2017.04.30

人気タイ料理レストランSpannigaが手掛けるカクテル&ディナークルーズへ!

今週は、チャオプラヤー川のカクテル&ディナークルーズにご案内。

17203137_1580718375302995_2576274136279563254_n.jpg


バンコク・チャオプラヤー川の光景は、まさに "タイに来た!" を
感じられるもの。悠久の時の流れに身を任せ、非日常を楽しんで
みませんか?

チャオプラヤー川では、様々なクルーズをお楽しみいただけますが、
バンコクの人気タイ料理レストラン『Spanniga Eating Room』 では、

☆Spanniga Eating Roomご紹介時のブログ☆


昨年の秋より、カクテル&ディナークルーズをスタート。
今回は、カクテルクルーズとディナークルーズの両方を取材させて
頂きました。

クルーズのスタートは、クルーズ各社の発着場ともなっている、
リバーシティー。

☆River City公式サイト☆

15977787_963290047134299_7369888674473600659_n.jpg

建物入って奥(川方面)「TOM N TOMS COFFEE」左手の出口より
外へと出ますと、Spanniga Cruiseの受付窓口があります。まずは、
こちらでチェックイン。出港の15分前には、チェックインをお済ませ
ください。

17951633_1277179019004698_1062538389679144589_n.jpg

スタッフの方に案内して頂き、乗船!

17990787_1277179059004694_3144767557404575119_n.jpg

40席有するクルーズボートは、外国人観光客のみならず、タイ人の
お客様にもご利用頂きたい!という事から、コテコテのタイではなく、
船内のファブリックやアンティークで、そこはかとなく漂うタイらしさ、
"モダンタイ" がコンセプト。

1階席は、落ち着いた大人の雰囲気。

images-1.jpg

rates02.jpg

そして2階席は、より開放的!グループでのご利用には2階席が
オススメです。
images.jpg

★イブニング・カクテルクルーズ★

月〜金の16:15〜1時間のクルーズ(出港は16:45)
お好みのカクテル1杯(2杯目からは別途料金)と、タイの伝統的な
前菜、オレンジの肉味噌添え「Mahor」と、お代わり自由のスナック付き。
お一人様1,250バーツ

テタンジェ他、アジアのベスト・バー50にも選ばれたバー、
Vesperのミクソロジストが、このスパンニガー・クルーズの為に
作ったオリジナルカクテルは、「香り」に重きを置いたもので、
タイの花がモチーフ。本物のお花が添えられた芳しいカクテルも
ぜひ。

flowercocktail.jpg

P1010142.jpg

こちらはお代わり自由のスナック。取材時はトムヤム風味の
エビの唐揚げでしたが、カクテルクルーズ、ディナークルーズ
それぞれ、シーズンごとにスナックやお料理内容も変更との事。
本ブログ掲載の写真は、すべて取材時(2017年2月)のものと
なります。

17952521_1277179129004687_5240026294653517492_n (1).jpg

★イブニング・シャンパン・テタンジェ・クルーズ★


土日の16:15〜 1時間のクルーズ(出港は16:45)
シャンパーニュー・メゾン「テタンジェ」1杯、(2杯目からは

別途料金)と、「Sam Rub Thai」と題された3品の前菜付き。

お一人様1,550バーツ

P1010155.jpg


17904417_1277179035671363_6574432934382081117_n.jpg17861575_1277179085671358_4103804171395029739_n.jpg17904158_1277179105671356_6331581075673396535_n.jpg

P1010148.jpg

上記2つのクルーズは、リバーシティーから北、ラーマ8世橋で
折り返してリバークルーズへ戻ります。ちょうど夕陽が沈む頃、

P1010163.jpg

ワット・アルン、王宮、サンタクルズ教会など、川沿いの主だった
歴史的建造物や寺院をご覧頂けます。(下記ルートの赤矢印)

17952556_1277178962338037_184575992918735171_n.jpg

続いて、ディナークルーズへ!

★ディナー・シャンパン・テタンジェ・クルーズ★

毎日運行、18:15〜 2時間15分のクルーズ
スパンニガーご自慢のタイ伝統料理6品のコースとなります。
お一人様3,250バーツ

クルーズコースは、リバーシティーを出港して北はラーマ8 世橋で
Uターン、南はアジアティークで折り返し、リバーシティーとなります。
(上記コースの青矢印)

17883551_1277179409004659_1799307262716257883_n.jpg
17904418_1277179515671315_1182714547620246247_n.jpg17861936_1277179529004647_2918375674446843986_n.jpg17991771_1277179619004638_2280193683058074889_n.jpg
17952668_1277179845671282_1443005939759471007_n.jpg17952991_1277181015671165_9114398896084998110_n.jpg17990854_1277181129004487_4409803602094346339_n.jpg17951932_1277180995671167_2399411051230988810_n.jpg17904255_1277181212337812_4551258077649902757_n.jpg
17884407_1277181729004427_4315646137715201677_n.jpg
P1010222.jpg

17952475_1277181145671152_2694988749011239079_n.jpg

ライトアップされた歴史的建造物を眺めながら、テーブルサーブの
本格的なタイ伝統料理となります。
P1010193.jpg

P1010189.jpg

貸切クルーズ(定員40名)も可能ですので、研修旅行等、
団体でのご旅行の際にも良いですね。貸切の場合の料金設定は
別途ございますので、お問い合わせください。貸切の場合、
船の乗降場所に関してもリクエストに応じて頂けます。

コース例:川沿いの船着場のあるご宿泊ホテルで乗船、帰りは
アジアティークで降りて、ナイトマーケット散策というのも可能。

タイ・バンコクへお出かけの際には、Supannigaのクルーズで、
優雅なひと時をお過ごしください。

15403732_731140827037846_8667084378014328394_o.jpg
17796049_1277178985671368_5260975116175489122_n.jpg

ご予約は公式サイトよりどうぞ。現在、お得なプロモーションも展開中です。

☆Supanniga Cruise公式サイト☆

★4/30の放送を聴く★

食べる

2017.04.23

タイ東部トラート県の郷土家庭料理『Supanniga Eating Room(スパンニガ・イーティング・ルーム)』

今週はグルメ!

564346_372726446141320_1384437048_n.png


バンコクの人気タイ料理レストラン『Supanniga Eatng Room
(スパンニガー・イーティング・ルーム)サトーン店』に
ご案内します。

4人のオーナーが手掛けるここ「Supanniga」は、オーナーの
お一人・エーさんのトラート県出身のおばあさまのレシピを
メインに、タイ東部の郷土家庭料理をお楽しみ頂けます。

バンコクのトンローとサトーンに店舗を構えるSupanniga、
今回は、サトーン店にお邪魔しました。

17634352_1419997318080889_2512907353629806888_n.jpg

今風のとても素敵な店内には、ヴィンテージのタイ伝統家具と
モダン家具がセンス良く配され、壁面には店名になっている
Supannigaの花が描かれています。

1469451376111Onion-Supanniga-09.jpg

ん? 竹絲画簾?? なんとこれペルシャ絨毯と同じ要領、パイル織の
様に糸で描かれています。

ちなみにSupannigaの花はこちら。

6612393763_d7a7d0fd1a_b-1.jpg

タイでよく見る樹花ですが、1枚1枚花びらが散る事はなく、この大きく
美しい花の形のまま、落下します。

ショープレートにもSupannigaが。

17952507_1277184329004167_4788875717426216636_n.jpg

3階建て、それぞれのフロアでテーブルやテーブルレイアウトも
異なり、2階にはセミオープンのバルコニー席もあります。

1469451369180Onion-Supanniga-07.jpg

1469451485334Onion-Supanniga-28.jpg

17990782_1277183802337553_4880331229134414315_n.jpg

17992190_1277183952337538_6741664963140039551_n.jpg

続いてお料理!今回はシグネチャーメニュー3品を。

10547391_1083207985093159_4868715318810674184_o.jpg

Supannigaといえば!な一品、取材時もほとんどのテーブルで
こちらがサーブされていました。「Ka Lum Tod Nam Pla・
キャベツのナンプラー炒め」120バーツ。

このお料理で使用されているナンプラーもトラート県で製造されている
特別なものだそう。

17903735_1277184069004193_742737986293845646_n.jpg

改めて、ナンプラーは調味料の王様!と、思った次第。

2品目、牛の希少部位を使用した「牛肉のスパイシーサラダ・
Yum Nue Lai」160バーツ。



17991046_1277184285670838_3980169218739265750_n.jpg

そして!3品目は、チャムアンという葉と豚肉のカレー「Mu Cha Muang」
190バーツ。タイヤイ族のお料理にも似た、イタリアンにも近い酸味の
あるカレーです。

13086668_1108427309237893_6076694134711718110_o.jpg

デザートは...

13323270_1123714807709143_3989729432801162893_o.jpg

タイ紅茶のパンナコッタ「Panna cotta Cha Yen」

お料理の味付けは比較的しっかりとしたもので、ジャスミンライスや
黒米との相性も抜群!日本人好みのお味です。

頂いた4品、ブログを書きながら味を思い出し、今すぐにでも
食べに行きタイ衝動に駆られております。

あなたもタイ・バンコクで、タイ東部トラートの郷土家庭料理をぜひ。

17952813_1277184012337532_8846239570749196594_n.jpg


『Supanniga Eating Room・Sathorn』

最寄駅は、BTSシーロム戦・チョンノンシー駅、Wホテルの裏手と
なります。または、BTSサラデーン駅下車、シーロム通りを直進し、
シーロムソイ9を左折、突き当たり右手角のセブンイレブン隣と
なります。

ディナー、週末は要予約で!公式サイトよりご予約可能です。

営業時間:ランチ11:30〜14:30、ディナー 17:30〜23:30
定休日 :なし

☆Supanniga Eating Room 公式サイト☆


トンロー店は、公式サイトにてご確認ください。各店舗でのみ
提供されているメニューもあります。また、近日チャオプラヤー川
川沿いのブティックホテルに新店舗オープン予定、さらに!
東京出店も決定!

1272754_1045917042155587_5776597319383574136_o.jpg

セブンイレブン
17991816_1277183769004223_1862197147729910625_n.jpg

店からWホテルはこの様に見えます。

17862508_1277183759004224_6534306506977311905_n.jpg


来週は、このSupannigaが手掛けるチャオプラヤー川のカクテル&
ディナークルーズをご紹介します。どうぞお楽しみに!

★4/23の放送を聴く★

食べる

2017.04.16

札幌でもソンクラン!

今週は、『北海道で感じるタイ』

When-is-Songkran-2015.jpg


昨日、15日に北海道大学・クラーク会館で行われた、
「北海道タイランドクラブ」さん主催のタイ正月ソンクランの模様を。

ソンクランに関しては、番組内でたっぷりとご紹介していますので、
ラジオアプリradiko, radikoプレミアムのタイムフリーや、このブログ
下部に後ほどアップいたします、オーディオアーカイブでお聴き頂くと
しまして...

美味しいタイ料理の数々に...

17951629_1276728239049776_5876483023121387997_n.jpg

17862276_1276727755716491_1955066026325345473_n.jpg

17951990_1276728909049709_3800882787455968300_n.jpg

タイ人留学生によるタイ伝統舞踊や、ムエタイのデモンストレーション

17904282_1276729139049686_1928184403185053689_n.jpg

17904438_1276730335716233_5513827446256434437_n.jpg

17991191_1276730315716235_1527453185922189819_n.jpg

タイ文字のビンゴ大会

17990999_1276730289049571_298835470271030260_n.jpg

17952964_1276730239049576_8635148358400213572_n.jpg

そして...

タイの伝統に則った、浄めの儀式

17523701_1276730122382921_1804909815445031336_n.jpg

17951486_1276730139049586_8573252370054698612_n.jpg

17903702_1276730232382910_6287742160108115960_n.jpg

17904032_1276730235716243_2085611952542267508_n.jpg

17953023_1276730215716245_4380721354405023017_n.jpg

さすがに屋内での開催ということで、無礼講の水掛け合戦!とは、
ならないものの、「タナカ」という樹木の粉を水に溶いたものを
頬に...。皆さん、最初は遠慮がちにちょんと付ける程度ですが、
後半にはこの「タナカ」塗り合戦に!

17903929_1276730119049588_1756533757749919355_n.jpg


「北海道タイランドクラブ」は、お互いの文化を理解し、タイとの
関係を深める事を目的に発足した団体で、今年で創立20周年!
道内のタイ人留学生や在住タイ人への様々なサポートはじめ、年間を
通じて、タイ料理教室やタイ語講座、ヨガ教室など様々な講座や、
このソンクラン他、タイ国内で開催される年間行事にタイ人留学生
との交流会やBBQパーティーなどを開催しています。

これら講座やイベントは、もちろん一般の方も参加可能。
クラブ会員になりますと、講座や教室の参加も会員料金となります。
現在の会員数は、タイ人・日本人併せて40名ほど。タイに興味の
ある方でしたら、どなたでもご入会頂けます。


☆北海道タイランドクラブ公式サイト☆
http:///www.thailandclub.net/


☆北海道タイランドクラブ公式Facebookページ(タイ語メイン)☆
https://www.facebook.com/groups/277848407699/


来年はラジオの前の道内の皆さんも、タイで!札幌で!
ソンクランを体験してみませんか?

★4/16の放送を聴く★

ピープル, 観る・知る

2017.04.09

Bangkok Marriott Marquis Queen's Park(旧インペリアル・クイーンズパーク)

今週は、昨年12月にリブランド!

bkkqp_phototour26.jpg


世界的ホテルブランド『Marriott Marques Queen's Park Bangkok・
マリオット・マーキス・クイーンズパーク・バンコク』にご案内
します。

bkkqp_phototour01.jpg

バンコクでも日本人に人気のホテル「インペリアル・クイーンズ
パーク」が、2014年の閉館後、実に2年ものリノベーション期間を経て、
「マリオット・マーキス・クイーンズパーク」として生まれ変わりました。

今年2017年2月末の取材時点では、まだソフトオープンといった状況で、
全1350室の客室中、800室が稼働。今年6月にグランドオープンとなります。

ロビーラウンジは、インペリアル時代を彷彿とさせます。

bkkqp_phototour27.jpg

エントランス入って左手奥、タイ伝統家屋をモチーフとしたこの部分も、
インペリアル時代はエグゼクティブチェックイン&ビジネスセンター
だったところですが、このモチーフもそのままに、現在はとっても
素敵なティールーム&ベーカリーとなっています。

bkkqp_phototour03.jpg

bkkqp_phototour10.jpg
焼きたての美味しそうなパンやデニッシュ他、タイの伝統的なお菓子や
ハーブティーなど、パッケージも可愛らしい、お土産にも最適な品々が
並びます。

まずは客室チェック!「スタンダード」のお部屋から...。

16904928_1228960600493207_4822620347646704521_o.jpg

マリオットらしいモダンな設えの中に、そこはかとなくタイを感じ
させてくれるデコレーションは、老若男女を問わず好まれる雰囲気。
とにかくどのお部屋も明るく、シティービューとパークビューの
2タイプあります。今回、私も宿泊させて頂いたのは、こちらの
キングサイズベッドのタイプとなりますが、ツインもございます。

16797274_1228960597159874_4926782116015905729_o.jpg

16835763_1228960553826545_3619690036093880143_o.jpg

16836623_1228960563826544_4234798519655624630_o.jpg

バスルームです。スタンダードルームはシャワーブースのみですが、
最近は、あまりバスタブにこだわられる方、少ないかもしれませんね。
ちなみに客室からシャワーブースも見えますが、安心してください、
電動シェードがあります。

16804221_1228960510493216_7086788108040629601_o.jpg

16904797_1228960527159881_8404076209728943907_o.jpg

16797427_1228960470493220_3254694843288042727_o.jpg

16836200_1228960460493221_378366219965193774_o.jpg
アメニティーも一揃え。

16804276_1228960223826578_670910197531754975_o.jpg

16836431_1228960453826555_7512630279874327558_o.jpg

タイを代表するスパブランド「THANN」のアメニティーです。

その他

16797339_1228960447159889_4938575365940426846_o.jpg

16836652_1228960373826563_2188079571971071677_o.jpg

16835923_1228960160493251_4813473630188606806_o.jpg

16835982_1228960163826584_4101112129807301716_o.jpg

備え付けのコーヒーがドリップ式、デカフェもあります。

16797940_1228960297159904_6270304802108522926_o.jpg

16797994_1228960333826567_3334126029692622903_o.jpg

16836322_1228960353826565_817048585550526400_o.jpg

スマホやカメラなど、滞在中はなにかと充電も多いので、
コンセントが多いのは嬉しいですね。

客室からの眺めは、この様な感じ。階下にはプールも見えます。

16903411_1228960283826572_5917453973817505066_o.jpg


続いて、全8室しかない「エグゼクティブ・スイート」へ。

bkkqp_phototour31.jpg

bkkqp_phototour32.jpg

この「エグゼクティブ・スイート」は、8室それぞれにファブリックの
色が異なり、コンセプトはシリキット王妃のお衣装。王妃はタイの
伝統シルク織物を庇護されており、ベッドヘッド上部には、そんな
タイシルク織物の一つ、「マットミー」が装飾として使用されています。

お好みの色のお部屋を指定することは出来ないそうですが、ご宿泊の
度に、今度は何色のお部屋かな?といった楽しみもありますね。

エグゼクティブ・スイートはバスタブ付き

bkkqp_phototour33.jpg

その他の館内施設としては...

bkkqp_phototour14.jpg

マリオットのシグネチャースパ「Quan Spa」は、水という意味。
身も心もデトックスされる、オリエンタルテイストの素敵なスパです。
使用プロダクツは、こちらもタイを代表するスパブランド「ディヴァナ」

bkkqp_phototour15.jpg

ご朝食会場となる「Goji Kitchen & Bar」は、ベンジャシリ公園の
緑を眺めながら...。

bkkqp_phototour39.jpg

bkkqp_phototour38.jpg

プール、フィットネスも、もちろん完備!フィットネスは24時間
ご利用可能です。さらに!スクアッシュコートも!


『マリオット・マーキス・クイーンズパーク』

場所は、スクンビットのソイ22に入って、300メートルほど
進んだ左手、最寄駅は、高架鉄道BTSのアソーク駅もしくは
プロンポン駅となります。2つの駅がご利用可能、ショッピング
エリア内、観光・ビジネスにも大変便利なホテルとなります。

次回のバンコク後滞在時に、マリオットステイをお楽しみください。


☆マリオット・マーキス・クイーンズパーク日本語公式サイト☆

★4/9の放送を聴く★

ホテル&リゾート

2017.04.02

タイ正月『ソンクラン』もうすぐ!

今週は、タイ正月「ソンクラン」について...。

ongkran_004.jpg


番組のソンクラン取材は、2012年の事。様々な機材を抱えてのタイ取材、
今週は、過去のソンクラン取材を振り返りつつ、ソンクラン時期に
タイ渡航予定の旅行者向け、ソンクランTipsをあれこれ。

☆2012年ソンクラン取材時ブログ☆

2012年、ディレクター兼レポーターとなって、間もない頃の取材...
ぶっきらぼうなレポートでごめんなさい!


尚、一部タイメディアで「自粛」と報じられた、バンコク・カオサンの
ソンクランですが、関係機関に問い合わせたところ、通りの中での
ミスコンテストやステージイベントは自粛となりますが、自然発生的な
水掛けに関しては、特に規制はしないとの事です。外国人観光客を中心に、
カオサン通りでの水掛けも行われると思います。

基本、ソンクランは4月13日〜15日ですが、この前後一週間ほどが
ソンクランとなり、エリアにより日程も異なります。タイ国内、帰省
や旅行をされる方も多いので、交通機関やホテルのご予約もお早めに!


<ソンクラン2017・バンコク編>

17554420_1403846853021939_7820411524959164054_n.jpg


① 4月8日(土)18:00〜
 プロンポン交差点からパトゥムワン交差点まで、電飾を施した
 山車「エレクトリックフロート」パレード開催

② 4月8日(土)〜13日(木)
 BTSプロンポン駅そばのベンジャシリ公園にて、タイの遊びや
 各地の伝統的なソンクランの祝い方デモンストレーション

③ 「Water Festival 2017」と題したイベントも予定。
  ※詳細発表され次第、番組Facebookでご紹介します。

<ソンクランTips>

① スマートフォンやカメラ等の防水対策は万全に!

swimming-ipx8-waterproof-phone-dry-bag-case-cover-iphone-samsung-smilestore-1405-04-smilestore@2.jpg

② 取材班も愛用、防水バッグ
    バンコク都内のカバン屋さんや露店等でも販売されています。
 ビーチリゾート滞在時にも重宝しますよ〜。大きさもいろいろ!

OceanPack15L.jpg

③ 水掛けを楽しむなら、水鉄砲は必需!露店やスーパーでも
  各種販売されています。

DSCN1924b.jpg

④ 貴重品に注意!パスポートは出国前にコピーを取り、ご滞在中は
     コピーを携帯ください。ジプロック等に入れておくと良いですね。
   かなりの人出となる場所では、スリにも注意!

⑤ 海外旅行保険への加入を強くお勧めします。
  万が一の場合、海外での医療費は高額となる場合があります。
  旅のお守りだと思って、加入しましょう。また、クレジットカード
 付帯の保険の場合、航空券やツアー代金等でカードを使われて
 いない場合、保険が適用されない場合もあります。今一度、
 クレジットカード付帯保険詳細を確認の上、カード会社提携の
 保険会社名と、カード会社の緊急連絡先も控えておきましょう。
 
☆バンコク病院取材時のブログ☆


⑥ ソンクラン期間中のバイタク(バイクタクシー)利用も注意!
 走行中のバイクにも、容赦なく水が掛けられる場合もあり、
 転倒事故も少なくありません。

⑦ ソンクラン期間中、水を掛けられ下着等も透けてしまいます。
  無用なトラブルにつながる場合もありますので、特に女性の方、
  Tシャツやタンクトップの下には水着等の着用を!たまに外国人
 女子がずぶ濡れ&透け透け状態のまま移動され、タイの方も眉を
 ひそめる場合が。

⑧ 飲酒運転はどこに行ってもダメ!バイクレンタルの場合は、
 ヘルメット着用もお忘れなく!


今年は服喪期間中ということで、ソンクランに関しても様々な
規制が設けられる思われます。 情報入り次第、お伝えしますが、
訪れる国の文化や風習に配慮し、マナーを守ってソンクランを
お楽しみくださいね。


★4/2の放送を聴く★

その他, 観る・知る, 遊ぶ

ページトップへ