• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2018.03.11

    インド洋津波から見事復興!カオラックでのアクティビティー〝竹筏編〟

    今週は、番組おすすめのビーチリゾート・カオラックへ!

    29027891_1574722662583664_7092470262164944782_n.jpg


    プーケット国際空港から車でおよそ1時間〜1時間半、
    シースントーン橋でプーケットと最初に結ばれるタイ本土の県が
    パンガー県、この県のタイムワン郡カオラック村からタクワパー郡
    ラムルー村、クッカー村一帯エリアがカオラックとなります。

    ここカオラックは、2004年12月26日に発生したスマトラ島沖地震
    インド洋津波でタイ最大の被災地となり、当時4,000人もの尊い命が
    一瞬にして奪われてしまいましたが、あれから13年...カオラックは
    見事!タイ屈指のリゾート地として復興を遂げたところです。

    私がカオラックを初めて訪れたのは、2011年東日本大震災発生の
    3日後の事。この時の取材は、一生涯忘れられない取材となっています。

    そんなカオラックで人気のアクティビティーとなっているのが、
    竹製イカダでの川下りです。

    まずは車でイカダの出発地点へ!

    29027692_1574719722583958_6251072101263796487_n.jpg

    この竹イカダ下りは、様々なオプショナルツアー運営会社による
    出発ポイントがありますが、今回はこちら!

    まずは、乗船者名簿と参加同意契約書にサイン。

    29026123_1574719739250623_6248411270792905563_n.jpg

    海外へお出かけの際には、必ず海外旅行保険への
    ご加入を!タイの医療水準は大変高く、高度医療を
    受けることが可能ですが、その治療費は時に莫大な
    ものとなります。

    車を降り、今度は専用のソンテウで乗り場へ。
    パームヤシのプランテーションを抜けると...

    28872313_1574719839250613_4709936781566352997_n.jpg

    28959186_1574719885917275_7226432577098492468_n.jpg

    長い長い竹製のイカダです。一艘に2〜3名が乗船可能ですが、
    取材時は12月の乾季ということで水量もさほど多くはなく、
    一艘2名となりました。ライフジャケットを着用して出発!

    28871158_1574719932583937_188342067159124934_n.jpg

    28872232_1574719929250604_1459935461790588535_n.jpg

    竹ですから...確実に下半身は濡れます。水着やソールのしっかりした
    濡れても良いサンダルをおすすめします。

    29025443_1574720049250592_985714803368610025_n.jpg

    28870942_1574720182583912_7821976879678112347_n.jpg

    鳥や虫の声に耳に心地よいせせらぎと爽やかな風...時折、日本では
    絶対に観ることのできないであろう、美しい蝶やトンボがヒラヒラと
    近寄ってきては離れ、両岸にはごくごく普通にバナナやパパイヤが。

    ゆっくりゆっくり、穏やかな時の流れに身を任せ...Zzzz

    毎回、このイカダではあまりの心地よさに強烈な睡魔に襲われます。

    がっ!

    もちろん寝ずにお仕事お仕事...

    29062798_1574720129250584_5870627287506179207_n.jpg

    28958695_1574720039250593_3341955727178563393_n.jpg

    途中、別のイカダ乗場の船頭さんや地元の方と「サワディーカップ!」
    天然のプールとなっている川幅の広い所には、ターザンごっこができる
    ロープも。

    29028057_1574720185917245_9114746445765374945_n.jpg

    マイクとカメラさへなければ...間違いなくロープ握ってターザンに
    なってたいたと思われます。

    28872543_1574720269250570_6438678334753047597_n.jpg

    この透明度!マイクとカメラさへなければ...間違いなく、華麗な
    バタフライ決めていたと思われます。

    29025653_1574720345917229_6689197525271815930_n.jpg

    この川下りも当初、カーボンファイバーのカヌーで行われていた
    そうですが、以前に取材した運営会社さんは2004年の津波で
    所有していたカヌーが全て流され、苦肉の策で竹製イカダを製作。
    この景観にはやはり『竹』の方がしっくりくると評判も良かった
    ことから、以来、竹イカダに。現在、カオラックでの川下りは、
    ほぼ竹製イカダとなっています。

    ラフティング等が可能な場所もありますが、そちらはボート使用。

    川を下る時間や料金・送迎の有無などは、オプショナルツアー運営
    会社さんにもよりますが、カオラックならではの人気アクティビティー
    ですので、ご宿泊ホテルや旅行会社さん他で申し込み可能です。


    カオラックは、私のタイおすすめスポットのTOP3に入るデスティ
    ネーション。まだまだ日本の皆さんには馴染みのないリゾートかも
    しれませんが、ビーチリゾート特有のギラギラ感もなく、ローカルな
    風情も心地よいカオラック、素敵なリゾートも近年、続々とオープン
    しています。海あり山あり湖あり!

    今年はカオラックに足を伸ばしてみませんか?

    2004年のインド洋津波、そして東日本大震災で犠牲となられた方々に
    哀悼の意を表しますとともに、今なお不自由な避難生活をおくられている
    方々の生活が安定し、1日も早い〝真の復興〟を遂げられますこと、
    心からお祈り申し上げます。

    29101353_1574722655916998_7781320382563650016_n.jpg

    ★3/11の放送を聴く★

    その他, 遊ぶ

    2018.02.25

    バンコク・オンヌットのブティックホテル『X2 VIBE Bangkok Sukhumvit』

    今週は、バンコク・オンヌットというエリアのブティックホテルへ!

    18893339_450447851981453_612241102818789569_n.jpg


    2017年の3月にオープンした、ブティックホテル&レジデンツ
    『X2(クロストゥー) VIBE BANGKOK SUKHUMBIT』

    DSCF2392_サイズ変更.jpg

    DSCF2398_サイズ変更.jpg

    DSCF2390_サイズ変更.jpg

    DSCF2391_サイズ変更.jpg

    コーポレートカラーのターコイズブルーと黒、グレーでまとめられた
    クールな印象のこちらのホテル、フロントロビー階には、カフェ&バー

    Bar1_サイズ変更.jpg

    DSCF2384_サイズ変更.jpg

    そしてゲストの朝食会場ともなる、オールデー・ダイニングの
    レストラン。

    DSCF2458_サイズ変更.jpg

    DSCF2460_サイズ変更.jpg

    ホテル棟の客室タイプは、スタンダード(28㎡)・スーペリア
    (38㎡)・スイート(40㎡)の3タイプで、全145室。

    まずは、スタンダード。クイーンとツインベッドのタイプが
    ありますが、今回はツインを拝見。

    DSCF2406_サイズ変更.jpg

    DSCF2407_サイズ変更.jpg

    DSCF2410_サイズ変更.jpg

    DSCF2411_サイズ変更.jpg

    コンパクトにまとまった客室ですが、バルコニーもあり天井も
    高いので、28㎡以上の広さを感じます。バスルームはバスタブなし。

    28055735_1556698781052719_4707951980429567373_n.jpg

    歯ブラシ、シェーバー等はございませんので、ご持参を。

    28058475_1556698804386050_6812473804060293964_n.jpg

    28167012_1556698864386044_591753988127597863_n.jpg

    ベッドサイドにコンセントがあるのは嬉しいですね。

    28276935_1556698901052707_6848478546790591557_n.jpg

    27972521_1556698917719372_7196314439519252356_n.jpg

    続いて、スーペリア(38㎡)

    DSCF2414_サイズ変更.jpg

    DSCF2417_サイズ変更.jpg

    シンプルモダンなインテリアだからでしょうか、このタイプも
    38㎡以上の広さを感じます。こちらもツインベッドタイプありで、
    客室によりバスタブのあるお部屋も。

    DSCF2419_サイズ変更.jpg

    スイート(40㎡)は、取材時満室のため、拝見できず(泣)
    スイートは、ベッドルームとリビングルームがセパレートと
    なります。客室の様子は、こちらを。

    駐車場を挟んで、ホテル棟の向かいに建つのが、長期滞在や
    ロングステイにも最適なレジデンツ棟となります。ホテル棟から
    レジデンツ棟はこのような感じになります。

    27972659_1556698944386036_2126531195833251615_n.jpg

    レジデンツ棟の客室タイプは、スタジオ・1ベッドルーム〜3ベッド
    ルームの4タイプで、全121室。簡易キッチンに食器類、冷蔵庫も
    ありますので、長期滞在・ロングステイ、グループ旅行の際に
    いかがですか?〝暮らすように旅をする〟そんな気分も味わえます。

    DSCF2424_サイズ変更.jpg

    DSCF2423_サイズ変更.jpg

    DSCF2425_サイズ変更.jpg

    1ベッドルーム

    DSCF2430_サイズ変更.jpg

    DSCF2429_サイズ変更.jpg

    レジデンツ、その他のお部屋タイプはこちらを。

    ホテル棟には、プール、プールサイドバー、フィットネスジム、
    スパ...

    DSCF2455_サイズ変更.jpg

    DSCF2449_サイズ変更.jpg

    DSCF2456_サイズ変更.jpg

    そして!午前9時〜21時までご利用可能な、男女別の〝温泉〟も。
    X2では、〝ONSEN〟という表記になっていますので、レポートでも
    温泉とお伝えしていますが、厳密には温泉成分等を含んではいませ
    んので、〝浴場〟とご紹介しておきましょう。

    DSCF2454_サイズ変更.jpg



    客室にバスタブがなくても、これなら観光やショッピングの疲れも
    癒すことができますね。

    BTSオンヌット駅から徒歩5分!スクンビット通り沿い、駅直結の
    大型ショッピングセンターTESCO / LOTUSの裏手に位置し、ホテルの
    すぐそばにコンビニもある大変便利な立地のホテルですが、なんと
    オンヌット駅までの無料シャトルソンテウもご利用可能。

    ご利用の際にはフロントへ。時間帯(特にチェックアウトの時間)
    により、それなりの人数が集まるまで、待ち時間が生じる場合も
    あります。

    DSCF2482_サイズ変更.jpg

    エレベーターも、カードキーをかざさないとご宿泊階のボタンが
    押せないシステムですので、セキュリティーも安心。

    27973567_1556698974386033_4164752547988147277_n.jpg


    先のTESCO / LOTUS他、オンヌットの駅前には昨年末にオープン
    した「Century The Movie Mall」というモールや、スポーツバー&
    屋台エリアなど、ローカルな雰囲気も楽しめるオンヌット、
    次回のご滞在に、『X2 VIBE Bangkok Sukhumvit』いかがですか?


    ☆X2 VIBE Bangkok Sukhumvit公式サイト☆

    ★2/25の放送を聴く★

    ホテル&リゾート

    2018.02.17

    クラビのラグジュアリー・リゾート『Rayavadee(ラヤヴァディー)』&『Nakamanda Resort & Spa(ナカマンダ・リゾート&スパ)』

    今週はクラビのラグジュアリーリゾートをご紹介。

    28056200_1553995601323037_8380468935219373842_n.jpg

    まずはこちら!『Nakamanda Resort & Spa』へ。
     
    2004年オープンのNakamandaは、クラビ空港からおよそ40分の
    クロムアンビーチをのぞむ斜面に建つ、全室ヴィラタイプの
    リゾートで、〝ナカマンダ〟とは、蛇の神様ナーガ(タイ語では
    ナーカ)とアンダマン海をミックスしたものだそう。


    download.jpg

    ヴィラタイプは「サラ・ヴィラ(34棟)」・「サラ・ヴィラ
    (プール付き)」・「プールヴィラ」・「ジャグジーヴィラ」・
    「1ベッドルーム  / 2ベッルーム プールヴィラ」の6タイプで、
    最もスタンダードな「サラ・ヴィラ」以外は、が34棟、全て
    1棟ずつ、

    28277045_1553920457997218_1195043836799919881_n.jpg

    全39棟のスモール・ラグジュアリー・リゾートとなります。

    27858798_1553918024664128_7058142528863871655_n.jpg

    27867041_1553918051330792_453190714402092308_n.jpg

    28166629_1553920524663878_6474377212130498445_n.jpg

    「サラ・ヴィラ」

    28059286_1553920471330550_1643750869899721697_n.jpg

    この「サラ・ヴィラ」は2階建ヴィラで、1階はスーペリア、
    2階はデラックスという異なる客室タイプ2室という仕様。ご家族や
    グループ旅行の際には、1棟丸々利用もおすすめですが、ヴィラ内部で
    上下階が繋がっているわけではありません。

    27972648_1553920521330545_2411629019832649038_n.jpg

    〝サラ(サーラー)〟とは、タイ様式の東屋の事。セミオープンの
    アウトドアリビングと言えばイメージしやすいでしょうか...
    デイベッドにもなる大きめソファには、タイならではの三角枕も。

    sala-villa04.jpg

    sala-villa01.jpg

    28056479_1553920404663890_7783407618395951980_n.jpg

    斜面を活かして建てられたリゾートですので、敷地内の階段は多め。

    27867146_1553918171330780_250098867278584204_n.jpg

    その他のヴィラは、公式サイトでご確認ください。


    27971620_1553918714664059_1699140581092749865_n.jpg

    プールもかなり大きめ!

    27973077_1553918474664083_6235977745802025507_n.jpg

    27973806_1553918404664090_5518491939402337186_n.jpg

    28059540_1553918147997449_8792571649596431707_n.jpg

    そして、絶景!セミオープンレストラン

    27867386_1553918337997430_5169667987052496927_n.jpg

    プライベートビーチではありませんが、敷地内から海へも。

    27973121_1553918187997445_4667074949868461405_n.jpg

    27973905_1553918381330759_2765533896493851422_n.jpg

    全室ヴィラタイプとあって、海外のビーチリゾートに別荘を構えて
    いるかの様な気分が味わえます。ハネムーナーやご家族連れに人気
    というのも納得。

    クラビのビーチの中でもこじんまりとした磯遊び系ビーチ、穏やかな
    エメラルドグリーンのアンダマン海を眺めながら、あえて〝何もしない〟
    という贅沢な時間の過ごし方はいかがですか?

    ☆Nakamanda Resort & Spa公式サイト☆


    続いては、1/28の番組でご紹介した『Rayavadee』ご案内。

    クラビはその特異な地形ゆへに、点在する多くのビーチが陸路から
    離れ、海からしかアクセスができなかった事で、美しく神秘的な
    大自然が保たれていますが、ここ「Rayavadee(ラヤバディー)」も
    ボートでしか行く事のできないリゾートなんです。

    rayavadee-resort-thailand.jpg

    クラビ海洋国立公園の先端、プラナン半島に位置するRayavadee、
    その名称は〝お姫様の地〟という意味。

    リゾートの建設にあたっては、自然環境を最大限に考慮し、敷地内の
    樹木は1本も伐採していないんだそうですが、広大な敷地を有しなが
    らも不規則に配されたヴィラ(パビリオン)が、そんなエピソードを
    物語っています。

    19756418_10155372094330822_4965481697028666725_n.jpg

    そのパビリオンもキノコを思わせる自然に溶け込むデザインで、
    全て2階建て・7つのカテゴリーで96棟。ヴィラは4カテゴリー・
    5棟あります。

    今回はその中から「テラスパビリオン」を拝見。
    その名の通り、このパビリオンにはBBQも可能なテラス付きです。

    28056450_1549811695074761_6621369072719009368_n.jpg

    パビリオンの仕様は全て同じで、1階はリビング・2階がベッドルーム&
    バスルームとなります。

    27749912_1549811858408078_8346865184253555410_n.jpg

    このソファーがエクストラベッドにもなりますので、パビリオンは
    大人のみなら3名、お子さん同伴の場合は4名での利用が可能。

    27750019_1549811838408080_1791975829989429595_n.jpg

    階段を上がると...

    27857865_1549811978408066_6338583118302075085_n.jpg

    ベッドルーム&バスルーム

    27972708_1549813821741215_7414412318750046074_n.jpgのサムネール画像

    27750236_1549812058408058_4692640217616957637_n.jpgのサムネール画像

    パビリオンに関しては、どのタイプも1、2階はほぼ同じ仕様です。

    その他の客室タイプに関しては、公式サイトをご覧ください。

    ☆Rayavadee公式サイト(日本語)☆

    視察中、リゾート内では可愛らしいサルの親子も!

    27750924_1549812528408011_4711494068519098888_n.jpg

    白砂のビーチに...

    27750923_1549814371741160_6346082421960466148_n.jpg

    28055796_1549814231741174_5459658064064819709_n.jpg

    敷地の中央部分にあるプールもダイナミックな景観が楽しめます。

    27972962_1549811731741424_4691972238165174110_n.jpg

    そして敷地内、それぞれのエリアに4つのカフェ&ダイニングが
    ありますが、その中でもここRayavadeeの目玉と言えるのが、長い
    年月を掛けて形成された、ビーチ沿いの石灰岩洞窟レストラン
    「グロット」です。

    20638647_10155483257525822_2738170404283719803_n.jpg

    27657571_1549814188407845_1176640589420462079_n.jpg

    夜はさらに幻想的な光景となるそうですよ〜。

    日常を忘れて非日常を楽しむには打ってつけの2つのリゾート、
    クラビご滞在の際にはぜひ!



    ★2/18の放送を聴く★

    ホテル&リゾート

    2018.02.10

    第45回国際雪像コンクール・タイチームの軌跡

    番組では毎年この国際雪像コンクール参加のタイチームに密着!

    top_l_poster.jpg


    タイチームは毎年〝タイらしさ〟を大事にした雪像を制作。
    コンクールの数ヶ月前から準備に取り掛かり、雪像の下絵〜模型作り
    からスタートします。

    26907640_1772995752773712_9176056085533814061_n.jpg
    27332552_1783952801678007_4522340066236167583_n.jpg

    2/4 大会初日(開会式〜制作1日目)

    27544925_1783912131682074_1688431293543489564_n.jpg

    まだ大きな雪の立方体に、模型を細かく測りながら印を入れ、余計な
    部分を切り落とす作業。

    27540986_1783912128348741_3666185547507710113_n.jpg

    タイのテレビ局 チャンネル3もタイチームに密着!

    27655409_1783952738344680_2253486212023299931_n.jpg


    2/5 大会2日目

    27655082_1785482428191711_405306547400396982_n.jpg

    27458995_1785482438191710_6155719128577489075_n.jpg


    2/6 大会3日目

    27459778_1786529001420387_4176125986065170280_n.jpg

    27545182_1786528978087056_6598345055397294241_n.jpg


    2/7  大会4日目(制作最終日)

    27654743_1787761451297142_465768361819479534_n.jpg

    27750097_1787761447963809_1820709725053920413_n.jpg

    27541079_1788042424602378_6826298397279484774_n.jpg

    完成!最後にタイチームのリーダーが、鶏の脚にタイ国旗を持たせる
    姿が、とても誇らしくもあり、印象的な光景でした。

    27867130_1788042474602373_7436608666698211181_n.jpg

    制作最終日は規定時間の夜9時まで、多くのタイ人観光客がタイチームの
    作業を見守り、完成の際には拍手も!

    27654578_1788042511269036_5994790177906554315_n.jpg


    2/8 審査表彰式

    27655388_1789940974412523_2468691657503343158_n.jpg

    朝から多くの皆さんが、タイチームの雪像を前に記念撮影!
    今にも動き出しそうな素晴らしい雪像に、感嘆の声が上がります。

    そして...

    27749981_1788807467859207_1725056763061804728_n.jpg

    優勝タイチーム!に、会場からも大きな歓声と拍手が!

    私はダッシュで雪像コンクール会場・国際広場へ。優勝プレートが
    つけられる瞬間をキャッチ!

    27544863_1788774687862485_315156550699414528_n.jpg

    27544807_1789940954412525_2707726114793368873_n.jpg

    27750067_1788774681195819_4263148068141886284_n.jpg

    雪像前に戻ってきたタイチームに惜しみない拍手が贈られます。
    おめでとう!タイチーム! 参加全チームの皆さん、寒い中お疲れ様でした。

    制作工程が間近に見られる唯一のイベントです。互いの文化伝統を理解し、
    参加者も地元の方も旅行者も、それらを共有することのできる、札幌が
    世界に誇る素敵なコンクール、ラジオの前のあなたも来年は会場で!

    ★2/11の放送を聴く★

    その他, ピープル, 観る・知る

    2018.02.01

    Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop(フェザーストーン・ビストロ カフェ&ライフスタイル ショップ)

    今週はバンコク!エカマイというエリアのこちらにご案内。

    27072541_1538777409511523_8390000880148271974_n.jpg

    『Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop』というお店

    27067850_1538777436178187_3934076077855361680_n.jpg

    DSCF2738 (1).jpg

    左手の雑貨エリアには、オーナーのコレクションでもある
    ヨーロピアン・アンティーク家具に、これまたオーナーセレクトの
    アクセサリーやインテリア雑貨が並びます。タイ人アーティストや
    ショップオリジナルもありますので、オシャレなタイのお土産探し
    にもオススメです。

    DSCF2875.jpg

    DSCF2885.jpg

    そして、右手のビストロ・カフェエリアは、ヨーロッパのレトロな
    薬局がコンセプトだそうで、床は白のモザイクタイル、アンティークの
    カウンターや棚には緑や茶の薬品瓶・試薬瓶がディスプレイされています。

    DSCF2874.jpg

    個室もあり。

    DSCF2880.jpg

    DSCF2884.jpg

    DSCF2872.jpg

    お店が注目を集めるきっかけとなったのが、このシグネチャー・
    ドリンク「Sparkling Apothecary(スパークリング・アポセカリー)」
    アポセカリーとは、薬剤師・調剤薬局といった意味になります。

    15825906_1820456078226300_8019768762338422251_n.jpg
    Picture provided : Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop

    4種類(各150バーツ)の中から、一番人気の「wild gardenia」を
    チョイス。エディブルフラワー(食用花)が閉じ込められた氷の入った
    コップに、シロップとソーダーの入った小瓶が登場。

    DSCF2743.jpg

    「wild gardenia」のシロップはラベンダー。シロップとソーダを
    薬剤師気分でお好みでミックス!

    DSCF2765.jpg
    DSCF2770.jpg
    DSCF2789.jpg

    ラベンダーの香りと爽やかなフレイバー、氷が徐々に溶けて花びらが
    浮かんでくる様子を楽しんでください。

    私がプライベートで訪れる時に必ずオーダーするのがこちらの
    「Cold Brew Ice cubes Latte」(150バーツ)

    DSCF2800.jpg

    ミルク、コーヒーシロップ、ガムシロップがそれぞれ小瓶に。
    氷自体がコーヒーなので、溶けても味が薄まるということがありません。

    DSCF2812.jpg
    DSCF2831.jpg

    ビストロですから、お食事メニューも充実。今回は人気のパスタ・
    メニューの中から、「Creamy Mushroom with Truffle oil」(280バーツ)

    DSCF2849.jpg

    「Pork Chop with Grilled Vegetables(250g)」(390バーツ)

    DSCF2859.jpg


    オーナーのKatechanokさんからのメッセージを。

    「SEE(見る)・FOUND(見つける・探す)・TELL(話す・伝える)
    という3つの言葉を大事にしています。このお店の経営哲学でもありますが、
    旅を通じて得たことを、皆さんとこちらで共有できれば嬉しいです。
    また皆さんも、タイ旅行でのSEE・FOUND・TELLを沢山の方と
    共有してくださいね。」

    DSCF2838.jpg


    『Featherstone Bistro Cafe & Lifestyle shop』

    アクセス:BTSエカマイ駅下車、スクンビットのソイ63を直進し、
         エカマイ ソイ12を右折して150mほど進んだ左手。
         ソイ63の入口からタクシーご利用をオススメします。

    営業時間:10:30〜22:00(ランチ10:30〜15:00)
         ※ 15:00〜17:00はキッチンがクローズとなります。

    定休日 :年中無休

         

    ★1/28の放送を聴く★

    買う, 食べる

    ページトップへ