、タイの伝統文化・
歴史をこよなく愛し、取り分けタイ伝統家屋の保存維持に
尽力したConnie Mangskauに敬意を表して名付けられました。

30__320x240_connie-mangskau.jpg

彼女に関しては、またジム・トンプソンと共に番組でも
ご紹介出来ればと思います。(本一冊分の長さになりそうな...)

来週は、The Siamパート2。ヴィラとその他の施設を
ご紹介します。お楽しみに!


★4/27の放送を聴く

ホテル&リゾート

2014.04.20

今週は2本立て!

今週のムーンタイワニー、前半はプーケットで見つけた可愛らしいカフェ、

そして後半は、同じくプーケットのリゾートホテル宿泊券のプレゼントを。

まずは、カフェ『A Spoonful of Sugar』のご紹介から。

プーケットに居心地の良い、お気に入りのカフェを見つけて、
そこへ "帰って来る" 楽しみを作ってみませんか?

人気のパトンビーチから、ソンテウを使って少し遠出。
ヨーロピアンにも人気のナイハンエリアにあるこのカフェ
「A Spoonful of Sugar」は、なんだかタイ人のお友達の家に
招かれたかの様。


31367_114793565220145_2533674_n.jpg

木洩れ陽の気持ちよいテラス席は、特にオススメ!
旅行者である事を少し忘れて、プーケットに住む外国人を装って、
本を読みながら、美味しいケーキとコーヒーなんていかが?

31367_114782628554572_4098003_n.jpgのサムネール画像

947116_576157825750381_382765651_n.jpg

31367_114783428554492_6188769_n.jpg

場所はこちら!

31367_114796065219895_4857544_n.jpg

『A Spoonful of Sugar』営業時間は8:00-19:00、月曜定休です。

続いては、プーケットのリゾートホテル宿泊券プレゼントのお知らせ。

1474534_614601445270594_1817827490_n.jpg

プーケット国際空港からは、車でおよそ40分。プーケットのメインビーチの一つ、

パトンビーチにも徒歩3分、プーケットの人気ショッピングモール「ジャンク・

セイロン」にも徒歩10分と、プーケット観光の拠点としては、申し分ない

ロケーションのこちらBlue Ocean Resort Phuket(ブルー・オーシャン・

リゾート・プーケット』は、2010年にオープン。客室数は全113室で、

一番スタンダードなお部屋タイプ、デラックスでも、タイのホテルの

一般的な客室より広い42から54平米。

superior01.jpg

superior02.jpg

superior05.jpg


バルコニー付き、全室無料インターネット接続、DVDプレーヤー完備。

施設内には、大人用と子供用のプールに、もちろんスパもございます。

ファミリーから一人旅まで、幅広い層に好まれる4つ星ホテル

「ブルー・オーシャン・リゾート・プーケット」です。


本日は、この「ブルー・オーシャン・リゾート・プーケット」の、

今年10月31日まで有効、デラックスルーム2泊3日・ご朝食付きペア宿泊券を、

抽選で1名の方にプレゼント!


但し!ご当選者の方は、この番組サバーイサバーイタイランドのレポーターとして、

 ご帰国後、写真付きでホテルレビューをお寄せ頂きます。頂いた写真とレビューは、

番組ブログに掲載させて頂きます。


2014年10月31日までの有効期限内にご宿泊頂ける方、番組にホテルのお写真と

レビューをお寄せ頂ける方、プーケットへのご旅行を予定されている方、ぜひ

ご応募下さい。


ご応募の宛先は、Faxが札幌011-707-9001

Eメールのアドレスは、thai@825.fm または、FMノースウェーブのHP、

825.fmより、この番組サバーイサバーイ・タイランドのリクエスト&

メッセージフォームから、あなたの住所・氏名・年齢・電話番号、

そして番組のご感想などを明記の上、ご応募下さい。

〆切は、4月30日到着分まで有効。


尚、当選者の方には、番組スタッフよりご連絡いたしますので、

電話番号を忘れずにお書き下さい。あなたからのご応募、

お待ちしています。


★4/20の放送を聴く


ホテル&リゾート, 食べる

2014.04.13

The Kee Resort & Spa パート2

サワディ・ピー・マイ・カ!明けましておめでとうございます。

タイ正月・ソンクラーン初日の今日は、先週に引き続き、
プーケットのスタイリッシュでヒップなホテル、
『The Kee Resort & Spa』のスイートとスパにご案内します。

☆先週のブログと併せてご覧下さいね。

logo.jpgのサムネール画像

Keeのトップカテゴリーのお部屋『Sea View Sweet(シー・ビュー・スイート)』
でございまーすっ。(全てのお写真は、クリックで拡大します。)

Sea View Suite Room 3.jpg

広さは80平米。リビング・ダイニングとベッドルームは、適度にプライベートが
他も建たれつつ、それぞれ "部屋" として区切られているわけではないので、
80平米以上に感じられます。ビーチリゾートらしく、明るく開放的!

Sea View Suite Room 1.jpg

Sea View Suite Room 4.jpg


では、さらに細かく!

sofa.jpg

mirror.jpg

jag.jpg

swan.jpg

swan2.jpg

bathroom-1.jpg

from bathrom.jpg

Sea View Suite Room 2.jpg

続いては、『Kee Spa』へ。

KEE Spa 7.jpg

清潔感溢れる白を基調に、ポイントカラーとして赤が効果的に使われています。
プーケットならでは!チーク製シノワズリー家具が、違和感なくマッチ。
結婚式の記念写真の舞台として、このスパが選ばれるのも頷けます。

天井が高く、プーケットのオールタウンに観られる、シノポルトギース様式の
建築スタイルやパターンが、現代風にアレンジされています。

例えば...

spa-1.jpg

各トリートメントルームへの廊下は、シノポルトギース様式の回廊風。そして、
階下へと通じる階段にも、伝統もチーフのタイル。

step-1.jpg

step2.jpg


1階のトリートメントルームへ。

KEE Spa 1.JPG

ここまで広く天井の高いトリートメントルームも珍しいですね、贅沢な空間の使い方。
さらに!屋外専用ジャグジー付きのトリートメントルームも3室。ここでは誰もが
お姫様〜。

KEE Spa 2.JPG


2週に渡ってお送りした『The Kee Resort & Spa』いかがでしたか?
パトンビーチを拠点に、観光・ショッピング・ビーチ・ナイトクラビングと、
プーケットを満喫したい方、プーケット初めて!という方、オススメですよ〜!

★4/13の放送を聴く

スパ&マッサージ, ホテル&リゾート

2014.04.06

The Kee Resort & Spa

番組9年目にして、遂にブログリニューアル!

2月16日以降の番組内容も、順にアップして参りますので、どうぞお楽しみに。
 
リニューアル初回は、アンダマン海の真珠・プーケットのスタイリッシュなリゾートホテル
『The Kee Resort & Spa/ザ・キー・リゾート&スパ』にご案内。

dfgds.jpg

プーケットのメインビーチ・パトンビーチの目と鼻の先、
プーケット最大の繁華街・バングラ通り徒歩1分(!)という
好立地のThe Keeは、2010年オープン。
 
2.jpg
 
バングラ通りは、飲食店やクラブ、バービアなどが軒を連ね、
昼と夜とでは、その表情も異なりますが、夜間は多くの旅行者で賑わう通りですので、
考え方によっては、女性旅行者も楽しく安全にお過ごし頂けるかと。
もちろん!海外ですから、それなりの注意は必要ですが...。

また、ホテルから徒歩5分の所には、プーケットを代表する
ショッピングモール「ジャンク・セイロン」も。
 
 
プーケットは初めて!
昼も夜も、ビーチもショッピングもナイトクラビングも楽しみたい!

という方には、打ってつけの立地。コンビニも多数!薬局もかなり遅くまで営業。

プーケット最大の繁華街・バングラ通りそばという事で、「夜はうるさいのでは?」
なんて声も聞こえてきそうですが、The Keeの客室は全て防音。

窓を閉めてしまえば...外の音は、ほとんど気になりません。
 
 
続いては、サバーイ恒例のお部屋チェック!

The Kee人気の客室2タイプへと参りましょう。
まずは、『Deluxe Pool Access/デラックス・プール・アクセス』というお部屋へ。
 
3.jpg

この名の示す通り、ホテル1階中央のプールに、お部屋から直接入る事が出来ます。
ール側からのお部屋の眺めは、こんな感じです。

4.jpg

白を基調にヴィヴィッドな色のデスクやファブリックが、
エメラルドグリーンのプーケットの海と空にも良く映えます。

写真手前の赤いソファーは、シングルサイズのベッドと同サイズ。
お子様連れや、3名でご利用の場合にエキストラベッドとなります。
 
5.jpg
 
続いては、バスルームへ参りましょう。
 
6.jpg
 
7.jpg

ベッドルームとバスルームの仕切りは、スライドドア。
お部屋入口側のスライドドアは、床から天井までの鏡張り。

お部屋が広く感じられるポイントです。
 
 
8.jpg
 
 
お客様を迎えてくれるのは、ベッドの上の可愛らしいタオルアートの象さん。
いろんなバリエーションもお楽しみ頂けます。

9.jpg

Wi-Fiももちろん無料。
テレビもインターネット対応で、観る位置により、画面は角度を変える事が出来ます。
 
10.jpg
 

プラグインパネルはこの様な感じ。変換プラグが全室常備というのもナイス!
 
11.jpg
 
グラスはこちらに。
 
12.jpg
 
コーヒー、紅茶、ミネラルウォーターは
コンプリメンタリー(無料)ルームサービスも24時間です。
 
13.jpg
 

客室入って左側に、エアコンや照明のコントロールパネル。
ベッドサイドでも照明のコントロールは可能です。
客室内の照明の多さも嬉しいポイントかと思います。
リゾートですから、雰囲気も大事ですが...

照明が暗くて不便に感じる方も、少なくないと思います。
ルームキーもカードをかざすタイプ。
 
14.jpg


『Deluxe Pool Access』の夜の雰囲気も。
ライトアップされたプールがリゾート気分をさらに盛り上げてくれます。

ここで注意!夜間にテラス、バルコニーでお過ごしの際は、虫除けお忘れなく!
けっこう蚊がいます。

15.jpg


16.jpg


続いては、『Deluxe Pool View』というカテゴリーへ。
お部屋は「Deluxe Pool Access」と同じ仕様です。
 
17.jpg
 
18.jpg


19.jpg

20.jpg

21.jpg


こちらのお部屋で私を出迎えてくれたのは...
 
 
22.jpg
 
 
来週は、The Keeのゴージャスな客室とご自慢のスパにご案内します。



★4/6の放送を聴く★

ホテル&リゾート

2014.04.01

ブログをリニューアルしました!

Sabaai Sabaai! Thailandのブログをリニューアルしました!
タイで縁起のいい数字「9」周年を迎える
Sabaai Sabaai! Thailandを改めてよろしくお願いいたします。

▼2014年3月以前のブログはこちらです。
http://825.fm/blog/thailand.php

その他

ページトップへ