• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2018.11.10

    リスナーレポーターさん in Sabaai Sabaai Thailand

    今週は、第5代目リスナーレポーターさんご報告!

    それでは!長谷川 瞳さん & 柴田 ちおりさんのレポートをどうぞ。

    < 1日目 >

      

    新千歳空港から「タイ国際空港」でスワンナプーム空港へ向かいます。

    2018年のエアラインランキング「エコノミークラス部門」で、なんと
    1位を獲得したのが「タイ国際航空」です!

    ☆タイ国際航空 TGスーパーディール北海道☆


    ①機内写真.jpg

    機内に足を踏み入れた瞬間から、タイを感じることができる色合いです。

    タイ航空では、1席ずつにモニターがついているので、映画はもちろん、

    ゲームや音楽も楽しめます。USBポートもついているので、スマホの充電が
    ピンチ!という場合も安心です。


    席に座ると、柴田がさっそく毛布の追加をお願い。

    確かに、長時間のフライトで「機内が暑すぎる・寒すぎる」というのは
    心配事の一つですよね。
    しかしタイ航空の機内は適温!ストレスを感じる事なく、

    到着まで快適に過ごすことができました。

    よほどの薄着でない限り、備え付けの毛布一枚あれば問題ないと思います。

    ※心配な方は、ご自身の体調等にあわせて準備してくださいね。


    しばらくすると待望の「機内食」が!

    ②機内食写真.jpg


    こちらはフィッシュに飢えていた私・長谷川がチョイスした機内食です。

    お魚(日本人好みの味噌系のお味でした)、ご飯、サラダ、うどん
    (ねぎ、めんつゆ付き)
    パン(バターつき)、デザート


    機内食の前にはスナック菓子とドリンク、バンコク到着前にはブリトーの

    様な軽食もあります。「もう待ちきれないぜ!」というお酒好きの方は、
    タイのプレミアムビール「シンハービール」も機内で飲めちゃいます。


    ③ワッサナーとの写真.jpg


    約7時間のフライトを経て「スワンナプーム空港」に到着しました!

    スワンナプーム空港には、HISの添乗員さん / ワッサナーさんが待っていて
    くれました。
    お母さん的キャラクターのワッサナーさん、ホテルまでの送迎車

    車内では、滞在するにあたっての注意事項を教えてくれました。


    ☆HIS バンコクツアー☆

    あっという間にホテルに到着。


    ④ホテルの写真.jpg


    着いてすぐ目に入るロビーがとにかく豪華!37階建・約1400室と、
    バンコク最大の客室数を誇るのが、今回宿泊する
    5つ星ホテル「バンコク・
    マリオット・マーキス・クイーンズパーク」です。
     
    ☆HISマリオットマーキス クイーンズ パーク☆


    「インペリアル・クイーンズパークホテル」を2年以上かけ改装し、2016年
    12月にマリオットブランドとして
    オープン!大きなシャンデリアにシックな
    色合いで、早々に期待も高まります。


    ⑤レセプションの写真.jpg


    チェックインもワッサナーさんのおかげでスムーズに行えました。
    ありがとう!お母さ...いや、ワッサナーさん
    !レセプションでワッサナーさんとは

    お別れし、いざお部屋へ!


    ⑤部屋の写真 ジャンプしてるやつ.jpg


    シックで落ち着いた部屋とは裏腹に、しば&はせのテンションは上がります!

    ※写真は勢いがありますが、周囲への迷惑を気にしてかなり控えめに跳ねています


    この後、城野さんと合流し、楽しみにしていたタイ料理を食べにいきました!


    ⑦タイ料理写真 コラージュ.jpg


    タイ料理はとにかくスパイシーで辛い!というイメージがあったのですが

    ただ辛いのではなく、ご飯が欲しくなる味なんです!


    長谷川は、手前の空芯菜炒めでご飯おかわりさせてもらいました。


    お腹いっぱい食べたあとは、城野さんが「鉄道市場(タラートロットファイ・
    ラチャダー)」のナイトマーケットへ案内して下さいました!

    マーケットは大まかに、雑貨・ファッション・飲食・Barのエリアに分かれて
    います。
    タイ初日ということもあり、つい財布の紐もゆるんで(主に長谷川)
    お買い物を楽しんだあとは3人でかんぱーい!

    ⑧3人で乾杯してる写真.jpg


    ちなみに、写真映えスポットで有名な↓の景色は、このナイトマーケットに

    隣接するショッピングモール「エスプラネード」の駐車場から見ることができます。


    ⑨宝石みたいな景色の写真.jpg


    写真で満足してしまわずに、是非実際に足を運んでほしい場所の1つです!


    <2日目>


    2day①朝食会場の写真.jpg


    2日目は、密かに楽しみにしていたホテルの朝食ビュッフェからスタートです。

    朝食ビュッフェはホテル内の「goji kitchen」でいただくことができます。


    2day②朝食コラージュ.jpg


    ここなら、界一嫌いな食べ物が多い人でも大丈夫!と言えるほど、とにかく
    お料理の種類が豊富!
    和・洋・中はもちろん、パンやフルーツ、グラノーラも
    用意されています。
    その場で作ってくれる飲みやすいスムージーもありました!

    朝食は食べない派だよ~という方も、是非一度足を運んで見てください。

    世界中のお料理がスタイリッシュに並べられているので見てるうちに食欲が
    湧いてくるかもしれないですよ!


    2day③皿に盛った朝食写真.jpg


    というわけで、こんな感じの爽やかな朝食の一皿ができあがりました。
    (画面外でそこそこの量を食べていますw)

    おいしい朝食で力をつけた後は「チャトチャック・ウィークエンドマーケット」に
    繰り出します!ホテルからマーケットまでは、最寄り駅であるBTSスクンビット線
    「プロンポン(Phrom Phong)駅」から6駅先の「モーチット(Mo Chit)駅」で
    降り、駅から3分程度歩けばマーケットに到着します。

    気合を入れてお買い物スタートです!


    2day ④チャトチャックウィークエンドマーケットの写真.jpg


    ファッション、雑貨、食器、飲食など、エリア分けされています。

    とにかく広いので、「やっぱり買おう!」と思った時には、戻り方がわからない...
    分かってても広すぎて戻れない...は、あるあるです。

    これから行かれる方は悔いの残らないようにお買い物楽しんでくださいね!


    2day ⑤マーケット内コラージュ写真.jpg


    ちなみに写真内のサンダルは、日本円にして約300~400円、ビキニ上下セットは
    1000円弱という安さでした!感動!

    お買い物を楽しんだ後は「寺院」という言葉からは想像がつかないほど、
    幻想的な光景が印象的なワットパクナムへ!


    2day ⑥ワットパクナムの写真.jpg


    フォトスポットとして有名になりつつありますが、あくまでも「寺院」なので
    もちろん瞑想される方もいらっしゃいます。〝はしゃいじゃう気持ち〟は、
    とってもよく分かるのですが、最低限のマナーは守りましょう!


    実物の光景は本当に圧倒されます!こちらも直接目で見てみてほしいスポットです。


    <3日目>


    3日目は朝4:00 起きして早朝からパタヤへ!


    柴田のタイ人の友達ご夫婦が、超ローカルな島「サメサン島(Samae San Island)」
    に連れていってくれたんです!

    3day ① サメサン上陸.jpg


    サメサン島は海軍直轄下で管理されている島です。

    基本はタイ人同伴、またはタイ語を通訳できる人同伴でないと島には上陸できません。

    貴重な場所に案内していただき感謝の気持ちでいっぱいです。


    ②.しばた 島写真.jpg


    島での午前中は、アクティブにシュノーケルを楽しんで...午後はビーチを
    眺めながらゆったり過ごすことができました。


    <4日目>


    最終日は、HIS様が提供されているアユタヤツアーに参加しました!


    ☆HIS 世界遺産・昼から気軽にショートアユタヤ☆


    午後からのツアーなので、午前中はゆっくり過ごしたい方にもぴったりです。

    各見学場所に向かう道中、歴史なども教えて下さるので、何も知らずに

    見るのとではやはり景色も違って見えます!ガイドさんも参加者の方々に楽しんで
    いただけるよう、日々、日本語を練習されているそうですよ!


    立ち寄るスポットは真っ白な涅槃仏が有名な「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」
    仏像の頭が木の根っこに埋まっている光景が有名な「ワット・プラ・マハタート」
    アユタヤ王朝の王室寺院「ワット・プラ・シー・サンペット」などなど。


    4day ①立ち寄りスポット写真 コラージュ.jpg


    最後は象乗り体験(別料金)もでき、充実した時間を過ごせました!


    4day ②象乗り.jpg


    以上で今回のタイの旅は終了です!

    ブログでは書ききれないのが残念ですが、滞在中楽しくいられたのは

    自然な笑顔で接して下さる優しい現地の方々おかげと心から思っています。


    微笑みの国タイ、また行きタイ!


    ここまで読んで下さりありがとうございました!


    ★11/11の放送を聴く★


    ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.10.14

    伝統船でディナークルーズ『Baan Khanitha Cruise』

    今週はバンコク!

    cruise2.jpg


    『Baan Khanitha(バーン・カニタ)』は、現在、バンコク都内に4店舗を
    運営する人気のタイ料理レストラン。中でもここアジアティーク店は、
    チャオプラヤー川の川沿いに建つ、築70年以上を経た白亜のコロニアル
    スタイルで、アジアティークの中でも一際目を引く店舗です。

    このバーン・カニタが昨年より運航しているのが、かつて米の運搬用に
    使われていた〝ライスバージ〟という伝統船を使用したディナークルーズ。

    チャオプラヤー川では、様々なタイプのディナークルーズが運航されて
    いますが、母なる川・チャオプラヤー川の歴史的地区でより〝タイらしさ〟
    を感じるなら、伝統船ディナークルーズがオススメです。

    アジアティーク発着というのもポイント!アジアティークの営業時間は、
    16時〜25時(店舗により)ですので、ディナークルーズの前後にお買物や
    エンターテイメント、軽く一杯を楽しむことができます。

    お料理はコース料理でテーブルサーブ。「ゴールドコース」と「プラチナム
    コース」の2種類から選ぶことができます。

    P1000837.jpg

    19:00 
    バーン・カニタ アジアティーク店に集合。伝統ハーブティーや
    スナックをいただきながら、出航を待ちます。

    19:30
    スタッフの方の案内で乗船!

    およそ2時間半のディナークルーズとなります。今回は、バーンカニタさんの
    計らいで、両コースのお料理をいただきました。

    P1000818.jpg

    P1000842.jpg

    前菜4種からスタート。
    お皿右側のロゴは、シナモンで描かれたもの。香りを楽しみながら...

    P1000915.jpg

    トムヤムクン

    P1000856.jpg

    お口直しのライムシャーベット

    ●●●●ここまでは、両コースとも同じ●●●●

    以下、ゴールドコース』のお料理

    P1011014.jpg

    野菜炒め

    P1000995-thumb-400x300-15623.jpg

    チキンのマッサマンカレー&ロティー

    P1000986-thumb-400x300-15625.jpg

    ライスはブラウンライスとジャスミンライスをお好みで...
    ライスも両コース同じです。

    P1011032.jpg

    白身魚のディープソテー

    P1011022.jpg

    デザートはカオニャオマムアン、コーヒー・紅茶もお好みで。
    こちらも両コース同じ。

    続いて『プラチナムコース』

    P1000949-thumb-400x300-15621.jpg


    ロースダックのレッドカレー

    P1000924-thumb-400x533-15627.jpg


    アユタヤ産 川エビ

    P1000960-thumb-400x300-15617.jpg

    スズキのディープフライ甘辛ソース和え

    P1011051.jpg

    エリンギと青梗菜のオイスターソース炒め

    『Baan Khanitha Cruise』

    ゴールドコース     :お一人様 2,400バーツ++
    プラチナムコース :お一人様 2,800バーツ++

    (アルコール類は別途)

    ・7歳以下のお子様は無料、7歳〜12才は上記金額の半額
    ・ドレスコードはカジュアルスマート
    ・ハイヒール、ピンヒールはお控えください。


    36320641_1956212544400078_900059488352993280_n.jpg




    旅行会社さん、オプショナル予約サイトでもご予約取り扱いあり。

    ★10/14の放送を聴く★

    食べる

    2018.10.06

    タイで体験もののススメ!『ソンポン・タイ・クッキングスクール』

    今週は、タイで体験もののススメ!

    42622662_1820072331382028_2299051506277548032_n.jpg


    今回は、今年8月に札幌で開催した番組パーティー「Sabaai Sabaai 
    Thailand Ladies Night」でご披露した、動画の撮影取材で訪れたこちら
    「Sompong Thai Cooking School(ソンポン・タイ・クッキング
    スクール」をご紹介。

    パーティーのゲスト / モデル・冒険家のGaruちゃんと共に、タイ料理を
    習って参りました。 

    こちらのタイ料理スクールは、世界最大の旅行口コミサイト・トリップ
    アドバイザーでも、参加者の評価が高い「エクセレンス認証」を
    授与されたスクールで、タイ人の先生による、全編英語でのクラスと
    なります。

    午前と午後の二部制で、ご予約時にご希望のクラスをチョイス。私たちは
    午前のクラスに参加しました。朝9時に高架鉄道BTSチョンノンシー駅
    三番出口集合。赤いエプロンを身につけたスタッフの方が待っています。

    まずは、スクールの方の車に分乗し、スクール近くのローカル市場へ。
    市場ツアーの際には、参加者一人一人に、団扇と買い物カゴが渡されます。

    42666657_1820072704715324_7193762602357358592_n.jpg

    各自カゴと団扇を持って市場へ。

    42636051_1820072671381994_830801173609971712_n.jpg

    42628341_1820072681381993_9054092274614403072_n.jpg

    市場では、タイ料理に欠かせない野菜やスパイス、調味料について、
    先生から丁寧な説明があります。

    42622633_1820072588048669_2534908346847199232_n.jpg

    42612034_1820072344715360_3818738191188361216_n.jpg

    42611645_1820072514715343_5430959942196527104_n.jpg

    42576113_1820072444715350_3716189718078029824_n.jpg

    42586748_1820072531382008_8907772166292897792_n.jpg

    30分〜45分程の市場での説明が終わると、本日のスクールメニューで
    使用する食材や、搾りたてのココナッツミルクを各自カゴに入れ、
    徒歩でスクールへ。

    42727695_1820072321382029_799613702381764608_n.jpg

    テーブルには参加者それぞれに、エプロン・飲料水・お手拭き・
    オリジナルのレシピブック、筆記用具が準備されています。

    これまでに私が参加したタイ料理のクッキングクラスでは、当日、
    調理するメニューのレシピのみ(紙1枚)という所がほとんどでしたが、
    ソンポンのレシピブックには、市場で説明のあった野菜や調味料については
    もちろん、スクールで習うことのできる全てのタイ料理のレシピが
    掲載されています。このレシピブックだけでも参加料の元が取れて
    いるのではないでしょうか...。

    続いて、先生より注意事項と本日のメニュー紹介、使用するスパイスの
    説明があります。

    42591545_1820072264715368_6113869148238905344_n.jpg

    42664153_1820072214715373_8601368147129270272_n.jpg

    42611826_1820072191382042_2303599069190160384_n.jpg

    先生のお手本の後、各自のテーブルで調理スタート。

    42624675_1820072161382045_7530196624832724992_n.jpg

    下ごしらえをする部屋と火を使う部屋が分かれており、移動している間に
    スクールのスタッフの方が次のお料理のセットを各自のテーブルに準備。
    これはなかり効率よし!

    42656874_1820072071382054_1228391879658176512_n.jpg

    市場ツアーの段階で、各国からの参加者も打ち解け、終始笑いありの
    レッスンとなります。英語ではありますが、先生のお手本もありますし、
    料理で使う英語は難しくありませんので、英語が苦手〜という方も安心して
    参加いただけます。

    42580989_1820072024715392_347944195526230016_n.jpg

    42576464_1820072114715383_7753777134610415616_n.jpg

    かなり〝レア〟な、私・城野の調理風景です。

    42675079_1820071844715410_294726870669197312_n.jpg

    メニューは日替わり、今回は「トムヤムクン」、「カオパックン
    (エビの焼き飯)」、そしてカボチャとココナッツミルクのデザート
    「ファクトーンゲーンボアッ」の3品に、旬のマンゴーがおまけ。

    42558979_1820071901382071_1380800507848687616_n.jpg

    スクールで頂いて帰るもよし、持ち帰りも可能。持ち帰りの場合は、
    専用のケースに入れて、お帰りの際に出口でお渡し。

    帰りは各自となりますが、手ぶらで気軽にタイ料理の調理体験、

    かなり人気のスクールですので、ご予約は日本ご出発前がオススメです。

    パーティーで披露した動画がこちら!


    ★10/7の放送を聴く★

    観る・知る, 食べる

    2018.09.23

    チャーン島の漁村『バーン・サラコック(サラコック村)』

    今週は、トラート 県チャーン島の東に位置する漁村へ。

    42200203_1811899845532610_3170866963274530816_n.jpg


    トラート 県とチャーン島概要、リポートは本ブログ下部に放送後
    アップいたします、オーディオアーカイブまたはラジオアプリradiko、
    radikoプレミアムのタイムフリー機能でお聴きください。

    現在、タイ国内では地方のコミュニティーの生活や伝統文化に着目した
    エコツーリズム、コミュニティーツーリズムを促進。今回の旅先
    バーン・サラコック村もその一つです。

    この村では、伝統舟「マッドボート」で村を巡るアクティビティーを
    体験させていただきました。

    42264908_1811900472199214_7477749301712519168_n.jpg

    42158402_1811900452199216_3217829329689903104_n.jpg

    42151334_1811900335532561_4797953647633760256_n.jpg

    マングローブの入り江をゆっくりゆっくりボートは進みます。

    42194259_1811899935532601_6886264491814682624_n.jpg

    〝命のゆりかご〟とも称されるマングローブ、シャコや牡蠣、
    カニなどが生息しています。

    42200809_1811900002199261_2740840810235822080_n.jpg

    42261187_1811899952199266_7651198141462478848_n.jpg

    この村に到着したのは、午前10時。早朝から漁に出ていた船も、
    漁を終え村へともどってくる時間帯。

    42271861_1811899992199262_7560055731395756032_n.jpg

    村の中でもひときわ目立つこちらのおうち、実はイギリスの方が
    借りているそうで、年に数ヶ月を過ごされるんだそう。大自然の懐に
    抱かれ、穏やかに時間が経過するこの村を、そのイギリス人の方が
    選ばれた理由が、なんとなくわかるような気がします。

    海が見えてきました!シーズンによってはイルカの群も見ることが!

    42245251_1811900192199242_231248078668038144_n.jpg

    この入り江には所々に中洲があり、その中洲には1本だけマングローブが
    生えていたり...。その中洲に降りてみました。

    42190374_1811900185532576_2724161382051217408_n.jpg

    砂浜にはキラキラと光る貝殻がたくさん!お天気が良ければ、
    水の中で陽の光を反射する貝殻が、もっと違って見えるのかもしれません。

    42182156_1811900132199248_1735023060798406656_n.jpg

    ボートは海の手前でUターンし、村へともどります。およそ45分の
    心地よいボートトリップです。

    村では漁から戻った漁師さんやお母さん達が、選別をしたり網を
    繕っていたり。

    42204023_1811899438865984_4419369060928585728_n.jpg

    42241149_1811899508865977_1747246627917135872_n.jpg

    42226012_1811899652199296_7059113651050905600_n.jpg

    42145007_1811899858865942_6917878131172835328_n.jpg

    42142839_1811899665532628_2055076078006829056_n.jpg

    42138169_1811899775532617_431318083496312832_n.jpg

    それが終わると、ハンモックに揺られながらタバコを薫せ一休み。

    42194205_1811899608865967_7015939188092567552_n.jpg

    現役を引退した日本の漁協に所属していたボートが!

    42189778_1811899472199314_7961423199755829248_n.jpg

    村唯一の食堂で、新鮮なシーフードの数々をいただきました。

    42194396_1811899332199328_8520210320550002688_n.jpg

    42252215_1811899368865991_2621568262755844096_n.jpg

    42250786_1811899158866012_2962708568660246528_n.jpg

    和田アキ子さんと同じ手の大きさw の私の手より大きいシャコです!

    42204432_1811899175532677_1638127692362547200_n.jpg

    42271812_1811899235532671_2305159911845134336_n.jpg

    食堂に隣接する商店も良い感じです。

    42143636_1811899355532659_153732053643296768_n.jpg

    今回、トラート 県とチャーン島取材でご一緒した、タイ専門の
    旅行会社さんA&Aさんでは、このトラートとチャーン島の魅力満載の
    ツアーも!個人ではアクセス等に自信がない...という方も、ツアーでなら
    安心ではないでしょうか? 番組でご紹介したトラート やチャーンの
    見所満載のツアーとなっています。

    ☆A&Aさん公式サイト☆

    ★9/23の放送を聴く★

    まだ見ぬタイ, 観る・知る, 食べる

    2018.09.22

    ツーリズムEXPOジャパン2018

    東京ビッグサイトで開催中の『ツーリズムEXPOジャパン2018』

    42130546_2140376639368953_727193664643661824_n.jpg


    世界最大級の旅の祭典に、今年もタイ国政府観光庁はブースを出展。
    タイ国政府観光庁の本EXPOへの参加は、今年で30回目となります。

    42251825_1813982445324350_8291428463642935296_n.jpg

    今回、タイ国政府観光庁は2016年より展開中のキャンペーン、
    タイ国内各地の隠れた魅力をPRする「タイ12の秘宝」が高く評価され、
    「ジャパン・ツーリズム アワード」の「エクセレント・パートナー賞」を
    受賞しました。

    42194196_1813982491991012_3483002423021142016_n.jpg

    42233041_1813977301991531_6174591340035178496_n.jpg

    番組でも、この「タイ12の秘宝」で紹介されているタイ北部・ナーン県
    (プレー県含む)、タイ東部・トラート 県をご紹介。番組ブログ過去ログも
    ぜひご参照ください。


    タイ国政府観光庁では毎年ブーステーマを設け、タイ各地の魅力を
    発信していますが、今年のブーステーマは「タイ東北部(イサーン)の
    カラシン県」

    まだまだ日本の旅行者には馴染み薄いところかもしれませんが、首都
    バンコクから飛行機でおよそ1時間のカラシン県は、タイで最大規模の
    恐竜化石が出土するなど、世界の考古学・古生物学・地質学的にも、
    今、注目のエリアです。

    42249825_2140376629368954_6529637938295209984_n.jpg

    EXPOの一般公開に先立ち行われた記者会見で、タイ国政府観光庁・
    副総裁(アジア・南太平洋地区ご担当)サンティ・チェディントラ氏と
    タイ国政府観光庁・東京事務所 所長 パッタラアノン・ナ・チェンマイ氏は、

    『リピート率の大変高いタイですが、まだタイを訪れたことのない方や
    年代層に向け、タイへの関心を深めていただくという目的から、現在、
    乃木坂46を起用したPRを展開しています。今後も新たなリピーターと
    なり得る学生(特に大学生)の皆さん、そして女性の皆さんにお越し
    是非タイへお越しいただき、食文化・スポーツ・地方での豊かな
    文化体験を楽しんでいただきたいと思います。

    首都バンコクやチェンマイ、プーケットやパタヤ、サムイといった
    デスティネーション以外にも、タイには素晴らしいデスティネーションが
    点在しています。EXPOで毎年ブーステーマを設け、タイ各地をご紹介
    いたしますのも、
    まだまだ日本の皆さんがご存知ない魅力が、タイには
    たくさんあるからです。
    そんな〝まだ見ぬタイ〟の多彩な魅力に、ぜひ
    触れてみてください。』

    また、今回「カラシン県」をフィーチャーした理由として、

    『田園地帯が広がり、タイの心象風景とも言えるカラシン県では、
    稲刈り後の〝わら〟を使用し、動物など様々なアートを作成しています。
    日本の新潟県西蒲区でも〝わらアート祭り〟が開催され、
    西蒲区の素朴な
    田園風景が、日本の皆さんの国内旅行先として注目を集めている事から、
    「わらアート・米どころ・多彩な郷土料理・素朴さ」など、西蒲区との
    共通点が多いカラシン県は、今後、日本の皆さんにも気に入っていただける
    旅先になるかと思います。今回のEXPOを通じて、知られざるカラシン県の
    魅力を、より多くの皆さんにお届けしたいと思います。』

    と、語ってくださいました。

    番組でも、ぜひ機会がありましたら、カラシン県を訪れてみたいと
    思います。







    その他, まだ見ぬタイ, 観る・知る, 遊ぶ, 食べる

    ページトップへ