2018.07.15

タイ北部プレー県&ナーン県への旅(ナーン編④)『卯年の干支寺院・立仏が美しい寺院&クリスチャンスクール博物館』

ナーン県の旅もそろそろ終盤!

36821255_1703298429726086_1686010139556970496_n.jpg


寺院の詳細は放送後、本ブログ下部にアップします、オーディオ・
アーカイブ、またはラジオアプリradiko、radikoプレミアムの
タイムフリー機能(放送後1週間のみ利用可能)をお聴きくださいね。

タイ北部(一部ミャンマー、インド)には、それぞれの干支を祀る寺院が
あり、プレー県ご紹介時にも寅年の寺「ワット・プラタート・チョーへー」
にご案内しましたが、ナーンには卯年の寺院「ワット・プラタート・
チェーヘー」があります。

36837423_1703298439726085_7242017736748957696_n.jpg

敷地内のいたるところに、ウサギの置物。

36820586_1703298496392746_5014104499644530688_n.jpg

36941109_1703298449726084_8639805969829724160_n.jpg

36811490_1703298579726071_894560624544055296_n.jpg

36899966_1703298586392737_1844913750436478976_n.jpg

36904541_1703298716392724_4957674234307411968_n.jpg

36800556_1703298596392736_7745039058006441984_n.jpg

36823974_1703298669726062_517106602080206848_n.jpg

続いては、標高240メートルのドイ・カオノーイ(カオノーイ山)の
山頂にある寺院「ワット・プラタート・カオ・ノーイ」へ。
こちらの見所は、ナーンの街を優しく見守るこの美しい立仏です。
夕暮れ時がおすすめ!

36866256_1703305456392050_4536565373973037056_n.jpg

36796744_1703305393058723_8202561668983554048_n.jpg

36825312_1703305473058715_4584753880536973312_n.jpg

36867598_1703305336392062_2038675723912216576_n.jpg

36852210_1703305263058736_1655756531657867264_n.jpg

ナーンにはたくさんの寺院がありますが、キリスト教関連の施設も。
通称〝レッドスクール〟と呼ばれる、「ナーン・クリスチャン・
スックサー・スクール」です。

36889387_1703655736357022_1348437220603723776_n.jpg

築100年以上を経たこの建物は、現在、博物館として公開されています。
建物内には、当時の学校とナーンの街の様子が写真パネルとして、多数
展示されています。

36818336_1703305273058735_764022961962221568_n.jpg

黄色い壁にも理由が...(詳しくは、オーディオアーカイブを)

36963157_1703304979725431_3080527115091705856_n.jpg

36933374_1703304789725450_4350842552778227712_n.jpg

36849451_1703305049725424_60108277760917504_n.jpg

36794633_1703305003058762_3630920534054666240_n.jpg

ナーンの人々が、実際に使用していた生活道具や出土した品々も展示されて
います。伝統衣装に身を包んだ、こちらの学校の先生による館内ツアーも
あります。欧米列強の最中、次々と東南アジア各国が植民地化される中、
タイは唯一植民地化を免れますが、キリスト教など様々な宗教をも受け入れ、
柔軟に外交政策を行っていたことも、植民地化を回避する手段の一つだったと
改めて感じます。

先生の伝統衣装にも、タイの伝統とヨーロッパ文化の融合が見て取れますね。

36770614_1703305063058756_6040576544944947200_n.jpg

36766507_1703305173058745_510042944246382592_n.jpg

36905825_1703304839725445_6569222633227812864_n.jpg

36818842_1703304833058779_84874257485529088_n.jpg

36847421_1703304619725467_7260829839534325760_n.jpg

36818974_1703304363058826_3089813147918270464_n.jpg

「チャン(象)」というタイトルの映画撮影の舞台にもなったそう。

36802683_1703304376392158_2865623457159184384_n.jpg

36817626_1703304396392156_2955211058999984128_n.jpg

36856395_1703304526392143_1047840830447943680_n.jpg

36892550_1703304486392147_6332470858912628736_n.jpg

廊下の床が外側に向かって傾斜しています。これは、雨季のあるタイ、
雨水が溜まらない様、またその雨水を階下の庭にある水瓶へと貯める
為の工夫。

36815003_1703304699725459_2425939739442937856_n.jpg

36811961_1703304686392127_2296582531442540544_n.jpg

36839555_1703304906392105_5381238368531120128_n.jpg

36768989_1703304946392101_2155257152258703360_n.jpg

かつてはこんな建物もあったそうで、老朽化により解体。残念!!

36865313_1703304519725477_1051898174383325184_n.jpg

レッドスクールの1階には、ちょっとしたカフェも。ツアー終了後、
タイの伝統菓子と美味しいハーブティーをいただきました。

36840332_1703304756392120_1056074561927249920_n.jpg


★7/15の放送を聴く★

まだ見ぬタイ, 観る・知る