• radikoで聴くinstagram
  • カテゴリー

      • 観る・知る
      • 遊ぶ
      • 買う
      • 食べる
      • スパ&マッサージ
      • ホテル&リゾート
      • まだ見ぬタイ
      • ピープル
      • その他

    2018.11.10

    リスナーレポーターさん in Sabaai Sabaai Thailand

    今週は、第5代目リスナーレポーターさんご報告!

    それでは!長谷川 瞳さん & 柴田 ちおりさんのレポートをどうぞ。

    < 1日目 >

      

    新千歳空港から「タイ国際空港」でスワンナプーム空港へ向かいます。

    2018年のエアラインランキング「エコノミークラス部門」で、なんと
    1位を獲得したのが「タイ国際航空」です!

    ☆タイ国際航空 TGスーパーディール北海道☆


    ①機内写真.jpg

    機内に足を踏み入れた瞬間から、タイを感じることができる色合いです。

    タイ航空では、1席ずつにモニターがついているので、映画はもちろん、

    ゲームや音楽も楽しめます。USBポートもついているので、スマホの充電が
    ピンチ!という場合も安心です。


    席に座ると、柴田がさっそく毛布の追加をお願い。

    確かに、長時間のフライトで「機内が暑すぎる・寒すぎる」というのは
    心配事の一つですよね。
    しかしタイ航空の機内は適温!ストレスを感じる事なく、

    到着まで快適に過ごすことができました。

    よほどの薄着でない限り、備え付けの毛布一枚あれば問題ないと思います。

    ※心配な方は、ご自身の体調等にあわせて準備してくださいね。


    しばらくすると待望の「機内食」が!

    ②機内食写真.jpg


    こちらはフィッシュに飢えていた私・長谷川がチョイスした機内食です。

    お魚(日本人好みの味噌系のお味でした)、ご飯、サラダ、うどん
    (ねぎ、めんつゆ付き)
    パン(バターつき)、デザート


    機内食の前にはスナック菓子とドリンク、バンコク到着前にはブリトーの

    様な軽食もあります。「もう待ちきれないぜ!」というお酒好きの方は、
    タイのプレミアムビール「シンハービール」も機内で飲めちゃいます。


    ③ワッサナーとの写真.jpg


    約7時間のフライトを経て「スワンナプーム空港」に到着しました!

    スワンナプーム空港には、HISの添乗員さん / ワッサナーさんが待っていて
    くれました。
    お母さん的キャラクターのワッサナーさん、ホテルまでの送迎車

    車内では、滞在するにあたっての注意事項を教えてくれました。


    ☆HIS バンコクツアー☆

    あっという間にホテルに到着。


    ④ホテルの写真.jpg


    着いてすぐ目に入るロビーがとにかく豪華!37階建・約1400室と、
    バンコク最大の客室数を誇るのが、今回宿泊する
    5つ星ホテル「バンコク・
    マリオット・マーキス・クイーンズパーク」です。
     
    ☆HISマリオットマーキス クイーンズ パーク☆


    「インペリアル・クイーンズパークホテル」を2年以上かけ改装し、2016年
    12月にマリオットブランドとして
    オープン!大きなシャンデリアにシックな
    色合いで、早々に期待も高まります。


    ⑤レセプションの写真.jpg


    チェックインもワッサナーさんのおかげでスムーズに行えました。
    ありがとう!お母さ...いや、ワッサナーさん
    !レセプションでワッサナーさんとは

    お別れし、いざお部屋へ!


    ⑤部屋の写真 ジャンプしてるやつ.jpg


    シックで落ち着いた部屋とは裏腹に、しば&はせのテンションは上がります!

    ※写真は勢いがありますが、周囲への迷惑を気にしてかなり控えめに跳ねています


    この後、城野さんと合流し、楽しみにしていたタイ料理を食べにいきました!


    ⑦タイ料理写真 コラージュ.jpg


    タイ料理はとにかくスパイシーで辛い!というイメージがあったのですが

    ただ辛いのではなく、ご飯が欲しくなる味なんです!


    長谷川は、手前の空芯菜炒めでご飯おかわりさせてもらいました。


    お腹いっぱい食べたあとは、城野さんが「鉄道市場(タラートロットファイ・
    ラチャダー)」のナイトマーケットへ案内して下さいました!

    マーケットは大まかに、雑貨・ファッション・飲食・Barのエリアに分かれて
    います。
    タイ初日ということもあり、つい財布の紐もゆるんで(主に長谷川)
    お買い物を楽しんだあとは3人でかんぱーい!

    ⑧3人で乾杯してる写真.jpg


    ちなみに、写真映えスポットで有名な↓の景色は、このナイトマーケットに

    隣接するショッピングモール「エスプラネード」の駐車場から見ることができます。


    ⑨宝石みたいな景色の写真.jpg


    写真で満足してしまわずに、是非実際に足を運んでほしい場所の1つです!


    <2日目>


    2day①朝食会場の写真.jpg


    2日目は、密かに楽しみにしていたホテルの朝食ビュッフェからスタートです。

    朝食ビュッフェはホテル内の「goji kitchen」でいただくことができます。


    2day②朝食コラージュ.jpg


    ここなら、界一嫌いな食べ物が多い人でも大丈夫!と言えるほど、とにかく
    お料理の種類が豊富!
    和・洋・中はもちろん、パンやフルーツ、グラノーラも
    用意されています。
    その場で作ってくれる飲みやすいスムージーもありました!

    朝食は食べない派だよ~という方も、是非一度足を運んで見てください。

    世界中のお料理がスタイリッシュに並べられているので見てるうちに食欲が
    湧いてくるかもしれないですよ!


    2day③皿に盛った朝食写真.jpg


    というわけで、こんな感じの爽やかな朝食の一皿ができあがりました。
    (画面外でそこそこの量を食べていますw)

    おいしい朝食で力をつけた後は「チャトチャック・ウィークエンドマーケット」に
    繰り出します!ホテルからマーケットまでは、最寄り駅であるBTSスクンビット線
    「プロンポン(Phrom Phong)駅」から6駅先の「モーチット(Mo Chit)駅」で
    降り、駅から3分程度歩けばマーケットに到着します。

    気合を入れてお買い物スタートです!


    2day ④チャトチャックウィークエンドマーケットの写真.jpg


    ファッション、雑貨、食器、飲食など、エリア分けされています。

    とにかく広いので、「やっぱり買おう!」と思った時には、戻り方がわからない...
    分かってても広すぎて戻れない...は、あるあるです。

    これから行かれる方は悔いの残らないようにお買い物楽しんでくださいね!


    2day ⑤マーケット内コラージュ写真.jpg


    ちなみに写真内のサンダルは、日本円にして約300~400円、ビキニ上下セットは
    1000円弱という安さでした!感動!

    お買い物を楽しんだ後は「寺院」という言葉からは想像がつかないほど、
    幻想的な光景が印象的なワットパクナムへ!


    2day ⑥ワットパクナムの写真.jpg


    フォトスポットとして有名になりつつありますが、あくまでも「寺院」なので
    もちろん瞑想される方もいらっしゃいます。〝はしゃいじゃう気持ち〟は、
    とってもよく分かるのですが、最低限のマナーは守りましょう!


    実物の光景は本当に圧倒されます!こちらも直接目で見てみてほしいスポットです。


    <3日目>


    3日目は朝4:00 起きして早朝からパタヤへ!


    柴田のタイ人の友達ご夫婦が、超ローカルな島「サメサン島(Samae San Island)」
    に連れていってくれたんです!

    3day ① サメサン上陸.jpg


    サメサン島は海軍直轄下で管理されている島です。

    基本はタイ人同伴、またはタイ語を通訳できる人同伴でないと島には上陸できません。

    貴重な場所に案内していただき感謝の気持ちでいっぱいです。


    ②.しばた 島写真.jpg


    島での午前中は、アクティブにシュノーケルを楽しんで...午後はビーチを
    眺めながらゆったり過ごすことができました。


    <4日目>


    最終日は、HIS様が提供されているアユタヤツアーに参加しました!


    ☆HIS 世界遺産・昼から気軽にショートアユタヤ☆


    午後からのツアーなので、午前中はゆっくり過ごしたい方にもぴったりです。

    各見学場所に向かう道中、歴史なども教えて下さるので、何も知らずに

    見るのとではやはり景色も違って見えます!ガイドさんも参加者の方々に楽しんで
    いただけるよう、日々、日本語を練習されているそうですよ!


    立ち寄るスポットは真っ白な涅槃仏が有名な「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」
    仏像の頭が木の根っこに埋まっている光景が有名な「ワット・プラ・マハタート」
    アユタヤ王朝の王室寺院「ワット・プラ・シー・サンペット」などなど。


    4day ①立ち寄りスポット写真 コラージュ.jpg


    最後は象乗り体験(別料金)もでき、充実した時間を過ごせました!


    4day ②象乗り.jpg


    以上で今回のタイの旅は終了です!

    ブログでは書ききれないのが残念ですが、滞在中楽しくいられたのは

    自然な笑顔で接して下さる優しい現地の方々おかげと心から思っています。


    微笑みの国タイ、また行きタイ!


    ここまで読んで下さりありがとうございました!


    ★11/11の放送を聴く★


    ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.09.16

    チャーン島のリゾート『Centara Kho Chang Tropicana Resort(センタラ・コーチャン・トロピカーナ・リゾート)』

    今週は、トラート県チャーン島のリゾートにご案内。

    35829014_1576051445856906_6546264143245082624_n.jpg


    トラート県概要とチャーン島へのアクセスに関しては、ラジオアプリ
    radiko、radikoプレミアムのタイムフリー機能、または放送後に本ブログ
    下部にアップします、オーディオアーカイブをお聴きください。

    プーケットに次いで、タイ国内で二番目に大きな島・チャーン島には、
    バンガローから高級リゾートまで、多種多様なアコモデーションが豊富。
    今回はその中から、『Centara Koh CHang Tropicana Resort」をご紹介
    します。

    チャーン島のクランプラオビーチに面した緑豊かなこのリゾート、
    客室カテゴリーは7タイプ、客室総数は全157室。

    今回は、3つの客室とヴィラを拝見。

    まずは『デラックス』

    38269200_1641003026028414_8881121584983572480_n.jpg

    「デラックス」と「スーペリア」は、どのお部屋からも手入れの
    行き届いたお庭が見えるガーデンビュー。

    広さはバルコニーやテラス含め、37平米から45平米と広々!

    02-koh-chang-deluxe-06-2000x925.jpg

    ブラウンを基調としたチーク材の家具に、暖色系のファブリックが
    配されたお部屋は、窓の外の緑とも良いコントラスト。ベッドヘッド
    上部の造りなどに、タイらしさを感じることができます。

    スーペリアもデラックスも、ツインとダブルの客室あり、
    今回、私が利用した「スーペリア」はこの様な感じ。

    01-koh-chang-superior-02-2000x925.jpg

    この2つのカテゴリーの違いは、バスルームとベッドサイズのみ。
    スーペリアはツイン / ダブルの2タイプで、バスタブ&シャワー、
    デラックスはキングサイズのみで、バスタブ&シャワーにシャワー
    ブースとなります。

    41775545_1805911456131449_7873598381342326784_n.jpg

    続いて、「デラックス・カバナ」広さは39〜48平米

    41744475_1805911836131411_1466435726164885504_n.jpg

    客室名に〝カバナ〟とあるタイプは、ヴィラタイプとなります。
    こちらも2階建てのヴィラとなりますが、1階と2階で客室タイプが
    異なりますので、例えば!ご家族や友人でこのヴィラ1棟利用も
    オススメ。但し!1階と2階は室内で繋がってはいませんので、
    行き来は外の階段を使うこととなります。

    このデラックスカバナはのベッドの仕様は、ツイン / ダブル / キングと
    3種類。同じヴィラタイプでも3種類のベッドタイプそれぞれというのは
    珍しいかもしれませんね。拝見したのはダブルのタイプとなります。 

    先の2タイプのお部屋同様、ブラウンが基調の落ち着いたインテリア
    ですが、ベッドヘッド部分の壁の装飾やエメラルドグリーンのファブ
    リックで、よりトロピカルな印象となります。

    41779173_1805911596131435_5454205009577115648_n.jpg

    入口の右手、バスルームへと続くコーナーに、ビジネスデスクのスペース。

    41790422_1805911696131425_3606223441310515200_n.jpg

    41934663_1805911706131424_3981067158745513984_n.jpg

    41876473_1805911609464767_7550915117571899392_n.jpg

    41814333_1805911729464755_640801939377881088_n.jpg

    41844758_1805911616131433_4118289783304749056_n.jpg

    アメニティーは、全客室共通。
    このデラックス・カバナも、ガーデンビューとオーシャン
    フロントビューがありますが、オーシャンフロント...は、
    エクストラベッド不可となります。

    最後は「プレミアム・デラックス・カバナ」65平米

    41808223_1805911446131450_8346825359848636416_n.jpg

    41941948_1805911859464742_8567936491064393728_n.jpg

    41808172_1805911996131395_9206149282422325248_n.jpg

    バスルームの仕様は、デラックスカバナと同じですが、アウトドア・
    シャワー付き。ビーチで過ごされた後やお天気の良い日には、
    外シャワーでサバーイ !

    41763509_1805912169464711_538047720154202112_n.jpg

    ベッドの仕様は、写真のダブルツイン他、キングもあり。

    とにかく広い!また、ヴィラとヴィラの間には、南国ならではの
    植物が配されています。隣のヴィラとの距離感も全く気になりません。

    41745275_1805912286131366_4556024526466449408_n.jpg

    41736283_1805912306131364_1962470827848892416_n.jpg

    夜間はこの様な雰囲気に。

    40882641_1693279234134126_7536624606031904768_n.jpg

    あえての間接照明ですので、夜間はちょっと迷ってしまうかも...

    雨季のリゾートでの〝お籠りステイ〟のんびりとリゾートで過ごす
    場合は、リゾート内の施設やアクティビティーの充実度も重要!

    41830026_1805913976131197_1783339604632403968_n.jpg

    スパ、フィットネス、プールももちろん!ヨガやビーチバレーなどなど、
    アクティビティーも豊富です。

    こちらはスパ&フィットネス棟

    41813812_1805912379464690_1458034422241558528_n.jpg

    41849339_1805912429464685_5040929220402872320_n.jpg

    この建物の2階がフィットネス&セミオープンのヨガスタジオ

    41755186_1805912542798007_7249976178004459520_n.jpg

    41737147_1805913676131227_899559794677907456_n.jpg

    かなり広いプールは敷地内中央とビーチ沿いに2ヶ所。

    41793830_1805913802797881_2326429865500213248_n.jpg

    41736260_1805913852797876_3987923279464628224_n.jpg

    41752370_1805913846131210_672638637862551552_n.jpg

    こちらのプールエリアには、お子さん向けのスライダーもあります。

    そして海沿いのプールは...

    41784503_1805913936131201_4237212406914220032_n.jpg

    タイマッサージが受けられる東屋(サーラー)もあり。

    取材時(6月)は雨季ということで、あいにくのお天気でしたが...

    41736299_1805913919464536_2206651534081523712_n.jpg

    晴れていれば...

    40122576_1684406561688060_15071744616300544_n.jpg

    レストランは1ヶ所ですがビーチフロント、こちらが朝食会場にも
    なります。

    557727_158397830955615_448631288_n.jpg

    チャーン島ご滞在時には、「Centara Koh Chang Tropicana Resort」


    ★9/16の放送を聴く★

    ホテル&リゾート

    2018.08.29

    8/20放送のサバーイ は...

    スタジオにゲストをお迎えしました。

    40313189_1784906418231953_2399729362216681472_n.jpg


    23日に札幌で開催した番組パーティー「Sabaai Sabaai Thailand
    Ladies Night」のトークゲストとしてお迎えした、モデル・冒険家の
    〝Garuちゃん〟こと、岩田 亜美さんです。

    バックパッカーとして地球2周!訪れた国の中でも「タイが一番!」
    と語るGaruちゃん、Ladies Partyでも披露した、城野とGaruちゃんの
    バンコク2人旅動画、ぜひご覧ください。


    スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.08.19

    番組リスナーレポーター募集!

    リスナーレポーターとして、タイへ行ってみませんか?

    SSTlogoorange-1.jpg


    Sabaai Sabaai Thailandでは、リスナーレポーターを大募集!

    〝微笑みの国・タイ〟へと実際に行っていただき、タイの魅力を
    発信してください。

    リスナーレポーター:抽選でペア1組

    参考資料 : H.I.S. タイ国際航空直行便 バンコク5日間(札幌発) 


    出発日 :   A案  2018年10月1日(月)~2018年12月21日(金)
                   ※11/8~11/16を除く      


                        
    B案  2019年1月11日(金)~2019年  2月  8日(金)


                        C案  2019年2月18日(月)~2019年  3月30日(土)


    コース :  5日間
                     (上記、A~C案の各期間内・出発日はご当選者様と相談)


    ホテル : 2016年オープンのラグジュアリーホテル

           『バンコク・マリオット・マーキス・クィーンズパーク』
             

    <応募条件>

    ・タイご滞在中に、バンコクにて番組ディレクター/城野と一度合流

    ・ご帰国後、番組ブログに滞在中のお写真とレポートのご提出を
     お願いします。

    ・ご帰国後、お二人揃って番組へのご出演をお願いします。

    ・番組Facebook、または番組Instagramに〝いいね!〟をしていただいてから
     ご応募ください。

    ・Facebook、Instagram、YouTube、ブログ等のアカウントをお持ちの方で、
     旅の様子をこれらSNSでも発信していただける方

    尚、日本国内交通費・海外旅行保険加入費・タイ国内での交通費・
    ご飲食費・オプショナルやアクティビティー等の参加費 等、諸経費は
    当選者様ご自身でご負担いただきます。番組からご提供するのは、
    タイ国際航空
    札幌ーバンコク往復航空券(エコノミークラス)と
    バンコクでのホテル
    となります。

    タイご滞在中、バンコク以外のタイ国内へ移動される場合も、交通費と
    宿泊費用は
    ご自身でのご負担となります。

    渡航日程等は、当選者様と調整させていただきます。

    <応募方法>

    住所・氏名・年齢・電話番号(携帯可)・タイへの渡航の有無、
    ご同伴者氏名・タイに行ったらやってみたい事3つを明記の上、

    eメール : thai@825.fm

    またはコチラからご応募ください。


    応募〆切:8月25日(金)到着分まで有効

    たくさんのご応募、お待ちしています!




    その他, まだ見ぬタイ, スパ&マッサージ, ホテル&リゾート, 観る・知る, 買う, 遊ぶ, 食べる

    2018.08.18

    バンコクのオススメホテル『Grande Center Point Rachadamri』&『Grande Center Point Sukhumvit 55』

    今週はバンコク!

    4-gallery-overview-800x500.jpg

    『Grande Center Point Rachadamri』

    そして

    3-gallery-overview-1200x750-800x500.jpg
    『Grande Center Point Sukhumvit 55』

    をご紹介します。

    私・城野のホテルレビューは、番組内でたっぷりとお話していますので、
    放送終了後、本ブログ下部にアップするオーディオ・アーカイブ、または
    ラジオアプリradiko、radikoプレミアムのタイムフリー機能でお聴きください。

    ホテル公式サイトでは、客室内360度グルっと見回せる機能も!
    日本語でご覧いただけます。

    ☆Grande Center Point Rachadamri公式サイト☆




    『Grande Center Point Rachadamri』内のスパ「ラリンジンダ」取材の
    模様は、こちらをクリック!

    『Grande Center Point Sukhumvit 55』内の温泉スパ「Let's Relax Onsen & 
    Spa」取材の模様は、こちらをクリック!



    さらに!今回は、城野撮影の動画もあります!8月23日に開催の番組
    パーティー終了後に、本ブログへ動画もアップしますので、しばし、
    お待ちくださいね。

    ★8/19の放送を聴く★

    ホテル&リゾート

    ページトップへ