2015.09.27

チェンマイ・ロングステイ フォーラム

今週は、今年6月にチェンマイで開催された「チェンマイ・

ロングステイ フォーラム」と、タイでのロングステイについて。

タイ国政府観光庁、財団法人 ロングステイ財団では毎年、
ロングステイ先としても人気のタイ北部チェンマイにて、
「ロングステイ・フォーラム」を開催しています。
(本年度のフォーラムは終了)

11406797_859332027494069_1972605024709174250_n.jpg
(出典:ロングステイ財団Facebookページより)


11428727_859331887494083_3918911420422384382_n.jpg
(出典:ロングステイ財団Facebookページより)











このフォーラムでは、銀行・病院・市場やスーパーマーケット・
ロングステイヤーのお宅訪問といった視察とセミナーが行われ、
各旅行会社さんでも、このセミナーに参加出来るパッケージ・
ツアーが催行されます。

タイでのロングステイご検討中の方は、"現地で開催"される
この様なフォーラムに参加されるのがお勧めです。

この番組でも過去何度か、ロングステイ関連の取材を行って
おりますが、今回は、昨年2014年に札幌で開催されたセミナーと
バンコク病院取材時のブログを。





★9/27の放送を聴く★

その他, ピープル, 観る・知る

2015.09.20

東南アジア初進出!Tonino Lamborghini Cafe & Lounge (トニーノ・ランボルギーニ カフェ&ラウンジ)

今週は、今年2月にバンコクはエカマイというエリアにオープンした

『Tonino Lamborghini Cafe & Lounge Bangkok』にご案内。

10434360_1585844371685958_502982585638989667_n.png

イタリアの名車にしてスーパーカーといえば!このランボルギーニを
一番に連想される方も多い事でしょう。こちらのカフェ&ラウンジは、
ランボルギーニの産みの親/フェルッチオ・ランボルギーニ氏の
ご子息で、現在は同グループの代表として、様々なファッション・
デザインプロダクツをプロデュースされているトニーノ・ランボルギー
ニ氏が手がけるラウンジです。

toni-1.jpg

toni-2.jpg

カフェ&ラウンジと銘打たれている通り、オープンは午前10時。
カフェとして...また、ランチやディナー、ラウンジとして、年中無休、
深夜1時まで営業しています。

ピザやパニーニ、パスタやバーガー他、ディナーメニューも充実。
バンコクには世界中から舌の肥えた旅行者が集まるとあって、
世界各国のお料理もかなりレベルが高く、イタリアンレストランも
多い中、さすが!妥協を許さないランボルギーニ、お料理も本格的。

11066775_1566477853622610_6807396942487895367_n.jpg

11407011_1596506383953090_6646707813829761528_n.jpg

11102703_1573504929586569_2825920361614059052_n.jpg

コーヒーや紅茶、チョコレートやウォッカも、もちろんランボルギーニ
ブランド。

toni-3.jpg


カフェとして気軽に利用できるのもナイス!

toni-4.jpg

10270517_1554367598166969_7938730991683595518_n.jpg

1623522_870334143004546_879503490684078475_n.jpg

ランボルギーニ・ブランドのコーヒー、紅茶、チョコレート、
ウォッカは、こちらでもお買い求め頂けます。お土産にも最適!

11232944_870334479671179_7288415706633046010_n.jpg

吹き抜けのガラス張りの空間。昼と夜とでは、ガラッと趣が異なります。

10917838_1545441975726198_2843847512808857592_n.jpg

10006576_1571665769770485_6987172792495217563_n.jpg

大木を囲む様な形で設えてある屋外席も、これからの季節・乾季には
気持ちの良いお席に。

11006475_1553884141548648_4489254631488127570_n.jpg

しかも!毎日日替わりのプロモーションも実施中。プロモーションが
なかったとしても、カフェメニューやお料理は、意外とリーズナブル
でビックリ。では、その日替わりプロモーションメニューを...

11659221_1605654993038229_3097598319357293080_n.jpg

さらに女性のお客様には、毎日夜10時までのご来店で、カクテルが
1杯無料!会費5,000バーツ(およそ1万7,000円)でメンバーになると、
ランボルギーニのエンブレムの入った会員カード、そして特典も。

11009178_1602309290039466_1595819367378412269_n.jpg

金 〜日の夜は、999バーツ(税・サ別)で、BBQパーティーも開催。
バンコクでも注目のスポットということで、貸切となる場合も
少なくありませんが、その場合は事前に公式Facebookでお知らせが
あります。

☆Tonino Lamborghini Lounge公式Facebook☆

☆公式サイト☆

近い将来には、プーケットやチェンマイにも出店予定。オリジナルの
プロダクツフーズも、バンコク都内のデパートで販売予定との事。
ルーフトップも良いですが、バンコクはエカマイというスポットで、
ランボルギーニのコンセプトラウンジでのお食事はいかがですか?

『Tonino Lamborgini Cafe & Lounge Bangkok』

アクセスは、高架鉄道BTSスクンビット線・エカマイ駅の2番出口
より、ソイと呼ばれる小路・スクンビット ソイ63(通称・エカマイ
ソイ)に入って100メートル弱、右手奥。ファイティングブルの
エンブレムが目印。

11044636_1556570624613333_6037473963191205040_n.jpg


営業時間 :
カフェ&ランチ 10:00〜
ディナー    18:00〜23:00
ラウンジ         18:00〜25:00

年中無休

ドレスコードは特に設けられていませんが、スマートカジュアルで!
VIPルーム、カラオケルームも完備w

★9/20の放送を聴く★

遊ぶ, 食べる

2015.09.13

新千歳発着・タイ国際航空の直行便利用、2つのアナンタラで過ごすラグジュアリーなタイツアー

私・城野がアドバイザーを務めさせて頂いた、ラグジュアリーな

タイツアーのご案内。

王室リゾート・ホアヒンに2連泊!2つのアナンタラで過ごす         
          『麗しのタイランド5日間』

タイ国内、数あるビーチリゾートの中でも、ホアヒンは王室リゾート
として、落ち着いた気品溢れる佇まいが魅力。さらに!ホアヒン
のみならず、バンコクへも!タイ初めての方はもちろん、ホアヒンは
初めて!というタイリピーターの方、幅広い世代の皆さんにオススメ
できるツアー内容です。ツアーのほんのほんの一部を...

ご宿泊は、アジアの高級五つ星リゾート「アナンタラ・ホアヒン
リゾート&スパ」

10872799_826263614087441_6294191665531084985_o.jpg


 「アナンタラ・バンコク・リバーサイド」にご宿泊。

11910910_529030567244997_1127300469485832001_o.jpg

お食事も全行程、朝・昼・夕付き。ここはかなりワガママ言わせて
頂きました。ホアヒンではワイナリーでのランチも予定。

1266428_10151571322261734_2014794505_o.jpg

さらに!バンコクではアナンタラの伝統船でクルーズ・
ディナー。通常、チャオプラヤー川でのクルーズディナーは、
大型船でビュッフェスタイルが一般的ですが、ライトアップされた
タイならではな川沿いの風情をお楽しみ頂きつつ、プライベート
感覚で優雅なディナーをお召し上がりください。

10427243_384283558386366_5332238338058785841_n.jpg

さらに!アナンタラのシャトルボートで話題のショッピング&
ナイトアミューズメントスポット「アジアティーク」へも!

11930793_986648011385793_3811214489023653313_o.jpg

これらはツアーのほんの一部!私も同行予定ですので、穴場に
ご案内させて頂きます。

 『麗しのタイランド5日間』10月29日(木)〜11月2日(月)

   (下記パンフレットはクリックで拡大します)

11895079_902497816490181_5108018160143347602_o.jpg

11947736_902497813156848_3975355343702344189_o.jpg

土日を挟む日程ですので、お仕事をされている方も比較的参加
頂き易いかと思います。

ツアー代金は、大人お一人様 29万8,000円(燃油・諸税別)

お問い合わせ・お申し込みは「札幌三越トラベルセンター」

☎︎ 011−222−8927 まで!(10:00〜19:00)


皆様のご参加、お待ちしております。


その他, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

2015.09.13

シルバーウィーク直前!タイ観光基本のき

今週は、来るシルバーウィークに初めてタイを訪れるという方向け、

「タイ観光基本の き」& 私・城野アドバイスのラグジュアリーな
タイツアーのご案内を。

20110402-tera-5.jpg

<タイの気候>

タイの季節は3つ。熱帯性気候のタイは、年間平均気温がおよそ29度。

暑季ー3月〜5月 1年で一番暑い!

雨季ー6月〜10月  グリーンシーズンとも言います。タイの雨季は
         日本の梅雨と違い、1日中シトシト降り続く訳では
                              ありません。熱帯の雨もまた乙なもの。

乾季ー11月〜2月  観光のベストシーズン。北部山岳地帯では、マイナス
         気温を観測する事も。

タイ国内、屋内と屋外の温度差もかなりあります。常夏とはいえ、
軽く羽織れるものをご持参ください。雨季のタイ旅行では、晴雨兼用の
折り畳み傘持参もオススメ。寺院・世界遺産見学など屋外では、
雨のみならず、日傘としても活躍します。ホテルリゾートでは、
客室に傘も常備されていますが、大きくて重たい傘を持ち歩くのは
面倒!今は本当に小さくて軽い折り畳み傘も販売されていますものね。

観光の際、パスポート本体はホテルのセーフティーボックスで保管!
コピーを持ち歩くようにしましょう。銀行や銀行系の両替店、モールの
無料WiFiパスワードをもらう際に、パスポート提示が求められる場合も
あります。

JapanpassportNew10y.PNG

タイ入国の際には、パスポートの残存期間が6ヶ月以上必要です!
「半年残ってるから大丈夫!」ではないのがタイ。残存期間半年と
している国や地域はタイだけではありませんので、今一度、
パスポートの有効期限をご確認ください。

タイ国内、屋内は「禁煙」です。所定の場所での喫煙、携帯灰皿も
お持ちください。タバコの持ち込みは、紙巻きタバコ200本まで!
つまり、一人ワンカートンしか持ち込むことが出来ません。違反した
場合はもちろん没収・罰金です。

ドレスコードのあるレストランやバーもあります。外国人観光客には
寛容な面もありますが、非日常を味わうのも海外旅行の楽しみの一つ。
お店や他のお客様へのマナーでもありますので、そういった場所にも
対応可能な、カジュアル・スマートなお洋服や靴もスーツケースへ。

このドレスコード(服装規定)は、王室関連施設や王室寺院でも。
ご参考までに、エメラルド寺院(ワット・プラケオ)入口の
服装規定看板写真を。

holidays-Bangkok-Thailand-hotel-package-deal-travel-tips-guide-Thai-Royal-Grand-Palace-Rattanakosin-dress-code.jpg

特にバンコクの王宮・エメラルド寺院では入口で厳しくチェック
されます。規定違反の場合は、腰巻き用の布の貸し出しもありますが...
(デポジット必要)レギンスでも引っかかる場合あり!体の線が
ぴっちり出てしまうボディコンシャスなもの、短めのトップスで、
通常時は大丈夫でも、お辞儀をした際に背中がちょろっと見えるものも、
取材時、注意されている旅行者がいました。係官にもよりますが...

続いてチップ!これは本当にお気持ちの問題。スパやマッサージでの
私の基準(あくまでも私個人の)は、1時間50バーツ目安。スパで
長めのトリートメントを受けた際は、料金と施術に見合ったチップを
渡しています。レストランでは、サービスチャージが加算されている
場合、チップを払う必要はありませんが、お釣りで少額紙幣や小銭が
帰ってきた場合は、置いて帰っています。また、テーブル専属の
スタッフの方が、細々と気遣ってくださった場合は、そのスタッフの
方に少し。ホテルでは荷物を部屋まで運んでくれたポーター、ベッド
メイキングもその都度20バーツ程度で良いかと思います。

リスナーの皆さんから頂く質問の中には、私が取材時に持参するものは?
というご質問もかなりあります。私が必ず持参しているのは以下の物。

ウェットティッシュ(除菌タイプと清涼感タイプ)目薬、頭痛薬、
虫刺されのクリーム、靴擦れ用クッション性のある絆創膏、マスクは
日本から持参します。但し!虫除けスプレーはタイで購入。
モバイル用充電器、薄手の大判スカーフ(防寒・日よけ対策)
といったところでしょうか...

番組スタート当初は、コンビニ立ち寄る時間すらなかったので、
(滞在3日で3ヶ月分の番組収録!)かなりの荷物を持って行って
いましたが、バンコクはじめ、主要観光地には、なんでも揃ってます。

☆緊急時の連絡先一覧☆

それでは皆さん、タイで楽しい思い出だけを作って来てくださいね。

★9/13の放送を聴く★

その他, 観る・知る

2015.09.06

タイ各地のハンドクラフトに囲まれてコーヒーブレイク「Heritage Craft Cafe」

今週は、素敵なギャラリー・カフェにご案内。


10845807_1616320708608969_3302359307022108967_o.jpg

バンコクはラタナコーシン地区という歴史的エリアにオープンした
ここ「Heritage Craft Cafe」は、バンコクで定期的に開催されている
クラフトフェアを主宰する・タイ・クラフト・フェアトレード社が
運営するカフェです。

"フェアトレード" とは、農産物や手工芸品といった製品を、適正な
価格で継続的に取引する事によって、生産者に定期的な収入を
確保する...つまり!私たち消費者が、それら製品に対して支払う
金額のより多くが、搾取される事なく、きちんと生産者に渡り、
生産者が持続的に安定した収入を得て、生活を向上させる事を目的に
スタート。

番組でも過去、タイ国内のフェアトレードショップをご紹介しました。

☆ロフティー・バンブー☆


☆ソップ・モエ・アーツ☆

タイ・クラフト・フェアトレード社が主宰するフェアは、2、3ヶ月に
一度の割合で、BTSアソーク駅、MRTスクンビット駅にも程近い、
スクンビット・ソイ23のジャスミンシティービルにて開催。
フェアでは、タイ各地より来られた生産者・職人自身が、各ブースで
店頭販売。オーガニック・タイハーブのボディケア用品や、伝統的な
手法で作られた温かみのある良質なハンドクラフトの数々を購入
できるとあって、開催時には多くの人で賑わいます。

11021270_10155286116235273_5142295215063010314_n.jpg

 番組では開催日時が分かり次第、お知らせして参りましたが、
旅行者がなかなかその開催にタイミングを合わせて訪れるのが
難しかったのもまた事実。

でも!今回ご紹介のギャラリー兼カフェでしたら、ハンドクラフトも
常設展示販売ですので、ご旅行中、いつでも訪れることが出来ます。

11146185_843781339011137_6091790311443489515_n.jpg

10983323_843781319011139_8781258699756180888_n.jpg

実はこの建物も、バンコクで初めてレンガとコンクリートで建てられた
築100年という建物。昔は理髪店だったそう。

11215813_843780899011181_8491709404209773519_n.jpg

10994605_843780675677870_1229345643552129629_n.jpg

ジャズが流れる空間で、素敵なハンドクラフトに囲まれながら、
チェンマイ・チェンライ産のコーヒーと手作りケーキでブレイクは
いかがですか?

11391785_843781432344461_1626849909984235767_n.jpg

10441013_868305333207427_2768459153012923455_n.jpgのサムネール画像

1743489_843780872344517_4363639295257179669_n.jpg

11253231_843781275677810_1406087802574091224_n.jpg

11350618_843781445677793_6502745867897340411_n.jpg

10523352_843781249011146_3391500087410016563_n.jpg

1977478_843781592344445_588809788286629282_n.jpg

11227784_843781522344452_2176089397295435378_n.jpg

16389_843780709011200_158976866561749090_n.jpg

1461872_868305433207417_3381392518511065306_n.jpg

11230848_843780735677864_4022291548068281886_n.jpg

100% オーガニック・タイハーブ、もちろんフェアトレード、
Yonjai Spaのボディケア用品も人気。フェア開催の際には、購入本数の
制限もあるほど。私も愛用しています。ソープ、ボディーローションは
特にオススメ!

1794683_843781492344455_8510682678152020980_n.jpg

10369178_843781545677783_8915740997232021323_n.jpg

11535723_843781289011142_8380174427536279246_n.jpg

帰国後、ご自宅で手にする度にタイでの思い出が蘇る、末長く、
愛着持って大事に使いたくなるものばかりです。

王宮・エメラルド寺院といった観光スポットも徒歩圏内、
ワット・スタットという寺院の前、ロータリー中央に立つ、鳥居にも似た
赤いジャイアント・スイング(サオ・チン・チャー)から、バムルンムアン
通りに入って5分ほど、タイ内務省の向かいにあります。


11053094_10155554185575273_8714897302231354610_n.jpg


営業時間:月 〜金 11:00〜18:00

電話:02 221 1330

☆Heritage Craft Cafe公式サイト☆

☆Heritage Craft Cafe公式Facebook☆

Heritage Craft Cafeに続き、スクンビット・ソイ39にも、もう少し
広いギャラリー・カフェが近日オープン予定。39にオープン予定の
カフェでは、フェアでも毎回大好評のワークショップや、実際に生産地を
訪れるフィールドトリップも定期開催。さらに!将来的にはこのカフェ
にも似た、古い長屋タイプの建物でのベッド&ブレックファストも計画中。
楽しみですね〜。

そして!今月・9月12日(土)10月17日(土)には、スクンビットの
ソイ23にありますジャスミンシティービル L階にて、定例フェアも開催
されます。

11234874_10155922068920273_6221020220741984802_o.jpg

☆ThaiCraft Fair Trade公式Facebook☆

jasmine-city-map.jpg

★9/6の放送を聴く★

観る・知る, 買う, 食べる

ページトップへ