2016.10.16

在りし日のお姿を偲び...プミポン国王陛下

14720595_1189517174454909_1396596400354286397_n.jpg

タイ王国 プミポン・アドゥンヤデート国王陛下が、10月13日、
タイ現地時間の午後3時52分に、
ご逝去されました。享年88歳。

1946年に18歳で即位して以来、国家元首として70年に渡って国を
治め、ご在位期間が世界で最も長い国王でもいらっしゃった
プミポン国王、そのご在位中には、実に3000以上ものプロジェクト
を王室主導で行われ、農村部の開発と国民の生活向上に、ご尽力
なさいました。

また、タイでは度々政治的混乱もありましたが、国王みずから
対立する政治勢力の間に入り
仲裁を行うなど、政治の安定に
決定的な役割を果たして来られたプミポン国王陛下...

プミポン国王陛下のありし日のお姿を遥かに偲び、謹んで御冥福を
お祈り申し上げます。

「タイ国民の父」として、絶大なる尊敬を集めておられた国王、
偉大なる「父」を失ったタイの皆さんの悲しみに「寄り添う」...
そんな思いとともに、本日は番組内容を変更し、
お送りしました。

音楽をこよなく愛し、
音楽家として自らも作詞・作曲をなさって
おられた王様の曲は、「プレーン・プララーチャーニポン」と言い、
アルバムも数多く
リリースされ、タイ国内のCDショップには、
「プレーン・プラチャーニポン」のコーナーもあります。

本日は、ピアニストのJohn Di Martinoが2013年にリリースした、
全曲プミポン国王作曲のナンバーで綴ったアルバム

A Tribute To King Of Jazz.jpg


「A Tribute to King of Jazz by John Di Martino」からの
ナンバーと共に、王様のお人柄を偲ばせるエピソードの数々を
ご紹介させて頂きました。

14725739_1104436906278911_8958825175563792737_n.jpg


タイのジャズクラブでも、掲げてあるお写真です。

14713516_1104436932945575_5145939103899391560_n.jpg


ベニー・グッドマン来タイの際には、セッションも。

14606341_1104436972945571_3054356867790620935_n.jpg


そして、今月11日にタイの国民的シンガー/ バードが発表した曲が
この「父の理由」



この曲は、プミポン国王とタイ国民とのあるエピソードを元に
作られた曲です。エピソードに関しては、放送後に本ブログ
下部にアップします番組オーディオアーカイブをお聴きください。

「父の理由」

あの日、ある人は「王様、国民を見捨てないで」

と父に向かって叫んだ

それから2万5000日以上もの月日が過ぎたけれど

あの日からあなたは一度たりともタイ人を見捨てることは
なかった


人々のための国民のとても小さな声は

きっと意味がないと思うだろう

でも聞いている人がいた、理解してくれる人がいた

いつでも父のことを思うといつも心が躍る


知りたいかい? どうして

どんな理由で父がこんなに骨を折らなければいけないのか

自分の心に尋ねてみよう そうすればきっとわかるはず

その答えがなんなのか

この言葉以外に 答えとなる言葉はないよ

「王様は国民を愛しているから」


70年 父は国民を見捨てることはなかった

70年 父は激務をこなし続けた

70年 子供はタイ人に生まれた誇りを感じ続けて来ました


私たちが父にどれだけ愛を注ごうとも

父が私たちに注いだ愛からすれば一部でしかない



また、本日の番組では、現在のタイ国内・首都バンコクの様子を、
現地日本語フリーペーパーDACO編集長の福士貴光さんに、お電話で
伝えて頂きました。

<タイ国政府観光庁10/14発表・旅行者の皆様へのアドバイス>

タイ渡航予定の方は、上記タイ国政府観光庁のアドバイスを
ご一読ください。

<10/16の放送を聴く>

その他