• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2014.08.31

    Paradise Park内のタラート・セーリー・マーケット2

    今週も先週に引き続き、バンコクはシーナカリンにあります、

    『Paradise Park』のG階、セーリー・マーケットという市場内の
    フードコートへご案内。

    ☆先週のブログはこちら!☆


    これまた行列の出来る店、"タイのソウルフード" 青パパイヤの
    サラダ「ソムタム」の専門店です。

    somtam-1.jpg

    ソムタムは、熟す前の青いパパイヤの千切りをメインし、海の幸・山の幸
    をナンプラー、パームシュガー、唐辛子、ニンニク、マナオ(タイの
    ライム)等で和えたもの。タイやラオスはじめ、東南アジアでは比較的
    ポピュラーな郷土食ですが、タイでは主に東北部イサーンのソムタムが
    有名です。

    「ソム」はイサーンの方言で酸っぱい、「タム」は叩くという意味。
    タイの嫁入り道具の一つ「クロック」と呼ばれる石で出来た臼(うす)に
    調味料を入れ、同じく石で出来たスリコギの様な形状の棒で叩き潰します。
    そこに青パパイヤやトマト、インゲン、お好みで干しエビやピーナツなどを
    加えたソムタムが、一番一般的な「ソムタム・タイ」と呼ばれるもの。

    青パパイヤの他にメインとなる食材、例えばカニ入りならソムタム・プー
    (カニ)、豚の喉肉ならソムタム・コームヤーン(豚の喉肉)となります。

    とにかくこのお店はセーリーセンター、パラダイスパークのオープン以前
    から、シーナカリンでは有名なソムタム屋台だったそうで、マーケットの
    中に入って15年、それ以前を含めると実に40年以上もの老舗!

    somtam-2.jpg

    写真手前が青パパイヤの千切り!熟す前のパパイヤに甘みはなく、
    シャキシャキとした食感が楽しめる、この時点では「野菜」と
    言っても差し支えないでしょう。ここ日本でソムタムを作る場合、
    さすがに青パパイヤは手に入りませんので、写真の様にニンジンや
    ジャガイモを使っても美味しいですよ。

    それにしても、お客さんが途切れません!ソムタムはヘルシーな
    お料理。タイ料理はココナッツミルクや砂糖も多用しますので、
    実は高カロリー。ソムタムはタイ女子のダイエットメニューとしても
    人気で、こちらのお店では付け合わせのタイハーブも、お好みで
    お皿に盛る事が出来ます。

    somtam-3.jpg

    写真の様に、お客さんは備え付けの紙にオーダーするソムタム名、
    名前を記入して渡します。この紙は番号札代わり。1時間待ちは
    当たり前!大抵のお客さんは、まずこちらでオーダーしてから
    上の階でゆっくりお買い物。

    somtam-4.jpg

    一番の人気メニューは、旬のフルーツで作るソムタム。タイのお子さんも
    まずはこのフルーツ・ソムタムでソムタムの味に慣れ親しみ、徐々に
    唐辛子を加えた一般的なソムタムに。私も早速このフルーツ・ソムタム
    をオーダー。待っている間に、他のお店を取材したり、こちらパラダイス
    パークのGMにお話を伺ったり...1時間後、フルーツ・ソムタム完成!

    10168191_638528479553784_8706117086258506129_n.jpg

    これが本当に美味しい!ロンガン、ライチ、リンゴ、ぶどうと旬の
    フルーツがたっぷり!毎朝食べたいヘルシーな一品。

    続いては、これまた行列の出来るタイの伝統デザートのお店。

    bua-1.jpg

    bua-2.jpg

    タイの伝統的なデザートは、冷たいもの・暖かいもの、お芋やコーン、
    豆やバナナもそのままではなく、パームシュガーで一度煮たものが
    主流。これをかき氷の上にトッピングしたり、暖かいシロップや
    ココナッツミルクに入れて頂きます。添加物や人口甘味料にはない、
    素朴な甘さが美味しい!!!タイのデザートは和菓子にも似た感じ。
    取材時はこちらも主立ったものが売切れ(泣)

    売切れ間近となると、この様にお持ち帰り仕様。それにしてもタイの
    屋台や食堂では、汁物をビニール袋に入れて販売しますが、芸術的な
    までにパンパンに膨らませます。これ、実際にやってみると分かり
    ますが、ここまでパンパンに膨らませるのは至難の業です。

    bua-4.jpg

    もちろん、マンゴーと餅米のデザート「カオニャオ・マムアン」も。

    bua-3.jpg

    こちらのお店では、カオニャオ・トゥーリアン(ドリアン)も人気。
    取材時は残念ながら売切れ(泣)

    『教訓!』セーリー・マーケットは午前中に行く!

    こちらセーリー・マーケットでは、「衛生面」でも安心。とかく
    フードコートは、お客様が食べ終わって席を離れても、食器が
    そのまま、テーブルには食べこぼし...なんて事がままありますが、
    こちらではお客様が食べ終わったら即、食器撤収!テーブルも
    ピカピカ!

    よく番組には、タイ初めて!という皆さんから、「屋台料理に
    挑戦したいけど、衛生面が心配。屋台で食事しても大丈夫でしょうか?」
    といったご質問を頂きますが、個人の体調によるところも大きいので、
    一概に大丈夫です!とは言えませんが、心配な方は、まずこういった
    衛生管理の行き届いたフードコートで、屋台料理や庶民の味に挑戦
    される事をオススメします。

    ローカル価格なのも嬉しい名店揃い、セーリー・マーケットのフード
    コートは本当にオススメです。フードコート以外にも、タイ各地の
    郷土食がバンコクに居ながらにして購入可能。テナント数は200店舗!
    歩いて見て回るだけでも楽しいですよ!

    パラダイスパークへのアクセスは以下の通り。

    ①高架鉄道BTSのスクンビット線・プラカノン駅またはオンヌット駅
    からタクシーで(10〜20分弱)

    ②オンヌット駅から徒歩10分程のところ、スクンビット・ソイ77の
    カルフールというショッピングセンターから出ている乗り合い軽トラ
    ソンテウの4番に乗車、パラダイスパークにほぼ隣接するシーコン・
    スクエアというショッピングモールで下車

    ③エアポートレールリンクのフアマーク駅からタクシーで

    タクシードライバーさんの中には、旧称のセーリー・センター(↗︎)と
    告げる方が、通じる場合もあります。

    少し足を伸ばしてシーナカリンへも是非。

    ★8/31の放送を聴く

    買う, 食べる

    2014.08.24

    Paradise Park内のタラート・セーリー・マーケット

    今週のムーンタイワニーは、バンコク・シーナカリン通り沿いの

    ショッピングモール「パラダイス・パーク」G階、セーリー・
    マーケットのフードコートにご案内します。

    37173_442659363669_753803669_4873367_7425756_n.jpg

    about_history1.jpg

    バンコク東郊にあるこのショッピングモールは、セーリー・センター
    という名で、地元民に親しまれて来たショッピングセンター。
    2010年の大改装を機に、名称も『Paradise Park』となり、Loft はじめ、
    お馴染みのグローバルブランドもテナントして入るお洒落なモールに
    生まれ変わりました。

    現在、バンコクには続々と郊外型のショッピングモールがオープンし、
    今回のシーズンでご紹介したサイアムセンターの様な、" 最先端 " を
    打ち出す所がほとんどですが、今日ご紹介のセーリー・マーケットは、
    セーリーセンター時代からG階に位置し、パラダイスパークの大改装に
    伴い、清潔感漂うお洒落な "市場" となったものの、どことなく "昭和"
    の香りも残る、懐かしさすら感じる市場です。

    seri-1.jpg

    seri-2.jpg

    この市場の奥には、高級スーパーのヴィラ・マーケットやオーガニック
    製品を専門に扱うレモンファーム(こちらも素敵!)などもありますが、
    今回は、昭和のデパ地下をも彷彿とさせるセーリー・マーケット内の
    フードコートへ。

    seri-3.jpg

    seri-4.jpg

    テーブル席をコの字型に囲む様に様々なお店が並びます。その中には
    タイのミシュランとも称される、緑のどんぶりマークを掲げる店も。
    (下記の写真は別のお店のものです。)

    20100218-pattai-c-2.jpg

    ここで解説!

    タイへ行かれた事のある方でしたら、店先にこの緑のどんぶり
    マークを掲げた食堂やレストランをご覧になった事があるのでは
    ないでしょうか?この「緑のどんぶりマーク」は「シェル・チュアン・
    チム」という名前のプロジェクトで、今から50年程前に石油会社の
    「シェル」が、タイの家庭へのガス普及推進キャンペーンの一環
    として、ロイヤルファミリーのお一人で料理研究家でもあった
    タナッシーさんと、共同でスタートしたプロジェクトです。

    現在は、タナッシーさんの息子さんで料理評論家のムックデーンさんが
    お父様の跡を継ぎ、独自の★看板を美味しいお店に。

    20080103-ahi-10.jpg

    セーリー・マーケットのフードコートに話を戻しましょう。今回は
    パラダイスパークの広報担当者オススメの3軒へ。今週はその1軒目、
    「Rotee(ロティー)」のお店です。

    seri-5.jpg

    ロティーは、東南アジアやアフリカなどで食されている、パンケーキ
    とクレープの中間の様なもの。過去番組では、プーケットのロティーが
    美味しいお店をご紹介しました。

    ☆プーケットのロティーが美味しいお店☆

    バンコクではこのロティーも、おやつ系がメインとなりますが、こちらの
    お店は、おやつロティーはもちろん、インドカレーのナン同様、カレーと
    一緒に頂きます。

    seri-6.jpg

    seri-9.jpg

    実はこのお店、王室からもオーダーが来る(!)人気店で、リニューアル
    オープンの際には、シリントン王女がお祝いに駆けつけた程。
    常時9〜10種類のカレーが並びますが、ランチタイムには既に売切れと
    なるものも。サバーイ取材班が訪れた平日午後4時の時点では、すでに
    売切れ多々、4種類しかありませんでした(号泣)

    人気のマッサマンカレーにプレーンのロティー、そしてカレー風味の
    ひき肉入りロティー、コンデンスミルクを付けて頂くデザートロティーを
    オーダー。

    seri-13.jpg

    seri-10.jpg

    seri-11.jpg

    seri-12.jpg

    さすが!王室御用達の店だけありますっ!取材終了後、お店の
    オーナーさんのご好意で、どーしても食べたかったグリーンカレー・
    プリッキーヌを頂きましたが...

    『カレーは飲み物』

    スパイス加減も絶妙!個人的感想ではありますが、過去9年の取材で、
    一番美味しいグリーンカレーがココにありました。あまりの美味しさに
    ゴクゴクと飲み干してしまった程。その食べっぷり...いえ、飲みっぷり
    を大いに気に入ってくださったオーナーさん、グリーンカレーを
    お土産としてに持たせてくださいました。タイ滞在中、プライベート
    でも通ってしまうほど。タイ人のお友達も絶賛!

    もちろん、このロティーの他にも名店揃いのフードコート、
    さらに同じフロアには、タイ各地の名産品や伝統菓子などを販売
    する店も多数!ここは本当に訪れる価値アリです。

    パラダイスパークへのアクセスは以下の通り。

    ①高架鉄道BTSのプラカノン駅からタクシーで(20分弱)

    ②オンヌット駅から10分ほど歩いたところ、スクンビット・ソイ77

     のカルフールというショッピングセンターから、乗り合い軽トラ

     ソンテウの4番に乗車して、パラダイスパークと並ぶシーコン・

     スクエアというモールまで。そこから徒歩7、8分。

     もしくはオンヌット駅からタクシーで(15分弱)

    ③エアポートレールリンクのフアマーク駅から、タクシーで。


    タクシードライバーさんの中には、旧称のセーリー・センター(↗︎)と
    告げる方が良い場合もあります。

    また、このパラダイスパークの並び、シーコン・スクエアーの隣には、
    以前にご紹介したアンティーク・マーケットのタラート・ロッファイ・
    シーナカリンもあります。まずはセーリー・マーケットのフードコート
    でゆっくり食事をして、タラート・ロッファイ散策もオススメのコース
    です。

    ☆タラート・ロッファイ・シーナカリン取材時のブログ①☆

    ☆タラート・ロッファイ・シーナカリン取材時のブログ②☆


    来週も、このセーリー・マーケットのフードコート。名物店の一つ、
    1時間待ちは当たり前!の老舗ソムタム(青パパイヤのサラダ)専門店を
    ご紹介します。お楽しみに!

    ★8/24の放送を聴く

    買う, 食べる

    2014.08.17

    ラヨーンの観光果樹園&パタヤ国際マラソン2014

    今週は先週に引き続き、先月7月に世界47ヵ国・1000名近いメディアと

    旅行業関係者等を招き開催された、タイ国政府観光庁・タイ国際航空
    共催の観光研修「Thailand's Best Friend Forever」の模様を。

    今回は、ラヨーンの観光果樹園視察とパタヤ国際マラソンレポートです。

    ラヨーンは、タイ東部に位置する県で、タイ湾に接するおよそ100キロ
    もの長い海岸線を持つ、穏やかな漁師町。サメット島というビーチ・
    リゾートへの起点ともなる所で、バンコクからは車でおよそ3時間半〜
    4時間程、バンコクは高架鉄道BTSのエカマイ駅そば、東バスターミナル
    より、毎日30〜40分おきにバスも運行しています。

    ラヨーンは漁業他、フルーツの産地としても有名で、毎年5月には、
    フルーツ・フェスティバルも開催されます。そんな旬のフルーツを
    存分に味わう事の出来る観光果樹園が、こちらスパットラランドです。


    bigfruit.jpg

    fruit-1.jpg

    まずはトラムで果樹園内を散策。

    fruit-2.jpg

    fruit-8.jpg

    たわわに実る様々なフルーツ!

    fruit-10.jpg

    fruit-9.jpg

    fruit-11.jpg

    トラムでの散策終了後は、新鮮な旬のフルーツを!

    fruitetc1.jpg

    もちろん、マンゴーも。

    mango.jpg

    ドリアンも!

    fruit-3.jpg

    dorian1.jpg

    ちなみに今の時期、こちらで頂けるフルーツはこの通り。

    fruit-7.jpg

    これら全て食べ放題!さらに、併設の食堂では青パパイヤのサラダ
    「ソムタム」も。

    somtam.jpg

    フルーツ、そしてソムタムの美味しさに、思わずレポートでも
    「ココの子になりたい」発言。ココの子になってみた。

    679adb070d7892fce12c80d50e0182aa821f98c3std.jpg

    果樹園では養蜂も。新鮮な蜂蜜を試食・購入する事が!

    bee.jpg

    bee2.jpg

    様々な果樹の花の蜜、美味しい!

    『スパットラーランド』

    営業時間:8:00〜18:00
    定休日なし
    入園料は300バーツ(フルーツ食べ放題)



    続いては、7月27日(日)に開催された「パタヤ国際マラソン2014」

    poster1.jpg

    タイ各地でマラソン大会は行われていますが、このパタヤマラソンは
    毎年世界各国から4000人以上ものランナーが参加する、タイ国内でも
    人気のマラソン大会。タイのマラソンは、日中の暑さを考慮し、
    そのほとんどが早朝のまだ暗いうちにスタート。

    今回、私は取材前にギックリ腰。応援&リポート&カメラ係に...
    嬉しい事に、マイクを持つ私を見つけてくださった番組リスナーの方、
    走りながらも笑顔で「Sabaai Sabaai Thailand!」


    cheer1.jpg

    プーケットマラソン出場以来、マラソンに目覚め、今や国内外の大会に
    出場を果たしているこの番組の阿藤プロデューサーが、ハーフに出場。


    プロデューサー、ごめん...その勇姿を1枚も撮影出来ず...
    しかし!私も早朝からキッチリお仕事。

    babycars.jpg

    cosp-1.jpg

    cosp-2.jpg

    runners2.jpg

    goal-1.jpg

    タイ国際航空チームも発見!

    teamTG.jpg

    ビーチリゾートならではのコースレイアウト、タイならではの笑顔と
    大会ボランティアスタッフのホスピタリティー、地元パタヤの皆さん、
    観光客の皆さんからの声援、来年は皆さんと一緒にチーム・サバーイ
    結成しタイ!

    ★8/17の放送を聴く

    その他, 観る・知る, 遊ぶ, 食べる

    2014.08.10

    Thailand Happiness&Thailand's Best Friend Forever

    今週のムーン・タイワニーは、先月7月25日・26日にバンコクで

    開催された、『Thailand Happiness』という大規模イベントと、
    タイ国政府観光庁・タイ国際航空共催の研修ツアー
    『Thailand's Best Friend Forever』をご紹介します。

    この2つのイベントは、世界45ヵ国、1000名近いメディアと旅行業
    関係者等をタイに招き、現在のタイ国内の様子を実際にご覧頂き、
    タイへの観光が何ら問題ない、百聞は一見にしかず!な催し。

    残念ながら、ここ日本でもデモにクーデターに関しては、連日大きく
    報道されたものの、クーデター以降、現在の様子を伝えるメディアは
    皆無。番組でも常々お伝えして参りましたが、タイ観光・ご滞在は、
    至って通常、安心してタイにお越しください。

    私含む日本からの参加者は、「タイ大好き!」と日本語&タイ語で
    描かれたオレンジ色の法被に身を包み、バンコク都内の人気
    観光スポット、ワット・ポーと王宮・エメラルド寺院、チャオプラヤー
    川でのランチクルーズ、都内中心部のショッピングエリアを視察。

    4e23b0b2cb7863fc03612fa47f53978c97617965std.jpg

    10563363_692701100785829_1669663756_n.jpg

    10569159_692701064119166_1562759006_n.jpg

    夕方からは、レセプションとイベント開会式に参加。国内外の主要
    メディアも多数!

    10569213_692700767452529_1161362322_n.jpg


    デモ発生時にデモ隊が拠点の一つとしたバンコク・ラチャプラソン
    交差点には、華やかな装飾を施されたステージが設営され、歩行者天国に!

    10543690_692700800785859_903212302_n.jpg

    10563597_692700830785856_1022536433_n.jpg

    イベントのオープニングでは、スマイルマークの風船数千個が
    夜空に放たれ、ミス・インターナショナル・タイランドや伝統楽器、
    伝統舞踊のパレード、タイを代表する人気アーティストのライブが
    深夜0時まで開催されました。

    10570621_693047657417840_371444456_n.jpg

    風船が夜空に放たれた瞬間、この半年の出来事が思い出され、
    思わず泣きそうになってしまいました。波瀾万丈な旅番組ですw

    レセプション&開会式参加後、バニヤンツリー・バンコクにて
    客室インスペクション。この日の夜は、同ホテルが誇る、バンコクの
    ルーフトップ・バーの先駆け、人気のヴァーティゴ、ムーン・バー
    にてカクテルパーティー。

    翌26日は、早朝よりパタヤに向け出発。パタヤ取材の様子は、次週の
    放送にてご紹介します。どうぞお楽しみに!また、今回のイベント&
    研修の様子は、た〜っぷりとカメラにもおさめておりますので、後日
    改めてブログにアップします。

    さ!皆さんもタイへのご旅行予定、立ててみませんか?
    微笑みの国で、皆さんの微笑みが見タイな〜。

    ★8/10の放送を聴く★

    その他, 観る・知る

    2014.08.10

    番組からのお中元・シンハービール プレゼント!

    暑中お見舞い申し上げます。


    今年もタイ並みに暑い日本の夏、皆様いかがお過ごしでしょうか?
    暑い夏には、暑い国のビール!今週はタイを打表するビール、
    『シンハービール』350ml24缶入り1ケースを、抽選で3名の方に
    プレゼント!

    10405374_696739947065970_6947177924266432271_n.jpg


    タイの古代神話に登場する伝説の獅子をラベルに刻み、タイ王室にも

    認められた由緒あるプレミアムビール「シンハービール」

    このシンハービールは、ホップの効いた、しっかりとしたモルトの

    風味が特徴。"世界の一流ビール500" にも選出され、世界中にも

    ファンが多い事で知られています。タイ、特に首都バンコクでの

    番組取材では、タイ料理はじめ、イタリアンにフレンチに中華に

    インドに日本食と、様々な国のお料理を頂きますが、どんなお料理

    にも、シンハービールは合うんです。


    これも、独特で豊かな味わいのシンハービールならでは!もちろん、

    北海道の新鮮な旬の食材とも、愛称抜群!ご家族やご友人と、

    シンハービールで楽しい一時をお過ごしください。


    また、8月23日の土曜日、小樽ドリームビーチ野外特設ステージ

    で開催される音楽&ダンスイベント『波音2014』の会場内でも、

    このシンハービール楽しめるそうですよ〜。こちらもぜひチェック

    してみて下さいね。


    シンハービール『350ml24缶入り・1ケース』ご希望の方は、

    住所・氏名・年齢・電話番号・番組のご感想等を明記の上、

    FAXは、札幌 011-707-9001、707−9001番

    Eメールのアドレスは、thai@825.fm または、この番組

    サバーイサバーイタイランドのリクエスト&メッセージフォームより

    ご応募ください。


    尚、お酒ですので、ご応募は20歳以上の方に限らせて頂きます。

    8月13日(水)到着分まで有効、当選者の発表は、商品の発送を

    もって代えさせて頂きます。飲酒は20歳になってから!


    ご応募、お待ちしています。



    ページトップへ