2017.02.05

第11回チェンマイマラソン レポート

今日2月5日は、バンコクマラソン!(王様ご逝去による日程変更)

14711260_228565580896415_8625944311260892142_o.jpg

ということで!


今週は昨年12月にタイ北部チェンマイで開催された、
「第11回チェンマイマラソン」の模様をお届けします。

chiangmaimarathon_com_2_homeimg1_r2_5913-1.jpg


今年は、53もの国と地域から、1万1,000人もの参加者。
大会最高記録となりました。

15673065_1172780946111173_2337667215097174728_n.jpg

タイ国内では、年間を通じて200以上ものマラソン大会が開催されて
います。タイのマラソンは、日中の暑さを考慮し、そのほとんどが
早朝のまだ暗いうちにスタート。チェンマイマラソンのスタートも
フルマラソンは午前4時。

ch-1.jpg

今回は、タイのマラソン大会取材で何度かご一緒したこともある
「ランニングマガジン・クリール」の樋口編集長と、2009年の
箱根駅伝で7区を走り、区間2位の好走で早稲田大学に18年ぶり13回目の
総合優勝に貢献した三田裕介さんも参加。

ch-3.jpg

現在発売中の「ランニングマガジン・クリール」最新号では、
今回のチェンマイマラソンも特集されています。

01201042_58816b1135606.png

フルマラソン、スタート直前のお二人。

ch-2.jpg

15622147_1167377219984879_2984243706612920665_n.jpg

ファーストエイドもバイクで伴走。

ch-1.jpg

ch-4.jpg

ch-6.jpg

スタート・ゴール地点のターペー門では、伝統楽器部隊も!
大会を大いに盛り上げてくれます。

ch-7.jpg

ゴール後のタイマッサージもタイのマラソンならでは。
ラグーナ・プーケット国際マラソンでは、全ランナー(希望者)が
マッサージを無料で受けることができますが、チェンマイマラソンは、
フルとハーフ参加者のみとなります。

ch-16.jpg

カテゴリー、年齢・性別ごとに表彰。

フルマラソン優勝は...

ch-8.jpg

ch-9.jpg

イギリスの Lee Granthamさん。タイムは2時間27分34秒。
ゴール直後に撮影をお願いしたら、「伴走してくれた仲間も一緒に撮って!」
とのリクエスト。もちろん!!

ch-10.jpg

大会オリジナルTシャツ&ランニングは、服喪期間中の大会という事で、
黒とグレーのデザイン、左袖部分には喪章もプリントされていました。

そして...私も参加の3キロファンラン

ch-12.jpg

ch-11.jpg

ファンランなんで...カメラを構えると、この状態(笑)前列の3名は
タイ国政府観光庁・大阪事務所チーム。私もいろんな方の写真に
多々おさまってみました。これもタイのマラソンの魅力。
国籍も関係なく、とにかくみんなで楽しく走ろう!な雰囲気が
たまりません。沿道には、可愛らしい応援も。

ch-13.jpg

ch-14.jpg

ch-15.jpg

旅とマラソンを楽しむ「旅ラン」、今年もタイ国内で様々なマラソン
大会が開催されます。あなたもタイで「旅ラン」いかがですか?


<近々のマラソン大会>

・カオヤイ ハーフマラソン
https://uniquerunning.goodsportsthailand.com/khaoyai/ja/running/35-khaoyai-half-marathon-2017.html

・アユタヤ絆駅伝
http://www.thailandtravel.or.jp/news/detail/?no=2034

・タイのマラソン大会
http://www.thailandtravel.or.jp/activity/marathon.html

★2/5の放送を聴く★

その他, 観る・知る