2018.09.28

菜食週間・ベジタリアンフェスティバル『キンジェー』

今週は、過去の番組取材より、タイの菜食週間『キンジェー』を。


32_20111015-je-2.jpg

タイでは毎年、中華系タイ人コミュニティーを中心に、太陰暦の
9月1日から9日間に渡り、「菜食週間・キンジェー」が行われます。
毎年その日程が異なりますが、今年2018年のキンジェーは10月8日〜
17日まで。(タイ国内エリアにより、開催期間は2、3日前後する場合も)


この「キンジェー」の起源については、番組内で詳しくご紹介して
いますので、ラジオアプリradiko、radikoプレミアムのタイムフリー
機能、または放送後に本ブログ下部にアップいたします、オーディオ・
アーカイブをお聴きいただくとして...

バンコクの中華街ヤワラートでのキンジェー取材の模様を。

32_20111015-je-1.jpg

32_20111015-je-4.jpg

ヤワラート通り一帯には、黄色時に赤で数字の〝17〟にも似たタイ語の
フォント、または漢字で〝斎〟と描かれた横断幕や旗が掲げられます。
通常時でも、ベジタリアンメニュー提供する屋台や食堂には、この黄色い
旗や看板がありますので、菜食の方は目印になさってください。

ヤワラート通りから中小路へと入ったところの中華寺院でも、キンジェーの
装飾が施されてありました。興味深げにお寺を観ていましたら、僧侶や
檀家の皆さんからお声が掛かり、「キンジェー」の際のお供え物や祈りの
作法について、お話を伺えることに!

32_20111015-je-14.jpg

お供え物は全部で3種類。

① 色鮮やかな紙でできたこちらは、来世でお金に困らない為のもの。

32_20111015-je-16.jpg

② お米や干し椎茸、米粉でできた乾麺などのセットは、来世で食に
困らない為。

32_20111015-je-15.jpg

③ ランプとサラダ油のセットは、悩み事が消え、来世でも明るい
毎日を送る為のもの。

32_20111015-je-26.jpg

この3種類をそれぞれの神様に、それぞれの作法でお供えします。

32_20111015-je-24.jpg

32_20111015-je-30.jpg



32_20111015-je-22.jpg

32_20111015-je-31.jpg

32_20111015-je-33.jpg

32_20111015-je-27-1.jpg

お寺の皆さんにお礼を言い、寺を後にしようとしたところ...
「せっかくだから、キンジェーのお料理も食べて行きなさい!」
という、有難いお申し出をいただきました。

お言葉に甘えて、お寺の奥へ...

32_20111015-je-34.jpg

次々と美味しそうなキンジェー料理が並びます。ちなみにこのお料理は、
さきほどのお供えもの②で作られているそうで、神聖なる食材で作られた
料理を口にすることで、体内に神様が入られるという意味になるんだそう。

これらお料理が、肉や魚はもちろん、キンジェーに則った調味料しか
使われていないとは思えない美味しさ!!

檀家のお母さん達、有難うございました。

32_20111015-je-39.jpg

お寺を後に、ヤワラート通りへと戻ります。

32_20111015-je-41.jpg

32_20111015-je-40.jpg

32_20111015-je-55.jpg

菜食週間・キンジェーの期間中にバンコクご滞在の方は、ぜひ中華街で
様々なキンジェー料理を召し上がってみてくださいね。

そして、このキンジェー発祥の地・プーケットでは「荒行」も。
「荒行」の理由も番組内レポートをお聴きください。

1970481_786729881387389_7101652006387138940_n.jpg

14291638_1199219246805115_69499204813507422_n.jpg


★9/30の放送を聴く★

観る・知る