2018.03.18

第4期リスナーレポーターさん in Sabaai Sabaai! Thailand

今週は、第4期リスナーレポーターの栗林 芳恵さんと、同行くださった

ご友人カオリさんの〝女子旅バンコクレポート〟をお届けします。

〜リスナーレポーターになったきっかけ〜


3泊5日で、タイのバンコクへ!

きっかけは、昨年の夏に開催された『FMノースウェーブ × Poroco
タイ国際航空 presents 
Sabaai Sabaai Thailand Ladies Night』という
タイのパーティ。


IMG_8198.jpg


最初は、〝東南アジアのタイってどーなんだろう?〟という印象。
けれど、パーティが終わった時には〝タイに行ってみたい!!いや、
行く!!〟
に変わっていました。そこで、この番組のリスナーレポーター

募集用紙に早速記入!後日、番組のスタッフの方から「レポーターとして

タイへ!」との連絡をいただき、翌年の1月、ベストシーズンのタイへ

行く事となりました。


2018年 1/17(タイ1日目)


タイ国際航空 新千歳空港発ーバンコク行き(TG671便) 直行便は満席!
私達以外にゴルフ旅行の団体さんや、私達と同じく女子旅かな...?って
いう人達もたくさん。
機内エンターテイメントの映画をみて...ガイドブックを
みて...お昼寝し
たら、あっという間にバンコク到着!


2F76D5D3-78F1-4346-B3A2-F5ED8919EED7.jpeg


空港の広さにびっくり!広すぎて迷子になるのでは!?
無事に添乗員さんと合流し、送迎の車に乗り込み、いざバンコクへ!

日本車がたくさん走っていてまたおどろき。「今(バンコクは)28度
くらいかな」と言う添乗員さん。北海道はその日マイナス8度...温度差

30度!異国に来たなと実感しつつ、ガイドさんによるタイの歴史を
聞きながら、宿泊ホテルに到着。


今回の宿泊は、アソークというエリアの『Well HOTEL BANGKOK

SUKHUMVIT 20』

20170704142123_expo_8809.jpg


ホテルが立派!!オープン2年目だそうでキレイ!!立地条件が良い!!
の三拍子揃ったホテル、おまけに
ホテルマンさんがまたイケメン(笑)
ヨーロピアンテイストのこちらのお部屋に案内していただきました。


D9AAF67D-0621-4D26-930F-1A1549B86C86.jpg


可愛い、落ち着いた雰囲気の内装です。

その後、着替えて城野さんと合流し、ホテルから徒歩5分の高架鉄道BTS
「アソーク」駅へ。
色々なタイのお話、BTSの乗り方を教えてもらいながら、
BTS〜ボートと乗り継ぎ、私達の希望スポット、チャオプラヤー川の
川沿い
「アジアティーク
・ザ・リバー・フロント」というナイトマーケット
アミューズメント施設へ。


28058379_2051386548210694_8269407008839124391_n.jpg


7EE9AC76-C806-41B7-BC05-EFC6C149363C.jpeg


時差マイナス2時間ということで、バンコクに到着したその日の夜から

タイを満喫できるのは嬉しい!直行便だからこそ!

アジアティークはとても賑やかで、買い物をするならココおススメです。
かわいい物からお洒落な物までたくさん!早速、カゴバッグ購入。

29197125_1580287935360470_959125226764590948_n.jpg


アジアティークでは、城野さんと一緒に美味しいタイ料理も食べました。
辛い物が苦手な私。辛い物ばかりだったら食べられないと思ってましたが、
前言撤回!美味しい!お腹いっぱい!

2698F712-2C4A-40C8-BE80-A52FFD9B2ED1.jpeg


蟹カレー、美味しかったです!おしぼりもレモングラスの香りのウサギさん。

北海道の寒さもすっかり忘れ、外席でタイのビールも楽しみました。


29213802_1580301128692484_3453590833553329544_n.jpg


帰りはトゥクトゥクでホテルへ。ほろ酔い気分も重なって、終始

笑いっぱなし。かなり楽しく帰ってきました。

1A691675-3363-47A5-A0BA-BD6B149E8941.jpg


29216571_1580287892027141_3226772596726981848_n.jpg


次の日も予定満載だったので、早めに就寝。

1/18(タイ2日目)

近場で朝ごはんを済ませた後、宿泊ホテルのインスペクション。

様々な客室タイプを拝見。スパ、プール&ジムも完備のこちらのホテルでは、
ムエタイ体験も出来るとのことで、ホテルの計らい?で、汗だくになりながらの

ムエタイ体験。もちろん初ムエタイでしたが、ストレス発散にはもってこいの
体験でした。


29196269_1580323282023602_8109095640806952794_n.jpg


29216838_1580318902024040_6425208862315390625_n.jpg


インスペクション終了後、バンコク市内の散策へ。

暑い...気温30度。ランチはBTS「アーリー駅」にある、お目当ての
「ジュブジュブ・カオマ
ンガイ」へ。


A9EB97AA-95EB-46F7-95B4-74A14029DFA5.jpg


ランチ時だったので混み混みでしたが、欲張って4種盛りをオーダー。

ノーマル・唐揚げ・照り焼き・ガイセープの4種類で、値段は100B。
ボリューム満点で食べ応えがあり、すごく美味しかったです。

ただびっくりしたのが、タイのお弁当!日本と違って、プラスチックの
容器とかではなく、ビニール袋に入れてゴムで口を結ぶ。液体も同様なのに
びっくりしました。

歩き疲れて足がパンパンだったので、ふらっと足マッサージへ。タイは
マッサージが安い!1時間1500円くらい。

スッキリした後はバンコク市内を散策し、行ってみたかった鉄道市場
「タラート・ロッファイ」へ。
夕方になるのを待って、市場向かいの
ショッピングモール駐車場から
市場を撮影。早速インスタグラムにアップ
したところ、「これどこ?」
「行きたい!と、いいね!やコメントを
頂きました。


市場内を散策し、明日のアユタヤ観光の為にタイパンツを購入。

A505011C-6258-425E-84AE-44C0B93AA647.jpg


SNS映えする、
ミニチュアの様な色とりどりのキレイでかわいいテント。
見るもの全てが新鮮で圧倒されっぱなし。市場での食事も考えたのですが、

たくさんの飲食屋台に見ているだけでお腹いっぱいに。


市場を後にした途端に空腹を覚え、気になっていたレストラン
「タリンプリン」にてカレーディナー。ここは団体さんも多いので、

予約をされた方が良いかも。〝ガーデン席ならすぐ案内できます!〟と、

言われましたが、暑さと虫刺され回避で迷いなく室内を希望。
マッサマンカレーがとくに美味しかったです。


0ECF6B62-8462-4C55-A70C-FBB0AED76981.jpg


飽きのこないタイカレー、プーパッポンカレーにレッドカレー、
タイビールも飲んで
大満足。

1/19(タイ3日目)


朝6:30ピックアップ、バンコク王道観光スポット&アユタヤへの

オプショナルツアーへ!前日の夜に「タラート・ロッファイ」で購入した
タイパンツ大活躍。

D25C6756-B34D-408E-9038-EF48B5209893.jpg


まずは、朝日に照らされた「ワット・アルン(暁の寺)」

4C07C692-EF8B-4A25-B985-F35095A0F39F.jpg


朝日に輝くワットアルンは、修復を終えたばかりですごく素敵でした。
仏塔の装飾は、陶器の破片を
使ったモザイクだそう。


4E4671DB-FDC5-4345-B2C0-352801212439.jpeg


続いて「ワット・ポー」。大きさと煌びやかさが圧巻!涅槃仏は足裏が
修復中でしたが、ほぼ全貌を観る事ができました。

469B9B4A-4E5B-4219-91AC-3C20B5420A74.jpg


そして「
エメラルド寺院」

DC2113C2-7D19-43CD-8F76-047614269611.jpg


ランチの後は、バンコクから車で約2時間弱、念願のアユタヤへ。

バンコクよりアユタヤの方が暑かった!お昼過ぎということもあって、気温は
32℃。帽子やサングラスをお忘れなく!


炎天下の中、まずは「ワット・ロカヤスタ」全長28mの涅槃仏。


F1B28E5E-6DB1-4AAE-8892-34FA52E9B573.jpgのサムネール画像


あまりの大きさに、足裏と自分を比べて写真を撮りました。そして
「ワット・ヤイチャイモンコン」に、仏様の頭が木の根に飲み込まれている
「ワット・マハタート」、3
人の王様が眠るセイロン式のお墓「ワット・

プラシー・サンペット」へ。お墓がすごい大きい!人が小さく見える!
さすが王様のお墓でした。


4B50CCB9-7FB4-4E8F-9479-0D35EFC09936.jpeg


タイで行きたかったところの一つ「アユタヤ世界遺産」
実際に見る世界遺産は
すごく、異文化にたくさん触れた1日となりました。
象乗りも体験!

バンコクのホテルへ送迎してもらった後は、城野さんに
教えてもらった、
宿泊ホテルからも徒歩圏内、BTS「プロンポン」駅そばのホテル
「Compass Skyview
Hotel」のルーフトップバー「バニラスカイ」へ。


19424247_1873403626317226_2187251251750704473_n.jpg


北海道は冬だというのに...この時期に外でお酒が飲めるなんて幸せ!

795928F5-C24C-4C9E-BB19-13173C76211C.jpg


夜景も楽しめてお洒落!こんなステキな所でまたお酒を楽しみたい...と、

思いながら、後ろ髪引かれつつバーを後に。夜ご飯は「ターミナル21」で

済ませ、今日もたくさん歩いたのでマッサージに行きたい!という同行者の

希望もあり、たまたま持っていたタウン誌掲載のマッサージ店へ。


足裏とタイ古式マッサージは気持ちよすぎて2人とも熟睡。スッキリした
後はホテルへ戻り、翌日のタイ最終日に備えて少しだけパッキングをして
就寝。


1/20(タイ最終日)


最終日も朝6:30ピックアップのオプショナルツアーでチャチュンサオへ!


オプショナルツアーに朝ごはんは付いていないので、前日に
買っておいた
パンとオレンジジュースを持参。他の
ホテルを経由してツアー参加者を
ピックアップ、約2時間ほどのバス移動です。


まずは、「ワット・ソートーン」へ。何故か添乗員さんがカゴいっぱいの
ゆで卵を購入。この寺で奉納するのは〝ゆで卵〟参拝後にその
ゆで卵を
食べるとご利益があると言われ、もちろんいただきました。

70A19918-9773-4AC5-94F7-9DCC0C944B64.jpeg


152DB9F2-3AB6-493E-87D8-E7A55160159C.jpeg


ワット・ソートンを後に、バスは一路〝ピンクのガネーシャ〟で有名な
「ワット・
サマーンラッターナーラーム」へ。個人で行く方も多い寺ですが、
ツアーに参加された方が安心
だと思います。通常の数倍の速さで願いを
叶えてくれるというピンクのガネー
シャ。修復直後という事もあり、
鮮やかなピンク!ガネーシャ像の大きさに
びっくり。縦22m、横18m。


16002911_1196517637062855_3806682559244598505_n.jpg

商業や学問の神様ですが、タイでは芸術の神としても有名だそうで、
芸能人がヒット祈願に訪れる事も。願い事をする時は、自分の生まれ
曜日の色のネズミの像の、片方の耳を塞ぎ、もう片方の耳に願い事を
囁きます。願い事、囁き中...


5D2211EA-AF7A-49D0-82FC-B47BFE582B75.jpeg


無事参拝終了。


037F4491-8226-43E1-9481-98B26BBEE6E3.jpeg


参拝後は周辺を散策、そして最後は「タラート・ロイ・ピー(100年市場)」へ。

ノスタルジックな雰囲気がたまらない!週末ということもあって、地元の人で
とても賑わっていました。

CD28CE43-A9D2-4DE8-9814-A42662106A76.jpeg


07F19DA8-7A05-4BE7-AB1B-248D2E42AC19.jpegのサムネール画像


このオプショナルツアーは、お昼にバンコク市内で解散。軽くランチを
取ったあとは、念願のスパ!3時間のコース
で日本円およそ7,000円弱。
頭のてっぺんから足の先まで解されていた...はず。


開始早々に気持ちの良さと疲れで夢の世界へ
(笑) 体の向きを変える時のみ、
眼が覚めるという状況でした。すごくすごく気持ちよかったです!
あまりの気持ち良さに、写真撮影もすっかり忘れてしまいました...

そして最後は、ターミナル21内のハーゲンダッツカフェでアイスを食べ、
お土産の買い忘れなどを購入。レイトチェックアウトではなかったものの、

ホテルの計らいで、ジムのシャワールームを使わせていただきました。
時間ギリギリまで観光やショッピングを楽しんだので、
空港へ向かう前に
ホテルでシャワーが浴びられるのは嬉しい!
シャワーを浴び、帰国の準備を
して、送迎バスにて
空港へ。


空港チェックイン後、少し腹ごしらえをしてから、タイ国際航空 バンコクー
新千歳
直行便(TG670)に搭乗!帰りも満席でした。23:15発の便だったので、
私は
映画もそこそこに就寝。そして、翌朝8:30には千歳空港着。

飛行機を降りた瞬間、
「あー、帰って来ちゃったね、また行きたいね!次は
プーケットやチェンマイにも
言ってみたいけど、もう一度、バンコク市内を
もっとゆっくりみてみたいね!楽しかったね!」
と話しながら、それぞれ帰宅。


タイは、〝女子旅向け〟だと改めて思いました。食事・観光・スパ・お買い物。
北海道からタイ国際航空の直行便で少し足を伸ばせば、すぐそこは異文化で常夏。
本当に楽しく、美味しい旅でした。

参加させて頂き、ありがとうございました。



☆ピンクガネーシャも観られるH.I.S.さん札幌発オススメツアー☆



★3/18の放送を聴く★

その他, スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる