• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2017.01.29

    おしゃれなコンテナマーケット『ART BOX』

    今週は、おしゃれコンテナマーケットの先駆け「ART BOX」へ。

    15975156_1215608935194758_1147551975016696512_o.jpg

    「ART BOX」は、2015年よりスタートしたコンテナを利用したマーケット。

    初回はエアポートレールリンクのマッカサン駅側で開催されていましたが、
    その後、クイーン・シリキット・コンベンションセンター、高架鉄道BTS
    プロンポン駅そばのエムクォーティエという
    モール敷地内と、毎回、その
    開催場所を変えてオープン。

    今回は、旅行者にも人気のチャトチャク・ウィークエンドマーケットから
    徒歩5分、地下鉄MRTのカンペンペット駅1番出口そばで、開催中です。

    DSC_0021.jpg


    DSC_0026.jpg


    ART BOXという名の示す通り、若手のアーティストやクリエイター達の
    作品発表の場として、
    アート作品に音楽、フードはもちろん、雑貨や
    衣料品など、今風の商品やフードがメイン。


    毎週末、金・土・日の15時〜23時まで営業。ショップが出揃うのは

    18時以降、盛り上がるのは、やはり土日!

    15578523_1172848116104456_2245680735487947512_n.jpg


    DSC_0061.jpg


    15774838_1204870032935315_2054372385762745107_o.jpg


    タイは良い意味であまり規制がなく、若いアーティスト達が作品を発表
    する場、そして
    お金を掛けることなく、商売を始められる場やチャンスが
    沢山あり、実際にこうした
    マーケットで人気を博し、路面店や大型の

    ショッピングモールへの出店、さらには海外のバイヤーの目に留まり、
    海外へと進出!なんて事も少なくないんです。


    番組でご紹介したカフェや雑貨店、アーティストの中にも、数年前までは
    ナイトマーケットで
    ゴザ1枚、机1台、一坪にも満たないお店からスタート、
    それが今や、バンコク都内、タイ国内に数店舗、
    海外に支店まで!という
    若きオーナーが何人もいますが、タイ、ことバンコクは、
    とにかく若い人の
    勢いと熱気が凄い!ちょっと羨ましい光景でもあります。

    マーケット内は、フードエリア、アパレル&アクセサリー雑貨エリア、
    アート&クラフト、カフェエリアとに分かれ、ステージ前には、思い思いに

    座って食事が出来たり、コンテナの上にテーブル席を設けたショップも。


    DSC_0040.jpg


    DSC_0033.jpg


    15972774_1217439728345012_3269799048656053165_o.jpg


    またマーケット全体を見渡すことの出来る展望台(?)から眺める夕陽は、

    なかなか。

    DSC_0030.jpg


    DSC_0041.jpg


    DSC_0044.jpg



    15936564_1217478931674425_1966245095087523551_o.jpg


    15325263_1178942118861440_2372213671178527880_o.jpg


    15625737_1197420323680286_142168602829204038_o.jpg


    様々なフードがお楽しみいただけますが、上記写真の様な変り種も。
    こちらのチーズポテトも最近のナイトマーケットでは、よく見かけます。

    15972524_1218298381592480_6867858870594406456_o.jpg


    DSC_0054.jpg


    DSC_0057.jpg


    可愛らしいブラウニーの専門店も。

    DSC_0056.jpg


    DSC_0058.jpg


    DSC_0059.jpg


    こちらのヌードルショップも人気だそう。

    DSC_0052.jpg


    乾季のベストシーズン、心地よい夜風を浴びながら、
    ぶ〜らぶ〜ら、
    ストリートフードをつまみつつ、ストリートミュージシャンの演奏に耳を

    傾けつつ、このART BOXで楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

    DSC_0050.jpg


    DSC_0051.jpg


    『ART BOX』場所は、地下鉄MRTカンペンペット駅1番出口出てすぐ!

    artboxmap.jpg




    『ART BOX』

    場所:地下鉄MRT カンペンペット駅1番出口出てすぐ。
               チャトチャクウィークエンドマーケットからは、
       カンペンペット駅2番出口より地下通路で1番出口、または

       2番出口そばのウィークエンドマーケット出入り口より出て、
       歩道橋を渡っても可。

    営業時間:15:00〜23:00 (金・土・日の週末のみ開催)


    このチャトチャクでの開催は、2017年4月末までと
    なっています。

    地図の通り、ART BOXの周りには、それぞれ特色の異なるマーケットが

    点在していますので、マーケットのハシゴも是非。

    ★1/29の放送を聴く★

    買う, 遊ぶ, 食べる

    2017.01.22

    ランパーンの象保護センターと世界初の象の病院

    今週も先週に引き続き、タイ北部ランパーンへ!

    首都バンコクから北へおよそ600キロ、チェンマイからはおよそ
    100キロのところに位置するランパーンは、今からおよそ1400年前に、
    東南アジアの先住民族として、紀元前より独自の文化を持っていた
    モーン族による王国、ハリプンチャイ王国の副都として築かれた街です。

    ハリプンチャイ王国は
    栄華を極めつつも、度重なるクメールとの戦いに
    コレラの流行、そして1281年、タイ北部で
    勢力を拡大しつつあった
    ランナー王朝の創始者・メンラーイ王率いる軍による侵攻で、遂に

    メンラーイ王の支配下に入ることとなります。


    時代時代で、クメールやランナー、ビルマの各王朝による支配を受け、
    様々な文化の影響が色濃く残るランパーン...

    タイ国政府観光庁、昨年2016年から
    スタートしたエリアプロモーション、
    まだ見ぬタイ各地の魅力をご紹介する「タイ12の至宝」でも、ここ
    ランパーンが選ばれていますが、かつてはチーク材の産出県、そして
    木材運搬の中継地でもあったランパーンで、貴重な労働力として木材の
    街を支えた象達の保護センターと、世界初の象の
    病院をご紹介します。

    le-4.jpg

    広い敷地内、センター内の移動はトラムで。

    le-1.jpg

    le-3.jpg

    まずは、象さんたちのショーを見学!

    le-2.jpg

    le-5.jpg

    木材運搬の様子に...

    le-6.jpg

    15589819_1172781279444473_3971213030389309682_n.jpg


    象が描いた絵を購入することもできます。

    ショー終了後は、餌やり体験も。

    le-7.jpg

    韓国からやってきたこの男の子は、象使いさん達と同じ
    コスチュームを着用していますが、このセンターでは
    象使いの宿泊体験も可能です。

    取材時は、地元の子供達も郊外学習の一環でセンターを訪れて
    いました。

    le-8.jpg

    今度は、象乗り体験!

    le-9.jpg

    深い池の中に入っていったり、かなりの傾斜の山道を進んで
    行きます。険しい山の中、木材運搬は象がいたからこそ!
    私も過去取材で何度もエレファントトレッキングを体験して
    いますが、本気の山道!落ちないように気をつけてくださいね。
    尚、お子さんのトレッキングコースは、今回私が体験したコースとは
    別になります。

    そして今度は、センターに隣接する象の病院へ。

    le-10.jpg

    ここは、アジア象を守るためのNGO「フレンズ・オブ・ジ・エイジアン・
    エレファント・オーガナイゼーション / FAE アジア象友の会」が運営する
    病院で、1994年に、世界で初めての象専門病院として開設。

    この病院が世界的にも
    知られるきっかけとなったのが、義足を装着した2頭の
    象、モーシャとモタラです。

    15350441_10153895216917587_7850582790884440452_n.jpg


     写真、向かって右のモタラは1961年生まれのメスの象で、タイとミャンマー
    国境付近の山中で地雷を踏み、左前足を...そしてモーシャは生後7ヶ月の時に
    同じく地雷を踏み、右前足を失ってしまいますが、怪我や病気の象達の治療に
    当たる獣医師 / クアトーン・カヤン先生ほか、世界中から集まった寄付により、

    義足を装着。今もこの病院で元気に暮らしていますが、なんとなく...この2頭の
    瞳の奥には、悲しみも感じられ、本当に本当にいろいろな事を考えさせられます。

     悲しい事に、今でも国境地帯には地雷が数多く残り、犠牲になる象が出てくるの
    では...といった事も危惧されていますし、アジア象は
    国際自然保護連合(IUCN)の
    レッドデータブックでも、絶滅危惧種に指定されています。
     


    le-11.jpg

    これまでに使用された義足と病院内の義足制作室

    13506995_10153527609152587_2768289827256205321_n.jpg

    14141696_10153665068862587_401427369625273444_n.jpg

    モーシャとタマラの他にも、足を怪我した人懐っこい象さんと...

    le-13.jpg

    妊娠中のお母さん象も入院中。アジア象の妊娠期間は、18〜22ヶ月!
    年内には誕生予定だそうですよ。

    le-12.jpg

    カヤン先生がモーシャとの日常を綴った絵日記は、「星の子モーシャ」
    という絵本となって出版され、日本語版もアマゾンで購入可能ですので、
    こちらもぜひお読み頂きたいんですが...


    41LkE6elE8L._SX298_BO1,204,203,200_.jpg


    ☆ご購入はこちらから!☆


    ちょうどこのランパーン取材時、チェンマイでは「エレファントパレード」

    というアート・エキシビションも開催されていました。


    実はこのエキシビションも、この病院を訪れ、子象のモーシャと出会った

    オランダ人・マークさんとマイクさんのスピッツ親子が、モーシャの
    義足を作るための資金捻出を
    目的に、2007年にスタートした活動で、
    この活動に賛同した世界中のアーティストによる象のオブジェは、
    ヨーロッパはじめアジア各地で巡回展が行われています。

    15665841_1172780799444521_1602289420935587762_n.jpg



    モーシャのオブジェは、チェンマイのターペー門内側にありました。

    ☆エレファント・パレード公式サイト☆


    ランパーンの象保護センターと病院へは、日本国内、また現地オプショナル
    ツアー運営会社さんのツアーご利用が便利かと思います。
    ランパーン・象保護センター・ツアーで検索なさって
    みてください。


    『象保護センター』

    営業時間:午前8時半から16時半

    入場料:大人80バーツ、子ども40バーツ

    ☆公式サイト☆


    ★1/22の放送を聴く★


    まだ見ぬタイ, 観る・知る

    2017.01.15

    炊飯器で作る簡単カオマンガイ

    北海道にタイのアローイ(美味しい)をご提案する番組内コーナー
    「北海道アロイプロジェクト」でご紹介した、炊飯器で作る
    『カオマンガイ』前田シェフレシピをご紹介!

    <材料>

    鶏肉(モモ、胸 お好みで)      150g

    生姜                 1g
    塩                  2g
    ジャスミン米(なければ普通のお米可)75g
    肉の茹で汁             90g
    コンソメ              1g
    パクチーの根            適宜


    <カオマンガイのタレ・ナムチム>

    シーユーカオ            180g
    シーユーダム            180g 
    砂糖                180g
    タオチオ              100g
    穀物酢               100g
    オイスターソース          40g
    生姜                                                          36g
    にんにく                                                   36g
    プリッキーヌ             適宜


    <作り方> *番組でご紹介した作り方で...

    1、鶏肉の両面を軽く焦げ目がつく程度にフライパンで焼き、
      米、水、生姜・コンソメ・パクチーの根、そして鶏肉を入れ、
      スイッチオン!

    16106806_838049663003510_558849940_o.jpg

    完成 w

    15992286_838049659670177_1699573407_o.jpg

    16106208_838049593003517_772473733_o.jpg

    お水の代わりに、ちょっと一手間かけて鶏肉を茹でた出汁を
    入れてもOK(この方がより美味しくなります。)

    お試しあれ!

    食べる

    2017.01.15

    花馬車に揺られて...タイ北部ランパーン県

    今週は、タイ北部・ランパーン県へ!

    バンコクから北へおよそ600キロ、チェンマイからはおよそ100キロ

    ここランパーンは、東南アジアの先住民族として、紀元前より独自の
    文化を育んできたモン族により築かれた、ハリプンチャイ王国の
    副都として栄えたところ。中国はじめ、タイ(ランナー)、ビルマ
    (現ミャンマー)、クメール(現カンボジア)の支配を受け、時代に
    翻弄されたモン族は、流浪の民となっていきますが....

    このモン族に関してだけでも、軽く数時間分の番組となりますので、
    またの機会に。

    タイの食堂でもよく見かける「鶏」モチーフの食器

    41021128-Ceramic-rooster-bowl-from-Lampang-on-sell-in-local-market-Thailand-Stock-Photo.jpg

    これもランパーン名物の一つで、ランパーン県の県章ともなっています。

    lampang_chicken_bowl.jpg

    街の至る所で目にするこの鶏モチーフの由来は、番組リポートを
    お聴き頂くとしまして...

    (放送後、本日の番組は本ブログ下部にオーディアアーカイブとして
    アップ。またラジオアプリ radiko、radikoプレミアムのタイムフリー
    機能でもお聴き頂けます。)

    ☆詳しくはこちら!☆

    様々な王朝の文化が色濃く残る、独特の風情あるここランパーンには、
    1914年にランパーン王族最後の国主により馬車が持ち込まれ、
    タイ国内で唯一、今尚、馬車の走る街としても有名です。

    lampa-9.jpg

    lampa-1.jpg

    ランパーン散策の際には、ゆっくりのんびり、ポクポクと蹄の音も
    心地よいこの馬車でぜひ。

    今回、この馬車で私が訪れたのは、総チークの建物「バーン・サオナック」


    lampa-3.jpg


    1895年に、ビルマ人のご夫婦により、北部タイとビルマ様式で
    建てられたこの「バーン・サオ・ナック」、屋根の形状に北部タイ様式が
    見て取れますが、バーン(Baan)は家、ナック(Nak)は地元ランパーン
    の言葉で沢山、サオ(Sao)は柱という意味で、その名の通り、
    高床式の建物は、116本ものチークで支えれれています。

    lampa-8.jpg

    現在この「バーン・サオ・ナック」は、博物館となっていまして、
    内部を見学する事ができます。当時の家具調度品がそのまま残され、
    かつてチークで財を成した当主の豪華な生活ぶりも伺い知る事が。

    ランパーン県の様々なレセプション会場、結婚式会場としても
    使用されています。


    lampa-4.jpg

    現在、タイ国内では天然チークの伐採が禁止されていますので、
    チーク材をここまでふんだんに使用した建物は、本当に貴重!

    lampa-6.jpg

    lampa-7.jpg

    lampa-5.jpg

    入場料は50バーツで、ドリンクとカオテーンという蒸して煎餅状にした
    もち米を油で揚げた、ランパーン名物のお菓子も付いています。


    このバーン・サオ・ナック以外にも、ランパーンでは沢山の
    木造家屋を見る事が。

    と、言いますのも...

    ランパーンは、チーク材の一大生産地、また北部からバンコクへと
    木材を運搬する中継地でもあったんです。

    そして...

    この日のランチは、タイ国政府観光庁のランパーン事務所オススメの
    カノムチンの人気店「クルア・ムックダー」へ。


    lampa-12.jpg

    lampa-10.jpg

    カノムチンは、米粉で出来た日本の素麺にも似た麺に、カレーを
    かけたもの。以前に番組でもカノムチン18番勝負と題して、
    バンコク都内のカノムチンの名店を幾つかご紹介しました。

    ☆バンコク・カノムチン取材その1☆


    lampa-11.jpg

    モッチモチの真っ白な麺に、様々な種類のカレーとお好みでタイハーブや
    玉ねぎを揚げたもの、からし菜の漬物などをトッピングして。

    lampa-13.jpg

    来週も、ランパーンの魅力をご紹介します。どうぞお楽しみに!

    ★1/15の放送を聴く★

    観る・知る

    2017.01.08

    贅沢な空間で味わうタイ伝統料理『Saneh Jaan(サネージャーン)』

    今週は、話題のタイキュイジーヌ『Saneh Jaan』にご案内。


    14484695_255546678176236_4240948277356666776_n.jpg

    通称〝大使館通り〟とも呼ばれるバンコクのウィッタユ通り
    に誕生した、商業施設付きオフィスビル「GLASSHOUSE@
    SHINDHORN」の一角に、昨年の5月にオープンしたここ

    『Saneh Jaan(サネージャーン)』

    一歩足を踏み入れた瞬間、まずはその広さと行き過ぎない
    ゴージャスさに圧倒されます。オープン当初は、本格派
    伝統タイ料理ということで、タイ人客がメインだった
    そうですが、大使館通りのレストラン...雰囲気良し、味良し、
    バーに個室も完備されているととあって、大使館の方が
    接待で利用されたり、ホテルコンシェルジュがオススメの
    タイ料理レストランとしてゲストをご案内したりと、今では
    タイ人・外国人にも人気となっています。

    14717051_258347167896187_8904954005016760703_n.jpg

    13612160_216630975401140_6869413547878671164_n.jpg


    若きタイ人女性シェフの手がけるタイ料理ということで、
    フュージョンタイ料理かと
    思いきや、実はここ、他の
    タイ料理レストランでもなかなかお目に掛かることの出来ない、
    伝統的なタイ料理が頂けるんです。

    私が今回頂いたお料理の数々は、外国人にも配慮した味付けと
    辛さではあったものの、辛いものは辛く、甘いものは甘く、

    タイ伝統料理本来の基本の味、辛味・甘味・酸味のメリハリが
    はっきりとしたお料理の数々...改めて、
    タイ料理の楽しさを
    感ることが出来ました。


    前菜として頂いた「チョーマリーサイプラー」

    DSC_9778.jpg


    伝統菓子の色付けやハーブティーとして...
    また、髪にも良い
    ことからシャンプーやリンスにもなる、アンチャンという
    花で色付けされた、
    紫色のタピオカの皮で包まれた魚餡の
    お料理。

    104-sp035.jpg



    お花の形をしたこれまた可愛らしい
    フィンガー・フード
    ですが、皮の色付けに使用する花は、毎日変わるそうで、
    ピンクや紫、黄色に
    緑と目にも楽しいお料理でした。

    DSC_9805.jpg


    ヤムソムオーは、ザボンのサラダ。ザボンの一大産地・
    ナコンパトム県から毎日届けられる新鮮なザボンを使用。

    DSC_9802.jpg


    自家製オリジナルペーストと、オーダーが入ってから絞る
    新鮮なココナッツミルクで仕上げたゲーンキャオワーン
    (グリーンカレー)

    104-sp039.jpg


    チャンタブリー県の地方料理、インゲンとカリカリに揚げた
    豚肉を、ガピという海老のペーストで炒めた「ガーク・ムー
    ・パット・プリッキン」、バンコクでこのお料理が頂ける
    のは、ここサネージャーン含め、2、3店あるかないか...。
    日本人の口にもよく合う一品でしたよ。

    DSC_9793.jpg

    DSC_9799.jpg

    その他、マッサマンや宮廷レシピに基づき、八角、シナモン
    など5種類のスパイスで濃いめの味付けにご飯がすすむ
    「カイ・パロー・ムー・
    タオチアオ」などなど、
    皆さんもよく耳にされるタイ料理とは、一味違った
    伝統タイ料理の数々を
    頂きました。

    そして、「サネージャーン」という店名は、今では
    あまり見掛けなくなったタイの伝統縁起菓子の名前から。

    15844542_1311633218909970_2109962956120583565_o.jpg


    ココナッツとナツメグが練りこまれた餡で、緑豆の餡をくるみ、
    タイ料理の香り付けに
    使われるキャンドル「オップティエン」で
    スモークされ、
    果物の「柿」をモチーフとしたもの。

    一口サイズのコロンとした形も可愛らしく、サネージャーンの
    シグネチャーデザートにもなっています。伝統菓子に関しては、
    番組でも何度か取材をしていますが、このお菓子は私も今回
    初めて!和菓子にも似た甘さ控えめの優しいお菓子でしたよ。


    今回頂いたシグネチャーメニュー、お値段は320バーツ
    (日本円でおよそ1050円)から420バーツ
    (日本円でおよそ
    1380円)ほど。ランチタイムにはセットメニューもあります。


    ドレスコードは特に設けられていませんが、お店の雰囲気や
    いらっしゃるお客様の様子を見る限り、カジュアルスマートが
    好ましいかと思います。

    『Saneh Jaan(サネージャーン)』

    営業時間:ランチタイム     11:30〜14:00

                      ディナータイム 18:00〜24:00(L.O.24:00)

    年中無休

    最寄り駅は、BTSのプルンチット or 地下鉄MRTのルンピニー。
    プルンチットから向かわれる場合は、ウィッタユ通りを
    ルンピニー公園に向かって直進、右手。グラスハウスという名の

    通り、ユニークなガラス張りの建物、スターバックスの裏手に
    なります。歩けない距離では
    ありませんが、タクシーのご利用が
    便利かと思います。


    13043617_1755185801392564_2778689577895842980_n.jpg



    他では味わえない伝統タイ料理の数々を、
    ここ「サネージャーン」で
    ぜひ。

    ☆Saneh Jaan公式サイト☆

    ★1/8の放送を聴く★


    食べる

    ページトップへ