• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2018.04.08

    花の博物館で楽しむディナー『The Museum of Floral Culture(ザ・ミュージアム・オブ・フローラル・カルチャー)』

    今週は、タイの花博物館で楽しむディナーとアフタヌーンティーを
    ご紹介。


    museum4.jpg

    ©photos courtesy of The Museum of Floral Culture


    タイ王室専属フローリストのサクン・インタクンさんがプロデュース
    するこの博物館『ミュージアム・オブ・フローラル カルチャー』


    entrance-2.jpg


    orchid-1.jpg


    30222326_1603247556397841_7621901115057540988_n.jpg


    orchid-2.jpg


    32_20121027-flower-12.jpg


    arrange-1.jpg


    博物館について(アクセス含)は、2012年取材時のブログを
    ご覧いただくとしまして...

    ☆2012年の取材時のブログ☆


    博物館併設のレストラン『Midnight Moon』は、週末限定オープンで

    コースディナーのみ。アジア各国を旅してこられた、サクンさんの体験に

    インスパイアされたコースディナーとなっていて、メニューもフュージョン。


    30222112_1603250163064247_3744172724957534625_n.jpg

    ©photos courtesy of The Museum of Floral Culture


    心地よいジャズのBGMが流れる中、色とりどりのゴージャスなランの

    アレンジに囲まれてのディナー、アミューズはなんと「お豆腐の田楽」


    30264443_1603247423064521_6292930577199650826_n.jpg


    サクンさんが飛騨高山で味わったという、朴葉味噌の田楽にヒントを
    得た
    ものだそうで、朴葉の代わりにタイ料理や伝統菓子の香りづけと
    して
    使われる〝パンダンリーフ〟を使用。田楽の隣に添えられている
    白い花は
    〝ギンコウボク〟という、とても良い香りの花で、時折
    鼻先をかすめる
    オリエンタルな香りに、田楽の風味が増す一品。


    19894897_191199931415135_3950255958866745038_n.jpg

    ©photos courtesy of The Museum of Floral Culture


    2品目は人気のタイ料理ポメロ(ザボン)のサラダ。
    大ぶりのマリーゴールドが敷き詰められたトレイに乗って登場!
    タイ国際航空のロゴマークにもなっている〝ラック〟という小さな
    白い花の
    ストリングも、タイの伝統的なフラワーアレンジの一つ。

    30226405_1603247296397867_4571847327205757507_n.jpg


    トムヤムクンも、レモングラスやバイマックル(コブミカンの葉)
    唐辛子など、様々なハーブが入ったコーヒーフィルターにスープを
    注ぐというスタイル。スープが注がれた瞬間〝これぞ
    タイ!〟な、
    香りが立ち上り、食欲をそそります。

    日本通としても知られるサクンさん、調理法や器にも〝日本〟を
    取り入れてくださっています。

    30226498_1603247323064531_3107160514653182131_n.jpg


    そして!デザートはバラのソルベ、しかもこの
    ソルベがサーブ
    される前には、テーブル一面に真っ赤な
    バラの花びらが散り
    ばめられます。


    30412127_1603247299731200_4268703889526353986_n.jpg


    『ミュージアム・オブ・フローラル カルチャー』併設の

    レストラン「Midnight Moon」でのディナー

    営業時間:金・土・日の週末のみ、1日20名様限定。

                  18:00〜24:00

    ご予約 :☎︎ +66 02 669 3633   ※完全予約制 

    料金  :お一人様 1600バーツ++


    5月18日より、ディナーコースのメニューが
    新しくなります。


    5/18以降の料金:お一人様 
    2400バーツ++

    また、併設のカフェ「ドック・マイ・タイ・サロンドティ」では、
    アフターヌーンティーもスタート!


    30412280_1603250169730913_4673267026506773301_n.jpg

    ©photos courtesy of The Museum of Floral Culture



    「1908 ロイヤル・サイアミーズ・アフタヌーンティー」と題された
    このアフタヌーンティーは、1908年 ラーマ5世・チュラロンコーン王
    即位40周年を記念して、デュシット宮殿で開催されたお茶会と、
    即位の際に2週間に渡って行われた、
    花で装飾された車のパレードが

    モチーフ。

    『ミュージアム・オブ・フローラル カルチャー』併設のカフェ

    ドック・マイ・タイ・サロンドティ」でのフタヌーンティー
    〝1908 ロイヤル・サイアミーズ・アフタヌーンティー〟


    営業時間:火・水・木・金の平日4日間のみ、1日12組・24名様限定。

          13:30〜16:30

    ご予約 :☎︎ +66 02 669 3633   ※完全予約制 

    料金  :お一人様 2,451バーツ++



    5月には、タイのフラワーアレンジ・ワークショップの開催も予定
    されています。

    29594771_1639069056212950_846374235135600990_n.jpg


    32_20121027-32346_418888678165976_294082969_n (1).jpg


    『ミュージアム・オブ・フローラル カルチャー』で、優雅なダイニング

    エクスペリエンスをお楽しみくださいね。


    ☆The Museum of Floral Culture公式サイト☆


    ☆The Museum of Floral Cultureレストラン
        Midnight Moon公式 Favebookページ☆


    30226636_1603247486397848_9142461099576356322_n.jpg


    <4月の休館日のお知らせ>


    4/9〜16 タイ正月・ソンクランに伴い休館、

    17日より通常開館。


    ★4/8の放送を聴く★


    ピープル, 観る・知る, 食べる

    2018.04.01

    エメラルドグリーンの海に面した楽園・クラビ&カオラック

    今週は、タイ取材・クラビ&カオラック編のまとめ!

    12119030_1637022743245989_3731378909953753931_n-1.jpg

    ご紹介したクラビのリゾートは、下記リンクをご覧ください。

    ☆天然温泉リトリート・Wareerak Hot Spring Retreate☆






    取材の合間に撮影した写真を。アイランド ホッピングの
    取材当日は快晴!

    29594463_1596547040401226_4447253303749976846_n.jpg

    クラビ県に属する島の数は130以上!タイ国内では、パンガー県の
    160に次ぐ島の数となります。レオナルド・ディカプリオ主演、
    2000年公開の映画「ザ・ビーチ」の舞台ともなったピピ島も、
    クラビ県の本土からおよそ40キロの沖合に位置しています。

    そんな島の数々をめぐるアイランドホッピングもオススメ!石灰岩の
    島々のユニークな景観や、シュノーケリングにダイビング、カヤックに
    ロッククライミングを楽しむことができます。

    こちらはガイ(鶏)島 

    29570904_1596546963734567_8396543669393701004_n.jpg

    アイランド・ホッピングの人気スポットがこちら!干潮時には
    タップ島とモ島との間を歩いて渡ることができます。タイ語では
    〝タレー・ウェーク(海が割れる)〟と呼ばれるこの現象、
    タップ島とガイ島との間でも起こるそうで、〝サンド・バー〟と
    称される白砂のビーチが出現!この2つの島の間でこの現象が
    起こるのは、とても珍しい事なんだそうです。観られたらラッキー!

    ☆タイ国政府観光庁・ガイ島インフォメーション☆


    モ島からタップ島へと戻る途中。あまりの気持ち良さに、モ島の
    ビーチでボ〜っとしてる間に、足首あたりだった水位がみるみる
    うちに太ももあたりにまで!

    島渡りをされる際は、ビーチサンダルよりマリンシューズの方が
    オススメです。ビーチサンダルは波にサンダルを持っていかれて
    歩きにくく、足裏に細かな石や貝殻も入って痛いです。

    25398863_1596584987064098_4931054944832051888_n.jpg

    シュノーケリングスポットへ!以前に番組でご紹介した、
     Asian Oasisさんのライスバージ・クルーズ〝ジューン・バトラ号〟も。

    ☆Asian Oasisさん公式サイト☆

    29573067_1596546937067903_148815256898972334_n.jpg

    29571107_1596547090401221_4032100318139075394_n.jpg

    この海の色!世界最大の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーの
    毎年恒例、トラベラーズ・チョイス〝アジアのベストビーチ2018〟
    でも、クラビのプラナンビーチがTop5に入っています。

    29598324_1596547087067888_2780166490397599405_n-thumb-400x400-14484.jpg

    うらやましい...

    29572638_1596546793734584_7116901562491983838_n.jpg

    クラビタウンのナイトマーケットの様子。

    26239185_1596547260401204_8637142271796279259_n.jpg

    29572490_1596547187067878_2103816817302809315_n.jpg

    ここからはカオラックのサンセットを...。下記写真、全て同日のもの、
    加工一切なしです!刻々とその表情を変えるカオラックの夕焼けの
    美しさには本当にため息もの。

    29572233_1596546900401240_1530756820921341633_n.jpg

    29683393_1596546597067937_3304387656477970538_n.jpg

    29790707_1596546867067910_8830072190797938639_n.jpg

    29683086_1596546743734589_2516779493714407022_n.jpg

    たまたまビーチ手前のリゾート芝生エリアでサッカーに興じていた
    イケメン2人組に、お願いしてビーチでサッカーをやっていただきました。

    29694971_1596546627067934_4073536228477742790_n.jpg

    写真向かって左側の方...

    サッカー元カナダ代表のMo Ali Heydarpourさん!

    そうとは知らず...かなり軽いノリでお願いしたにも関わらず、
    「Sure! Let's do it」」と、快諾くださいました(汗)


    次回の旅先にクラビやカオラックはいかがですか?


    29573156_1596546790401251_9138331748354004400_n.jpg

    ★4/1の放送を聴く★

    ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.03.18

    第4期リスナーレポーターさん in Sabaai Sabaai! Thailand

    今週は、第4期リスナーレポーターの栗林 芳恵さんと、同行くださった

    ご友人カオリさんの〝女子旅バンコクレポート〟をお届けします。

    〜リスナーレポーターになったきっかけ〜


    3泊5日で、タイのバンコクへ!

    きっかけは、昨年の夏に開催された『FMノースウェーブ × Poroco
    タイ国際航空 presents 
    Sabaai Sabaai Thailand Ladies Night』という
    タイのパーティ。


    IMG_8198.jpg


    最初は、〝東南アジアのタイってどーなんだろう?〟という印象。
    けれど、パーティが終わった時には〝タイに行ってみたい!!いや、
    行く!!〟
    に変わっていました。そこで、この番組のリスナーレポーター

    募集用紙に早速記入!後日、番組のスタッフの方から「レポーターとして

    タイへ!」との連絡をいただき、翌年の1月、ベストシーズンのタイへ

    行く事となりました。


    2018年 1/17(タイ1日目)


    タイ国際航空 新千歳空港発ーバンコク行き(TG671便) 直行便は満席!
    私達以外にゴルフ旅行の団体さんや、私達と同じく女子旅かな...?って
    いう人達もたくさん。
    機内エンターテイメントの映画をみて...ガイドブックを
    みて...お昼寝し
    たら、あっという間にバンコク到着!


    2F76D5D3-78F1-4346-B3A2-F5ED8919EED7.jpeg


    空港の広さにびっくり!広すぎて迷子になるのでは!?
    無事に添乗員さんと合流し、送迎の車に乗り込み、いざバンコクへ!

    日本車がたくさん走っていてまたおどろき。「今(バンコクは)28度
    くらいかな」と言う添乗員さん。北海道はその日マイナス8度...温度差

    30度!異国に来たなと実感しつつ、ガイドさんによるタイの歴史を
    聞きながら、宿泊ホテルに到着。


    今回の宿泊は、アソークというエリアの『Well HOTEL BANGKOK

    SUKHUMVIT 20』

    20170704142123_expo_8809.jpg


    ホテルが立派!!オープン2年目だそうでキレイ!!立地条件が良い!!
    の三拍子揃ったホテル、おまけに
    ホテルマンさんがまたイケメン(笑)
    ヨーロピアンテイストのこちらのお部屋に案内していただきました。


    D9AAF67D-0621-4D26-930F-1A1549B86C86.jpg


    可愛い、落ち着いた雰囲気の内装です。

    その後、着替えて城野さんと合流し、ホテルから徒歩5分の高架鉄道BTS
    「アソーク」駅へ。
    色々なタイのお話、BTSの乗り方を教えてもらいながら、
    BTS〜ボートと乗り継ぎ、私達の希望スポット、チャオプラヤー川の
    川沿い
    「アジアティーク
    ・ザ・リバー・フロント」というナイトマーケット
    アミューズメント施設へ。


    28058379_2051386548210694_8269407008839124391_n.jpg


    7EE9AC76-C806-41B7-BC05-EFC6C149363C.jpeg


    時差マイナス2時間ということで、バンコクに到着したその日の夜から

    タイを満喫できるのは嬉しい!直行便だからこそ!

    アジアティークはとても賑やかで、買い物をするならココおススメです。
    かわいい物からお洒落な物までたくさん!早速、カゴバッグ購入。

    29197125_1580287935360470_959125226764590948_n.jpg


    アジアティークでは、城野さんと一緒に美味しいタイ料理も食べました。
    辛い物が苦手な私。辛い物ばかりだったら食べられないと思ってましたが、
    前言撤回!美味しい!お腹いっぱい!

    2698F712-2C4A-40C8-BE80-A52FFD9B2ED1.jpeg


    蟹カレー、美味しかったです!おしぼりもレモングラスの香りのウサギさん。

    北海道の寒さもすっかり忘れ、外席でタイのビールも楽しみました。


    29213802_1580301128692484_3453590833553329544_n.jpg


    帰りはトゥクトゥクでホテルへ。ほろ酔い気分も重なって、終始

    笑いっぱなし。かなり楽しく帰ってきました。

    1A691675-3363-47A5-A0BA-BD6B149E8941.jpg


    29216571_1580287892027141_3226772596726981848_n.jpg


    次の日も予定満載だったので、早めに就寝。

    1/18(タイ2日目)

    近場で朝ごはんを済ませた後、宿泊ホテルのインスペクション。

    様々な客室タイプを拝見。スパ、プール&ジムも完備のこちらのホテルでは、
    ムエタイ体験も出来るとのことで、ホテルの計らい?で、汗だくになりながらの

    ムエタイ体験。もちろん初ムエタイでしたが、ストレス発散にはもってこいの
    体験でした。


    29196269_1580323282023602_8109095640806952794_n.jpg


    29216838_1580318902024040_6425208862315390625_n.jpg


    インスペクション終了後、バンコク市内の散策へ。

    暑い...気温30度。ランチはBTS「アーリー駅」にある、お目当ての
    「ジュブジュブ・カオマ
    ンガイ」へ。


    A9EB97AA-95EB-46F7-95B4-74A14029DFA5.jpg


    ランチ時だったので混み混みでしたが、欲張って4種盛りをオーダー。

    ノーマル・唐揚げ・照り焼き・ガイセープの4種類で、値段は100B。
    ボリューム満点で食べ応えがあり、すごく美味しかったです。

    ただびっくりしたのが、タイのお弁当!日本と違って、プラスチックの
    容器とかではなく、ビニール袋に入れてゴムで口を結ぶ。液体も同様なのに
    びっくりしました。

    歩き疲れて足がパンパンだったので、ふらっと足マッサージへ。タイは
    マッサージが安い!1時間1500円くらい。

    スッキリした後はバンコク市内を散策し、行ってみたかった鉄道市場
    「タラート・ロッファイ」へ。
    夕方になるのを待って、市場向かいの
    ショッピングモール駐車場から
    市場を撮影。早速インスタグラムにアップ
    したところ、「これどこ?」
    「行きたい!と、いいね!やコメントを
    頂きました。


    市場内を散策し、明日のアユタヤ観光の為にタイパンツを購入。

    A505011C-6258-425E-84AE-44C0B93AA647.jpg


    SNS映えする、
    ミニチュアの様な色とりどりのキレイでかわいいテント。
    見るもの全てが新鮮で圧倒されっぱなし。市場での食事も考えたのですが、

    たくさんの飲食屋台に見ているだけでお腹いっぱいに。


    市場を後にした途端に空腹を覚え、気になっていたレストラン
    「タリンプリン」にてカレーディナー。ここは団体さんも多いので、

    予約をされた方が良いかも。〝ガーデン席ならすぐ案内できます!〟と、

    言われましたが、暑さと虫刺され回避で迷いなく室内を希望。
    マッサマンカレーがとくに美味しかったです。


    0ECF6B62-8462-4C55-A70C-FBB0AED76981.jpg


    飽きのこないタイカレー、プーパッポンカレーにレッドカレー、
    タイビールも飲んで
    大満足。

    1/19(タイ3日目)


    朝6:30ピックアップ、バンコク王道観光スポット&アユタヤへの

    オプショナルツアーへ!前日の夜に「タラート・ロッファイ」で購入した
    タイパンツ大活躍。

    D25C6756-B34D-408E-9038-EF48B5209893.jpg


    まずは、朝日に照らされた「ワット・アルン(暁の寺)」

    4C07C692-EF8B-4A25-B985-F35095A0F39F.jpg


    朝日に輝くワットアルンは、修復を終えたばかりですごく素敵でした。
    仏塔の装飾は、陶器の破片を
    使ったモザイクだそう。


    4E4671DB-FDC5-4345-B2C0-352801212439.jpeg


    続いて「ワット・ポー」。大きさと煌びやかさが圧巻!涅槃仏は足裏が
    修復中でしたが、ほぼ全貌を観る事ができました。

    469B9B4A-4E5B-4219-91AC-3C20B5420A74.jpg


    そして「
    エメラルド寺院」

    DC2113C2-7D19-43CD-8F76-047614269611.jpg


    ランチの後は、バンコクから車で約2時間弱、念願のアユタヤへ。

    バンコクよりアユタヤの方が暑かった!お昼過ぎということもあって、気温は
    32℃。帽子やサングラスをお忘れなく!


    炎天下の中、まずは「ワット・ロカヤスタ」全長28mの涅槃仏。


    F1B28E5E-6DB1-4AAE-8892-34FA52E9B573.jpgのサムネール画像


    あまりの大きさに、足裏と自分を比べて写真を撮りました。そして
    「ワット・ヤイチャイモンコン」に、仏様の頭が木の根に飲み込まれている
    「ワット・マハタート」、3
    人の王様が眠るセイロン式のお墓「ワット・

    プラシー・サンペット」へ。お墓がすごい大きい!人が小さく見える!
    さすが王様のお墓でした。


    4B50CCB9-7FB4-4E8F-9479-0D35EFC09936.jpeg


    タイで行きたかったところの一つ「アユタヤ世界遺産」
    実際に見る世界遺産は
    すごく、異文化にたくさん触れた1日となりました。
    象乗りも体験!

    バンコクのホテルへ送迎してもらった後は、城野さんに
    教えてもらった、
    宿泊ホテルからも徒歩圏内、BTS「プロンポン」駅そばのホテル
    「Compass Skyview
    Hotel」のルーフトップバー「バニラスカイ」へ。


    19424247_1873403626317226_2187251251750704473_n.jpg


    北海道は冬だというのに...この時期に外でお酒が飲めるなんて幸せ!

    795928F5-C24C-4C9E-BB19-13173C76211C.jpg


    夜景も楽しめてお洒落!こんなステキな所でまたお酒を楽しみたい...と、

    思いながら、後ろ髪引かれつつバーを後に。夜ご飯は「ターミナル21」で

    済ませ、今日もたくさん歩いたのでマッサージに行きたい!という同行者の

    希望もあり、たまたま持っていたタウン誌掲載のマッサージ店へ。


    足裏とタイ古式マッサージは気持ちよすぎて2人とも熟睡。スッキリした
    後はホテルへ戻り、翌日のタイ最終日に備えて少しだけパッキングをして
    就寝。


    1/20(タイ最終日)


    最終日も朝6:30ピックアップのオプショナルツアーでチャチュンサオへ!


    オプショナルツアーに朝ごはんは付いていないので、前日に
    買っておいた
    パンとオレンジジュースを持参。他の
    ホテルを経由してツアー参加者を
    ピックアップ、約2時間ほどのバス移動です。


    まずは、「ワット・ソートーン」へ。何故か添乗員さんがカゴいっぱいの
    ゆで卵を購入。この寺で奉納するのは〝ゆで卵〟参拝後にその
    ゆで卵を
    食べるとご利益があると言われ、もちろんいただきました。

    70A19918-9773-4AC5-94F7-9DCC0C944B64.jpeg


    152DB9F2-3AB6-493E-87D8-E7A55160159C.jpeg


    ワット・ソートンを後に、バスは一路〝ピンクのガネーシャ〟で有名な
    「ワット・
    サマーンラッターナーラーム」へ。個人で行く方も多い寺ですが、
    ツアーに参加された方が安心
    だと思います。通常の数倍の速さで願いを
    叶えてくれるというピンクのガネー
    シャ。修復直後という事もあり、
    鮮やかなピンク!ガネーシャ像の大きさに
    びっくり。縦22m、横18m。


    16002911_1196517637062855_3806682559244598505_n.jpg

    商業や学問の神様ですが、タイでは芸術の神としても有名だそうで、
    芸能人がヒット祈願に訪れる事も。願い事をする時は、自分の生まれ
    曜日の色のネズミの像の、片方の耳を塞ぎ、もう片方の耳に願い事を
    囁きます。願い事、囁き中...


    5D2211EA-AF7A-49D0-82FC-B47BFE582B75.jpeg


    無事参拝終了。


    037F4491-8226-43E1-9481-98B26BBEE6E3.jpeg


    参拝後は周辺を散策、そして最後は「タラート・ロイ・ピー(100年市場)」へ。

    ノスタルジックな雰囲気がたまらない!週末ということもあって、地元の人で
    とても賑わっていました。

    CD28CE43-A9D2-4DE8-9814-A42662106A76.jpeg


    07F19DA8-7A05-4BE7-AB1B-248D2E42AC19.jpegのサムネール画像


    このオプショナルツアーは、お昼にバンコク市内で解散。軽くランチを
    取ったあとは、念願のスパ!3時間のコース
    で日本円およそ7,000円弱。
    頭のてっぺんから足の先まで解されていた...はず。


    開始早々に気持ちの良さと疲れで夢の世界へ
    (笑) 体の向きを変える時のみ、
    眼が覚めるという状況でした。すごくすごく気持ちよかったです!
    あまりの気持ち良さに、写真撮影もすっかり忘れてしまいました...

    そして最後は、ターミナル21内のハーゲンダッツカフェでアイスを食べ、
    お土産の買い忘れなどを購入。レイトチェックアウトではなかったものの、

    ホテルの計らいで、ジムのシャワールームを使わせていただきました。
    時間ギリギリまで観光やショッピングを楽しんだので、
    空港へ向かう前に
    ホテルでシャワーが浴びられるのは嬉しい!
    シャワーを浴び、帰国の準備を
    して、送迎バスにて
    空港へ。


    空港チェックイン後、少し腹ごしらえをしてから、タイ国際航空 バンコクー
    新千歳
    直行便(TG670)に搭乗!帰りも満席でした。23:15発の便だったので、
    私は
    映画もそこそこに就寝。そして、翌朝8:30には千歳空港着。

    飛行機を降りた瞬間、
    「あー、帰って来ちゃったね、また行きたいね!次は
    プーケットやチェンマイにも
    言ってみたいけど、もう一度、バンコク市内を
    もっとゆっくりみてみたいね!楽しかったね!」
    と話しながら、それぞれ帰宅。


    タイは、〝女子旅向け〟だと改めて思いました。食事・観光・スパ・お買い物。
    北海道からタイ国際航空の直行便で少し足を伸ばせば、すぐそこは異文化で常夏。
    本当に楽しく、美味しい旅でした。

    参加させて頂き、ありがとうございました。



    ☆ピンクガネーシャも観られるH.I.S.さん札幌発オススメツアー☆



    ★3/18の放送を聴く★

    その他, スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.02.01

    Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop(フェザーストーン・ビストロ カフェ&ライフスタイル ショップ)

    今週はバンコク!エカマイというエリアのこちらにご案内。

    27072541_1538777409511523_8390000880148271974_n.jpg

    『Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop』というお店

    27067850_1538777436178187_3934076077855361680_n.jpg

    DSCF2738 (1).jpg

    左手の雑貨エリアには、オーナーのコレクションでもある
    ヨーロピアン・アンティーク家具に、これまたオーナーセレクトの
    アクセサリーやインテリア雑貨が並びます。タイ人アーティストや
    ショップオリジナルもありますので、オシャレなタイのお土産探し
    にもオススメです。

    DSCF2875.jpg

    DSCF2885.jpg

    そして、右手のビストロ・カフェエリアは、ヨーロッパのレトロな
    薬局がコンセプトだそうで、床は白のモザイクタイル、アンティークの
    カウンターや棚には緑や茶の薬品瓶・試薬瓶がディスプレイされています。

    DSCF2874.jpg

    個室もあり。

    DSCF2880.jpg

    DSCF2884.jpg

    DSCF2872.jpg

    お店が注目を集めるきっかけとなったのが、このシグネチャー・
    ドリンク「Sparkling Apothecary(スパークリング・アポセカリー)」
    アポセカリーとは、薬剤師・調剤薬局といった意味になります。

    15825906_1820456078226300_8019768762338422251_n.jpg
    Picture provided : Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop

    4種類(各150バーツ)の中から、一番人気の「wild gardenia」を
    チョイス。エディブルフラワー(食用花)が閉じ込められた氷の入った
    コップに、シロップとソーダーの入った小瓶が登場。

    DSCF2743.jpg

    「wild gardenia」のシロップはラベンダー。シロップとソーダを
    薬剤師気分でお好みでミックス!

    DSCF2765.jpg
    DSCF2770.jpg
    DSCF2789.jpg

    ラベンダーの香りと爽やかなフレイバー、氷が徐々に溶けて花びらが
    浮かんでくる様子を楽しんでください。

    私がプライベートで訪れる時に必ずオーダーするのがこちらの
    「Cold Brew Ice cubes Latte」(150バーツ)

    DSCF2800.jpg

    ミルク、コーヒーシロップ、ガムシロップがそれぞれ小瓶に。
    氷自体がコーヒーなので、溶けても味が薄まるということがありません。

    DSCF2812.jpg
    DSCF2831.jpg

    ビストロですから、お食事メニューも充実。今回は人気のパスタ・
    メニューの中から、「Creamy Mushroom with Truffle oil」(280バーツ)

    DSCF2849.jpg

    「Pork Chop with Grilled Vegetables(250g)」(390バーツ)

    DSCF2859.jpg


    オーナーのKatechanokさんからのメッセージを。

    「SEE(見る)・FOUND(見つける・探す)・TELL(話す・伝える)
    という3つの言葉を大事にしています。このお店の経営哲学でもありますが、
    旅を通じて得たことを、皆さんとこちらで共有できれば嬉しいです。
    また皆さんも、タイ旅行でのSEE・FOUND・TELLを沢山の方と
    共有してくださいね。」

    DSCF2838.jpg


    『Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop』

    アクセス:BTSエカマイ駅下車、スクンビットのソイ63を直進し、
         エカマイ ソイ12を右折して150mほど進んだ左手。
         ソイ63の入口からタクシーご利用をオススメします。

    営業時間:10:30〜22:00(ランチ10:30〜15:00)
         ※ 15:00〜17:00はキッチンがクローズとなります。

    定休日 :年中無休

         

    ★1/28の放送を聴く★

    買う, 食べる

    2017.12.03

    チャオプラヤー川の最新スポット『LHONG1919(ロン・ヌンカーオ ヌンカーオ)』

    今週のおまけ!


    今年2017年11月2日にオープンした話題のスポット
    『LHONG1919』、取材前の下見スナップをどうぞ。

    ここ「LHONG1919」一帯は、ラーマ4世の統治時代に中国との交易の
    中心、中華系商船の船着場と倉庫群だったエリアで、中国の福建省はじめ
    沿岸部で今なお、航海の守護神として信仰されている「媽祖(まそ)」を
    祀る寺院や、150年近い歴史ある中華テイストの倉庫が連なる歴史地区。

    そんな倉庫をリノベーションして誕生したスペースとなります。
    アジアティーク・ザ・リバーフロントの成り立ちにも似ていますね。

    l1919-1.jpg

    l1919-6.jpg

    l1919-2.jpg

    l1919-3.jpg

    l1919-5.jpg

    l1919-8.jpg

    ずっと気になっていたスポットですが、私すっかりナイトマーケットだと
    勘違い...番組ツアーの合間、同行スタッフのウッチーと日本語フリー
    ペーパーDACOの元編集長フクさんに下見に行っていただいたわけですが...

    ウッチーからのレポートによりますと...(2017年11/13時点)

    ・ FBを見ると賑やかですが、夜はひともまばら。

     空いている店は、レストラン「Rong si」だけ。


    ・ 昔の米倉庫をそのまま使っている様子。

     店内ディスプレイにも米袋が。レトロブームは続いているなと感じる。


    ・ フクさん曰く、昼間来るデートスポットでは?とのこと。

     夜は生バンドも入り、雰囲気は良し! カクテルも「インスタ映え」な感じ。


    ・ 水際より敷地を囲むように背後に建つ古い建物は、テナント貸ししている
    ようだが、夜で全て閉まっていて確認できず。

     


    まだソフトオープンとご紹介しても良いでしょうか...
    ボート乗船時、夕暮れ時に見た感じでは、なかなか盛り上がっている様に
    見えましたので、夕暮れ時に行くのが良いかもしれません。

    ということで!
    番組取材は、もう少し寝かせてみますw

    『LHONG1919』
    営業時間:8:00〜20:00
    飲食ゾーン:10:00〜22:00(L.O.21:30)

    ☆公式フェイスブックページ☆

    l1919-7.jpg



    その他, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    ページトップへ