2015.01.25

話題のフードトラック「DANIEL THAIGER」&「BANH MI BOY」

《Update》

この回でご紹介のベトナムサンドイッチ・BANH MI BOYは、
2015年6月の時点で、下記に店舗オープン!

image.jpg


先週に引き続き、今週のムーンタイワニーも「食」!

世界中から舌の肥えた旅行者が集まるバンコクは、タイ料理
のみならず、各国のお料理が味わえるグルメな街。
そんなバンコクで今話題の、行列覚悟のフードトラック2店を
ご紹介。

ちなみにフードトラックとは、キッチン搭載のトラックで、
作りたてのお料理を、お手頃な価格で販売するファストフード店。
タイの屋台といえば、アルミ製の手押し車や自転車付きが一般的
ですが、時代・世代と共に、この "屋台" もイカしたデザインの
フードトラックに変化しつつあります。それでもまだまだ、
タイならではな屋台も健在ですが...。

まずは、「DANIEL THAIGER(ダニエル・タイガー)という
ハンバーガーのフードトラックを。

10865839_553088684794462_742416494087116596_o.jpg

DANIEL THAIGERのトラックが営業をしているのは、
高架鉄道BTSスクンビット線・トンロー駅そば、ソイと呼ばれる
小路・ソイ38の屋台街。

9005_779241465465125_1047730173726153375_n.jpg

10425881_779241452131793_4365724976376335887_n.jpg


☆ソイ38の屋台街取材はこちら!☆


このソイ38は、夕方ともなると、道の左右にズラッと並ぶ
屋台から、美味しそうな匂いと煙が立ち込め、アクセスの良さも
あって、地元っ子のみならず、外国人在住者や旅行者で、毎晩
賑わっています。初めてのバンコクで屋台料理に挑戦したい!
という方にも入門編としてオススメ。

そんな屋台激戦区のソイ38で、連日長蛇の列!1時間待ちは当たり前、
昨年より話題となっているのが、このDANIEL THAIGER。

daniel-1.jpg


取材時も、夕方5時半の開店前に訪れたものの、すでにこの行列。

10931197_779241558798449_413427740444531300_n.jpg

10671_779241508798454_5205763410037009489_n.jpg

ダニエルタイガー、オープンのきっかけは放送終了後、このブログ
下部にアップ致します、オーディオ・アーカイブをお聴き頂くと
しまして...

メニューは至ってシンプル!看板メニューのダニエルバーガーは、
ビーフとポークをお好みで。その他、オプションでチーズ等の
オプション、そして照り焼きチキンのみ。

daniel-3.jpg

トラックの中では、スタッフの皆さんが手際よくオーダーに応じます。
それでも30分〜1時間待ちは当たり前。

daniel-2.jpg

10481574_779241438798461_895359181332690863_n.jpg

塩コショウ加減が絶妙の大人好みのハンバーガー!噛んだ瞬間、肉汁
ジュワ〜。ボリューム満点のハンバーガーに、リピーターも多し!
お肉の焼き加減もオーダー可能です。

簡易のテーブル席もありますが、お持ち帰りされる方がほとんど。

daniel-5.jpg

daniel-4.jpg

DANIEL THAIGER

場所:スクンビット・ソイ38、高架鉄道BTSトンロー駅そば
   ソイ38をまっすぐ100メートル程進んだ右側にて営業。

営業時間:17:30〜(売り切れ次第撤収)


続いての行列覚悟の人気フードトラックは、ベトナムサンドイッチの
「BANH MI BOY(バンミー・ボーイ)」

10514523_261991847325168_2053532029988444689_n.png


オーストラリアで知り合ったという、タイ人とベトナム人の
素敵なカップルが営むフードトラックです。

10553359_294517684072584_673989097618608239_n.jpg

フランスの統治下にあったベトナム...このバインミーというサンドイッチ
は、正にフランスとベトナムの食文化の融合。本場のバインミーを
再現する為に、使用するパンにもこだわりが。なんと!6ヶ月もの間、
試行錯誤を重ね、ようやく納得の行くパンが誕生。もちろんこのパンも
手作り。

1379370_323962214461464_1416852684775922483_n.jpg

パテにタイハーブに新鮮野菜と、具だくさんのバインミーは、本当に
アローイ!!

boy-2.jpg

このボリュームで、全メニュー70バーツ!

1507861_774295339275094_2800192179775385611_n.jpg

boy-1.jpg

さらに美味しく頂くコツは、パンをギュッと押して、パンと具を
馴染ませた状態で是非。食べやすいように半分にカットも。

こちらも午前11時の開店と同時に行列が出来るお店。ランチタイムを
外して13時過ぎに取材をさせて頂きましたが、すでに売り切れの
メニューも。味良し!お値段良し!のバインミーもぜひ。

BAHN MI BOYが駐車している所には、小さなカフェもあり、
その店内でお召し上がり可能です。もちろんテイクアウトも可。

「BANH MI BOY」

場所:スクンビット・ソイ47に入って100メートル程、右手。
   高架鉄道BTSプロンポン駅とトンロー駅のちょうど中間、
   スクンビット通りとソイ47の角には、レインヒルという
   小規模モールあり。

営業時間:11:00〜15:00
          
平日はソイ47、週末はチャトチャクウィークエンド・マーケットにて
営業ですが、売り切れ次第、撤収。また、人気のフードトラックという
事で、イベントにも引っ張りだこですので、営業スケジュールは
BAHN MI BOY 公式Facebookにてご確認ください。

☆BAHN MI BOY公式Facebookページ☆

★1/25の放送を聴く★

買う, 食べる

2015.01.18

タイ料理レストラン「NARA(ナラ)」&「APINARA(アピナラ)」

今週は、バンコクの人気タイ料理レストラン2軒をご紹介します。


まずは、「NARA」のカジュアルダイニングとして一昨年オープンの

「APINARA」へ。

10173645_1390283844584435_1072671719_n.jpg


この「APINARA」が入るフード・コンプレックス「Groove」は、

2013年の12月に、バンコクの人気ショッピングモール、

セントラル・ワールド内にオープン。


imgres.jpg

contact_map.jpg


ここGrooveには、今回ご紹介の「APINARA」他、タイでも今旬の

人気レストランやワインバー、フォションにマキシム・ド・パリ

といった、タイ初出店となるグローバルブランドも。バンコクでも

かなり人気のお食事スポットになっています。「APINARA」は、

Grooveの2階、右手に位置。

1425548_1390283244584495_476366020_n.jpg


店内はモダン・アジアン・コンテンポラリーの品の良い設え。

テーブル席は屋内とセミオープン。ちなみにセミオープンのお席では、

喫煙も可能です。店内そしてセミオープンのテーブル席両方の天井には、

可愛らしいお花をモチーフとしたファン。

api-2.jpg


api-3.jpg


api-4.jpg


本家「NARA」のカジュアルダイニングということで、当初、私も

お料理はタイ料理を現代風にアレンジした、フージョン系かと思って

いましたが、全メニュー正統派のタイ料理。

10929191_776242772431661_2688474736643407742_n.jpg


お食事のみならず、デザートメニューもユニーク。アイスクリームには

タイならではのトッピング12種類を、お好みでどうぞ。

api-15.jpg


api-16.jpg


食器はもちろん!タイの伝統陶器セラドン、カトラリーもシルバーの

伝統的装飾が施されたもの。セントラル・ワールドでのショッピングを

お楽しみ頂きつつ、ランチタイムやディナータイムで気軽に高級店の

タイ料理を楽しみたい時にはもってこい!また、店内入ってすぐの

ところには、タイのウィスキー「メコンウィスキー」を主体とした

素敵なバーも。

api-5.jpg


タイのハーブを使用したカクテルは、タイ料理にもピッタリ。

api-13.jpg


お食事やショッピングの合間のカクテルで、タイの休日も最高潮!


「APINARA」Groove@セントラル・ワールド店

営業時間:午前11時〜23時まで。ラストオーダーは22時半、年中無休


続いては、本家「NARA」にご案内。「NARA」はバンコク都内、

セントラル・ワールド、エラワン、トンローのエイトトンロー、そして

昨年5月にオープンしたハイエンドなショッピングモール、セントラル・

エンバシーで展開。今回はエンバシー店にお邪魔しました。


nara-2.jpg


セントラルエンバシーに関しては、番組ブログのアーカイブ

ご覧頂くとしまして...


☆11月2日☆

☆11月9日☆

☆11月16日☆


エンバシー店の「NARA」は、こちらもタイ・コンテンポラリーを

インテリアの軸としながらも、さすが!ハイエンドモールの中だけ

あって、高級感・重厚感が感じられます。

nara-3.jpg


nara-4.jpg


ウェイティングバーも。

nara-6.jpg


冷蔵庫などがなかった時代に、食品貯蔵に使用されていた壺が

ウォールデコに。

nara-5.jpg


こちらの「NARA」は、タイの方が様々なオケージョンで利用される

頻度が高く、なんと取材時には、ロイヤル・ファミリーからご予約の

お電話が。ランチタイムは外国人旅行者はじめ、近隣でお仕事をされて

いるオシャレなタイのOLさん達、ビジネスランチミーティングや、

ちょっとハイソな奥様方が、お食事を楽しまれていました。

取材は日中に行いましたが、夜の雰囲気も格別です。

お料理は先のアピナラ同様、正統派タイ料理ですが、ランチのセット

メニューが充実しているのもポイント。ランチセットといっても、

そこはエンバシー店の「NARA」セットメニュー、アラカルト

含め、街中のちょっと落ち着いた所でお食事を...という場合には、

こちら「NARA」がオススメです。

10363560_776226669099938_7604977743786430351_n.jpg


「NARA」のエンバシー店は、特にドレスコードなどは設けられて

いませんが、カジュアルスマートな服装が好ましいかと思います。


「NARA」エンバシー店

場所:セントラル・エンバシー5階、

営業時間:午前10時~午後10時、ラストオーダーは午後9時半


さぁそして!今回はサバーイ・サバーイタイランドのリスナー限定、

「NARA」全店、そして「APINARA」でのお食事の際に、下記写真を

提示して頂きますと、お食事のみ10%オフとなります。お会計時に

ご提示を。お飲み物のみのオーダーでは適用されませんので、ご了承

ください。

10818506_776219709100634_2688372778175029029_o.jpg


★1/18の放送を聴く★

食べる

2015.01.11

タイ伝統弦楽器キムの若き継承者達 / Khim Chamber(キムチャンバー)

今週は、タイの伝統に触れて頂きましょう。


タイの名門マヒドン大学・音楽芸術学部のトゥイ先生を中心に、
2007年に結成された、タイ伝統弦楽器「キム」だけのグループ
Khim Chamber(キムチャンバー)をご紹介します。

prof.jpg

番組と彼らとの出会いは今から5年程前、取材の合間に立ち寄った
CDショップで、このアルバムを手にしてから。

album1.jpg

タイで販売されているキムのCDは、タイならではの風景や伝統的な
絵柄がほとんどですが、このアルバムジャケに興味津々!ホテルに
戻って早速聴いてみたところ、その大胆なアレンジと若さ弾ける
演奏にびっくり!以来、番組でも度々このアルバムからのナンバーを
お届けして参りました。

なかなか連絡先が掴めず、マヒドン大学の学生さんらしい...という
情報を元に、大学へご連絡。ようやくリーダーで指導をされている
トゥイ先生とコンタクトを取ることに成功!快く、インタビューにも
応じてくださいました。

2007年にトゥイ先生を中心に結成されたキムチャンバー、現在は
高校生メンバーも加わり、また、タイ国内でも注目の存在に。

practice.jpg

practis2.jpg

昨年2014年の12月にはスタジオレコーディングDVDも収められた
2nd.アルバム「Khim Chamber Part 2」をリリース!

album2.jpg

なんと!今回のインタビューでは、特別に3曲披露して頂きました。

member-1.jpg

その合間に、私も特別レッスン。

khimme.jpg

通常、放送終了後にこちらのブログにアップするオーディオ・
アーカイブでは、オンエア楽曲をカットしたバージョンとなりますが、
今回はKhim Chamberの皆さんのご好意で、アーカイブでもその演奏を
お聴き頂けます。

伝統文化の継承は、伝統を守りつつも、その時代時代で新しい息吹が
吹き込まれていくことも大切な事。Khim Chamberの今後の活躍に、
皆さんもぜひ注目してくださいね。いつか...彼らをここ北海道にも
お招きして、もっともっと沢山の方に聴いて頂ける機会が出来れば
嬉しいのですが...。

これからも番組では、Khim Chamberの活躍を見守って行きたいと
思います。アルバムは iTunes Storeでも購入可能!

☆Khim Chamber公式Facebookページ☆

★1/11の放送を聴く★

その他, ピープル, 観る・知る

2015.01.04

Sawadee pee mai ka!

Sawadee pee mai ka! 明けましておめでとうございます。


今年2015年で、この番組も10周年を迎える事が出来ました。
これからも "微笑みの国" タイの魅力を、番組・ブログ・
Facebook・Twitter通じて発信して参りますので、引き続き
Sabaai Sabaai Thailandを宜しくお願い致します。

今年最初のサバーイは、年始恒例!「タイ観光基本のき」と
題して、タイ王国とタイ渡航の際の基本情報、そして、
タイ式曜日占いに見る、2015年のあなたの運勢を。

タイでは、生まれ曜日とその曜日の「色」を重要視します。
各曜日の仏像、色に関しては、こちらのブログで詳しく
ご紹介していますのでどうぞ。

また、今年2015年のタイ祝祭日&行事カレンダーは
こちら。http://www.thailandtravel.or.jp/news/detail/?no=1423

王宮・エメラルド寺院の2015年開館スケジュールはこちら
ご参照ください。http://www.thailandtravel.or.jp/news/detail/?no=1476

そして今年、タイ国政府観光庁では "Discover Thainess" という
キャンペーンテーマで、まだまだ日本人旅行者には馴染みのない、
タイ国内12ヶ所のデスティネーションを大々的にご紹介して
参りますが、そんな12ヶ所の素晴らしい写真が掲載されている
オリジナルカレンダーを抽選で3名の方にプレゼント!

10906328_769757036413568_5465528585194892955_n.jpg

卓上型と壁掛け型の2種類ございますが、どちらが当たるかは、
お楽しみに!掲載されている写真を眺めながら、タイ旅行の
スケジュール組んでくださいね。

10891886_769757053080233_3253523255314799315_n.jpg

しかも!今年のカレンダーには、こんなステッカーも!

10888447_769757986413473_2545072380730532267_n.jpg

カレンダーをカスタマイズ!タイ旅行の企画もバッチリ立てられますっ。

10906397_769757956413476_6766294065340914754_n.jpg

カレンダーご希望の方は、住所・氏名・電話番号・番組のご感想を
明記の上...

FAX 011−707−9001
Eメール thai@825.fm

またはこちらからどうぞ!

1月5日到着分まで有効。尚、当選者の発表はプレゼントの発送をもって
代えさせて頂きます。あなたからのご応募、お待ちしています。

★1/4の放送を聴く★

その他, 観る・知る

ページトップへ