• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2015.10.25

    Paint Barで美味しくお絵描き

    今週は、バンコクでも今話題!『Paint Bar Bangkok』にご案内。

    10885404_339617556230068_8212359597450815463_n.jpg

    Paint (お絵描き)Bar(バー)???
    そのものズバリ!お酒や軽食を楽しみながら、絵を描くバーです。

    paint-1.jpg

    店内はこんな感じ。

    paint-2.jpg

    paint-3.jpg

    私が参加したのは、夜の部。ちなみにお昼間の店内は、こんな感じです。
    この一帯には高い建物がないので、床から天井まで取られた大きな
    ガラス窓から見える広い空と、降り注ぐ陽光が気持ちの良い、バーと
    いうより、アトリエといった雰囲気。

    11535879_408624502662706_7817248377685142414_n.jpg

    11223956_432370160288140_8429415806547164438_n.jpg

    夜の部スタート!マイクを絵筆に持ち替えて...

    1604571_896826007040003_8938026527356962951_n.jpg

    さすがにバンコクでも話題のPaint Bar、満席です。

    paint-6.jpg

    描く絵のテーマは既に決まっています。今回は、「塔の上のラプン
    ツェル」がテーマ。見本はこちら ↓ ↓ ↓ 

    paint-4.jpg

    タイ語・英語可能なタイ人講師が、実際に描きながら指導して
    くださいます。また、スタッフの皆さんも、テーブルを回りながら、
    参加者をアシスト。

    paint-5.jpg

    Paint Barの公式サイトでは、スケジュールとテーマの確認も可能。
    描きたい絵に合わせて旅程を立てる事も出来ますね。例えば、今月
    10月のスケジュールは ↓ ↓ ↓ 

    11057910_446144318910724_3811094512862829615_n.png

    取材時(2015年6月)にはありませんでしたが、キャンバス地のトート
    バッグ・ペインティングも加わった様です。これは旅行者にも実用的で
    持って帰るのも楽ですね。

    paint-10.jpg

    さぁ!この真っ白なキャンバスに筆を走らせ・・・る前に一杯。
    すみません、嘘つきました。2杯。

    paint-7.jpg

    お酒が入ったところで!筆を走らせ・・・る前におつまみ。
    絵を描く事がメインのバーですので、フードメニューはあまり多く
    ありませんが、ミートボールのトマトソース和え&バゲット、レバー
    パテ&バゲットなどをオーダー。絵のテーマに合わせたオリジナル・
    カクテルも。

    ちなみに絵画セッション参加料金には、飲食代は含まれておりません。

    お時間もありますので、そろそろ描き始めます。まずは下書き。
    この時点で早くも軽い挫折感を味わいます。ピサの斜塔と化す、私の
    ラプンツェルの塔。

    paint-8.jpg

    絵の具も垂れ・・・

    paint-9.jpg

    なんだかんだで完成。講師のお手本と並べて披露という自虐っぷり。
    どちらが私の作品かは、言うまでもなく・・・

    11215054_896830730372864_4386860256577064202_n.jpg

    参加者の皆さんと!

    11351121_405235303001626_1682476658114723078_n.jpg

    http://paintbarbangkok.com/home/ 『Paint Bar Bangkok』

    場所は、高架鉄道BTSプロンポン駅下車、ソイと呼ばれる小路
    スクンビット ソイ49に入り、延々直進。タクシーご利用がオススメ
    です。駅からタクシーで5分〜10分、ここ一帯は、ソンテウも走って
    いますので、ソンテウご利用でも可。

    m_piman.gif

    1363335876-o.jpg

    オシャレなカフェやレストラン、ルーフトップバーにスパなどが入る
    5、6階建ビルがコの字型に建つコンプレックス、「Piman 49」内の
    ビル6階にあります。バルコニー部分に「Paint Bar」というネオン
    サインもあります。

    営業時間 : 昼の部 14:30〜17:00(ドアオープン14:00)
         夜の部 19:30〜22:00(ドアオープン19:00)


     料金 :火曜日〜木曜日
         事前予約 649バーツ、予約なし1200バーツ

         金曜日〜日曜日
         事前予約 799バーツ、予約なし1200バーツ


    ご予約は、下記公式サイトより。

    ☆Paint Bar Bangkok公式サイト☆

    ★10/25の放送を聴く★

    その他, 遊ぶ, 食べる

    2015.10.18

    シリーズ・タイで頑張る日本人 日タイ混合インストバンド aire 再び!

    今週は、番組2度目のご登場!日タイ混合インストバンド

    aire(アイレ)の日本人ドラマー・ジン君へのインタビューの
    模様を、番組のタイエンタメご担当・現地日本語フリーペーパー
    DACOの編集長、フクさんのナビゲートでお届けします。

    10312101_631005920310854_3299911977147357538_n.jpg

    日本人2人、タイ人2人、日タイのダブルスタンダード1人、
    計5人のメンバーで構成されているインストロックバンド/aire
    バンコクを拠点とする彼らは、今やタイ国内で開催される
    大小様々な音楽フェスでも引っ張りだこ!タイのインディーズ・
    シーンでも注目の存在です。

    昨年2014年にリリースされた1st.フルアルバム「You Are Here」は、


    1690319_602802963131150_1607216757_n.jpg



    ここ日本でもタワーレコードやHMV、ヴィレッジ・ヴァンガード
    の店頭にも並び、ジャパンツアーも決行!サバーイでもこのアルバム
    リリース時に、ご出演頂きました。

    ☆aire番組初登場の際のブログ☆


    以後、私もバンコク取材滞在中、タイミングと時間の許す限り、
    彼らのライブには足を運び、タイ国内のインディーズシーンに
    おいて、aireが重要、かつ!日本とタイを「音楽」で結ぶ要と
    なっている様子を、本当に嬉しく、また頼もしく感じた次第です。

    今回は、今月10月にyoutube上でリリース、来月14日にバンコク
    郊外で開催されるCat FM主催の音楽フェス、Cat Expoの会場にて
    正式販売される新曲2曲を、日本初オンエア!


    12079633_888877627857014_645721669258216703_n.png


    aireも出演のCat Expo 2015に関しては、先週の番組でもご紹介。
    詳しくは、先週のブログ下部よりお聴き頂けます番組オーディオ・
    アーカイブ、またはフクさんのブログで。

    ☆サイアム系で行こう!HP☆


    来る乾季のベストシーズンは、タイ国内でも音楽フェスのシーズン。
    タイへお出かけの際には、ぜひタイの音楽フェスやイベントへも
    参加して、タイの様々なアートシーンの勢い」も、感じて頂きたいと
    思います。

    音楽に国境はなし!One Groove, One Nation ♫

    aireの活動情報は、下記公式Facebookでチェック!


    ☆aire公式Facebookページ☆


    また、ドラマーのジン君は、aireとしての活動と並行して、
    dessin the worldというレーベルも主宰。このレーベルでは2010年より、
    ジン君の主旨に賛同する日本とタイのインディーズバンドが、それぞれ
    1曲ずつ提供し、無料でダウンロード可というプロジェクト「a plan 
    named overlap」も展開中。このプロジェクトはこれまでに、第4弾まで
    公開され、現在、第5弾を準備中だそうです。楽しみ!!

    ☆dessin the world公式Facebookページ☆

    ★10/18の放送を聴く★

    その他, ピープル, 観る・知る

    2015.10.11

    シアターホテル「PLAY HAUS THONGLOR(プレイハウス トンロー)」

    今週は、ちょっとユニークなホテルにご案内!


    Capture.JPG

    場所は、高架鉄道BTSのスクンビット線トンロー駅から徒歩10分。
    スクンビット ソイ55という通りの、さらに中小路にある、ブティック
    ホテルです。

    1.jpg


    今回は、PLAYHAUS公式のお写真をば、ご披露。いわゆる棟続きの
    タウンハウスをリノベーションしたホテルですので、実際にはホテル
    両隣にも、ぴったりと引っ付く様な形で建物があります。

    "PLAYHAUS・劇場" が、コンセプトのこちらのホテル、全20室の
    客室は、ミニクイーンとミニキングという2つのカテゴリー、そして
    各フロアごとに「アラジン」「ロミオとジュリエット」「メリー・
    ポピンズ」「4 Reign」と、4つの有名なミュージカルがテーマと
    なっていて、それぞれ4つのデザイン会社が担当したんだそう。

    まずは2階「ロミオとジュリエット」

    :タイでは1階をG階、2階を1階とする場合があります。
    PLAYHOUSEでも、2階を1階としていますが、日本風に2階と
    ご紹介させて頂きます。

    Playhaus-thonglor-6.jpg

    Playhaus-thonglor-4.jpg

    仰々しく見えるかもしれませんが、意外とシックにまとまって
    います。と、言いますのも、照明や電話など、客室内の装飾には、
    本物のアンティークやヴィンテージを使用。同じミュージカルを
    テーマとする客室でも、少しずつ内装が異なります。

    続いて...3階(ホテル表記は2階)の「メリー・ポピンズ」

    Playhaus-thonglor-9.jpg

    Playhaus-thonglor-12.jpg

    4階(ホテル表記は3階)の「アラジン」

    Playhaus-thonglor-14.jpg

    Playhaus-thonglor-17.jpg

    最上階(ホテル表記は4階)の「4 Reign」

    Playhaus-thonglor-19.jpg

    Playhaus-thonglor-22.jpg


    全客室、バスルームはシャワー、トイレ、洗面台のみ。バスタブは
    ございませんが、蛇口やシャワーヘッドなども、アンティーク風に
    まとめられています。

    また、1階(G階)奥には、「Behind The Scene・舞台裏」
    題されたラウンジ&バーも。ここは本当に1950年代〜を彷彿とさせる
    舞台裏、楽屋といった雰囲気。

    main6.jpg

    03.jpg

    カクテルやお酒の種類も豊富!カウンターテーブルは、上面が
    ガラス張り、女優さん達の鏡台引き出しといった感じに、舞台
    小道具やアクセサリー、お化粧品などがディスプレイされています。
    そのカウンター越しには、まさに舞台裏風のライト付き鏡。
    カウンター席の背後には、ビロードのカーテンで仕切られた
    ソファー席も。こちらに置かれているゴブラン織のクッション・
    カバーもヴィンテージ。禁酒法時代のアメリカといった感じ...
    映画「コットンクラブ」やドラマ「ボードウォーク・エンパイア」
    の時代にタイムスリップしたかの様です。

    もちろん、バーだけのご利用も可能。バンコク穴場のバーと、
    ご紹介しても良いでしょう。

    トンローというエリアは、コミュニティーモールや飲食店なども
    多い便利なエリアです。バンコク初めての方からリピーターまで、
    PLAYHAUSでのご宿泊はいかがですか?

    アクセス:BTSトンロー駅3番出口でて左の通りがスクンビット・
    ソイ 55となります。ソイ55を直進、ソイ55にも中小路があり、
    トンローソイ9と11の間の小路、トンロー動物病院の向かい側と
    なります。ちなみにPLAYHAUSの隣もトンロー動物病院の
    別棟。

    images.jpg


    タイのホテルにしては珍しくw かなりしっかりとした
    日本語の公式サイトもございます。プロモーションも
    実施中ですので、ご予約は公式サイトよりどうぞ。

    ☆PLAYHAUS公式サイト☆


    ★10/11の放送を聴く

    ホテル&リゾート

    2015.10.04

    スリン象祭りへ行ってみタイぞう!

    今週は、象の街・スリンにて開催の『象祭り』と、番組リスナー限定

    キャンペーン展開中のツアーのご紹介します。

    12003929_910824222324207_1613981626903708566_n.jpg

    487612_409445552448921_1438146611_n.jpg

    スリン県に関しては、番組もしくは後ほどこのブログ下部にアップ
    する本日の番組オンエア、オーディオ・アーカイブをお聴き頂くと
    しまして...。

    昨年2014年のA&Aさん主催「象祭り」ツアーに、私・城野も参加!
    その模様をば...。本日のブログ掲載写真は、お祭り&ツアーのほんの
    一部。あまりの撮影枚数に軽い目眩...後日改めて、残りの写真も
    アップ予定です。

    毎年、タイ全土から200頭以上もの象と象使いがスリンに集結する
    このお祭り、まずは!祭り前夜、市内の駅前通り〜スリン県の県名の
    由来ともなった初代スリン県知事/ルアン・スリン・パックディーと
    2本の巨大な象牙モニュメントの広場にて開催されるのが、象達の
    ご飯となる野菜や果物で飾り付けられた山車のコンテスト。
    主に、スリン県の各企業や学校がコンテストに参加。趣向を凝らした
    山車がズラッと並び、山車のアピールタイムには伝統楽器や伝統舞踊
    が披露されます。

    10419506_748214748585156_1827838242444957955_n.jpg

    1609937_748219655251332_5343338888159327813_n.jpg

    祭り当日は、スリン・パックディー像の周りにも象のご飯が山盛り・
    てんこ盛りに。パレードを終えた象たちのお食事タイムとなります。

    031-1.jpg

    A&Aさんの象祭りツアーでは、象に乗ってのパレードにも参加!

    パレードの出発は、タイ国鉄のスリン駅前。パレードに参加する
    象たちが続々と集まってきます。出発前には、象とたっぷり触れ合う
    時間も。

    10171775_750886338317997_568726554824178525_n.jpg

    そして!いよいよ象に乗ってのパレード出発!

    inside-no-2.1.jpg

    10801497_748461401893824_8431864432326134184_n.jpg

    象のパレードは圧巻!さすがに子象もびっくりしているのか、
    お母さんのそばを離れようとしません。またこの子象がめちゃめちゃ
    可愛らしいんです。

    10731078_748486545224643_1581500047517297796_n.jpg

    パレードは駅前〜広場までのおよそ1.5キロ、1時間弱のパレードは
    一生の思い出に残ること間違いなし!広場手前で象から降り、今度は
    象さん達にご飯をあげます。なかなか食べ物の好みがうるさい象さん、
    パイナップルをあげると、一旦は鼻で受け取るものの、ややしばらく
    鼻でその感触を確かめたのち、「パイナップルより、スイカな気分」
    と、パイナップルをポイっと...バナナも少し青みがかったものを
    渡そうものなら、「あ、これまだ固いんで...」で、ポイ。大きな
    スイカは、器用に足で割ってから(踏み加減がすごい!)鼻で口に
    運びます。

    ツアーではその後、シーナロン・スタジアムへと移動。
    (注!このスケジュールは2014年度のツアースケジュールです。)

    10788_748993541840610_5744899582890695432_n.jpg

    200頭もの象達が繰り広げるタレントショーや、アユタヤ時代のビルマ
    との戦いの様子が再現されます。

    983807_782080538518752_872307289307120242_n.jpg

    elephants_Surin_festival.jpg

    TH070_1.jpg

    1441423_782080551852084_1984923351522772783_n.jpg

    Surin1.jpg

    象1頭 VS 人間の綱引きも、自由参加可能。

    10261975_748993421840622_7242272047309824067_n.jpg

    A&Aさんのこのツアーでは、象祭りへの参加他、見所多いタイ東北部
    イサーンを代表する観光スポット、最も保存状態の良いクメール遺跡
    「パノムルン歴史公園」「ピマーイ遺跡」「シーコラプム城跡での
    ライト&サウンドショー」の観光も含まれます。

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌発、タイ国際航空利用!

    本年度のツアー詳細はコチラをクリック!

    『スリン象祭りツアー2015』、お申し込みの際に、ノースウェーブを
    聴いた!で、ツアー代金が5,000円引きに!!

    この機会、どうぞお見逃しなく!!

    1965034_615251065214859_1624953983_n.jpg


    ★10/4の放送を聴く

    観る・知る, 遊ぶ

    ページトップへ