• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2018.06.24

    タイ北部プレー県&ナーン県への旅(ナーン編②)『タイルー族の村とワット・ノンブア』

    ☆番組アンケート実施中!下記リンク先より 、この番組
    Sabaai Sabaai Thailandを選んでくださいね。抽選で
    100名様に500円分のクオカードをプレゼント!

    アンケートはこちらから!


    今月は、タイ北部ナーン県をご案内。

    35884787_1680359658686630_8597369000000749568_n.jpg

    タイの北東端に位置するナーン県は、、北と東がラオス、南はタイの
    ウッタラディット県、西はプレー県・パヤオ県・チェンライ県と接し、
    その起源はスコータイ県よほぼ同じ、700年以上前にまで遡ると推定
    され、現王朝・チャクリー王朝 / ラマ7世の時代、1931年にタイ王国の
    県の一つとなりました。

    面積は11,472平方キロメートルで、秋田県よりほんの少し小さい位。
    バンコクからは670キロ、バンコクのドンムアン空港からナーン空港
    までは、LCCがご利用いただけます。

    自然豊かなナーンの山岳部には、現在も独自の習慣と伝統を持つタイルー
    族をはじめ、カム族、モン族といった民族が暮らし、文化遺産も数多く、
    タイの皆さんにも人気の観光地、また昨今はナーンならではな〝スロー
    ライフ〟にも注目が集まっています。

    今週の旅先は、ナーン県ターワンパー郡のタイルー族の村と、壁画が
    素晴らしい「ワット・ノンブア」という寺院。

    36137157_1680359655353297_5971402308481712128_n.jpg

    35955087_1680359692019960_7963155961361727488_n.jpg

    この「ワット・ノンブア」は村のシンボルであると同時に、敷地内には
    タイルー族の生活が垣間見られる民族資料館の様な役割も果たしています。

    まずは、この寺院の本堂内部へ。

    36064089_1680359832019946_7435543053231718400_n.jpg

    35932308_1680360325353230_5163676924706291712_o.jpg

    35955087_1680359818686614_4144854692901421056_n.jpg


    今から500年以上も昔、1502年に基となる寺院が建立され、その後、
    チャクリー王朝・第5代目の王 / チュラロンコン大王の時代、1862年に
    現在の姿となったとのご説明でしたが、タイは口承文化ですので、
    実際の建立年等は不明なんだそうです。

    本堂は、タイ北部に華開いたランナー様式を反映した建築様式で、
    決して派手さはないものの、本堂の壁一面には当時の人々の活き活きと
    した生活や、パンヤーチャードックという仏教説話、はるか昔に
    この地を訪れた中国人やポルトガル人などが描かれ、なんだか
    古人の話し声まで聞こえてくるかの様な錯覚を覚えます。

    タイ国内の寺院壁画、じっくりとご覧くださいね。ユーモアのセンスは
    現代人にも通じるものがあり、思わず〝クスっ〟と笑ってしまう光景は、
    今も昔も変わりなく...。

    35923731_1680360725353190_9218229298849120256_o.jpg

    35850727_1680360775353185_8142936905755918336_o.jpg

    35921781_1680360168686579_5634886144756809728_o.jpg

    35963810_1680360462019883_7966667887400189952_o.jpg

    35971393_1680359672019962_3460363435655561216_n.jpg

    35971447_1680360305353232_3073835792267739136_o.jpg

    35971448_1680360458686550_4026328709521735680_o.jpg

    35971754_1680360472019882_4399906038669639680_o.jpg

    36063918_1680360702019859_4925404010413817856_o.jpg

    35971203_1680359968686599_2841320187146272768_o.jpg

    36175887_1680360375353225_5698026154032627712_o.jpg

    35972312_1680360638686532_7785962167827693568_o.jpg

    35963529_1680359942019935_5453077194114859008_n-1.jpg

    35922674_1680360092019920_2142349714677301248_o.jpg

    36063648_1680360935353169_7763049294692614144_o.jpg

    本堂を後に、敷地内に移築されたタイルー族の伝統家屋へ。

    34984512_1680360868686509_2562104247269195776_o.jpg

    36063370_1680360852019844_438139689858236416_o.jpg

    36176362_1680361018686494_5000149721403097088_o (1).jpg

    36064144_1680362622019667_4425875962151829504_o.jpg

    36137326_1680362665352996_5962214205204463616_o.jpg

    35963733_1680362705352992_3911121876868399104_o.jpg

    柔らかなお顔の仏様...この村に流れる穏やかな時そのものです。
    高床式伝統家屋の下には、タイルー族のお母さん達の機織工房と
    なっています。

    35896229_1680362068686389_2502639381379022848_o.jpg

    35990514_1680362572019672_885929604294901760_o.jpg

    36137584_1680362518686344_307100413750935552_o.jpg

    35963728_1680362092019720_243771374374486016_o.jpg

    35924296_1680362278686368_5219759993477136384_o.jpg

    36053766_1680362555353007_1250250797883588608_o.jpg

    35963583_1680362402019689_5398551635104366592_o.jpg

    36031860_1680362392019690_2973661010142953472_o.jpg

    36063474_1680361952019734_5593257092635951104_o.jpg

    36002994_1680362142019715_745569368686985216_o.jpg

    36048270_1680361945353068_5098352005437456384_o.jpg

    この模様は、タイルー族の伝統の模様「パーシン模様」。
    川の流れを表しているんだそう。

    36035073_1680361975353065_6308882838393454592_o.jpg

    皆さんも、〝こんなタイ知らなかった〟な、タイ北部ナーン県へぜひ。
    こちらの村へのアクセスは、少々困難かもしれませんが、壁画や
    村の様子は一見の価値あり!!!

    例えば...チェンマイで車と日本語可能なガイドさんを手配して、お車で
    ナーン県というのは、いかがでしょうか? チェンマイからナーンまでは
    車でしたらおよそ6時間。

    「ワット・ノンブア」の拝観時間は、午前6時〜18時までです。

    ☆タイ国政府観光庁・本庁公式サイト「Wat Nong Bua」(英語)☆

    ★6/24の放送を聴く★


    まだ見ぬタイ, 観る・知る

    2018.06.17

    タイ北部プレー県&ナーン県への旅(ナーン編①)『ナムキアン村のハーブ農園』

    今週からは、いよいよナーン県への旅がスタート!

    Seal_Nan.png


    35357154_1670661082989821_5410486619075510272_n.jpg

    ナーン県はタイの北東端に位置し、北と東がラオス、南はタイの
    ウッタラディット県、西はプレー県・パヤオ県・チェンライ県に
    接し、その起源はスコータイと同じく700年ほど前にまで、遡ることが
    できます。自然豊かなナーンには、現在も独自の習慣と伝統を守る
    タイ・ルー族や、カム族、モン族といった山岳民族が暮らし、今回の
    ナーン取材でも、タイ・ルー族の村を訪れましたが、1931年に
    現王朝・チャクリー王朝 / ラマ7世の時代に、タイ王国の県の一つと
    なりました。

    現在、タイ政府・タイ国政府観光庁では、〝地域密着型ツーリズム〟
    コミュニティー・ベースド・ツーリズムを推奨しており、地方ごと、
    村ごとの産業や伝統文化を守りつつ、ホームステイや体験型学習などを
    通じ、持続可能な村おこしを行っていますが、今日ご紹介のナーン県
    ナムキアン村は「創業産業村(Creative Industry Village)」にも指定され、
    様々なタイハーブの栽培とプロダクツの製造・販売で、コミュニティー・
    ベースド・ツーリズムと創業産業村としての成功例となっています。

    それでは!ナムキアン村のハーブ農園へ行ってみましょう。

    35360754_1670592296330033_8496858188224659456_n.jpg

    35431358_1670592569663339_1506246881838104576_n.jpg

    園内の遊歩道も自然に馴染む竹製です。レポート中、ギシギシと音が
    聞こえていますが、この竹の遊歩道を歩く音です。

    35357582_1670592636329999_6870574529605795840_n.jpg

    35415272_1670592669663329_4629058070218014720_n.jpg

    スタッフの方の丁寧なご説明を聞きながら園内を散策です。

    35429352_1670592512996678_5840727662212939776_n.jpg

    35364026_1670592689663327_7142759629494157312_n.jpg

    常時20種類ほどのハーブや果物、野菜が栽培されています。

    35358704_1670592486330014_7690436296958803968_n.jpg

    収穫したハーブを乾燥させるビニールハウスには、太陽光発電を利用。

    35418261_1670592506330012_4208226583166582784_n.jpg

    園内にはハーブ商品開発研究センターとショップもあり、衛生管理の
    行き届いたラボはガラス越しに見学をさせていただきました。

    35399175_1670592336330029_5977472862502518784_n.jpg

    35363283_1670592806329982_5947326774814703616_n.jpg

    35493929_1670593076329955_7163131097465749504_n.jpg
    35413501_1670593189663277_2059615227078508544_n.jpg
    35432209_1670592976329965_628195725032816640_n.jpg

    一部店舗でのみの取り扱いとなりますが、こちらで作られたシャンプーや
    石鹸、ボディケア用品はセブンイレブンでも購入可能。また、タイの
    一村一品運動「OTOP」商品として、デパートやスーパーマーケット内の
    OTOPコーナーでも販売されています。

    中でもバンコクのチッドロム駅直結のデパート「セントラル」内のTopsの
    OTOPコーナーは、ボディケア用品の品揃えが豊富です。

    35411471_1670593062996623_4932870278481969152_n.jpg

    また、こちらの農園では「ハーバルボール」の製作体験も!

    35509531_1670593252996604_4411983482411024384_n.jpg

    35357197_1670592842996645_401896350632902656_n.jpg

    35414782_1670593182996611_2997413162837344256_n.jpg

    ハーバルボールは、タイのスパトリートメントメニューの中でも
    大人気の温熱療法で、レモングラスやバイマックル(コブミカンの葉)、
    ガランガル(タイのショウガ)やタマリンド、ウコンなどを布に包み、
    水に軽く浸したハーバルボールを蒸し、患部に軽く押し当てたり滑らせ
    たり...その香りにも癒されます。

    35421882_1670593232996606_4565150550286401536_n.jpg

    蒸し立ては大変熱いので、粗熱を取ってから...またはタオル等で
    包んで患部に当ててください。最近は、バンコク都内のスパでも
    このハーバルボールは販売されていますので、お土産になさっても
    良いですね。

    電子レンジでチンしてもOK!(水に軽く浸してから)使用後は熱を
    冷ましてから冷蔵庫で保存すると、香りがあるまで2〜3回は使用可能。

    35415857_1670593366329926_5810199803472117760_n.jpg

    35416215_1670592856329977_8677616757369733120_n.jpg

    ちなみにハーブや薬草を使用したタイ伝統医学を総称して
    「サムンプライ」と言います。どれもタイ料理には欠かせないハーブ
    ばかり。タイ料理がヘルシーだと言われる所以はここにあり!

    35355030_1670593346329928_7174509900351930368_n.jpg

    ハーバルボール製作体験は、ハーバルボール10個から可。
    一個50バーツ〜で要予約!(FBメッセンジャーにて英語でも可)



    ☆ナムキエン村のハーブプロダクツ公式Facebookページ☆

    ★6/17の放送を聴く★

    まだ見ぬタイ, スパ&マッサージ, 観る・知る, 買う

    2018.06.10

    BTSアーリー駅周辺の味な店その2『Onedee Cafe(ワンディー・カフェ)』

    今週もバンコク!

    DSCF2488.jpg


    先週ご紹介した、カオソーイの専門店「Ong Tong Khao Soi」の
    お隣にあります、『Onedee Cafe』にご案内します。

    オシャレなカフェが続々とオープンしているバンコク...
    カフェはカフェでも、Sabaai Sabaai Thailandでご紹介するカフェは、
    限られた滞在時間中に、足を運ぶ価値ある〝特色あるカフェ〟が、
    ピックアップの基準です。

    ここ「Onedee Cafe」は、元々チェンマイでレストランを経営されていた
    オーナーが昨年2017年秋にオープンしたカフェで、ちょっとレトロな
    内装と伝統楽器のBGMが流れる店内では、タイの伝統と今が融合する
    ユニークなデザートを楽しむことができます。

    DSCF2563.jpg

    DSCF2569.jpg

    そのデザートというのが、タイの伝統菓子をモチーフに、同じ素材・
    製法で毎日手作りされるアイスクリームです。

    34605199_1659750404080889_4092624935644561408_n.jpg

    アイスクリームは常時6種類!全て1Scoop = 70バーツ(日本円で
    およそ240円ほど)写真のメニューはタイ語ですが、英語メニューも
    ありますので、ご安心を。

    ID_21611_5821a3f5d9901.jpg

    ココナッツやパームシュガー、タイティーにサラ(上記写真)という
    果物のソルベなど、いずれもタイならではなフレーバーのアイスクリーム
    です。

    今回、私がオーダーしたのは...

    DSCF2494.jpg

    メニューでは〝本日のパームケーキとアイスクリーム〟というセット。
    カノム(タイ語で菓子)タンというココナッツの蒸しパン風...
    カップケーキ風のお菓子と、カノム・タンのアイスクリームを。
    セットのアイスクリームは、6種類のフレーバーの中から、お好みで
    選ぶことも可能です。このセットのお値段は99バーツ(340円ほど)、
    アイスクリーム2 Scoopなら189バーツ(650円ほど)

    DSCF2505.jpg

    そして!

    DSCF2531.jpg

    ココナッツアイスクリームにカノム・フォイトーン&ルークチュップの
    セット。99バーツ(340円ほど)

    カノム・フォイトーンは、アユタヤ時代に日本からタイへと渡った、
    日本とオランダのダブルルーツの女性マリーさんが、日本の鶏卵素麺を
    もとに伝えたとされるお菓子で、タイではとても縁起の良いお菓子。
    そして青いボール状のものは、ルークチュップという伝統菓子で、
    トゥアルアンという緑豆の餡を植物や食用色素を混ぜたゼラチンで
    コーディングしたもの。タイの市場などでも、ミニチュアの野菜に
    形作られたルークチュップをよく見かけます。Onedeeさんでは、
    バタフライピー(アンチャン)という豆科の花で色付けされていました。

    DSCF2526.jpg

    これまたちょっとレトロな、タイガラスの涼しげな切子の器で
    サーブされます。

    タイ、特にバンコクでも最近は甘さ控えめのケーキやデザートが人気。
    いただいた2種類のセットも甘さ控えめで、素材の味が引き立つお菓子と
    アイスクリームでした。甘いものがちょっと苦手な私もペロッと!

    さらに!Onedee Cafeでは、ホットドリンクがタイの伝統的な焼物
    ベンジャロン焼きのカップ&ソーサーでいただけるんです!

    DSCF2545.jpg

    今回は、Cafeスタッフのチョイスで、キャラメルマキアートを。
    ホットドリンクは70バーツ〜(240円〜)

    34536810_1659806064075323_1740741517695254528_n.jpg

    先週ご紹介したカオソーイ専門店「Ong Tong Khao Soi」の壁一枚
    隔ててお隣ですので、ランチのディナーの後に、ぜひこちら
    Onedee Cafeにも!


    『Onedee Cafe』

    高架鉄道BTSスクンビット線アーリー駅の3番出口より、右手に
    スクンビット通りを見ながらモーチット方面へ歩くこと30秒、
    左に入るソイ(小路)パホンヨーティン通りを左折、さらに歩くこと
    30秒、ソイ・アーリー1を過ぎてすぐ!左手の路面店となります。

    営業時間:月〜木 10:00〜22:00、金〜日 10:00〜23:00
    年中無休


    ☆Onedee Cafe公式Facebookページ☆

    ★6/10の放送を聴く★

    食べる

    2018.06.03

    BTSアーリー駅周辺の味な店『Ong Tong Khao Soi(オン・トン・カオソーイ)』

    今週はバンコク!

    DSCF2653.jpg


    高架鉄道BTSスクンビット線・アーリー駅から徒歩3分のこちら、
    『Ong Tong Khao Soi(オン・トン・カオソーイ)」にご案内します。

    BTSアーリー駅周辺は、アーティストやデザイン事務所なども多く、
    ソイの呼ばれる小路には、穴場なおしゃれレストラン&バーやカフェも
    随分と増えましたが、商店街に食堂、惣菜を売る露店や屋台が並び、
    通常、バンコクの小路の入口付近には、バイタク(バイクタクシー)
    スポットがありますが、アーリーはトゥクトゥクがメイン。
    そのトゥクトゥクも地元民がチョイ乗り感覚で利用できる、庶民的な
    エリアです。

    そんなアーリーには今、バンコクっ子の間でも話題のお店が続々オープン。
    この「Ong Tong Khao Soi」も、カオソーイの本場チェンマイの人気店
    「Ong Tong Noodle」のバンコク1号店として、昨年2017年にオープン
    しました。お料理はどれも、オーナーのご家庭で代々受け継がれてきた
    レシピだそう。

    〝カオソーイ〟は、主にタイ北部やラオス、ミャンマーで食されている
    カレーヌードルで、諸説ありますが、タイのカオソーイのルーツは、
    中国・雲南省の中華系イスラミーズの麺料理にあるとも言われています。

    イエローカレーペーストがベースですので、スパイシーではあるものの、
    ココナッツミルクでコクとまろやかさが加わり、濃厚なスープに平打ちの
    卵麺と、カリッと揚げた卵麺のトッピングで、食感も楽しい一品です。

    ここ「Ong Tong Khao Soi」では、鶏・豚・牛・牛すじの4種類から
    好みの具を選ぶ事ができますが、今回、私は鶏をチョイス。別添え
    エシャロットにも似たホムデンとからし菜の漬物、タイのライム
    マナオをお好みで投入!

    しっかりと下味のついたホロホロと骨から外れる鶏肉に濃厚スープ、
    その相性は抜群です!

    DSCF2588.jpg

    さらに!汁なしのカオソーイもオーダー。バンコクでもカオソーイを
    提供する店はありますが、汁なしカオソーイは私もはじめて!

    DSCF2597.jpg

    汁なしカオソーイもよーく混ぜ合わせていただきます。お腹に余裕が
    あれば、汁あり・汁なしの両方をぜひ!

    もちろん、カオソーイだけでなく、北タイの郷土料理も。いずれも
    「Ong Tong Khao Soi」の人気メニューです。

    DSCF2632.jpg

    ホーモックというカレー風味の魚のすり身蒸しに近いでしょうか、
    「プー・オン」というお料理に...

    DSCF2637.jpg

    チェンマイのピリ辛ソーセージ「サイウア」

    オーダーの仕方は、テーブル上のメニューの書かれた記入用紙に
    オーダー数を記入しますが...その用紙に記載されているメニューは
    タイ語です。

    34110798_1655019474553982_5089027567013330944_n-1.jpg

    英語メニューもありますので...

    34324860_1655019464553983_3972464794518159360_n.jpg

    この英語メニューにも記載されているタイ語と、記入用紙のタイ語を
    見ながら頑張ってオーダーしてみましょう!

    34259054_1655019484553981_998808332745572352_n.jpg

    カオソーイのお値段は選ぶ具(鶏・豚・牛・牛すじ)にもよりますが、
    69バーツ〜89バーツ(日本円でおよそ240円〜300円ほど)

    私も取材終了後、プライベートで友人を伴い再訪。バンコクで北タイの
    味カオソーイ味わってみてくださいね。


    『Ong Tong Khao Soi』

    高架鉄道BTSスクンビット線アーリー駅の3番出口より、右手に
    スクンビット通りを見ながらモーチット方面へ歩くこと30秒、
    左に入るソイ(小路)パホンヨーティン通りを左折、さらに歩くこと
    30秒、ソイ・アーリー1を過ぎてすぐ!左手の路面店となります。

    営業時間:10:30〜21:00
    年中無休

    ☆Ong Tong Khao Soi公式Facebookページ☆


    来週は、このOng Tong Khao Soiのお隣のカフェをご紹介します。
    どうぞお楽しみに!

    ★6/3の放送を聴く★

    食べる

    ページトップへ