• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2015.03.29

    小さなコミュニティーの大きな取り組み 〜バーン・ナンルアン〜

    今週は、バンコクのある小さなコミュニティーをご紹介。


    1146190_711609762199176_1708366712_o.jpg

    場所は、バンコクのランルアン通りとクルンカセム通り、そして
    ナコンサワン通りに囲まれた細い細い小路の奥。先週ご案内した
    「ナーンルーン市場」の裏手となります。市場奥はかなり細い小路が
    迷路の様に...。

    10888468_777479255641346_6041289834840070321_n (1).jpg

    まだ広い部類の小路です。さらに進むと...

    10931232_777479238974681_1665837054728769973_n.jpg


    10944880_777479302308008_3677078667001150692_n.jpg

    でも!このコミュニティーは、バンコクの数あるコミュニティーの
    中でもかなり歴史ある所で、今から200年前にまで、遡る事が出来ます。
    タイ国内はもとより、カンボジア、ラオス、ベトナム、中国と様々な
    国籍の人々が集まり、それぞれの文化が融合。特に現王朝・チャクリー
    王朝ラマ4世から5世の統治時代には、コミュニティーの人口も増え、
    商売が盛んになると同時に、歌や舞踊、芝居に映画といった芸能も
    このエリアを中心に発展していきます。

    62127_159278484098976_5254558_n.jpg

    61083_159278280765663_3806127_n.jpg

    市場を抜け、細い小路を進んで行くと...

    10995919_788957561160182_2764885465017767851_n.jpg

    かつては沢山の人で賑わっていたであろう、味のあるこんな劇場跡も。
    残念ながら、現在は老朽化が進み、劇場内は市場の物置と化して
    いました。現在はこの劇場前のちょっとした広場で、野外映画鑑賞会
    なども、開催されている様です。

    55126_163604666999691_1439837_o.jpg


    この劇場を通りすぎて、さらに細い小路を抜け、ワット・ケーナールン
    というお寺を抜け、ナーンルーンのソイ2を目指しましょう。

    58113_160997580593733_1512195_n.jpg

    この通り沿いには、揚げバナナ&揚げイモのお店も。

    10430491_778504042205534_8886881261338843235_n.jpg

    お寺を出て通りを右手に見ながらクルンカセム通りの方へ。
    この揚げバナナ屋さんを通り過ぎると、壁がペイントされた、
    ちょっと入るのをためらってしまう細い細い小路が。この小路の
    奥、木造2階建の大きなお家「バーン・ナンルアン(バーン・テンラム
    (踊りの家)」です。

    10401966_959090187451131_4131653899499255222_n.jpg

    およそ60年前、コミュニティーの中でも比較的裕福なご家族が
    住んでいたというこのお家が、いわばコミュニティーセンターの
    役割を果たしていたんだそう。1階の広間では毎夜、沢山の地元住民が
    集まり、当時タイでも流行していたルンバやマンボにジャイブ、
    そしてエルビス・プレスリーなどを聴きながら踊ったり歌ったり...。
    いつしかここは、ちょっとした社交場、ダンスホールとなり、
    遂にはダンス学校に。

    タイも昔は欧米から入ってくる音楽などに関して、厳しく規制された
    時期がありましたが、伝統舞踊の踊り手、舞踊学校や衣装・仮面等を
    作る工房が軒を連ねていたという事で、ある意味、暗黙の了解?
    カモフラージュになっていたのでしょう。

    ちなみにこちら、コミュニティー内にある、タイ伝統舞踊で使用された
    貴重な仮面や衣装、伝統音楽の楽譜や音源等がが保管されている
    「Narasilpa House」内部見学等は、事前予約が必要かもしれません。
    私も今回は外観のみ。

    10420149_777479455641326_6120234665779031075_n.jpg

    10923598_777479398974665_8331583679083560955_n.jpg

    伝統舞踊衣装の工房

    10458130_777479318974673_1795166959617498020_n.jpg

    各工房には、入口に一目観て分かる可愛らしいサインが。

    現在このバーン・テンラムは、コミュニティーの皆さんの手で
    少しづつ改装中。タイの古い民家でよく見かける色ガラスと共に
    窓にハメ込まれているのは...なんとカセットテープ!

    1016406_777479588974646_2819236561302318399_n.jpg


    「60年代、70年代頃かしら...まだ私が子供だった頃、夜も更けて
    大人だけになると、今度は賭博が始まるの。賭博と言っても、
    賭けるのはお菓子。それでも警察が来たらマズイ!って事で、小路の
    入口には順番に見張りを立てたりして...。でもね、この家の奥には
    もうひとつ入口があって、万が一、踏み込まれた時には、その入口
    から逃げる算段になっていたの。このコミュニティーの奥に入って
    しまえば、警官といえど迷うわよね〜。」

    と、そんな昔話を聴かせてくれたのは、案内してくださったダンさん。

    14032_1061865593840256_4645231967197789771_n.jpg


    コミュニティーではこのお家を中心に、かつてのにぎわいを取り戻し
    住民同士がさらに交流を深め、子供たちの学童保育やワークショップ、

    10365800_418051975001545_5894434956306855664_n.jpg


    そして「チャートリー」と呼ばれる庶民文化、伝統舞踊劇の復興に
    取り組んでいます。また、建物2階を資料館にする計画も。

    1902746_855142217845929_916213009_n.jpg

    昔の日本も、近所の人達が互いの様子を気にかけ、子供たちの成長を
    皆で見守っていたものですが...。

    220409_221442497882574_2503366_o.jpg

    まるで、このコミュニティーが一つの大きな家族のよう。

    このバーン・テンラムの隣には、ちょっとしたカフェとステージも。
    このステージでは不定期ではありますが、「チャートリー」や
    伝統舞踊なども披露されています。今回は特別に、コミュニティーで
    「チャートリー」を教えていらっしゃる先生が、チャートリーで
    披露される歌を聴かせてくださいました。

    1503352_1061865550506927_5579610846119403598_n.jpg

    「このチャートリーは、タイ人でも "知らない" という世代が増え、
    逆に海外のメディアや外国人観光客の方が、興味を持ってくれるの。
    数年前には、日本人女性もここに寝泊まりして、チャートリーの
    踊りを習っていったのよ。私達は、ここを訪れてくれる全ての人達を
    いつだって歓迎する。それも、チャートリーを絶やさない方法の
    一つだから...。」

    これからも番組では、ここバーン・ナンルアンの活動に注目して
    いきたいと思います。

    10945736_1061865643840251_8198845892546460100_n.jpg

    今回は、タイ初めて!という方には、少々
    レベル高し!な、スポットだったかもしれませんが、興味のある方は、
    先週の市場と合わせてぜひ。

    ☆Baan NangLerng公式Facebookページ(タイ語のみ)☆


    ★3/29の放送を聴く★

    まだ見ぬタイ, ピープル, 観る・知る

    2015.03.29

    期間限定新コーナー/タイのロングステイ

    今月より、4回に渡ってお送りする「タイ・ロングステイ」コーナー


    毎月最終日曜日のみの本コーナーでは、タイでのロングステイや
    留学をサポートする『海外ステイ.コム』代表/斉藤高志さんに、
    ロングステイ基本の "き" を伺って参ります。

    ☆海外ステイ.コム公式サイトはこちら☆


    【チェンマイ・ロングステイセミナー「幸せな暮らしをタイで」 】

    セカンドライフは、微笑みの国・タイでロングステイ!
    海外でのロングステイへの関心が高まっていますが、中でもタイは
    注目されている国のひとつ。特にタイ北部に位置するタイ第2の都市
    「チェンマイ」は、気候もおだやかで、日本人のロングステイヤーに
    人気がある居住先です。

    このタイのロングステイについて、たっぷりとご紹介するセミナーの
    開催が決定しました。タイのロングステイに興味のある方、ご検討中の
    方は、是非ご参加ください。

    ■開催日時 : 4月16日(木)13:00~15:30

    ■開催場所 : かでる2・7(道民活動センタービル) 820研修室
    ※札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル

    ■募集人数 : 先着80名様(定員に達し次第、締め切ります。)

    ■会場MC : 城野康子

    プログラム(予定)
    ●ロングステイについて
    ●タイについて
    ●タイでのロングステイについて~経験者によるパネルディスカッション~
    ●質疑応答
    ●チェンマイ・ロングステイ・フォーラムのお知らせ
    ●相談会(個別質問にお答えします)

    参加者には、タイの台所 タイグリーンカレーセットをプレゼント。

    参加申し込み ※この先は外部リンクへ移動します。
    http://www.longstay.or.jp/seminarlist/open/entry-1574.html

    (一財)ロングステイ財団のホームページからお申し込みください。

    主催 : タイ国政府観光庁/(一財)ロングステイ財団
    協力 : FM NORTH WAVE Sabaai Sabaai Thaland

    お問い合わせは、(一財)ロングステイ財団まで
    電話 03-3591-8144 / FAX 03-3591-8166
    Mail info@longstay.or.jp


    その他, 観る・知る

    2015.03.22

    バンコクのローカル市場・ナーンレーン市場

    今週は、名店揃い!との誉れ高きバンコクのローカル市場

    『ナーンレーン市場』にご案内。

    10981348_803859533003318_2447383898893082471_n.jpg

    場所は、民主記念塔や王宮周辺にも程近い、ナコンサワン通りと
    クルンカセム通りの角あたり。バスで行かれる場合は...

    1723398_803886879667250_9132469189457001847_n.jpg

    このバス停看板下部、ルートナンバー5・171番の
    バスが、道挟んで市場正面に停まります。

    高架鉄道BTSをご利用の場合は、パヤタイ駅3番出口
    付近よりタクシー、もしくは民主記念塔周辺から同じく
    タクシーで。ナコンサワン通り ソイ6、ソイ・ナーン
    レーン 1、タラート(市場)ナーンレーンと告げて
    ください。

    10995533_803856893003582_1148060326364086160_n.jpg


    先のバス停前にあるこのアヒルご飯食堂も、100年以上の
    歴史ある名店。お昼過ぎには売り切れもしばしば。

    10464007_803885406334064_8773214290504316546_n.jpg

    この食堂の向かいが今回ご紹介の市場、ナーンレーン市場と
    なります。食堂から市場を見ると...

    11062256_803886906333914_3497054444135153827_n.jpg

    市場への入口は数ヶ所ありますが、この入口が一番分かりやすい
    ので、今日はここから市場へと入ってみましょう。

    っと、その前に。市場入口付近にも商店や屋台が並んでいます。

    10408006_803857113003560_4672618434368748933_n.jpg

    中でもこちらの伝統菓子「カノム・ブアン」は、創業70年以上!
    創業当時からのレシピを守り続けています。

    10411016_803886856333919_7030448430757102253_n.jpg

    先の入口を進んで行くと...

    10606479_803856876336917_8625703389715100280_n.jpg

    巨大な体育館の様な建物を中心に、60店以上もの店や屋台が!

    1897834_803857786336826_7569847434529674051_n.jpg

    10613012_803857393003532_4125430936115539462_n.jpg

    市場の管理組合長/ソンポんさんのご案内で、まずはこちらのお店に。

    10451336_803857513003520_1031811211517385624_n.jpg

    味付けした豚ひき肉を、ワンタン風に米粉の生地にくるんで蒸した
    「カオ・ギャップ・パック・モー」という、お惣菜。見た目、
    ワンタン風のものと、肉メインのものの2種類。アロ〜イ!!!

    10152433_803897702999501_2963918801351962113_n.jpg

    「作ってみるかい?」というお言葉に甘え、城野挑戦!

    11080954_803857466336858_4189456152339446346_n.jpg

    11082571_803857489670189_597785790907213300_n.jpg

    調理?中、私のあまりの不器用さに、屋台のお母さん達や
    近所の人達から様々な "指導" の声が飛び交い、市場中に
    さざ波のごとく笑いが広がり...タイでも「息子の嫁に」
    というお声は、頂けませんでした。

    お店の奥では、このお肉の仕込みを。1日およそ6,000個以上
    作るんだそうですが、午後3時の閉店時には、すべて売り切れ。

    10882093_803857236336881_1444295244521933895_n.jpg

    続いてはこちら!魚をカレーとココナッツで味付けして蒸す
    「ホーモック」と、昔ながらのお米入り豚肉ソーセージ
    「サイクローイ」レタスで巻いたぶつ切りソーセージの上に、
    プリッキーヌという唐辛子(お好みで)と魚のフレークをかけて
    頂きます。チェンマイやイサーンのソーセージも大好きですが、
    過去10年の取材で、ここのソーセージが私的ランキング第1位!

    11014613_803857569670181_5432497971393627872_n.jpg

    10313328_803857269670211_638293498269521707_n.jpg

    984295_803841673005104_1319136930310442249_n.jpg

    続いては、その形状から「凧(たこ)せんべい」と呼ばれるもの。
    生春巻きの皮にも似た生地を、2枚の網で炭火焼き。見る見るうちに
    膨らんで、辺りに香ばしい良い香りが漂います。そのまま頂いても
    良し、またお惣菜の付け合せとしても良し。

    11063616_803857596336845_6187033832397790252_n.jpg

    10433793_803857619670176_1208350280627518412_n.jpg

    そしてタイの伝統菓子。

    11071421_803857679670170_781389492016723101_n.jpg

    タイも日本同様 "お米の国" 伝統的なお菓子は日本人好みです。

    10659308_803857849670153_4967678544901643419_n.jpg

    11059420_803857709670167_6965766337338913399_n.jpg
    <一口メモ> タイの伝統菓子の中には、日本と関わりのあるものも
    少なくなく、例えば日本の鶏卵ソーメンにも似た「フォイトン」や、
    プリンにも似た「カノム・モーゲーン」などは、アユタヤ王朝時代に
    交易のあった日本とポルトガルとの血を引く宮廷料理人/ターオ・
    トーンギープマーという女性が、自身のルーツとタイの食材を融合し、
    考案したと言われています。

    ご参考までに、過去のタイ伝統菓子取材の様子もどうぞ。

    ☆お菓子の島・クレット島へGo!☆

    ☆伝統菓子実演販売・オールドサイアム☆

    ナーンレーン市場内には、お惣菜のお店他、沢山の伝統菓子や
    氷菓子の店も沢山あります。

    11053125_803857729670165_6524056304959088359_n.jpg

    市場からさらに細い小路へと入って行くと、惣菜やお菓子を作る
    自宅兼工房が軒を連ねています。

    10451177_803840643005207_56721675726431366_n.jpg

    年季の入った鍋や釜、ミキサーや撹拌機といった近代的な道具は
    何一つ見当たりませんが、母から子へ、子から孫へと受け継がれて
    きた素朴な味。

    10314722_803841656338439_2515786990953731223_n.jpg

    11008522_803841643005107_6664386834545626591_n.jpg


    そろそろ市場へともどりましょうか...

    11070741_803857829670155_3717785051776719913_n.jpg


    11073253_803895639666374_573898628539225710_n.jpg

    建物中央にはテーブル席、その周り取り囲む様に屋台が並びます。

    10421231_803857803003491_3438568529425232466_n.jpg

    11081254_803857206336884_181943086151554149_n.jpg

    10985259_803841693005102_4763559958640544606_n.jpg

    1503965_803857429670195_2976347496652337401_n.jpg

    11081152_803857173003554_1373069605077771325_n.jpg

    市場を中心に迷路の様に奥へと続く小路にも、沢山の食堂が。

    11070021_803856856336919_2504871253169980944_n.jpg

    11070737_803858029670135_3902841891549130173_n.jpg

    名店揃いの市場だけあって、タイ版ミシュランとも称される
    料理研究家/タナッシー氏認定 "緑のどんぶりマーク" や、
    タイの主要テレビ局取材の店看板も多数見かけました。

    10387484_803858046336800_1136814993528844305_n.jpg

    バンコクご滞在の際には、地元の市場へぜひ。活気に満ち溢れた
    市場から見えてくるものは、タイという国の文化と伝統と歴史、
    そして人です。

    ★3/22の放送を聴く★

    観る・知る, 買う, 食べる

    2015.03.15

    VOGUE Lounge Bangkok

    今週は、バンコクの最新ルーフトップ・バーにご案内。


    世界で最も影響力あるファッション誌「VOGUE」はじめ、
    「GQ」や「Conde' Nast Traveler」などを手がけるアメリカの
    マルチメディア企業/コンデナスト社がプロデュースする、
    エレガントでクラシカルなレストラン&バー・ラウンジ
    『VOGUE Lounge Bangkok』が、昨年2014年の11月に
    オープン。

    10333786_518304948273358_2478507206290534419_o.jpg

    モスクワ、ドバイ、キエフに次ぐ4店舗目、アジア初出店と
    なります。

    場所は、バンコクのオフィス街シーロム。高架鉄道BTSの
    シーロム線・チョンノンシー駅3番出口そば

    10958312_784059018316703_1741132165485994580_n.jpg

    完成した暁にはバイヨークスカイを上回り、タイ国内で
    最も高層の複合商業ビル&レジデンスとなる「Mahanakhon Tower」
    併設の...

    1510500_784058991650039_1945049094698761897_n.jpg

    MahaNakhon-Wallpaper-571x322.jpg

    ライフスタイル・コンプレックス「Mahanakhon Cube」
    6階。ちなみにこのコンプレックスG階(1階)には、
    DEAN & DELUCA、5階にはジョエル・ロブションの
    カジュアルダイニング「L'Atelier de Joel Robchon」も。

    10425868_784059074983364_4862139814494276913_n.jpg

    10917814_784058968316708_3501699925940432819_n.jpg

    ※上記写真は取材時2014年1月撮影、外観変更の場合も
     ございます。

    それでは早速、6階の『VOGUE Lounge Bangkok』へ。

    10671274_800738896648715_2422718714835192023_n.jpg

    店内は、VOGUEのコンセプトそのもの!優雅で気品溢れる
    空間が広がります。ゴールド&ブラックを基調としていながらも、
    どことなくアジアンモダンを感じさせるあたりは、さすが!
    Jimmy Choo、Alexander McQueen,Harrodsなど、世界各国で
    ショップデザインを手がける、「デビッド・コリンズ・スタジオ」
    が、ここVOGUE Lounge Bangkokも。

    ちなみにMahanakhon Towerで現在分譲中、リッツ・カールトンの
    レジデンス インテリアも、デビッド・コリンズ・スタジオが担当。

    VL-Entrance.jpg

    照明もタイらしく、蓮の葉をモチーフとしたもの。

    VL1c.jpg

    11041937_636755833094935_511794191553651346_o.jpg

    VL3c.jpg

    続いては、ルーフトップバーへ。

    VL-Terrace-1.jpg

    白と黒の大理石をふんだんに使用したモダンなデザインも、
    デビッド・コリンズ・スタジオならでは。屋内インテリアとの
    コントラストも美しく、また、昼と夜とでは全く異なる印象に。

    1618076_629548780482307_7134262976353767618_o.jpg

    1598996_629548723815646_497552739748187712_o.jpg

    バンコクのルーフトップ・バーは、概ね "高層階ならではの眺め" が
    セールスポイント。こちらVOGUE LoungeBangkokは、低層階の
    ルーフトップだからこその、摩天楼の中に浮かんでいるかの様な感覚を
    味わう事が...。美味しいお酒とお食事、心地良い音楽をBGMに、落ち
    着いた雰囲気の中、"会話" を楽しめるのもポイント。ミュージック・
    セレクションもナイス。セレクション・テイストは、One Groove, One
    Nation!正に開局当時のFMノースウェーブ!

    ルーフトップバーの中には、大音量の所も...。スピーカー近くの席に
    案内されてしまうと、ちょっと残念。

    そして...ルーフトップ・バーにはエアコン(!)も備えられており、
    快適な時間を過ごすことが。数多くのルーフトップバーを取材
    しましたが、エアコン装備は初めて。


    aircon.jpg

    お食事もミシュランの三ツ星獲得シェフ/Vincent Thierry氏の、素材に
    こだわった創作フレンチ。

    10426554_782394935149778_62321627724500251_n.jpg

    さらに!このVOGUE Lounge Bangkokの営業時間は午前10時。
    また、Fashion Hourと題されたHappy Hourも、午後3時〜19時まで。

    11001548_638327406271111_1126766606043949194_o.jpg

    バンコクへお出かけの際には、お洒落して素敵な時間をお過ごし
    ください。

    10848975_614722951964890_4625780035691137671_o.jpg

    『VOGUE Lounge Bangkok』

    アクセス:BTSシーロム線チョンノンシー駅3番出口そば
         Mahanakhon Cube 6階

    営業時間:10:00〜Late(午前2時まで)

    ドレスコード:あり カジュアルスマートで!

    ☆公式Facebookページ☆

    ☆公式サイト☆

    ★3/15の放送を聞く★

    遊ぶ, 食べる

    2015.03.08

    タイのミニチュアアート

    It's a small world...今週は、タイのミニチュアアートを

    ご紹介。尚、本日のブログ掲載写真の無断使用・転載・
    コピーは、ご遠慮くださいね。

    番組Facebookでも、写真掲載の度に沢山の反響とお問合わせを
    頂くのが、タイの屋台や商店が見事に再現された、ミニチュア
    アートです。

    10247482_1474770862755005_8430960054587727591_n.jpg

    10373824_784059211650017_2467837467344982575_n.jpg

    タイ国内でも、年々このミニチュアを作る方が減っているそうですが、
    今回ご紹介のLaiadさんは、今やタイ国内におけるミニチュア作家の
    第一人者。(向かって左側、ピンクのシャツがLaiadさん、姪っ子さん、
    そして私。

    1555495_792046274202003_7419372797130977245_n.jpg

    銀行員から一転、趣味で始めたミニチュア作りが話題と
    なり、バンコクのチャトチャク・ウィークエンド・マーケットの
    店舗で展示販売をスタートして16年になります。

    私の手と比較してみましょう。女性の手にしてはデカイので、
    あまり参考にはならないかもしれませんが...

    mini-4.jpg

    10329282_1488055071426584_8245959081359147695_n.jpg

    それでは!Laiadさん作のミニチュアを、どうぞご覧あれ!
    まずは、クイッティアオ屋台。

    10304710_1476273015938123_7720351660467695191_n.jpg

    10294455_1476273102604781_3513357485357815593_n.jpg

    10270477_1476273515938073_7127868526251141440_n.jpg

    タイの伝統お菓子のお店。

    10383894_805339872837307_3081507710367478376_n.jpg

    昭和の日本にもあったような、昔懐かしさ...

    10393871_805339806170647_3982123987865586584_n.jpg

    果物満載の小舟は今も尚、水上マーケットで見かけますね。

    10252138_1474769572755134_937386421885617117_n.jpg

    タイならではの果物も、Laiadさんの手に掛かれば...

    mini-5.jpg

    何時間でも眺めていたくなります。

    mini-6.jpg

    野菜もこの通り!

    10514573_1543966352502122_7410835791548419212_n.jpg

    ミニチュアには見えませんね。続いて、屋台オンパレード!

    10492536_1507483166150441_1477706471374427637_n.jpg

    お惣菜屋さんも。

    mini-3.jpg

    美味しそうな香りまでも漂ってきそうです。Laiadさんのショップでは、
    パーツ販売も。もちろん、これらパーツも一つ一つ手作りです。

    mini-2.jpg

    ショップで販売されているパーツだけで、こんなセットを作って
    みました。

    1507693_788960367826568_5706268846585995499_n.jpg

    完成品はそれなりのお値段(9000バーツ〜3万バーツ)日本円でおよそ
    3万4000円〜10万円以上。この細かさと精巧さを間近にご覧頂くと、
    お値段にも納得。

    Laiadさんのチャトチャク・ウィークエンド・マーケットのショップ
    にて、「サバーイ・サバーイ タイランド聴いた!」と告げて頂き
    ますと、店内展示の完成品は、全て20%オフとなります。

    まだまだ写真はございますが、今日はこの辺で。では、ショップの
    ご案内を。

    『Laiad Miniture』

    営業時間:土日のみ、9:00〜17:00

    バンコクのチャトチャクウィークエンド・マーケット、地下鉄
    MRTのガンペーンペット(Kamphaeng Phet)駅2番出口下車、
    チャトゥチャック・ウイークエンドマーケットを右手に見ながら、
    ガンペーンペット通りを直進、この1番出入口からお入りください。

    acc-1.jpg

    1番出入口の目印は、これ

    acc-2.jpg

    この出入口から入って直進、植木エリアへ

    acc-3.jpg

    植木エリア右手、この番号の入口からマーケット内部へ

    acc-4.jpg

    ac-5.jpg
    マーケットに入ったら左側、この黄色い看板の小路に入ってください。

    acc-6.jpg

    ※取材時は平日ということで、マーケット内もご覧の通りの
    シャッター街ですが...この小路の右手中程に、Laiadさんの
    ショップがあります。

    1506774_784059191650019_9036471591715580113_n.jpg

    10959520_784059231650015_361660046522866838_n.jpg

    皆さんも、ミニチュアの世界にぜひ。

    ★3/8の放送を聴く★

    ピープル, 観る・知る, 買う

    ページトップへ