2014.08.24

Paradise Park内のタラート・セーリー・マーケット

今週のムーンタイワニーは、バンコク・シーナカリン通り沿いの

ショッピングモール「パラダイス・パーク」G階、セーリー・
マーケットのフードコートにご案内します。

37173_442659363669_753803669_4873367_7425756_n.jpg

about_history1.jpg

バンコク東郊にあるこのショッピングモールは、セーリー・センター
という名で、地元民に親しまれて来たショッピングセンター。
2010年の大改装を機に、名称も『Paradise Park』となり、Loft はじめ、
お馴染みのグローバルブランドもテナントして入るお洒落なモールに
生まれ変わりました。

現在、バンコクには続々と郊外型のショッピングモールがオープンし、
今回のシーズンでご紹介したサイアムセンターの様な、" 最先端 " を
打ち出す所がほとんどですが、今日ご紹介のセーリー・マーケットは、
セーリーセンター時代からG階に位置し、パラダイスパークの大改装に
伴い、清潔感漂うお洒落な "市場" となったものの、どことなく "昭和"
の香りも残る、懐かしさすら感じる市場です。

seri-1.jpg

seri-2.jpg

この市場の奥には、高級スーパーのヴィラ・マーケットやオーガニック
製品を専門に扱うレモンファーム(こちらも素敵!)などもありますが、
今回は、昭和のデパ地下をも彷彿とさせるセーリー・マーケット内の
フードコートへ。

seri-3.jpg

seri-4.jpg

テーブル席をコの字型に囲む様に様々なお店が並びます。その中には
タイのミシュランとも称される、緑のどんぶりマークを掲げる店も。
(下記の写真は別のお店のものです。)

20100218-pattai-c-2.jpg

ここで解説!

タイへ行かれた事のある方でしたら、店先にこの緑のどんぶり
マークを掲げた食堂やレストランをご覧になった事があるのでは
ないでしょうか?この「緑のどんぶりマーク」は「シェル・チュアン・
チム」という名前のプロジェクトで、今から50年程前に石油会社の
「シェル」が、タイの家庭へのガス普及推進キャンペーンの一環
として、ロイヤルファミリーのお一人で料理研究家でもあった
タナッシーさんと、共同でスタートしたプロジェクトです。

現在は、タナッシーさんの息子さんで料理評論家のムックデーンさんが
お父様の跡を継ぎ、独自の★看板を美味しいお店に。

20080103-ahi-10.jpg

セーリー・マーケットのフードコートに話を戻しましょう。今回は
パラダイスパークの広報担当者オススメの3軒へ。今週はその1軒目、
「Rotee(ロティー)」のお店です。

seri-5.jpg

ロティーは、東南アジアやアフリカなどで食されている、パンケーキ
とクレープの中間の様なもの。過去番組では、プーケットのロティーが
美味しいお店をご紹介しました。


バンコクではこのロティーも、おやつ系がメインとなりますが、こちらの
お店は、おやつロティーはもちろん、インドカレーのナン同様、カレーと
一緒に頂きます。

seri-6.jpg

seri-9.jpg

実はこのお店、王室からもオーダーが来る(!)人気店で、リニューアル
オープンの際には、シリントン王女がお祝いに駆けつけた程。
常時9〜10種類のカレーが並びますが、ランチタイムには既に売切れと
なるものも。サバーイ取材班が訪れた平日午後4時の時点では、すでに
売切れ多々、4種類しかありませんでした(号泣)

人気のマッサマンカレーにプレーンのロティー、そしてカレー風味の
ひき肉入りロティー、コンデンスミルクを付けて頂くデザートロティーを
オーダー。

seri-13.jpg

seri-10.jpg

seri-11.jpg

seri-12.jpg

さすが!王室御用達の店だけありますっ!取材終了後、お店の
オーナーさんのご好意で、どーしても食べたかったグリーンカレー・
プリッキーヌを頂きましたが...

『カレーは飲み物』

スパイス加減も絶妙!個人的感想ではありますが、過去9年の取材で、
一番美味しいグリーンカレーがココにありました。あまりの美味しさに
ゴクゴクと飲み干してしまった程。その食べっぷり...いえ、飲みっぷり
を大いに気に入ってくださったオーナーさん、グリーンカレーを
お土産としてに持たせてくださいました。タイ滞在中、プライベート
でも通ってしまうほど。タイ人のお友達も絶賛!

もちろん、このロティーの他にも名店揃いのフードコート、
さらに同じフロアには、タイ各地の名産品や伝統菓子などを販売
する店も多数!ここは本当に訪れる価値アリです。

パラダイスパークへのアクセスは以下の通り。

①高架鉄道BTSのプラカノン駅からタクシーで(20分弱)

②オンヌット駅から10分ほど歩いたところ、スクンビット・ソイ77

 のカルフールというショッピングセンターから、乗り合い軽トラ

 ソンテウの4番に乗車して、パラダイスパークと並ぶシーコン・

 スクエアというモールまで。そこから徒歩7、8分。

 もしくはオンヌット駅からタクシーで(15分弱)

③エアポートレールリンクのフアマーク駅から、タクシーで。


タクシードライバーさんの中には、旧称のセーリー・センター(↗︎)と
告げる方が良い場合もあります。

また、このパラダイスパークの並び、シーコン・スクエアーの隣には、
以前にご紹介したアンティーク・マーケットのタラート・ロッファイ・
シーナカリンもあります。まずはセーリー・マーケットのフードコート
でゆっくり食事をして、タラート・ロッファイ散策もオススメのコース
です。




来週も、このセーリー・マーケットのフードコート。名物店の一つ、
1時間待ちは当たり前!の老舗ソムタム(青パパイヤのサラダ)専門店を
ご紹介します。お楽しみに!

★8/24の放送を聴く

買う, 食べる