2014.10.26

タイを気球に乗って撮影!航空写真家・八戸耀生さん

Up, Up and away my beautiful balloon ♫


今週もスタジオに素敵なゲストをお迎えしました。
タイはじめ、世界各国をご自身の操縦する気球から撮影、
札幌在住の航空写真家/八戸耀生さんです。

(掲載写真は画像クリックで拡大します。)

10742609_744733095605918_1207571126_o.jpg

中学3年生の時に、「空を飛ぶ!」という夢を叶えるべく、
熱気球を作り始め、高校3年生の時に完成。以来、37年間に渡り、
ご自身で熱気球を操作しながら、世界中を撮影。

これまでに訪れた国の中でも、一番のお気に入りが『タイ』と語る
八戸さん。タイには毎年、北部チェンマイで開催されている
「国際バルーン・フェスティバル」にも参加され、

10737900_744734945605733_76480762_o.jpg


微笑みの国の微笑みの住人達と緑豊かなタイを、ファインダー越し、
優しい眼差しで写し出されています。

今回は、タイ国内での数ある撮影エピソードの中から、映画
「戦場にかける橋」でもお馴染み、カンチャナブリでの撮影秘話を
ご披露頂きました。(インタビューの様子は、放送後に本ブログ
下部にアップされる音声アーカイブにて、お聴きください。)

多くのタイ人スタッフの協力で、見事!橋の上を通過する
列車を撮影。今回は、八戸さんのご好意で、その時の写真の
一部を送って頂きました。転載お控えください。

10722369_744732355605992_645013464_o.jpg

10578437_744732325605995_434633366_n.jpg

そんな八戸さんの写真展が、本日10月26日から来年3月31日まで
札幌にて開催されます。

『航空写真家/八戸耀生 写真展』

場所:イコロ・アート ギャラリー

札幌市南区藻岩下2丁目2-25 
電話 011-588-7345

10699893_733189683403637_206446318838589985_o.jpg

<開館時間>

10/26〜11/30 10:00〜16:00
※月曜休館(月曜祝日の場合は翌火曜休館)

12/1〜3/31は、土日・祝日休館

ギャラリーには、八戸さんが実際の撮影で使用されている
熱気球のゴンドラやバーナーも展示されています。


"自ら操縦する気球に乗って、

見知らぬ小さな村を訪ねてみる。

地上の人たちが、手を振ってくれる。

みんな笑顔。 笑顔は最高の被写体だ。

一瞬の出会いと別れの記憶。"  by 八戸耀生


★10/26の放送を聴く★

ピープル, 観る・知る

2014.10.12

リスナーレポーター募集のお知らせ

あなたも番組レポーターとして、タイへ行ってみませんか?


この番組「Sabaai Sabaai Thailand」は、今年2014年で9周年。
「9」という数字は、進歩・前進を意味する演技の良い数字でも
あります。そこで!番組9周年記念として、リスナーのあなたに、
レポーターとしてタイの魅力を発信頂く事になりました。

<応募条件>

・18歳以上の方(性別は問いません)

・帰国後、番組ブログにお写真とレポートを掲載、また、番組への
 ご出演も可能な方

・ご応募の際には、番組Facebookへの「いいね!」をお願いします。


<渡航期間>

2014年11月全日
    12月1日〜24日

2015年1月/12日〜16日、19日〜23日、26日〜30日

    2月/2日〜6日、9日、10日、13日、16日〜20日、
          23日〜27日

            3月/2日〜6日、9日、10日

           以上の期間内で4日間。

 
使用するツアーは、LOOK JTBさんの「やっぱり!タイランド
 バンコク4日間」となりますが、ご参加頂くツアー詳細に関しては、
番組スタッフとご当選者とで、打ち合せをさせて頂きます。

リポーターとして、タイに行ってみたい!という方、まずはご応募を。
住所・氏名・電話番号・タイでやってみたい事、行ってみたい所・
番組へのご意見、ご感想を明記の上、ご応募ください。

FAX 札幌011-707-9001
Eメール thai@825.fm
またはコチラから

ご応募の受付は、10月17日(金)まで。
ご当選者には、番組スタッフより、ご連絡をさせて頂きます。

ご応募、お待ちしています!










その他, スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

2014.10.05

Spa Koko Raku(ココラク)


今週は、2014年4月にオープン!ユニークなメニューで話題の日本人
オーナーのスパ&マッサージ、『Koko Raku(ココラク)』にご案内。

koko-1.jpgのサムネール画像

koko-2.jpgのサムネール画像

koko-ent.jpgのサムネール画像

実はここ、タイ&アジアン雑貨の人気店「チムリム」のオーナー
さつきさんが、「近所に良いマッサージ店がオープンしたので是非!」
と、ご紹介くださったところ。日本語のユニークなネーミングの
ノボリは、オープン時より、在住日本人の間でも話題に。

1階は主にフットマッサージと、頭蓋骨(スカル)マッサージ

koko-3.jpgのサムネール画像

2階がボディーマッサージ専用。

koko-2F.jpgのサムネール画像

koko-2F1.jpgのサムネール画像

ブラウンを基調とした店内には、華美な装飾こそありませんが、
かえってそれが、セラピストさんの"技術" に重きを置く、オーナー
和久井さんのプロフェッショナルなこだわりにも感じられました。
また、タイのスパ&マッサージは、キンキンに冷房の効かせた所が多く、
ブランケットが掛けられても寒い場合がありますが、こちらは室温も
快適。

バンコクのみならず、日本、インドでもスパを展開されているだけあって、
日本人オーナーならではな細かな心遣い、それぞれの国のホスピタリティー
とマッサージ技術が融合した独特のマッサージは、スパ&マッサージ
激戦区のバンコク・スクンビット界隈で、多くのリピーターを獲得。
取材時は在住日本人のみならず、空港から直行したという御歳83歳の
日本人観光客、そしてマッサージには一家言ある地元タイ人の常連さんで、
オープンと同時に満席に。

koko-menu2.jpgのサムネール画像

まずは、オーナー和久井さんが、私の足裏をチェック。足裏の状態から、
最も適したメニューとして、台湾式フットマッサージ〜話題の頭蓋骨
(スカル)マッサージを体験させて頂く事に。

"頭蓋骨" というネーミングから、小顔マッサージの様なものをイメージ
される方も少なくないと思いますが、日本でここ数年よく耳にする
小顔マッサージではありません。

まずは、フットマッサージスタート!

jonofoot3.jpg

jono-foot.jpgのサムネール画像

台湾式フットマッサージは、店により木製の棒を使用する
ところもありますが、こちらはオールハンド!確かに足裏は
部位により、ピキッ!という痛みが走るものの、セラピストさんの
手の平と指を駆使したマッサージですので、力加減もちょうど良く。

ごく稀に、台湾式足裏マッサージのセラピストさんの中には、
お客様の「痛い!」という反応を、半ば "お約束" の様に楽しむ方も
いて、ただ痛いだけで全然サバーイじゃない場合もありますが、
ココラクさんのセラピストさんは、決して無理をしないのもさすが。

隣で頭蓋骨マッサージを受ける通訳モミ嬢

momi-head.jpgのサムネール画像

いつしか、私の問いにも反応がなくなり...手にしていたマイクの
ウィンドシールド(茶色い部分)は外れ、コロコロと転がり落ちるも、
全く気がつかず...マイクも落としそうな勢いで夢の中。

しかし! 私も頭蓋骨マッサージがスタートした途端、モミ嬢同様、
別次元に旅立ってしまいました。頭や顔も凝ってます。
頭のマッサージが、目に効いている事を実感!その気持ち良さは、
レポートをお聴き頂いた通り。あくまでも個人的感想ではありますが、
マッサージ終了後は、なんとなく見えるもの全てがシャープ、かつ、
色鮮やかになった様な、爽快感が得られました。

台湾式フットマッサージは1時間450バーツ

頭蓋骨マッサージは30分300バーツ

ユニークなメニューも豊富ですので、ご滞在中、いつもとはちょっと

違うマッサージを受けてみたいという方は、訪れてみてはいかがでしょうか。


『Koko Raku(ココラク)』

場所は、スクンビット通りに面した路面店、スクンビット・ソイ43を越えて

すぐ。バンコク銀行の隣となります。最寄りの駅は、BTSのプロンポン駅、

3番出口から出て、右手にスクンビット通りを見ながらトンロー方面に歩いて

5分程。


営業時間:月〜金 10:00〜20:00(ラストオーダー19時)

     土日  10:00〜21:00(ラストオーダー20時)

日本語直通:09-8345-2102



スパ&マッサージ

ページトップへ