• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2018.09.22

    ツーリズムEXPOジャパン2018

    東京ビッグサイトで開催中の『ツーリズムEXPOジャパン2018』

    42130546_2140376639368953_727193664643661824_n.jpg


    世界最大級の旅の祭典に、今年もタイ国政府観光庁はブースを出展。
    タイ国政府観光庁の本EXPOへの参加は、今年で30回目となります。

    42251825_1813982445324350_8291428463642935296_n.jpg

    今回、タイ国政府観光庁は2016年より展開中のキャンペーン、
    タイ国内各地の隠れた魅力をPRする「タイ12の秘宝」が高く評価され、
    「ジャパン・ツーリズム アワード」の「エクセレント・パートナー賞」を
    受賞しました。

    42194196_1813982491991012_3483002423021142016_n.jpg

    42233041_1813977301991531_6174591340035178496_n.jpg

    番組でも、この「タイ12の秘宝」で紹介されているタイ北部・ナーン県
    (プレー県含む)、タイ東部・トラート 県をご紹介。番組ブログ過去ログも
    ぜひご参照ください。


    タイ国政府観光庁では毎年ブーステーマを設け、タイ各地の魅力を
    発信していますが、今年のブーステーマは「タイ東北部(イサーン)の
    カラシン県」

    まだまだ日本の旅行者には馴染み薄いところかもしれませんが、首都
    バンコクから飛行機でおよそ1時間のカラシン県は、タイで最大規模の
    恐竜化石が出土するなど、世界の考古学・古生物学・地質学的にも、
    今、注目のエリアです。

    42249825_2140376629368954_6529637938295209984_n.jpg

    EXPOの一般公開に先立ち行われた記者会見で、タイ国政府観光庁・
    副総裁(アジア・南太平洋地区ご担当)サンティ・チェディントラ氏と
    タイ国政府観光庁・東京事務所 所長 パッタラアノン・ナ・チェンマイ氏は、

    『リピート率の大変高いタイですが、まだタイを訪れたことのない方や
    年代層に向け、タイへの関心を深めていただくという目的から、現在、
    乃木坂46を起用したPRを展開しています。今後も新たなリピーターと
    なり得る学生(特に大学生)の皆さん、そして女性の皆さんにお越し
    是非タイへお越しいただき、食文化・スポーツ・地方での豊かな
    文化体験を楽しんでいただきたいと思います。

    首都バンコクやチェンマイ、プーケットやパタヤ、サムイといった
    デスティネーション以外にも、タイには素晴らしいデスティネーションが
    点在しています。EXPOで毎年ブーステーマを設け、タイ各地をご紹介
    いたしますのも、
    まだまだ日本の皆さんがご存知ない魅力が、タイには
    たくさんあるからです。
    そんな〝まだ見ぬタイ〟の多彩な魅力に、ぜひ
    触れてみてください。』

    また、今回「カラシン県」をフィーチャーした理由として、

    『田園地帯が広がり、タイの心象風景とも言えるカラシン県では、
    稲刈り後の〝わら〟を使用し、動物など様々なアートを作成しています。
    日本の新潟県西蒲区でも〝わらアート祭り〟が開催され、
    西蒲区の素朴な
    田園風景が、日本の皆さんの国内旅行先として注目を集めている事から、
    「わらアート・米どころ・多彩な郷土料理・素朴さ」など、西蒲区との
    共通点が多いカラシン県は、今後、日本の皆さんにも気に入っていただける
    旅先になるかと思います。今回のEXPOを通じて、知られざるカラシン県の
    魅力を、より多くの皆さんにお届けしたいと思います。』

    と、語ってくださいました。

    番組でも、ぜひ機会がありましたら、カラシン県を訪れてみたいと
    思います。







    その他, まだ見ぬタイ, 観る・知る, 遊ぶ, 食べる

    2018.09.01

    Sabaai Sabaai Thailand Ladies Night 2018レポ

    年に一度の番組女子会

    180823_018.jpg


    8月23日に札幌のクロスホテルで開催した、FMノースウェーブ×poroco
    タイ国際航空・タイ国政府観光庁 presents『Sabaai Sabaai Thailand
    Ladies Night』、今年も定員を大きく上回る参加ご応募!抽選で70名の
    女性の皆さんにお集まりいただきました。

    180823_001.jpg

    40531771_1788964161159512_1039843678652203008_n.jpg

    40528709_1788964371159491_6872612830890164224_n.jpg

    今年のトークゲストは、タイ北部プレー県&ナーン県取材でも
    ご一緒した、モデル・冒険家のGaruちゃん。

    40570010_1788964284492833_2090261639801602048_n.jpg

    40554803_1788964601159468_6233391430887276544_n.jpg

    今年は、クロスホテル札幌3階のレストラン「アッシュ」シェフによる
    タイ・フレンチフユージョンのコース料理に、シンハービールやタイの
    ワインクーラーSPY、タイの焼酎キャラットなど、飲み放題!

    40616375_1788976211158307_1152918163122290688_n.jpg

    歓談中には、私・城野も各テーブルで乾杯!

    40446723_1788975474491714_6760089223220428800_n.jpg

    今年のテーマは『タイネス(タイらしさ)』ということで、
    タイの伝統衣装試着&撮影体験も。大変ご好評いただきましたので、
    来年もこの伝統衣装体験は、パーティーに盛り込みたいと思います。
    私も着付けのお手伝いを。

    せっかく私もナーンで購入した伝統衣装を着用しているというのに、
    思いっきり足開いて着付け...カメラマンさん、後ろにいらしたのね。

    タイで撮影した私とGaruちゃんとの動画披露&トーク他、


    北海道東川町で撮影されたタイ映画「Present Perfect」にもご出演の
    ヨガ講師・玉手みどりさんの呼吸法&簡単ヨガポーズ講座も皆さんと
    ご一緒に実践!

    思いの外盛り上がったのが、私とGaruちゃんのスーツケースの中味披露。
    実際に私やGaruちゃんが、取材や旅行でタイへ行く時の持ち物や便利グッズ、
    パッキングアイディアをご披露。

    なんとこの時は、皆さんもステージ前に集合w 実際に手に取って
    いただいたりもしました。アンケートでもこのスーツケース公開が
    好評でしたので、来年も私のスーツケースの中、ド〜ンと公開いたしましょう!

    40568572_1788964904492771_5321253863137738752_n.jpg 

    タイ国政府観光庁・東京事務所 所長のパッタラアノン・ナ・チェンマイ
    所長からも、『今夜はタイ国政府観光庁 東京事務所所長としてではなく、
    一人の旅好き女性として、このSabaai Sabaai Thailand Ladies Nightを
    楽しませていただきました!』との、嬉しいメッセージを頂戴しました。

    40493957_1788965057826089_5363574061395869696_n.jpg

    抽選会、タイ国政府観光庁賞のご当選者には、所長自らプレゼンターを
    務めてくださいました。

    40493458_1788965134492748_2148354903590830080_n.jpg

    あっという間の3時間!お見送りの際に皆さんには、タイ国際航空
    からタイ直送ランの花のプレゼントも。

    40468045_1788965187826076_8755151289408552960_n.jpg

    「タイへ行きたくなりました!」「明日早速、旅行会社さんに
    タイツアーの申し込みに行きます!」といったお声多数!!
    そんなお声にスタッフ一同、感謝感激!

    来年も開催予定!女性に嬉しい楽しいタイの魅力をご紹介します。
    今回、惜しくも抽選に漏れてしまった皆さん、本当にごめんなさい!
    また来年、皆さんとお目にかかるのを楽しみにしています。

    参加いただいた皆さん、ありがとうございました。



    その他, 観る・知る, 遊ぶ, 食べる

    2018.08.29

    8/20放送のサバーイ は...

    スタジオにゲストをお迎えしました。

    40313189_1784906418231953_2399729362216681472_n.jpg


    23日に札幌で開催した番組パーティー「Sabaai Sabaai Thailand
    Ladies Night」のトークゲストとしてお迎えした、モデル・冒険家の
    〝Garuちゃん〟こと、岩田 亜美さんです。

    バックパッカーとして地球2周!訪れた国の中でも「タイが一番!」
    と語るGaruちゃん、Ladies Partyでも披露した、城野とGaruちゃんの
    バンコク2人旅動画、ぜひご覧ください。


    スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.08.19

    番組リスナーレポーター募集!

    リスナーレポーターとして、タイへ行ってみませんか?

    SSTlogoorange-1.jpg


    Sabaai Sabaai Thailandでは、リスナーレポーターを大募集!

    〝微笑みの国・タイ〟へと実際に行っていただき、タイの魅力を
    発信してください。

    リスナーレポーター:抽選でペア1組

    参考資料 : H.I.S. タイ国際航空直行便 バンコク5日間(札幌発) 


    出発日 :   A案  2018年10月1日(月)~2018年12月21日(金)
                   ※11/8~11/16を除く      


                        
    B案  2019年1月11日(金)~2019年  2月  8日(金)


                        C案  2019年2月18日(月)~2019年  3月30日(土)


    コース :  5日間
                     (上記、A~C案の各期間内・出発日はご当選者様と相談)


    ホテル : 2016年オープンのラグジュアリーホテル

           『バンコク・マリオット・マーキス・クィーンズパーク』
             

    <応募条件>

    ・タイご滞在中に、バンコクにて番組ディレクター/城野と一度合流

    ・ご帰国後、番組ブログに滞在中のお写真とレポートのご提出を
     お願いします。

    ・ご帰国後、お二人揃って番組へのご出演をお願いします。

    ・番組Facebook、または番組Instagramに〝いいね!〟をしていただいてから
     ご応募ください。

    ・Facebook、Instagram、YouTube、ブログ等のアカウントをお持ちの方で、
     旅の様子をこれらSNSでも発信していただける方

    尚、日本国内交通費・海外旅行保険加入費・タイ国内での交通費・
    ご飲食費・オプショナルやアクティビティー等の参加費 等、諸経費は
    当選者様ご自身でご負担いただきます。番組からご提供するのは、
    タイ国際航空
    札幌ーバンコク往復航空券(エコノミークラス)と
    バンコクでのホテル
    となります。

    タイご滞在中、バンコク以外のタイ国内へ移動される場合も、交通費と
    宿泊費用は
    ご自身でのご負担となります。

    渡航日程等は、当選者様と調整させていただきます。

    <応募方法>

    住所・氏名・年齢・電話番号(携帯可)・タイへの渡航の有無、
    ご同伴者氏名・タイに行ったらやってみたい事3つを明記の上、

    eメール : thai@825.fm

    またはコチラからご応募ください。


    応募〆切:8月25日(金)到着分まで有効

    たくさんのご応募、お待ちしています!




    その他, まだ見ぬタイ, スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.04.25

    タイ北部プレー県&ナーン県への旅(プレー編①)

    今週からは、タイ北部プレー県とナーン県にご案内します。


    31206498_1619442338111696_6759857077433484803_n.jpg

    バンコクから北へおよそ490キロ、パヤオ県、ナーン県、ウッタラディット県、
    スコータイ県、
    ラムパーン県とも接するプレー県は、穏やかな時が流れる
    歴史ある街。
    バンコクのドンムアン空港からLCCを利用しておよそ1時間15〜

    30分、チェンマイからバスでおよそ4時間ほどとなります。

    今回は、ドンムアン空港からLCCを利用。


    31284685_1620426914679905_4316888315256684260_n.jpg

    プレー空港に到着です。

    ☆ドンムアン⇄プレー 運航スケジュールはこちら☆

    31275803_1620426918013238_1704990567067913822_n.jpg


    古くは東南アジア一帯に居住するモン族の支配下にありましたが、15世紀に
    ランナータイ王国がモン族を制圧し併合。
    〝プレー〟という地名も、その当時
    の戦いに由来する、
    タイ北部の古い言葉で「勝利」という意からとされる説、

    また近日、番組でもご紹介予定の王室寺院「ワット・プラタート・チョーヘ」内、

    スコータイ時代に建立された仏塔の名称が変化したものと、2つの説があります。


    面積はおよそ650平方キロメートル、「函館」より少し小さい位。

    なんとものどかな...それでいて見どころも多いプレー。プレー滞在初日は、

    〝サムロー〟と呼ばれる三輪自転車タクシーで、市内の見どころを散策して

    みました。


    31180296_1617463274976269_4917339324997703078_n-1.jpg

    31117771_1617466724975924_3312526225670218244_n.jpg

    サムローでの散策は、街の音・風・匂いを肌で感じながら、ゆっくり
    ゆっくりと...。

    31190082_1617466891642574_1452145180824461629_n.jpg

    中華系寺院も多く、宿泊ホテル目の前にも大きな中華人が。

    27752457_1648356755242989_3687848960286174486_n.jpg

    サムローは一旦こちらでストップ!

    31124788_1617465651642698_1973930156228716732_n.jpg

    31138901_1617465534976043_8343089758736115452_n.jpg

    31117730_1617465561642707_2944652251647288811_n.jpg

    チーク材の産出県としても有名なプレーには、現在も20軒ほどの
    チーク製家屋や屋敷を観ることができます。中でも旧市街の中心に
    位置するこの「Khum-Chao Luang(クム・カオルアン)」は必見!
    1892年(明治25年)に建てられたコロニアルスタイルの屋敷は、
    プレー最後の国主(藩主と言った方が分かりやすいでしょうか...)
    カオルアン氏の邸宅として建てられたのち、知事公館として使用
    された屋敷で、現在は博物館として公開されています。

    ちなみに〝クム〟とは、ランナータイ王朝の王族メンバーが所有する
    (していた)屋敷や建物という意味になります。チェンマイはじめ、
    北タイの歴史的建造物には、その名称の頭に〝クム〟と付くものが
    多いのもそういった理由からです。

    31143908_1617465144976082_976071379229660748_n.jpg

    近代化を推し進めたラーマ5世(チュラロンコン大王)の治世、
    屋敷内には当時の国主の華やかな生活を物語る品々が、展示されて
    います。

    31124538_1617463804976216_2254204394511415860_n.jpg

    31144003_1617463881642875_1158731051844068490_n.jpg

    31123241_1617465181642745_801453643909729444_n.jpg

    31195672_1617463498309580_6860842246811196813_n.jpg

    31120826_1617463908309539_414462622197158069_n.jpg

    日本語を勉強されているプレーの学生さんが、館内ガイドを
    務めてくださいました。

    31124259_1617465321642731_1285753291838378002_n.jpg

    31143814_1617465044976092_4296030408040559111_n.jpg

    31124638_1617465071642756_8149122961086168279_n.jpg

    屋敷には72もの窓があり、その窓や欄間を彩る彫刻が見事でした!
    玉虫の羽を使用した刺繍も。

    31131394_1617464028309527_9009804786293757836_n.jpg

    31206662_1617463994976197_7302336109120387985_n.jpg

    31131456_1617464014976195_2072320669840203787_n.jpg

    1958年には、故 プミポン前国王(ラーマ9世)とシリキット王妃も
    プレーご訪問の際にご滞在。なんでもその時はバンコクのチットラダー
    宮殿より、お二人ご愛用のベッドが運びこまれたそうです。

    31131528_1617465358309394_6519694905940404351_n.jpg

    2階を見学中、広間床下に矢印が。その部分の床下を開けてみると...

    31131343_1617463704976226_3233024286088709062_n.jpg

    覗かずにはいられず...

    31206638_1617463701642893_5282732767007548527_n.jpg

    実はこのお屋敷、1階は一時期〝牢獄〟としても使用されており、
    この穴は階下の囚人たちの様子を見る為のものだそう。

    では、その牢獄として使用されていた所へ...。

    31265585_1617466708309259_3730774836109241553_n.jpg

    31124068_1617466681642595_6705829967891371379_n.jpg

    床板わずか1枚を隔てて雲泥の差!こちらは早々に退散。

    31144130_1617465448309385_8385707320251028510_n.jpg

    31239333_1617463504976246_3412477917605750446_n.jpg


    そして、今回は外観のみ拝見となりましたが、クムカオルアンから
    徒歩5分ほど、プレー最後の国主の妃の姪夫婦の住居として、1902年に
    建てられたのが、ピンクのコロニアル・スタイル「Wongburi House
    (クム・ウォンブリーハウス)」です。こちらも現在は博物館として
    一般公開されている他、様々なオケージョンで北部タイならではの
    カントークディナーなども開催されるそう。

    窓枠の彫刻等は、中国の広東省から呼び寄せた職人が手がけたもの。
    1993年には「サイアム建築家協会」の優良保存賞を受賞しています。

    30652666_1707848619293802_1479881869201978134_n.jpg

    チーク材の産出県として栄えたプレーには、現在も先の屋敷以外に
    チーク製家屋が点在しています。

    31123322_1617463144976282_8911655747817999356_n.jpg

    サムローに乗って走ること10分ほど、今度はこちらで停車。

    31190063_1617466958309234_8266736265632123190_n.jpg

    31131598_1617467298309200_2758414713568965614_n.jpg

    1898年に建てられた「Wichairacha House(ウィッチャラチャ・
    ハウス)」は、チーク材取引で財を成した商人の家屋。こちらも
    広東の職人が装飾を手がけたそう。プレー県ではこの貴重な建物の
    保存を検討中ですが、現在はまだ手付かずのまま。老朽化も進んで
    いることから、内部への立ち入りは禁止です。

    31129386_1617467831642480_3788433977444329234_n.jpg

    31154099_1617467174975879_5233381194463950569_n.jpg

    31218586_1617467048309225_3611716041774878863_n.jpg

    31247937_1617467241642539_2525028263758724267_n.jpg

    31124417_1617467018309228_7212478433150288398_n.jpg

    この建物を奥へと進むと...ブーゲンビリアの絨毯が!

    31143814_1617467904975806_2796255919821378421_n.jpg

    プレーでは街に流れる時間に合わせて、サムローでの散策が
    オススメ。ゆっくりじっくりお気に入りの光景をカメラに収めて
    みてはいかがですか? 

    31172258_1617465671642696_5913691567246499370_n.jpg

    プレー&ナーンのご紹介はまだまだ続きます!また、5月に東京・
    代々木公園で開催の「タイフェスティバル 東京」では、この
    プレー県とナーン県をフィーチャー。

    ThaiFestival2018WEBJP.jpg

     Sabaai Sabaai Thailandもタイフェスティバル東京へ!

    ☆タイフェスティバル東京公式サイト☆

    ※ タイフェスティバルに関しては、上記リンクのthaifestival.jpが
     公式となります。またタイフェスFacebookページもありますが、
     主催の在東京タイ王国大使館運営のものではありません。


    ★4/22の放送を聴く★

    まだ見ぬタイ, 観る・知る, 遊ぶ

    ページトップへ