2017.10.07

タイ東北部ブリーラム県の『Chang International Circuit(チャーン・インターナショナル・サーキット)』

今シーズンは、タイ東北部イサーンへの旅のご提案。

22196301_1433669800022285_851514380177751163_n.jpg


イサーンとは、タイ語で〝東北〟という意味。タイの国土は
南部・東部・中部・北部・東北部と5つのエリアに分けることが
できますが、その5つのエリアの中でも最も広大なエリアとなる
のが、東北部イサーンとなります。イサーンを構成する県は
全部で20県。まだまだ日本の旅行者には馴染みの薄いエリア
かもしれませんが、保存状態の良いクメール王朝時代の遺跡の
数々に、紀元前2500年にまで遡ることのできる先史時代の
墳墓遺跡で、ユネスコの世界文化遺産にも登録されている
「バンチャン遺跡」、また東北部は恐竜が生息していた時代の
地層が重層的に広がっており、これまでに5種類もの新種の
恐竜遺跡が発掘されるなど、考古学上でも重要なエリアとして、
世界的にも注目を集めています。

☆過去のイサーン取材時のブログはこちら!☆

また、イサーンは先週ご紹介したシルク織物はじめ、タイ料理の
中でもイサーン料理は独特な食文化を育み、番組でもご紹介した
キャンドルフェスティバルやピーターコンフェスティバル、
エレファントフェスティバルなど、郷土色豊かなお祭りの数々も
楽しむことができます。

☆キャンドルフェスティバル2017☆


でも!今週は、そんなイサーンの〝新たな魅力〟の一つ、今や
タイ国内のモータースポーツの拠点ともなっている、ブリーラムの
『チャーン・インターナショナル・サーキット』をご紹介します。

10387314_612002835593729_3763428101616340874_n.jpgのサムネール画像



「チャーン・インターナショナル・サーキット」の詳細は、

放送後に本ブログ下部にアップします、オーディアアーカイブを

お聴きいただくとしまして...

サーキットのエンブレムも、ブリーラム県が誇るクメール時代の

遺跡「パノムルン遺跡」がモチーフ。サーキットの隣には、

サッカー・タイプレミアリーグ「ブリーラム・ユナイテッド」の

ホームスタジアム「サンダーキャッスル」(近日ご紹介予定)も
ありますが、ブリーラム・
ユナイテッドのエンブレムも、
このパノムルン遺跡です。

1723560_514243388695608_1049658027_n.jpg


では!サーキットの中へ!

20246093_1371901879532411_866592495165481075_n.jpg


現在、このサーキットのネーミングライツを持つのは、シンハーと並び

タイを代表するビールブランド〝チャーン〟


P1020006.jpg

取材時も、バイクのデモンストレーション走行が行われていました。

20293131_1371901889532410_4637773482660099845_n.jpg

P1020025.jpg

↑ 城野撮影

↓ プロカメラマン撮影

21766619_1195721267196784_950753804275835529_n.jpg

22282052_1204641009638143_6148903038137034170_n.jpg

5万人収容のスタジアムです。

P1020008.jpg

P1020009.jpg

プレスルーム

20429598_1371901892865743_4624942480915948323_n.jpg

20294064_1371901876199078_566682398535739842_n.jpg

22279855_1205646172870960_12798996598692915_n.jpg

1914057_210978135927227_1730907016757525356_n.jpg

上記写真手前の5棟は、コンテナを利用したボックスホテルで、
お部屋からレースを観戦することも!

13669152_288551371503236_8424792161154582382_n.jpg

サーキット内のホテルとご紹介しても良い距離です。

12801436_209285606096480_290396394413301705_n.jpg


そして...来年2018年から、ここチャーン・インターナショナル・
サーキットで、世界最高峰のバイクレース〝MotoGP〟の開催も決定!


モータースポーツファンの皆さん、レースの開催にあわせて
タイ・ブリーラムへもぜひ!

★10/8の放送を聴く★

その他, 観る・知る, 遊ぶ