2015.02.22

MBKで無料ムエタイ観戦!Bangkok Fight Night@MBK

今週は、気軽に無料のムエタイ観戦!


Muaythai never.jpg

バンコクの人気ショッピングセンターMBKにて開催中の
Bangkok Fight Night@ MBK(旧・MBKFight Night)に
ご案内します。

まずはこの「ムエタイ」について少し。

世界最強の立ち技格闘技といわれるムエタイ...その歴史は古く、

13世紀に興ったタイ族による初めての王朝・スコータイにおいても、

軍隊の実戦格闘技として取り入れられていました。激しいパンチ・

肘打ち・キック、芸術的なフェイントなどを特徴とするこの格闘技は、

muayが格闘技/thaiはタイ、「タイの格闘技」というその名の通り、

タイの国技でもあります。

muay-boran-ancient-competition.jpg


恩師への尊敬と感謝の念を込めて、試合前に選手がリング上で舞う

「ワイクルー」、そのワイクルーや、試合中に奏でられるタイの

民族音楽、そして、割れんばかりの大歓声の中で繰り広げられる

熱戦は、正に "タイネス・タイらしさ" を感じて頂けます。

また近年では、本格的なムエタイ修行はじめ、アクティビティーの

一つとして、旅行者でも気軽に参加することの出来るムエタイ・

トレーニングも人気。番組でも過去3度、バンコク都内でムエタイ

体験が可能なジムをご紹介致しました。


☆イングラム・ムエタイ ジム☆


☆ロンポー・ムエタイ ジム☆


☆レジェンド・タイ ボクシング☆


バンコク都内でムエタイ観戦が出来るのは、「ラチャダムヌン・

スタジアム」と「ルンピニー・スタジアム」の2ヶ所。

この2ヶ所は、「ムエタイの2大聖地」とも称されていますが、

旅行者にも人気だったルンピニー・スタジアムは、2012年に

建物の老朽化に伴い、その半世紀以上もの歴史に幕を閉じ、

バンコクのラムイントラに移転。

1397321_617240098334252_2118102789_o.jpg


10457732_795665557158371_2783583662444572341_o.jpg


移転後も名称はそのまま、ルンピニー・スタジアムとして、

火曜日と金曜日、土曜日の週3回、試合が行われています。ムエタイ・

ミュージアムはじめ、飲食も充実の素晴らしいスタジアムですが...

アクセスが少々...


また、ショーとしてのムエタイをお楽しみ頂くなら、バンコク・

チャオプラヤー川の人気スポット、アジアティーク・ザ・リバー

フロントの「Muay Thai Live -The Legend Lives-」もオススメです。


☆Muay Thai Live取材の様子☆


ストーリー展開のショーの中では、本番の試合さながらの技の

数々と、ムエタイの歴史や型などもお楽しみ頂けます。

本格的にムエタイをお楽しみ頂くなら、やはり、ラチャダムヌン・

スタジアムか、ルンピニー・スタジアムに、お出かけ頂きたいん

ですが、気軽に...しかも無料で!ムエタイの雰囲気を感じて頂ける

のが、今日ご紹介するスポット、バンコクの人気ショッピング

センター/MBKマーブンクロンセンターにて毎週水曜日の午後6時

から開催の、「Bangkok Fight Night @MBK」です。

ground-1.jpg


高架鉄道BTSのナショナルスタジアム駅下車

bts-1.jpg


東急百貨店・MBKへと続く高架橋スカイウォークの下に特設リング

があります。

bts-2.jpg


bts-3.jpg

リングサイドには椅子もありますが、BTSから東急への接続橋、
サイアム駅方面に通じる高架橋にも沢山の人が!
ちなみに...このMBKムエタイ観戦で威力を発揮するのが自撮り棒!
自撮り棒があれば、上の写真下部の様な、殿方の後頭部も回避
出来ます。

試合は全5試合。タイ人ファイターのみならず、外国人や日本人
ファイターも参戦。但し、日本人選手の出場は毎週ではありません。
女子選手のカードをご覧頂けるかも!

11016729_791749564214315_6307416445333327767_n.jpg

格闘技ファンはもちろん、格闘技が苦手...という方も、せっかくの
タイ旅行!スタジアムへ行かずとも、タイの伝統「ムエタイ」に
触れて頂く事が出来ます。

Bangkok Fight Night 2015

2015年3月のスケジュールは...4日、11日、18日、25日

2015年4月のスケジュールは...1日、8日、22日、29日
(注意!4/15はお休み)
いずれもスタートは午後6時〜

バンコクの暑い夜をムエタイでさらに熱く!ムエタイでお楽しみ
ください。

☆MBK Fight NightのFacebookファンページ☆

レポートの中では、MBKの公式Facebookでもスケジュールを
発表とのご説明でしたが、上記ファンページの方が確実に
スケジュールや対戦カードもご確認頂けます。ご参考までに...

尚、ブログ掲載写真の転載は、ご遠慮ください。

★2/22の放送を聴く★

観る・知る, 遊ぶ

2015.02.15

今週は2本立て!国際雪像コンクール&札幌の人気タイ料理店パタヤ

今週のムーンタイワニーは2本立て!


まずは、今月8日に審査・表彰式が行われた第66回さっぽろ雪まつり
第42回国際雪像コンクールのタイチームから。

今年の雪まつりは前半、お天気にも恵まれ(過ぎ)雪像を作るには
少々、雪質が悪かったものの...タイチーム、見事!通算6度目の
優勝を果しました!

10959564_788726721183266_1303567091236317594_n.jpg

10993952_788726614516610_3660564290467126802_n.jpg

先週の番組にもご出演頂いた、タイ国政府観光庁のチャッタン局長
より、記念の象の置物も授与。

10996554_788726551183283_2411452078704931980_n.jpg

10968204_788726521183286_2207196237715472048_n.jpg


10959329_788726474516624_5773013944359640090_n.jpg

残念ながら、審査・表彰式が行われた8日のお天気は気温も高く、
あいにくの雨。雪像の幾つかにもダメージが生じ、倒壊の恐れも
あった為、会期終了を待たずして壊してしまったんです。
その中には、タイチームの優勝雪像も...号泣

「今年は本当に雪質が悪く、本当はもっと美しい雪像を作るはず
だったんだけど...」と、タイチームリーダーのクソルさん。

1505543_788726461183292_832321732992986390_n.jpg

上記写真は完成直後。下記写真は翌日の審査・表彰式の際に撮影。
雪像のダメージの様子がわかります。

10383122_788726501183288_8726519805701457910_n.jpg


来年もタイチームはじめ、各国・各地域の参加チームが素晴らしい
雪像を見せてくれる事でしょう。参加全チーム、寒い中、ご苦労様
でした。また来年、お会いしましょう!

さ、続いては新シリーズ「北海道で感じるタイ・タイ料理店編」
記念すべき第一回目は、雪まつり期間中、タイチームも訪れた、
札幌市中央区の「パタヤ」さんにご案内。

10959627_788723414516930_3056273435284305031_n.jpg

10994585_788723461183592_317115031563182746_n.jpg

店内は、タイを代表するビーチリゾートの一つ、パタヤビーチ沿いの
レストランを感じさせてくれます。

10978494_788723434516928_6191665380877519089_n.jpg

このバーカウンターの雰囲気も正にタイ!

今回、取材班は豊富なメニューの中から3品をチョイス。

10959676_788726091183329_1989480113111475596_n.jpg

CNN.goというサイトでも、数年前に世界で一番美味しい料理の
第1位に輝いたマッサマン・カレーに...

19299_788725691183369_968108702742282913_n.jpg

タイ東北部の郷土料理ラープ、今回はラープ・ガイ(鶏)
そして...

11006479_788725681183370_5083134532946898849_n.jpg

かつて、タイの友人達に "パッタイ馬鹿" とまで言わせしめ、屋台
18番勝負でも、バンコクのパッタイ名店を制覇した私が、今ハマって
いるパッシー・ウー。焼きうどんにも似た味付けは、日本人好み。
今回はタイの野菜カナと豚肉で。

とにかくメニュー豊富なパタヤさん、メニューは全てお料理の写真付き。
タイの素材にこだわり、化学調味料は不使用!しかも!!
「メニューにはなくても、食べたいタイ料理があれば作るよ!」と、
オーナーシェフのマノイさん。但し、そのお料理の名前だけは、覚えて
帰って来てくださいね。また、食材がない場合もありますので、
ご予約の際にご希望をお伝えください。できれば食材調達の都合上、
裏メニューご予約は2,3日前にお願いします。

『タイ料理パタヤ』

住所:札幌市中央区南3条西6丁目 フロントムカイデビル2階
           (狸小路6丁目と5丁目の間)

営業時間 : 17時30分〜深夜
定休日 : 不定休
電話 : 011-231-4885

そして今回は、番組リスナー特典と致しまして、ご予約時に
サバーイ・サバーイタイランド聞いた!で、シンハービール
1本プレゼント。

※人数にかかわらず特典はビール1本のみ、お料理は必ずオーダー
ください。


さらに!『サバーイ・サバーイ タイランド オフ会』開催決定!

パタヤさんで美味しいタイ料理を頂きつつ、タイの話で盛り上がり
ましょう!タイ&タイ料理好き、タイに興味がある方はぜひ。
お一人様大歓迎です。

日時:2月27日(金)19時スタート
会費:お一人様3000円(ドリンク別途、各自ご注文ください)
定員:10名(定員に達し次第締め切り、応募者多数の場合は抽選)
メニュー:マッサマン・カレー、パッシーウー、トムヤムプラー、
     ソムタム、ガイヤーン、ココナッツアイス

参加ご希望の方は、thai@825.fm または番組Facebookのダイレクト
メールにて、住所・氏名・電話番号を明記の上、ご応募ください。
ご参加決定の方には、スタッフよりご連絡させて頂きます。
すでに番組Facebookより、お申込みを頂いていますので、どうぞ
お早めに!

皆さんのご参加、お待ちしています。

10959421_788725387850066_768422578728705992_n.jpg

写真向かって左からマノイさん、城野、美人スタッフのケイコさん


★2/15の放送を聴く★

ピープル, 食べる

2015.02.08

第42回国際雪像コンクール(第66回さっぽろ雪まつり)タイチームの軌跡

毎年恒例!国際雪像コンクール参加のタイチーム、

雪像制作の様子を...。

過去5回の優勝を果たし、そのうち3回は連続優勝という
快挙を成し遂げたタイチーム、今年の雪像作品名は、
「 いたるところに姿を現す三輪タクシートゥクトゥク」 

タイチームの皆さんは、毎年本国タイで雪像の模型を制作し、
その模型を基に雪像制作を行います。その模型も2度3度と
試作を重ねます。

1517683_785731044816167_6135626590707690481_n.jpg


2月4日・大会初日の様子

10408572_785732384816033_9071427600898185944_n.jpg

大会2日目

10956041_785734054815866_5980356541481681041_n.jpg

10440731_785734081482530_767828565264208800_n.jpg

10423693_785733971482541_4079255410451161387_n.jpg

1012983_785734021482536_8172843524863990466_n.jpg

大会3日目(製作最終日)

10943792_805778862803403_544314268099504082_n.jpg

1620864_805778866136736_2152279549613926087_n.jpg

10563099_805778872803402_4074916526246286339_n.jpg

1379866_805778912803398_2642493363341538679_n.jpg

そして...本日2月8日(日)大通り西7丁目会場にて、午前10:45〜
審査・表彰式が行われます。結果は会場よりFacebookとTwitterで!

皆さんもぜひ、大通り西11丁目会場で、タイチームはじめ、各国・
各地域からの参加チーム力作をご覧ください。また、今年はぜひ
タイで本物のトゥクトゥクにも乗って、タイの熱気も肌で感じて
くださいね。

さっぽろ雪まつりは2月11日まで開催。雪像コンクールは
大通西11丁目の国際広場にて。

今年の参加チーム数は12チーム、タイ、フィンランド、インドネシア、
マレーシア、ポーランド、ハワイ、ニュージーランド、姉妹都市の
ポートランド市(アメリカ)、姉妹都市・大田広域市(大韓民国)、
イタリア、 シンガポール、オーストラリア

★2/8の放送を聴く★

その他, ピープル, 観る・知る, 遊ぶ

2015.02.01

バンコクのタイ料理カフェごはん「Sit & Wonder」

3週連続アローイ(美味しい)バンコク

今週は、バンコク・トンローというエリアで見つけた、
カフェレストラン「Sit & Wonder(シット&ワンダー)」
ご案内。

タイもここ数年でオシャレなカフェが随分と増えました。
もしかしたら...札幌よりもオシャレなカフェが多いかも。
店内には、オーナーの弟さんが撮影したタイの日常が展示され、
アンティークのカメラがオブジェに。

sit-1.jpg

sit-2.jpg

sit-5.jpg

sit-3.jpg

吹き抜けの1階を見下ろす二階席も。

sit-7.jpg

タイの家庭料理をカフェ飯風にお楽しみ頂けます。
foodsit.jpg

こちらの特徴は、お好みの具材や調理法を選べるという点。
辛さも調節して頂けます。

image.jpg

sit-6.jpg

今回、取材班はグリーンカレー・パスタと、パッシーウーという
日本人好みな味付けの、お米の太麺センレックと野菜、豆腐の
炒めものをオーダー。上記お料理写真の右側メニューは、
プライベートで訪れた際に頂いた、グリーンカレーとトムヤム。
カフェ飯と侮るなかれ!新鮮な食材を使用した今風タイ料理は、
味もなかなか。

水曜日を除き、午前7時から営業。朝食メニューも充実!

10629752_734044486668160_7394545332837719052_n.jpg

将来的には、ここをツーリスト・インフォメーション・センターの
様な、旅の情報交換が出来る場にしたいとオーナーさん。ちなみに
オーナーさんのご実家は、お隣の花屋さん。

トンロー、エカマイエリア散策の際には、ぜひ。

「Sit & Wonder」

高架鉄道BTSのトンロー駅下車、スクンビット・ソイ55に入って
数十メートルほど。お花屋さん手前にあります。
BTSトンロー駅、オンヌット方面に向かって左側出口をご利用
ください。スクンビット通りを背にして右側をまっすぐ。
道路横断の際には、ご注意くださいね。

営業時間:(7:00)11:00〜23:00

・ブレックファストメニューは7:00〜(水曜日を除く)

☆Sit & Wonder公式サイトはこちら☆

★2/1の放送を聴く★

食べる

ページトップへ