• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2017.02.26

    今週は2本立て!癒しの空間2ヶ所をご紹介

    今週は、2本立てでお届けするムーンタイワニー。


    まず1本目は、バンコク・スクンビットのお屋敷街にある
    日本人オーナーのフェイシャル専門サロン
    『Healing and Beauty 49』です。

    14202621_1055078874587706_7077047384501603301_n.jpg

    常夏タイを楽しんだあとは、お肌のケアも念入りにしておきたいもの。
    紫外線対策をしていても、うっかり日焼けや大気の汚れによる肌への
    ダメージも。

    特にトゥクトゥク乗車の場合は、遮るものがありませんので、
    毛穴の汚れも気になるところ。またこの時期、湿度の高いタイから
    寒い北海道への帰国の際には、寒暖の差や暖房による乾燥等も気に
    なります。

    スパ先進国のタイには様々なスパがありますが、ボディと異なり
    お顔へのトリートメントとなると、肌質や使用するプロダクツに不安を
    感じる方もいらっしゃるでしょう。

    ここ「Healing and Beauty 49」では、日本の最先端美容マシンと日本人
    女性の肌質にこだわったプロダクツでの、トリートメントを受ける事が
    出来ます。

    15338865_1145686845526908_1935401482395717415_n.jpg

    14199642_1055861541176106_616590348737322876_n.jpg

    もちろん!しっかりとトレーニングを積んだセラピストさん達による
    マシンでの施術ですので、マッサージやスパトリートメントの様に、
    セラピストさんの腕によりけり...といった事も心配ご無用。
    贅沢な空間で、タイで綺麗に磨きを掛けてください。

    日本人スタッフ他、日系航空会社の元CAさんだった日本語堪能な
    タイ人スタッフも常駐。お肌の状態に合わせてのコース選びも安心です。

    heal-1.jpg
    (写真クリックで拡大)


    コースは30分のベーシックから120分のプレミアム、エイジングケアや
    美白、洗顔や血行促進など、あなたの肌コンディションに合わせて
    お選びください。

    サロンのお庭には、素敵なカフェも併設です。

    ☆Healing and Beauty 49 公式サイト☆

    heal-2.jpg
    (写真クリックで拡大)


    続いて2本目!

    こちらは取材移動中に飛び込みで取材をさせて頂いたカフェ。

    DSC_0014.jpg

    場所は、高架鉄道BTSプラカノン駅下車。

    ソイと呼ばれる偶数側の出口をおり、スクンビット通りに面した
    工事中のフェンスの向こうにある、赤い矢印の建物です。

    15621581_1172848399437761_1000140557614541242_n (1).jpg
    (BTSプラカノン駅より撮影)

    15589538_1172848419437759_2813390209046301581_n.jpg

    このフェンスの向こう側、左に入る小路を進むと...

    15672956_1172848469437754_5761883953506461513_n.jpg

    ちょっと素敵な新しい建物の中にあるカフェです。
    こちらはなんでもこーワーキング&アートスタジオとなるそうで、
    取材時(2016年11月)の段階では、ご紹介のカフェのみがテナント
    として入っていました。こちらもなかなか面白そうなコンプレックス!

    ☆Naiipa Art Comlex☆

    この建物の中、奥へと進むと...

    DSC_0018.jpg

    DSC_9961.jpg

    『Library-Naiipa Art Complex』というカフェです。
    平日の午後3時、屋内・外席も満席の人気ぶりです。

    このLibraryというカフェは、バンコク都内に数店の支店を構える
    カフェですが、お客様のお目当はこのワッフル!

    DSC_9986.jpg

    タイの方のフェイスブックやインスタグラムにもよく上がっている
    ワッフルで、とても気になっていました。私、てっきりタイの抹茶
    ブームにちなんだ抹茶ワッフルだと思いきや...

    なんとこちらは、パンダンリーフ(バイトゥーイ)というタイの
    お菓子やお料理の色・香り付けに使用されるハーブのワッフルだったん
    です。レポートで思いっきり「抹茶ワッフル」と連呼しておりますが...。

    乾燥させたパンダンリーフを生地に練りこみ焼きあげたこのワッフル、
    ほのかに甘くて日本人好みのお味。

    DSC_9972.jpg

    このワッフル他、クロワッサンも人気だそう。

    DSC_0007.jpg

    交通量の多いスクンビット通りから、たった1本奥の小路に
    入っただけで、林の中にいるかのような錯覚を覚える静かな空間で、
    美味しいワッフルとお飲み物を楽しんでください。

    DSC_0006.jpg

    DSC_9992.jpg

    『Library-Naiipa Art Complex』

    営業時間:9:00-20:00
    定休日 :不定休

    ★2/26の放送を聴く★

    その他, スパ&マッサージ, 食べる

    2017.02.19

    ヘルシータイ料理はいかが?『August Organic Eatery』

    今週は、ヘルシーなタイ料理カフェにご案内。

    15259501_2160924947465456_474459395798307715_o.jpg


    タイ最大手の飲料メーカー「Tipco」が手がけるここAugust Organic 
    Eateryは、オーガニック食材をふんだんに使用したタイ料理の数々を
    お楽しみ頂けます。

    ここ数年、タイ国内でも「食」の安全性や健康的な食生活への意識が
    高まり、オーガニックを謳うカフェやレストランも増えてきましたが、
    August Organic Eateryでは、素材はもちろん、使用する調味料も全て
    オーガニック100%。

    タイでもオーガニックが根付いてきたとはいえ、間違った解釈を
    されている方が多く、オーガニックに関する正しい知識と厳しい
    管理のもと、提携農家で作られるタイ国産のオーガニック食材で
    ヘルシーで美味しいお料理を提供したい...そんなTipcoオーナーの
    願いが込められたお料理は、味と見た目にもこだわった、他店でも
    あまり見ることのできないタイ伝統料理です。

    DSC_9819.jpg

    DSC_9810.jpg

    例えばこちら

    DSC_9878.jpg

    サーモンのグリルとカオヤム。カオヤムは、タイ南部の伝統料理で
    「カオ」=お米、「ヤム」=和えるという意味。様々なタイハーブを
    使用したライスサラダとご紹介しましょうか?番組内コーナー
    「北海道アロイプロジェクト」でも、前田シェフが以前にご紹介して
    くださったタイ料理ですが、味の決め手は「ナームプードゥー」という
    独特のソース。このソースを掛け、混ぜ合わせて頂きます。

    15966285_1185696334819634_364905290645298783_n.jpg

    クセになる味!290バーツ

    そして、話題のスーパーフード「キヌア」と海老のサラダは250バーツ。

    DSC_9865.jpg

    写真付きのメニューには、素材も調味料も全て100%オーガニックの
    表示も。

    P1000756.jpg

    15965596_1185696484819619_4727634516098514690_n.jpg

    シーバスのグリルとタロ芋のマッシュは290バーツ。

    DSC_9892.jpg

    もちろん、ドリンク類もオーガニック野菜やフルーツを使用。

    P1000757.jpg

    DSC_9827.jpg

    DSC_9830.jpg

    DSC_9833.jpg

    DSC_9814.jpg

    店内の一角には、オーガニックコーヒーやボディケア用品も。
    お土産にしても喜ばれそうですね。

    P1000763.jpg

    タイご滞在中、ヘルシーで美味しいタイ料理もぜひ。


    『August Organic Eatery』

    場所:高架鉄道BTSチッドロム駅の4番出口方面に向かい、駅高架橋
       直結のマーキュリーヴィレ3階

    営業時間:10:30〜21:30 年中無休

    マーキュリーヴィレはこちら!

    12974546_982015171854419_7684493571953661869_n-thumb-400x300-11364.jpg

    12938085_982015148521088_6611628295779069347_n-thumb-400x300-11368.jpg

    この赤いビルがマーキュリーヴィレとなります。

    ★2/19の放送を聴く★

    食べる

    2017.02.12

    女性に優しいホテル『Clover Asoke(クローバー・アソーク)』

    今週は、素敵なホテルにご案内。


    logo.png


    昨年2016年に、バンコクはアソークというエリアにオープンした
    こちらのホテル、シンガポールを拠点にブティックホテルを運営
    するホテルチェーンの、タイ一号店となります。

    22平米から33平米のお部屋全95室、お部屋タイプはスタンダード、
    レディールーム、レディーコーナー、クローバースタイル、
    エグゼクティブコーナーの5タイプ。

    それでは早速、恒例のお部屋チェック!女性専用フロアの
    「レディールーム」から参りましょう!

    DSC_0071.jpg

    DSC_0072.jpg

    DSC_0073.jpg

    なかなかポップなお部屋ですが、すべてのお部屋のデザインが
    異なるんです。すでにこちらのホテルを定宿とされるリピーターも
    多いんだそう。「今度はどんなお部屋かな?」なんて、楽しみ方も
    出来ますね。

    ベッドはキングサイズとなりますが、ご要望があればツインにも
    変更可能。壁際のソファーベッドをエクストラベッドとする事も可。
    最大3名でのご利用が可能です。

    DSC_0075.jpg

    バスタブなし、シャワーブースのみとなりますが、コンパクトで
    使い勝手の良いバスルームです。

    DSC_0076.jpg

    DSC_0078.jpg

    アメニティーはこのような感じ。バスルームに壁設置型のドライヤーも
    ありますが、レディールームにはもう一つ!ブラシ型のヘアアイロンに
    ペンダントなどのアクセサリーを掛けておく可愛らしいお人形も。

    さらに!全室エスプレッソマシーン完備!冷蔵庫の中のソフトドリンクも
    ご宿泊初日に限り、無料となっています。

    DSC_0087.jpg

    DSC_0088.jpg

    DSC_0092.jpg

    レディールームは専用フロアに全14室。ハウスキーパーも
    このフロアに関しては、女性スタッフという徹底ぶり。

    エレベーターも、お部屋のカードキーをかざさないとボタンが
    押せない仕様となっていますので、セキュリティーも安心。
    初めてのバンコク、女性一人旅、
    グループ旅行にも最適です。

    15192670_1136948066361128_171537387505655556_n.jpg

    スタンダードルームに関しては、コネクティングのお部屋も。

    続いて、同じく女性専用フロアにある「レディーコーナー」という
    お部屋。

    DSC_0095.jpg

    大きく湾曲した窓がさらにお部屋を広くみせてくれます。

    DSC_0097.jpg

    ファブリックのゼブラ模様が良い感じ。

    DSC_0108.jpg

    DSC_0110.jpg

    バスルームの仕様は、全室共通となります。

    続いて、「クローバースタイル」というお部屋へ。
    こちらは客室内のファブリックが、タイを代表するシルクブランド
    Jim Thompsonのタイシルクとなります。シックで落ち着くお部屋です。
    拝見したお部屋は、バード・オブ・パラダイスという南国ならではな
    お花がモチーフのJim Thompsonファブリック。バンコクにいながら、
    タイのリゾートも感じられますね。

    DSC_0112.jpg

    「クローバースタイル」の別のお部屋。

    DSC_0119.jpg

    宿泊者のご朝食会場となるレストラン「The Clover Sky Restaurant &
    Bar」は、かなりポップ!同じフロアには見晴らしの良いミーティング
    ルームもあります。

    DSC_0121.jpg

    ランチのセットメニューも充実。こちらはご宿泊者以外のご利用も
    可能です。ランチセットはメイン・ドリンク・デザートで190バーツ。

    アラカルトメニューもなかなか。

    DSC_0131.jpg

    DSC_0135.jpg

    DSC_0159.jpg

    DSC_0165.jpg

    DSC_0174.jpg

    DSC_0154.jpg

    そしてこちらがプール&プールサイドバー。

    16402890_640003099525523_9114651574891309070_o.jpg

    プールは小さめですが、雰囲気良し!プールサイドバーで夜景を
    楽しみながらくつろぐのもオススメです。

    Gym-3.jpg

    ジムも完備!

    高架鉄道BTSのアソーク駅と地下鉄MRTスクンビット駅の2駅が
    利用可能。駅からホテルまでは徒歩3分。ターミナル21という
    ショッピングモールに、BTSアソーク駅から直結するExchange
    Towerという商業ビルには、飲食店や薬局、スターバックスも。
    また、ホテル隣にはセブンイレブン、同じ通りには24時間営業の
    フードランドというスーパー、斜め向かいにはLong Tableという
    人気のバーもあります。


    『Hotel Clover Asoke』
    location_map-s-1.jpg


    次回のご滞在に、いかがですか?

    ☆Clover Asoke公式サイト☆

    ★2/12の放送を聴く★

    ホテル&リゾート

    2017.02.11

    国際雪像コンクール2017・タイチームの4日間

    第68回さっぽろ雪まつり・国際雪像コンクールに参加した

    タイチームの、雪像製作4日間の様子を。

    <1日目・開会式〜製作スタート>

    16473243_1211216102267657_7077707829618381747_n.jpg

    16425817_1211215992267668_2994790699993572333_n.jpg

    タイチームの背中には...

    16473435_1211215888934345_1160258676360868581_n.jpg
    16472839_1211215778934356_6014026203693216571_n.jpg

    16473929_1214291881960079_1032494919274383037_n.jpg

    <2日目>

    過去、優勝6回のタイチームに各国のメディアも注目!

    16602789_1214291378626796_355445658914090524_n.jpg

    <3日目>

    16641034_1214291295293471_4861859333658742269_n.jpg


    <4日目・製作最終日>

    16508146_1214291058626828_218128954027086817_n.jpg

    <5日目・審査 表彰式>

    16649163_1215116201877647_4872421952259606107_n.jpg

    優勝は...マカオチーム

    16649489_1214833028572631_693058839061312442_n.jpg
    16508108_1214832901905977_8889216441350347539_n (1).jpg

    マカオチームおめでとう。

    16681869_1215116228544311_6103051375250719642_n.jpg

    我らがタイチーム、また来年も素晴らしい雪像を披露してくれる
    事でしょう。Kusolさん、Kristsanaさん、Amnaaysakさん、
    お疲れ様でした! 


    ☆国際雪像コンクール公式サイト☆



    その他, ピープル, 観る・知る

    2017.02.05

    第11回チェンマイマラソン レポート

    今日2月5日は、バンコクマラソン!(王様ご逝去による日程変更)

    14711260_228565580896415_8625944311260892142_o.jpg

    ということで!


    今週は昨年12月にタイ北部チェンマイで開催された、
    「第11回チェンマイマラソン」の模様をお届けします。

    chiangmaimarathon_com_2_homeimg1_r2_5913-1.jpg


    今年は、53もの国と地域から、1万1,000人もの参加者。
    大会最高記録となりました。

    15673065_1172780946111173_2337667215097174728_n.jpg

    タイ国内では、年間を通じて200以上ものマラソン大会が開催されて
    います。タイのマラソンは、日中の暑さを考慮し、そのほとんどが
    早朝のまだ暗いうちにスタート。チェンマイマラソンのスタートも
    フルマラソンは午前4時。

    ch-1.jpg

    今回は、タイのマラソン大会取材で何度かご一緒したこともある
    「ランニングマガジン・クリール」の樋口編集長と、2009年の
    箱根駅伝で7区を走り、区間2位の好走で早稲田大学に18年ぶり13回目の
    総合優勝に貢献した三田裕介さんも参加。

    ch-3.jpg

    現在発売中の「ランニングマガジン・クリール」最新号では、
    今回のチェンマイマラソンも特集されています。

    01201042_58816b1135606.png

    フルマラソン、スタート直前のお二人。

    ch-2.jpg

    15622147_1167377219984879_2984243706612920665_n.jpg

    ファーストエイドもバイクで伴走。

    ch-1.jpg

    ch-4.jpg

    ch-6.jpg

    スタート・ゴール地点のターペー門では、伝統楽器部隊も!
    大会を大いに盛り上げてくれます。

    ch-7.jpg

    ゴール後のタイマッサージもタイのマラソンならでは。
    ラグーナ・プーケット国際マラソンでは、全ランナー(希望者)が
    マッサージを無料で受けることができますが、チェンマイマラソンは、
    フルとハーフ参加者のみとなります。

    ch-16.jpg

    カテゴリー、年齢・性別ごとに表彰。

    フルマラソン優勝は...

    ch-8.jpg

    ch-9.jpg

    イギリスの Lee Granthamさん。タイムは2時間27分34秒。
    ゴール直後に撮影をお願いしたら、「伴走してくれた仲間も一緒に撮って!」
    とのリクエスト。もちろん!!

    ch-10.jpg

    大会オリジナルTシャツ&ランニングは、服喪期間中の大会という事で、
    黒とグレーのデザイン、左袖部分には喪章もプリントされていました。

    そして...私も参加の3キロファンラン

    ch-12.jpg

    ch-11.jpg

    ファンランなんで...カメラを構えると、この状態(笑)前列の3名は
    タイ国政府観光庁・大阪事務所チーム。私もいろんな方の写真に
    多々おさまってみました。これもタイのマラソンの魅力。
    国籍も関係なく、とにかくみんなで楽しく走ろう!な雰囲気が
    たまりません。沿道には、可愛らしい応援も。

    ch-13.jpg

    ch-14.jpg

    ch-15.jpg

    旅とマラソンを楽しむ「旅ラン」、今年もタイ国内で様々なマラソン
    大会が開催されます。あなたもタイで「旅ラン」いかがですか?


    <近々のマラソン大会>

    ・カオヤイ ハーフマラソン
    https://uniquerunning.goodsportsthailand.com/khaoyai/ja/running/35-khaoyai-half-marathon-2017.html

    ・アユタヤ絆駅伝
    http://www.thailandtravel.or.jp/news/detail/?no=2034

    ・タイのマラソン大会
    http://www.thailandtravel.or.jp/activity/marathon.html

    ★2/5の放送を聴く★

    その他, 観る・知る

    ページトップへ