2017.10.22

川沿いの五つ星ホテル『シャングリ ラ ホテル バンコク』

今回は、2週に渡ってこちらのホテルをご紹介!

Shangri-LaBangkok_Exterior.jpg

『Shangri-la Hotel Bangkok / シャングリ ラ ホテル バンコク』です。

1986年創業、昨年2016年に創業30周年を迎えたシャングリ ラ ホテル・

バンコクは、チャオプラヤー川沿いのランドマークともなっています。

タイならではの伝統を重んじつつ、世界的ホテルブランドらしいモダンな
佇まい、数多くのアワード
受賞歴が物語るそのホスピタリティーは、
世界各国の旅行者からも高く評価され、
定宿とする旅行者やビジネスマンも
多いホテルでもあります。


川に面してハの字型に配され、緩やかなカーブが特徴的の二棟は、
上記写真、向かって左がシャングリラ・ウィング、右がクルンテープ・
ウィングで、
総客室数は全802室。


まずは、メインエントランスのあるシャングリラ・ウィングの客室、

「デラックス・リバービュールーム」にご案内いただきました。

※客室リポートは番組放送後、本ブログ下部にアップするオーディオ

 アーカイブでチェックしてくださいね。

16171491.jpg


広さは36平米、川に面した窓からの景色が絵画の様!
窓に沿って配されたラウンドソファーの上には、タイの三角枕もあり、
ベッドヘッド上部、濃い茶色のニレ材でできたタイカービングと、
要所要所に配されたファブリックの赤が見事にマッチした、
老若男女に
好まれるモダンタイスタイルです。

こちらのタイプの客室は、2010年にフルリノベーション。


114559784.jpg


114559632.jpg


バスルームへ

22552776_1445250175530914_4500533116160438320_n.jpg


22539782_1445250255530906_7940702492275337750_n.jpg


シャワーブースとバスタブ付き、シャワブースは部屋に面して

ブロックガラスとなっていますので、昼間も明るく、清潔感と
高級感あるバスルームです。アメニティーはシャングリラの

オリジナル。


22729143_1445249738864291_7195406764310195027_n-1.jpg


続いて、23階の『ホライゾン・デラックスルーム」36平米です。

roomview.jpg


ベッドヘッド上部には、ラーマヤナ叙事詩のウォールアート。


22554921_1445250125530919_4392594859689057103_n.jpg

22549694_1445249822197616_9151131504103088848_n.jpg

22728910_1445249812197617_8904266933899187912_n.jpg

22688666_1445249818864283_2019956900388646416_n.jpg

夜の雰囲気も素敵です!チャオプラヤー川は昼と夜とでは
その表情が全く異なります。お部屋の向きによっては、
ライトアップされた暁の寺(ワットアルン)もご覧頂くことが。

SLBK-Horizon-ClubR.jpg

22540203_1445250118864253_2387153396766777458_n.jpg

〝ホライゾンクラブ〟は、シャングリラのエグゼクティブ・
カテゴリーに該当し、ウィングの22階〜25階にあります。
もちろん、専用ラウンジのご利用ほか、各種特典も設けらています。

☆シャングリ ラ ・バンコク、ホライゾンクラブ☆

バスルームの仕様は先のお部屋と同じですが、アメニティーは
ロクシタンとなります。

P1010992.jpg

では!もう一つのウィング『クルンテープ・ウィング』の
『デラックス・バルコニー』44平米のお部屋です。

96867065.jpg

写真上でも40平米を超えてくると、その広さが分かりますね。
エクストラベッドを入れ、3名でご使用になっても充分な
スペースがあります。そしてバルコニー付き!

ロイクラトンや大晦日のカウントダウンでは、お部屋や
バルコニーから、花火も楽しむことができます。

クルンテープ・ウィングは、シャングリラの全施設の中でも
高架鉄道BTSサパーン・タクシン駅とサトーン船着場に最も
近い建物となります。また、こちらのウィングにご宿泊の
場合は、専用エントランスとロビー、ラウンジのご利用も
可能です。

ダイニングにも定評あるシャングリラ、こちらは「サーラ」と
呼ばれるタイの伝統家屋をモチーフとした本格タイ料理レストラン
「サラティップ」

SLBK-Salathip.jpg

そして、シャングリラ・ウィングにある「Next 2 Cafe」は
タイの影響力あるガイド誌「ダイニング&エンターテインメント誌」で、
ベスト・ビュッフェ・レストランにも選出されており、日本や
海外のトラベルジャーナリスト、トラベルライターの間でも、
〝朝食が美味しいホテル〟として、名前が上がるカフェです。

114557167.jpg

P1010942.jpg

P1010944.jpg

114557838.jpg

屋内席と屋外席がありますが...屋外席へぜひ!

SLBK-Next2.jpg

シャングリラでは、直営のディナークルーズ「ホライズン・
ディナー・クルーズ」も毎日運航。チャオプラヤー川では、様々な

ディナークルーズが運航されていますが、大型船ではちょっと
落ち着かない...でも、ディナークルーズは欠かしたくない!という方に
オススメです。ゴージャスなクルーズ船は大きさも程よく、静かで
落ち着いた雰囲気の中、川沿いの夜景とインターナショナル・
ビュッフェディナーをお楽しみ頂けます。


22555225_1445249892197609_8628684370070836811_n.jpg

22539828_1445249895530942_4715516044216330253_n.jpg

そして!シャングリラと言えば、「Chi Spa」です。

SLBK-Chi-The-Spa.jpg

川沿いというタイを感じられる絶好のロケーション、大都会
バンコクにありながら、リゾート感も
たっぷりと感じられる
「シャングリラ・ホテル・バンコク」


バンコクご滞在時には、シャングリラならではのホスピタリティー
を感じてみてくださいね。

☆シャングリ ラ ホテル バンコク公式サイト(日本語)☆


★10/15の放送を聴く★

★10/22の放送を聴く★

ホテル&リゾート