2015.08.30

ラジオ版サイアム系で行こう!スペシャルPart 2

今週は、先週に引き続き、FMノースウェーブのスタジオに現地

日本語フリーペーパーDACO編集長/福士貴光さんをお迎えして、
番組内タイエンタメコーナー「ラジオ版サイアム系で行こう!」
拡大バージョンをお届けします。

後ほど、ふくさんのブログ・サイアム系で行こう!でも、本日の
内容とお送りした楽曲解説をアップ予定です。

また、番組後半でご紹介した、来年・2016年日本公開決定!の
タイ映画「すれ違いのダイアリー」が、一足早く、9月18日から
東京で開催の「第8回したまちコメディ映画祭」にて、
9月21日に公開。映画祭には、この作品でメガホンを取った
二ティワット・タラートーン監督も参加するそうですよ!
東京近郊にお住いの方、21日前後で東京へ行かれる方、この機会、
どうぞお見逃しなく!上映スケジュールは、公式サイトでご確認
ください。


☆第8回したまちコメディ映画祭公式サイト☆


Teacher'sDiaryPoster.jpg

実はこの映画、タイ国際航空の機内エンターテイメントのタイ・
ショーケースにもラインナップされています。英語字幕のみですが、
タイ国際航空でタイへお出かけの際には、機内でもお楽しみください。

この番組Sabaai Sabaai Thailandは、パソコンやスマートフォンで
ラジオがお楽しみ頂けるアプリ、radiko、radikoプレミアムでも
お聴き頂けます。これまで、一部道内、道外の方の中には、この
ブログに放送終了後アップされるオーディオアーカイブでお楽しみ
頂いていましたが、radiko、radikoプレミアムなら、オンエア楽曲も
そのまま!リアルタイムでサバーイをお楽しみ頂けます。



★8/30の放送を聴く★

その他, 観る・知る

2015.08.29

FMノースウェーブ Lucky Week・サバーイ聴いて「ロト7 300枚」を当てよう!

<FM NORTH WAVE LUCKY WEEK> 本日最終日!

    ~アンケートに答えて応募しよう!~

11217529_872593922796545_170467114628609010_n.jpg


パソコンやスマートフォンでラジオがお楽しみ頂けるアプリ、

radiko、radiko プレミアムでサバーイを聴いて、アンケートに

答えると、『 ロト7 300枚 』を抽選で1名様にプレゼント!

(番号はクイックピック(機械選択)とさせていただきます。)

この番組『Sabaai Sabaai Thailand』のメッセージフォームより、

ご応募くださいね。↓↓↓↓↓

☆サバーイのメッセージフォームはこちら!☆

道内の方はradiko、道外の方はradikoプレミアムで、サバーイを

お楽しみください。



その他

2015.08.22

ラジオ版サイアム系で行こう!スペシャル&番組カフェでのムエタイ・デモンストレーション

バンコクで発生した爆弾事件、バンコク及びタイ国内の現状に
関しましては、主に番組Facebookにて情報が入り次第、お伝え
しております。今一度、犠牲となってしまった方々に哀悼の意を
表すと共に、1日も早い犯人逮捕、微笑みの国に微笑みが戻ることを
番組としても願っております。

11910224_863220517097237_863528108_n.jpg

今週は、番組内エンタメコーナー「ラジオ版サイアム系で行こう!」
ご担当フクさん北海道帰省記念(?)FMノースウェーブのスタジオに
フクさんをお迎えして、お送りします。

そして後半は、今月30日まで札幌のクロスホテル前庭にて開催中の
番組コラボカフェ・Sabaai Sabaai Thailand Cafe

11796298_883824671690829_2190340270953493957_n.jpg

11800550_883891281684168_690823351342511218_n.jpg

11822736_884468684959761_4376400018185123443_n.jpg

こちらにてご覧いただける、ムエタイ・デモンストレーションについて、
ご紹介。

番組でも以前にご紹介した、北海道初の本格的ムエタイジム
「ウィラサクレック・フェアテックス・ムエタイジム札幌」の
所属選手の皆さんによるタイの国技「ムエタイ」で、タイの熱気を
感じてみませんか?

☆ウィラサクレック・フェアテックス ムエタイジム札幌取材時☆


WSR総司 ウィラサクレック・ウォンパサー会長を中心に、WPMF
世界スーパーライト級チャンピオンのゴンナパー・ウィラサク
レック選手、ジムのトレーナーでもいらっしゃるパッカシー・
ウィラサクレック選手、WPMF世界フェザー級チャンピオンの
一戸総太選手(22日のみ)の迫力あるムエタイを、シンハービールと
美味しいタイ料理と共に、お楽しみください。

11013581_895315380541758_2410166882238230487_n.jpg


11935117_895315363875093_8660616819136699820_n.jpg

11880314_895315353875094_8186616893365865352_n.jpg

試合の前にリング上で披露される選手の舞「ワイクルー」にはじまり、
2人のチャンプによるデモンストレーション、会長自らがミットを持つ
スパークリングなど。また、希望者はステージにて、実際にムエタイ
体験できます。参加者にはジム無料体験チケットのプレゼントも!

『Sabaai Sabaai Thailand Cafe』は、8月30日まで!

場所  :クロスホテル札幌 前庭(札幌市中央区北2条西2丁目)
ランチ :11:30〜14:00(ラストオーダー)
ディナー:18:00〜22:30(ラストオーダー)

ムエタイ・デモンストレーションのスケジュールは下記予定

11892148_895149597225003_4219844996698663915_n.jpg


★8/23の放送を聴く★

その他, 観る・知る, 食べる

2015.08.16

Yodpiman River Walk(ヨッピマン・リバー・ウォーク)

今週は、バンコク・チャオプラヤー川、川沿いの最新スポット

『Yodpiman River Walk(ヨッピマン・リバーウォーク)』という
小規模コンセプトモールと、その裏手に広がる青果市場、さらに
世界第4位の規模を誇る花市場にご案内します。

11807544_453064361562755_1423894841748408463_o.jpg

2、3年ほど前から、チャオプラヤー川周辺の取材の度にとても
気になっていたこのコロニアルな建物...今年の3月にグランド・
オープンしました。Yodpiman(ヨッピマン)という名の由来は、
ヨッピマンという名の競走馬にちなんで。1961年にこの馬・
ヨッピマン号がレースで優勝し、その調教場でもあったのが、
この辺り一帯。

川沿いに300メートルものテラス有するこの小規模モールには、
人気タイ料理レストラン「Mango Tree」他、スターバックスや
KFCといったお馴染みのグローバルブランド、スタンド形式の
ジュースショップやおしゃれなカフェ風タイ料理店、タイブランドの
アクセサリーショップや土産物店などが入ります。

Mango Treeは建物の一番端、ワット・アルンが一番よく見える
ナイスなロケーション。屋内・屋外席ともに素敵!

1503357_784065748316030_4809080978495099623_n.jpg

今年1月には、番組リスナーレポーターさんと共にディナーも
楽しませて頂きました。リスナーさんもライトアップされた周辺の
歴史的建造物や、チャオプラヤー川の光景とお料理に大満足!

11072512_911105995588380_54769737_o.jpg

ここヨッピマン、実は今年1月に取材下見させて頂きましたが、まだ
テナントが出揃っておらず、3月のグランドオープンを待って、6月に
取材。取材時点でテナントのオープン率は7割といったところ。
ヨッピマンのオーナーさん曰く、テナントはすでに全て埋まっては
いるものの、テナントオーナーはおそらく来年開通予定、ここ
ヨッピマンへのアクセスもグッと良くなる、地下鉄MRTの開通を
待ってるのでしょうとの事。

2階部分、南北300メートルものオープンテラスは最高!2階川沿いに
入るテナントのほとんどが、このテラスにオープンエアーのテーブル
席を有します。

DSC03699.jpg

11201022_389452024590656_6840867272077962072_o.jpg

10994880_370900833112442_8308109264532633694_n.jpg

DSC03700.jpg

上記写真の左上、茶色の屋根の下は6月の取材時に絶賛工事中。
こちらもオープンエアーのテーブル席になる予定。タイは乾季が
ビアガーデンシーズンとなりますので、今年の乾季にはこれら
テラス席もビアガーデンとなる事でしょう。

取材の合間、ランチはヨッピマンの人気タイ料理店の一つ
「Mae Yui」にて、シグネチャーメニューのパッタイと冷たい
菊茶を頂きました。

1978674_843781745677763_5496352339117913342_n.jpg

1978848_843781915677746_8333429682499151137_n.jpg

続いて1階に...

DSC03704.jpg

1階はチークの床だったり、タイの伝統文様のタイルだったり...
歴史的エリアに建つモールならではの配慮も感じられます。

11045284_429263883942803_6921411771192980352_o.jpg

11312781_429263830609475_873705746121269376_o.jpg

1階には、ジューススタンドや薬局、銀行(両替可)、土産物屋、
アクセサリー、アロマ、フットマッサージ、カフェ、デリなどが
入っていますが、取材時はまだ出揃っていませんでした。

こちらのカフェでは、花市場のそばという事もあって、タイらしい
フラワーアレンジも楽しむことが。

DSC03706.jpg

DSC03707.jpg

こちら1階に、チャオプラヤー・エクスプレスボートの船着場、
運河ツアーの申し込みカウンターもあります。サパーンタクシン駅そば、
サトーン船着場やワットアルンからも、この運河ツアーは出ていますが、
各コースごとの見どころ看板もわかりやすく、料金もきちんと記載
されていますので、こちらでお申込み&乗船が安心かもしれません。

10574486_788955964493675_5440889564225387169_n.jpg

11538124_423242284544963_4336026691750228543_o.jpg

10959293_788955897827015_8970173802115506556_n.jpg

続いては、モール裏手に広がる青果&花市場へ。モールと市場の
位置関係は、こちらの模型が分かりやすいでしょうか...目と鼻の先!
川沿いの茶色い屋根部分がモール、その後ろの白い建物すべてが
市場です。

11009184_788956377826967_7521020933521187675_n.jpg

市場建物には、こんなレリーフも。

DSC03724.jpg

DSC03723.jpg

向かって右手がヨッピマン・リバーウォーク(チャオプラヤー川)
左手が市場。観光客も自由に立ち入ることが出来ます。

10313495_788956967826908_6023682338629164787_n.jpg

10968435_784065321649406_6335052496870218623_n.jpg

DSC03711.jpg

DSC03710.jpg

DSC03715.jpg

見渡す限り、花・花・花!スパやホテル用でしょうね、花びらのみ
キロ売りだったり、マーライというタイならではな花輪用も。

DSC03712.jpg

10393662_784065291649409_3877933339726823872_n.jpg

このお花の形に、見覚えはありませんか?

1510373_784065248316080_1116500845442201646_n.jpg

11536068_843782035677734_231585882232905140_n.jpg

DSC03713.jpg

DSC03714.jpg

タイのフラワーアレンジは、糸や針金を用いて一手間、二手間
かけます。こちらがマーライという花輪。ホテル到着時にウェルカム・
フラワーとして頂くこともあります。枕元に置いておくと、良い香り
に包まれて眠ることが。外出時は冷蔵庫に入れておくと、通常より
長持ちしますよ。

市場は24時間営業ですが、花市場が一番活気づくのは夜!です。
この花市場をさらに奥へと入ったところ、屋外に広がるのが、
パーク・クローン市場となります。

☆パーク・クローン市場取材時のブログはこちら☆

ワット・ポーや王宮・エメラルド寺院からも、トゥクトゥクや
タクシーで5分ほどの距離。トゥクトゥクの料金目安は60バーツ程。

今度は棟続きの青果ゾーンへ。こちらは早朝の方が面白いかも。

1797522_784065441649394_6738605822191792635_n.jpg

DSC03722.jpg

1月の下見の際には、市場のおばちゃん達に呼び止められ、
なぜか話の輪に...違和感なしな私。

10421269_784064621649476_9075495981338529435_n.jpg

取材中、「暑いからお茶でも飲んでいって!」とか、
「これ、食べる?」とか、「ちょっと店番しといて!」とか、
なぜかよくお声を掛けられます。

1463165_784064651649473_3978607611078789948_n.jpg

市場建物の間の道路には、産地直送の野菜や果物を山と積んだ
トラックや、レストラン・食堂へと食材を運ぶトゥクトゥクが。

11351182_843781942344410_4409237079357099738_n.jpg

通り沿いにも花!

10339673_843782062344398_5855405561289854072_n.jpg

テナントが出揃うのは、やはり来年2016年の地下鉄MRT開通以降
かもしれませんが、青果・花市場見学の合間、休憩&お食事スポット
として、まずは是非!

専用の無料トゥクトゥクもあります。こちらのトゥクトゥクは、
モール&一番周辺を走っているそうなので、呼び止めてご乗車
くださいとの事。ワット・ポー、王宮辺りまでなら行ってくださる
そうですよ!

1526752_784065474982724_3680586426244183303_n.jpg

夕方6時頃から、川沿いの歴史的建造物もライトアップされます。
夜の雰囲気もまた格別なYodpiman River Walkへ。

11312820_444302975772227_8217774617215128188_o.jpg


☆『Yodpiman River Walk』公式サイト☆

営業時間 : 10:00〜10:00(一部店舗、Mango Treeは1AMまで)

アクセス : 高架鉄道BTSシーロム線・サパーンタクシン駅下車、
サトーン船着場より、船尾にオレンジ色の旗、もしくは旗なしの
エクスプレスボートで10分ほど。N6/1Yodpimanもしくは、
Tarad Pak khulongで下船、船着場とYodpiman River Walkは直結。

多くの観光客が乗り降りするN8の船着場 Tha Tien(ター・ティアン)
船着場で下船も可。

または、タイ国鉄のホワランポーン駅よりタクシーで。但し、
ドライバーさんの中にはまだyodpimanをご存知ない場合も
ありますので、その場合はタラート・パーク・クローン、フラワー・
マーケットと告げてください。ホテルにて、ホテルスタッフや
コンシェルジュに、タイ語で行き先を書いてもらうという方法も
あります。

★8/16の放送を聴く★

観る・知る, 買う, 遊ぶ

2015.08.09

Mandarine Ginger Spa(マンダリン・ジンジャースパ)

今週は、バンコクの『Mandarine Ginger Spa』にご案内。



1373533862.png

場所は、バンコクのトンローというエリア、閑静な住宅街の
高級コンドミニアム1階に入るスパです。

man-1.jpg

man-2.jpg

オープンエアーのテラス席がウェイティングスペース。

man-3.jpg


7369834_orig.jpg

スパビジネスとは全く無縁のお仕事をされていたご夫妻ですが、
国内外のスパを巡る中、好きが高じて、遂にはお二人が理想とする
スパをオープン。"日常使い出来るスパ" がコンセプトだそう。

コンドミニアムの1階にある、シンプルモダンなアーバンスパですので、
男性の方も気恥ずかしさを感じる事なく、訪れて頂けるのではないで
しょうか?

マンダリン・ジンジャーという名にちなみ、店内は温かみのある
ビタミンカラーのオレンジが基調。なんでもこれは、奥様がカラー
セラピーに基づいて選ばれた色なんだとか。

プロダクツは、海外のスパや五つ星ホテルでも使用されている
フランスのVOYA、SPARITUAL、PHYTOMERといった、ケミカルな
ものを一切使用していない、海洋ミネラルたっぷりのプロダクツに...

11828553_864046863651251_8696562496607665448_n.jpg

マンダリンオレンジオイル、ジンジャーオイルをメインに使用。

こちらのスパは、トリートメントメニューのネーミングもシンプルで、
コンビネーションもなかなか。

☆パッケージメニューはこちら☆

タイマッサージやフットマッサージ、フェイシャルといったメニューも
もちろんございます。

☆アラカルトメニュー(BODY)☆


3584143_orig.jpg

9473641_orig.jpg

manchair-1.jpg

今回、私が体験させて頂いたメニューは、シグネチャーメニューの
一つ、2時間半の「Totally Ginger(トータリー・ジンジャー)」という
コース。いつものごとく、ガッツリ眠ってしまい...

Totally Ginger

2.5 hours  •  2,600 Baht
  • Detoxifying Ginger Salt Bath
  • Ginseng, Ginger & Yogurt Salt Scrub
  • Aromatherapy Massage with Organic Ginger Oil
  • Refreshment

1211441_orig.jpg

総じてセラピストさんの技術レベルも高し!サバーイな時間を
過ごさせて頂きました。皆さんもぜひ、「Mandarin Ginger Spa」で、
至福のひと時を。

『Mandarin Ginger Spa』

アクセスは、高架鉄道BTSスクンビット線・トンロー駅3番出口より、
右手にスクンビット通りを見ながらエカマイ方面へ。左側、ソイと
呼ばれる小路・ソイ59に入って直進200メートルほど、右側にある
コンドミニアム「S59 EXECUTIVE APARTMENT」という
コンドミニアムの1階。


2750225_orig.jpg


ご予約は公式サイト(英語)またはバンコク予約ドットコムさん
(日本語)でどうぞ。

営業時間:10:00〜22:00 年中無休



日本語でのご予約は...


8月16日まで、母の日プロモーション展開中!また、各種アラカルト
メニューを組み合わせての、カスタマイズメニューも可。この
カスタマイズメニューも、15〜25%オフ プロモーション中。

1646856_orig.jpg

★8/9の放送を聴く★

スパ&マッサージ

ページトップへ