2015.04.26

タイの医療事情Part1・バンコク病院再訪

今週は、GWも間近!もしも旅行中にケガや体調不良に見舞われて

しまったら...という事で、日本語でも対応のバンコク病院をご紹介
します。

bh-1.jpg
bh-2.jpg

バンコク病院に関しては、2006年にもロングステイ取材の一環で
ご紹介。

☆2006年の取材時のブログを☆

尚、上記ブログリンクは取材時2006年当時のものですので、
現在と異なる点もございます。

2015年現在、バンコク病院はタイ国内に32ヶ所ありますが、今回の
取材先は、バンコク都内にあるバンコク病院。こちらには
日本人専門クリニックがあり、日本の医大を卒業した日卒医13名と
日本留学経験のある医師・計25名と、日本の看護師免許を持つ
看護師が対応。日本語通訳も常駐で24時間体制となっています。

bh-5.jpg

bh-11.jpg

日本人専門クリニックのロビーはこの様な感じ。

bh-7.jpg

bh-8.jpg

bh-9.jpg

bh-10.jpg

日本人専用クリニックのあるフロア案内も、全て日本語です。

bh-12.jpg

タイの病院は日本と違って、診察料金等もすべて病院ごとで設定
出来る為、特に日卒医はじめ、日本語対応可能な医師常駐の私立病院では、
個々の症状などにもよりますが、時に医療費も高額となる場合も。

旅先で病院のお世話にはなりたくありませんが...ここはやっぱり、
万が一に備えて、海外旅行保険等への加入をオススメします。

クレジットカード付帯の海外旅行保険も、カード会社提携の保険会社名
確認が重要!カードご契約内容にもよりますが、旅行費用などをお持ちの
カードで支払っていない場合、付帯の保険も適用されないといった場合が
あります。

bh-16.jpg

ロングステイヤーの場合は、滞在期間に保険も異なるかと思いますので、
保険会社さんにご相談を。また平成13年より、国民健康保険の被保険者が、
海外渡航中に病気やケガで治療を受けた場合、医療保険が適用され、
一旦は現地にてお支払いをする必要がありますが、帰国後、支払った
医療費の払い戻しを請求できます。ただし!日本国内での医療費基準
「標準額」による算出となります。

海外旅行保険も同様ですが、国保利用の場合も、現地の医療機関担当医の
署名付き、診断内容明細書・領収明細書をもらう必要があり、帰国後、
その明細書を日本語に訳し、各市町村窓口にて手続きを行ってください。
詳しくは、ご加入の健保組合や市町村窓口にてお尋ねください。

☆詳しくはこちら(国民健康保険の場合)☆

バンコク病院その他の施設も拝見しました。病室も各種ございますが、
今回はこちらを。

bh-13.jpg

bh-14.jpg

bh-15.jpg

入院となってしまった場合のお食事も、日本食を選ぶことが可能です。

bh-2015年.jpg

こちらは日本人専用クリニックのある建物1階にあるコンシェルジュ・
サービス。入院中の様々な手配等のご相談窓口となります。

bh-19.jpg

bh-18.jpg

病院敷地内には、ショッピングモールも完備。下記写真、左側の
建物がモールとなります。

bh-25.jpg

さらに今回は特別に、ERも拝見させて頂きました。こちらもお世話
にはなりたくない場所ですが...

bh-21.jpg

bh-22.jpg

bh-23.jpg

もちろん救急車もありますが、

bh-24.jpg

バンコク都内は渋滞も多い為、バンコク病院ではタイ国内初となる
ドクター・ヘリも完備。

ka3Zsp3.jpg


<バンコク都内ご滞在中の日本人専用受付電話番号>

0−2310−3257 または、08−9814−3000
(24時間対応)

もしくは、1719(タイ国内のみ)が、最寄りのバンコク病院に
繋がります。(状況により日本語通訳不可の場合、タイ語・英語対応)


☆バンコク病院公式サイト(日本語)☆

☆タイ国政府観光庁公式サイト☆

☆タイでの安全のしおり☆

また、現地日本語フリーペーパーDACOさんの4月5日発行
406号「バンコク生活基本のき」では、バンコク病院以外の
病院に関する情報もオンライン版でご覧いただけますので、
ご参考までに。

☆DACOオンライン版☆

今年の暑季は例年以上に暑いタイ、特にここ北海道からは気温差も
大きく、体調も崩しやすいですから、無理のないスケジュールで
安全に!こまめな水分補給で熱中症対策も万全に、楽しい思い出
だけを作って来てくださいね。

★4/26の放送を聴く★

その他, 観る・知る

2015.04.19

タイクラフトの今「CREATIVE ARENA」&「SACICT」

今週は、良質なタイのハンドクラフト・ショップにご案内。


11057381_860414417365475_2077095364490351669_n.jpg

場所は、バンコクのチッドロムにあります老舗ショッピングモール
『Amarin Plaza(アマリンプラザ)』の3階。ここアマリンプラザの
3階には、タイクラフトを扱うテナントが数多く出店。

thaicraft.jpg

この3階フロアのほぼ中央にあるのが、今回ご紹介の「CREATIVE
ARENA(クリエイティブ・アリーナ)」と...

c1.jpg

「SACICT(サティクト)」

s1.jpg

「SATICT」は、ロイヤル・プロジェクトのいわばフラッグショップ兼
ギャラリー、そして「CREATIVE ARENA」は、御歳80歳の素敵な
オーナー / スラピーさんの、半世紀近くにも及ぶ、タイ国内ハンド
クラフトの保護・支援活動の一つとして3年ほど前にオープン。

まずは、「CREATIVE ARENA」へ。

c2.jpg

こちらは主に、タイ山岳民族の伝統的な刺繍やタイシルクを今風に
アレンジしたお洋服やバッグ、そして絹織物の中でも今や大変貴重な
「マットミー」を使用した洋服、セラドンにベンジャロンといった
焼き物、銀製品のアクセサリーにホームデコが中心。

マットミーに関しては、過去に行ったこちらの取材も合わせてどうぞ。

c7.jpg

c3.jpg

c4.jpg

c5.jpg

c6.jpg

そして「SATICT」は、才能溢れる若きアーティスト達が伝統工芸に
新鮮な感性と "今" という息吹を吹き込んだプロダクツが中心。

s2.jpg

s3.jpg

s4.jpg

s5.jpg

ちなみに上記写真のターコイズブルーの天然素材のバッグに一目惚れ!
 シンプルな洋服に差し色として...アクセサリーいらず。

11054496_815972688458669_7457114027997857743_n.jpg

スラピーさんは、芸術的才能に恵まれながらも、家庭の事情等で
学業を続けられず、才能を開花させるチャンスもない子供達への
支援を行っていらいっしゃいます。そんなスラピーさんが、ある一人の
お子さんの描いた絵を見せてくださいました。

kids.jpg

まだ10代の少年が描いた作品だそう。

スラピーさんへのインタビューの模様は放送終了後、本日のブログに
下部にアップするオーディオアーカイブをお聴き頂くとして...。

アジアン雑貨・タイ雑貨も、この10年で大きく様変わり。番組が
スタートした10年前は、それこそナイトマーケットやウィークエンド・
マーケット、通りにズラッと並ぶ露店にも、ありがちな "定番" 雑貨の
数々が並んでいましたが、今ではごく一部の店、また地方の土産物屋で
見るのみ。

伝統を活かしつつも、今という時代・今のライフスタイルに合った、
もの作りの指導も、山岳民族や若きアーティスト達が現金収入を
継続的に得る手段の一つ。事実、旅行者の皆さんもセンスの良い
ハンドクラフトや雑貨を、お土産やご自分用に買い求められるのでは
ないでしょうか?

タイには本当に素晴らしい伝統と技術があり、今またそれを次の世代が
継承し、新たな伝統を生み出そうとしています。皆さんもタイ旅行の
思い出に、長く愛着を持ってお使い頂けるタイのハンドクラフト、
手にしてくださいね。


『CREATIVE ARENA』『SACICT』

場所は、高架鉄道BTSのスクンビット線・プルンチット駅2番出口
駅改札を出て、スカイウォークという接続橋でも直結のモール
Amarin Plaza(アマリンプラザ)3階。

バンコクの有名パワースポットの一つ「エラワン廟」そば、エラワン
バンコクというモールの隣がAmarin Plazaです。

営業時間 : 10:30〜21:30

map-desktop.jpg



☆Amarin Plaza公式サイト☆


☆CREATIVE ARENA公式Facebookページ☆


☆SACICT公式サイト☆


★4/19の放送を聴く★

買う

2015.04.12

バンコク予約ドットコム&Siri Giriya Spa(シリギリヤスパ)

タイでの取材の模様をお届けするムーンタイワニー、今週は2本立て!


まずは、バンコクご滞在時の強い味方、タイ・バンコクでの各種予約
手配を日本語で!『バンコク予約ドットコム』をご紹介。

詳しくは、バンコク予約ドットコム公式サイトと、本日の番組放送後、
こちらのブログ下部にアップします、オーディオアーカイブをお聴き
ください。

続いて!バンコク予約ドットコムでもご予約可能の人気スパ
『Siri Giriya Spa(シリギリヤスパ)』にご案内。

高架鉄道BTSスクンビット線・Bang Chak(バーンチャック)駅下車、
オンヌット方面5番出口方向、こちらのスカイウォークの...

10393746_784061721649766_1510917397286392879_n.jpg

左側階段を降りて...オンヌット方向に歩くこと3分

siri-1.jpg

スクンビット ソイ60を左折。今回の取材は夜間の為、
写真もかなり見にくいですが...ソイ60の青い看板右側には、
シリギリヤスパの看板も出ていますので、迷う事はありません。

siri-2.jpg

siri-3.jpg

ソイ60に入って30メートルほど進んだ右手、
こちらが「シリギリヤスパ」となります。

siri-4.jpg

siri-5.jpg

日本語メニューあり!また、トリートメントで使用する
ハーブの説明も日本語で分かりやすく表示されています。

siri-7.jpg

タイの伝統民間療法で使用されるタイハーブの数々
「サムンプライ」は、そのほとんどが口に出来るもの。
もちろん、使用感は個人差もありますが、こうした日本語
による説明は、アレルギーやセンシティブスキンの方にも
安心。

10544374_813018818754056_1938622184977622271_n.jpg

パッケージコース、各種アラカルトメニューも充実。
コース決定後は、お好みの香りのアロマオイルを選び、
トリートメントルームへ。

siriroom1.jpg

siriroom2.jpg

siriroom3.jpg

トリートメントルームは天井も高く、かなりゆったりとした
作り。ほとんどのトリートメントメニューに、デトックス
効果が期待出来る、タイハーブたっぷりのハーバルバスが
含まれ、このハーバルバスに浸かった状態で、最初の
マッサージ。

オススメの利用法は帰国前!例えば、深夜便にて日本へ
ご帰国、ホテルもレイトチェックではない場合...

午前中は観光やお買い物 → ホテル チェックアウト→
スーツケース持ってスパ → 2〜3時間のトリートメント→
空港へ

旅行中の疲労感もかなり軽減。帰国前、飛行機ご搭乗前には、
やっぱりお風呂に入ってサッパリしたいもの。スパからは、
タクシーでの空港アクセスも便利。

総じてセラピストさんのレベルも高く、観光客はもちろん、
地元タイの皆さんもホームスパとして利用されるだけの事は
あります。

特に、スリミングマッサージに定評のあるスパですが、
豊富なメニューの中から、お好みのトリートメントで、
身も心も美しく!ご予約は「バンコク予約ドットコム」で
是非。

☆シリギリヤスパ公式サイト☆


☆バンコク予約ドットコム・スパご予約サイト☆


★4/12の放送を聴く★

その他, スパ&マッサージ

2015.04.12

北海道タイランドクラブのソンクラン

北海道在住のタイ人、タイ人留学生との交流活動を行う

北海道タイランドクラブでは、今年もソンクランを開催。

songkran.jpg

美味しいタイ料理の数々、ソンクランのデモンストレーション、
ゲームなどで、お楽しみください。毎年人気のイベントです
ので、ご参加は事前申込制となっています。

日時:4月18日 (土)12:30開場、13:00スタート
場所:北海道大学・クラーク会館
会費:一般2,500円、学生(中学生以上)1,500円

☆詳しくはこちら!☆


2015.04.05

OSHA Thai Bangkok

今週は、バンコクで今話題のタイ料理レストラン&バー

『OSHA』にご案内。

osha-2.jpg

昨年2014年の12月にグランドオープンした「OSHA」実は、
アメリカはカリフォルニア州サンフランシスコが発祥。
タイ人オーナーがおよそ20年前に1号店をオープンし、現在は
サンフランシスコ市内だけで7店舗も展開。今回のバンコク店は、
いわば凱旋帰国といったところ。

黒と金を基調としたインテリアに、パープルやフューシャピンク
といった、高貴なタイをイメージする色がアクセントとなっています。
吹き抜けの1階席と2階席、そしてテラス席。1階フロアのラウンド・
テーブルの配置も、タイではあまり見かけませんね。

10987740_788964087826196_2667406926766728413_n.jpg

osha-3.jpg

2階へと上がる螺旋階段中央には、タイの伝統舞踊の装飾品でもある
タイの仏塔をイメージした冠型のシャンデリアが。

10502206_805338336170794_1085897615966961039_n.jpg

このシャンデリアの下が、バーカウンターとなっています。

11722_805338532837441_6215184684142915906_n.jpg

2階席にもタイらしさが...。

osha-8.jpg

osha-9.jpg

個室もあります。

osha-7.jpg

1階席から2階を見上げると、こんなユニークなお席も。

osha-4.jpg

osha-6.jpg

さらに!吹き抜けの天井にはディナータイムに、ハヌマン(猿の神様)
や、ラーマ・キエン(ラーマ・ヤナ叙事詩のタイ版)の映像が投影
されます。開店前に取材をさせて頂きましたので、天井の映像も若干、
見えにくいですが、ディナータイムの照明が落とされた店内では、
かなり幻想的な雰囲気となります。

※ラーマヤナ、ラーマキエンの解説をすると、恐ろしく長いブログと
なりますので、またの機会に。

osha-11.jpg

この投影は、正面入口でも。

10978652_871888409529780_5931904080924671470_n.jpg

「OSHA」のエグゼクティブ・シェフ/Thaninthorn Chantrawan氏は、
あの!セレブシェフ/ゴードン・ラムゼイ氏にも師事。世界各国の
星獲得レストランでのシェフ経験も。

今回の取材では、ご多忙のところシェフ自らがお料理の説明とサーブを
してくださいました。

osha-chef.jpg

osha-chef2.jpg

お料理はオーセンティックなタイ料理ですが、シェフならではの
様々なこだわりと、盛り付けの美しさ、そしてユニークなアイディアが
満載です。

今回は、「OSHA」のシグネチャーメニューを頂きました。

13080_810132105709394_1296752063953241134_n.jpg

中でもユニークなのは、サイホン仕立てのトムヤムクン。

11033811_810132495709355_5671716160276148564_n.jpg

そして!2日間掛けて煮込んだ羊肉のマッサマン・カレー。
このマッサマン・カレーには、シナモンスティックに火が灯された
状態(お線香の様な感じ)で出てきます。なんでもタイでは、昔から
伝統医療(サムンプライ)の一つとして、整腸作用のあるシナモンを
使用。火の着いたシナモンスティックは、頂く前にカレーの入った
お皿の中でもみ消します。濃厚なマッサマンは、ココナッツの
生ジュースで炊いた、ほのかな甘みの赤米と共に。

メニューには先のトムヤムクンにパッタイなど、皆さんもご存知の
タイ料理が並びますが、素材と調理法、盛り付けへのこだわり、
そして何よりも、そのお味に大満足!会話も弾むことでしょう。

皆さんも「OSHA」で一味違ったタイ料理をぜひ。

暑季の風物詩、暑気払いのタイ料理「カオ・チェー」の
プロモーションも展開中です。

11008537_891339530918001_6682855785575468598_o.jpg


『OSHA』

アクセスは、スクンビット方面からの場合、ウィッタユ通り
(ワイヤレス通り)をラマ4世通り方向へ直進。アメリカ大使館を
過ぎて左手、Soi Ruam Ruedi(Ruam Rudee)という小路と
ウィッタユ通りの角。最寄りのBTS駅はプルンチット駅となります。
徒歩、またはタクシーで。

osha-1.jpg

10003472_810127882376483_8325273191876571577_n.jpg

営業時間:ランチ11:00〜14:30、ディナー18:00〜24:00
(ラストオーダー 22:30)

年中無休、ディナーは予約をされた方が良いでしょう。下記、
公式サイトより、ご予約可能。ドレスコードは、スマートカジュアルで。

☆OSHA公式サイト☆


☆OSHA公式Facebookページ☆


★4/5の放送を聴く★

食べる

ページトップへ